ライダー戦闘数値比較

アクセスカウンタ

zoom RSS ロビーでFIFA買収!? 「韓国横暴」だけ咎めなし

<<   作成日時 : 2013/09/05 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国スタッフが『選手を殴打』、韓国サポーターが『選手にガラス瓶など投付けた』がイランの抗議に処分ナシ。一方イラン側の監督が、韓国ベンチに『勝利誇示』しただけで韓国側は問題視、FIFAは警告出した。



サッカー韓国代表「暴力」におとがめなし イランの「挑発行為」だけ処分の不可思議

サッカー韓国代表が、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会のアジア最終予選、イラン戦でもめにもめたのは記憶に新しい。監督同士の舌戦に端を発し、試合終了後は勝利したイラン側が韓国ベンチを「挑発」、怒った韓国スタッフがイランの選手を殴打したような映像まで流れた。
双方ともに国際サッカー連盟(FIFA)に相手を提訴。ところがペナルティーが与えられたのはイランだけだったという。

イラン監督の「挑発行為」には警告処分
画像
イランの英字サイトが掲載した写真を見ると、殴打は事実のようだが…


問題の試合は2013年6月18日、韓国・蔚山で行われた。対戦前から「中傷合戦」が起きるなど荒れ気味だったが、結果は1−0でイランが勝利。するとイランのケイロス監督が韓国ベンチに向かって「ガッツポーズ」を見せ、選手もピッチ上をウイニングランしながら相手側を挑発するような動きを見せた。イラン選手が走り寄ってきたところ、韓国のふたりのスタッフが殴りつけた――。やや不鮮明な映像を見ると、ひとりがひじのあたりをぶつけ、衝撃でふらついたイラン選手の顔面にもうひとりが「左ストレート」を叩きこんでいるようだ。
イランサッカー協会は事態を重く見て、FIFAに提訴。試合後のピッチに、地元で敗れて怒り心頭の韓国サポーターからガラス瓶などが投げ付けられ、イラン選手が危険な目にさらされたことも提訴の理由だった。一方の韓国側も、ケイロス監督の態度を問題視して、FIFAに抗議文を送ったという。

FIFAの裁定は、韓国側有利に下ったようだ。イランの英文サッカー情報サイト「ペルシアンリーグ・ドット・コム」は9月1日、FIFA規律委員会がイランのゴールキーパーに対して、後半開始時にピッチに遅れて入ってきたことに罰金を科すと決定。ケイロス監督も、韓国ベンチにこぶしを突きだして勝利を誇示したとして警告を出したという。

ところが、イラン側の訴えは何も認められなかったそうだ。「暴力行為」に関するおとがめはなし。試合後に観客席から「何百本もの瓶が投げ込まれた件も不問に付されたという。このサイトが掲載した写真では、韓国スタッフがイランの選手を左手で殴りつけているような様子がよく分かる。「FIFAはイランにとって納得できない裁定を下した」と、記者は不満タラタラだ。
サッカージャーナリストで「フットボールレフェリージャーナル」を運営する石井紘人氏も、「報道が事実なら、イランの挑発行為に罰を与えながら韓国の報復行為には何もなし、というのは違和感があります」と首をひねる。

日韓戦での「横断幕」でも処分の形跡見られず
石井氏が注目したのが、韓国スタッフによるイラン選手への殴打だ。仮に試合中、選手同士が殴り合えば「一発退場、出場停止数試合」に処されても不思議ではない。たとえ相手側に挑発されたからといって、暴力を振るったとなれば「ペナルティーがあってもよかったと思います」。映像という「確たる証拠」が残っているように考えられるが、見過ごされた理由はナゾだ。
では観客がピッチにモノを投げ込んだ事実はどうか。「確かに問題行動ですが、暴動とまでは言えません」と石井氏。比較されるのが2006年の北朝鮮代表の例だ。北朝鮮サポーターが暴徒化してモノ投げ入れにとどまらず、相手チームの選手の乗ったバスを取り囲んだことから、ホーム主催試合の権利をはく奪され、次戦では遠く離れた中立地での無観客試合を余儀なくされた。韓国の場合は「そこまで危険ではなかった」との判断だったのだろう。

それにしても最近の韓国代表は、試合以外での「お騒がせ」「問題行為」が少なくない。2012年のロンドン五輪では日本戦で、島根県・竹島を韓国領だと主張したプラカードを選手が掲げた。また2013年7月の東アジア杯では同じく日本戦で、観客が「歴史を忘れた民族に明日はないハングルで書かれた巨大な横断幕をスタンドで広げた。いずれも、歴史的な主張を禁じるFIFAの規定に違反する疑いがある。五輪のケースは、国際オリンピック委員会(IOC)が、プラカードを持った朴鍾佑選手に2試合の出場停止と罰金を命じたものの、銅メダルは授与した。横断幕の一件は、特に処分が出された形跡はない

報道されたイラン戦の裁定内容について石井氏は、「サッカー界全体ではそれほど大きな事件とみなされていないのでしょう」と指摘。
それにしても、今回の「韓国寄り」とみられても仕方がない決定に、なんとなく釈然としない感は残る。なお韓国の主要メディアはいまのところ、この問題には沈黙したままだ。
(2013年9月4日19時00分 J-CAST

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
韓国対イラン戦は中止か…韓国側は「一方的にキャンセルされた」
画像
6月のW杯予選ではイランが敵地で韓国に勝利 [写真]=Getty Images

6日、韓国メディア『スポーツソウル』は、9月6日に国内で開催予定だった韓国代表とイラン代表との親善試合が、イラン側から開催取り消しの通知があったため、別の対戦相手を検討することになったと報じた。

同メディアは、大韓サッカー協会関係者のコメントを紹介。協会関係者は、「別のスケジュールを理由に、一方的にキャンセルを通知してきた。抗議とともに公式な文書を要求したが回答はない。互いに正式な契約をしたわけではなく、両国の会長が簡単な合意書を作成しただけなので、ペナルティを求めることは難しいだろう」と、経緯を説明している。
両国は、6月18日に韓国で行われたブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選の最終節で対戦。イランが1−0で勝利し、韓国を抜いて首位で本戦出場を決めた。同試合では、試合前から両者の舌戦が繰り広げられ、試合後には勝利を喜び、韓国ベンチに近づいたイランの選手1人が、韓国のコーチングスタッフに2度殴打され観客席からはペットボトルなどがピッチに向かって投げ込まれたとして、イランがFIFA(国際サッカー連盟)に苦情を提出した経緯がある。9月6日の親善試合では約3カ月ぶりの再戦が予定されていた。
(2013.08.06. 14:09 サッカーキング)


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロビーでFIFA買収!? 「韓国横暴」だけ咎めなし ライダー戦闘数値比較/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる