ライダー戦闘数値比較

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国女性の強制退去、病気治療で取り消しに

<<   作成日時 : 2013/06/28 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

不法滞在で強制退去処分になっていた韓国人籍の女(52)が、自国の医療レベルでは「治療できない」と処分取り消しを求めた判決、名古屋高裁は原告敗訴の一審を取り消した。


がん治療で滞在韓国女性への退去命令取り消す 名高裁

不法残留で退去強制命令を受けた名古屋市在住の韓国人女性金貞淑(キム・ジョンスク)さん(52)が、日本でがん治療を続けるため国に命令の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が27日、名古屋高裁であった。加藤幸雄裁判長は「文明国家である以上、生命にかかわる病人に配慮を尽くすのは当然」と述べ、原告敗訴の一審判決を取り消し、請求を認めた。
加藤裁判長は、韓国への転院はカルテの翻訳や再検査などで多大な負担がかかると指摘。「闘病の苦痛や負担を軽減するには、現在の病院で治療を継続するのが最も適切」と述べ、在留特別許可を与えなかった国の判断は違法と結論付けた。
判決によると、金さんは1999年に生け花を学ぶため来日し、5年後に在留期限が過ぎても滞在。美容院で働いていた2010年に愛知県警に摘発され、11年に退去命令を受けた。摘発前に胸腺がんの手術をし、がんの転移も見つかったため日本での治療を望んでいた。今年1月の名古屋地裁判決は「韓国でも治療は可能」と訴えを退けていた。
判決後に会見した金さんは「裁判所の判断に心から感謝します。今後も名古屋で抗がん剤治療を受けたい」と話した。金さんの代理人の宮崎真弁護士は「がんで困っている人の訴えに、きちんと向き合った画期的な判決。互いに配慮して生きていこうというメッセージにも受け取れる」と評価した。
名古屋入国管理局は「今後の対応は上級庁と協議して考えます」とコメントを出した。
(2013年6月28日 01時28分 中日新聞)

----------------------------------------------------------
難病配慮「文明国として当然」=韓国女性の強制退去取り消し―名古屋高裁
画像
強制退去処分を取り消す逆転判決後、記者会見するがん患者の金貞淑さん(右)=27日午後、名古屋市西区

不法滞在で強制退去処分を受けた胸腺がん患者の韓国人金貞淑さん(52)=名古屋市=が、日本で治療を続けるため、国を相手に処分取り消しを求めた行政訴訟の控訴審判決が27日、名古屋高裁であった。加藤幸雄裁判長は「文明国として当然、生命に関わる病気の患者には配慮を尽くすべきだ」と述べ、原告敗訴の一審名古屋地裁判決を取り消し、請求を認めた。
加藤裁判長は「新たに韓国で受診すれば、記録の翻訳や再度の検査など負担が大きい」と指摘。「出身地でも治療が受けられる」とする国側の主張を退け、「病院を替わる重い負担を、不法滞在を選んだ自己責任だと判断するのは到底相当ではない」と批判した。
判決によると、1999年に生け花を学ぶために来日した金さんは、2004年の在留期限後も滞在09年に胸腺がんの手術を受け、美容院で働いていた10年に摘発された。
今年1月の一審判決前にがんが再発し、治療を続けている金さんは、判決後に「韓国にもカルテを送ったが治療は難しいと言われていた。心から感謝しています」と語った。代理人の宮崎真弁護士は「難病の患者に配慮した判決だ」と評価した。
名古屋入国管理局は「今後の対応は上級庁と協議して考える」としている。 
(2013年06月27日22時01分 時事通信社)
難民認定されたわけではないため、在留期限後の09年の手術代は全額負担だったと思われる。ただ判決後に保険料が3割負担になるかも(推測)しれないので、ずっとバレなかったのに、手術の一年後に摘発されたのは、意図的だったと考えられる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国女性の強制退去、病気治療で取り消しに ライダー戦闘数値比較/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる