ライダー戦闘数値比較

アクセスカウンタ

zoom RSS テレ朝の朝日擁護に後藤謙次「メディアの刺客失う」

<<   作成日時 : 2013/07/02 02:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
メールサーバーに不正アクセスした朝日記者について『報ステSUNDAY』が朝日の見解を説明したうえで擁護、これに後藤謙次が噛み付いた。


画像
画像
画像
…追起訴されました。これで一連の捜査は終了したということなんですが…、この事件をめぐって警視庁は火曜日に、
画像
警視庁によりますと
画像
富川:これが、“違法である”と、いうことなんです‥が

富川:朝日新聞の見解は
画像
ということなんですが、星さん、これはどうご覧になりますか?

画像
星浩(朝日新聞社特別編集委員)
「こういうときにですね、事件担当の記者が、その、ファクトに迫って、迫るために、え、あらゆる取材をして合法的にですね、用心深くやるのはとうぜんですけども、やる一環ですので私は、まぁ基本的に問題ないと思いますね。(富川:はい)ただあの不正アクセス防止法というのは『相手側から承諾を得てやりなさい』ということになってますんで、そこについては、今回「事実上の承諾があるんだ」っていう受け止め方と、「いや、そうではないかもしれない」ってことで、まぁ最終的には送検されましたので、検察の判断になるでしょうけど、私的には問題ないと思いますが。ただルールのありかたについては、もちろん議論すればいいと思いますけども、基本的にはファクトに迫る取材の一環だというきが、私はしますね。」
富川:取材する側のその前に誤認逮捕ってのが、いくつか続きましたからね
星浩(朝日新聞社特別編集委員)
「はい」

画像

後藤謙次
「わたくし、それに若干異論がありましてね」
富川:はい!?
画像
後藤謙次
「あの「など」ってありましたけど、私の古巣の共同通信も(富川:はい、そうですね)送検されているんですね。(富川:はい)」
「やっぱりサーバー時代のですね、記者取材を、何処まで(富川:うぅ〜ん)許容できるかっていう議論を、社内的に何処までやったのか?そしてどういう形として記事として出したのか?一方的にメディア側が自分達の見解はこうですということじゃなくて、(何度も頷く長野)社会的にキチット議論しなければいけないですね。」
長野:そうですね
「あとアクセスの方法もキチット情報開示して『だから正当なんだ』と示さないと、この時代に耐えうる、メディアとしての刺客失いかねませんよね」
富川:我々にとっても課題ですね(早口で流した)

いつもテレ朝や朝日の代弁をするだけで、つまらない報ステSUNDAY。親中元大使を準レギュラーのように出しすため、最近はサンジャポ見てるが、久々に見たら予想通りの展開。
ただ星浩も朝日の主張に疑問抱いているような歯切れの悪いコメント。富川悠太は朝日の正当性を誤認逮捕引き合いに出して冤罪であるかのようにフォロー、次の話題に移ろうとしたが後藤が割り込んだ。せっかく纏めたのに蒸し返すなといいたげな訝しげな表情と相槌だったが、後藤は自分の立場より信念を優先。一方で骨抜き長野は、報ステ古舘ように特集VTRをひっくり返すような発言できない。テレ朝に正面切って宣戦布告できない長野の精一杯の抵抗が相槌だった。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テレ朝の朝日擁護に後藤謙次「メディアの刺客失う」 ライダー戦闘数値比較/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる