ライダー戦闘数値比較

アクセスカウンタ

zoom RSS 日テレ『明日ママ』騒動で花王がCM自粛

<<   作成日時 : 2014/02/04 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

フジの「いいとも」で、好きな鍋の1位が全世代でキムチ鍋、人気ピザランキングでプルコギピザが1位など韓流ごり押し番組のスポンサーは一貫して辞めなかった花王だが「明日ママ」CMは3話から自粛。
画像


日テレ「明日ママ」に改善要求「自殺者出たらどうする」
画像
日本テレビの連続ドラマ「明日、ママがいない」の内容について抗議する全国児童養護施設協議会の藤野興一会長(右)ら
Photo By 共同


児童養護施設を舞台にした日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」(水曜後10・00)をめぐり、全国児童養護施設協議会が21日、会見し、放送内容の改善を求めた。
前日20日に同局に抗議文書を送付。藤野興一会長は、ドラマの中で職員が子供をペットに例え暴言を吐く場面などを挙げ「当事者の子供にはこたえる。自殺者が出たらどうしてくれるんだという思い」と厳しく批判。児童養護の現場の努力に触れ「ドラマはそれに水を差す」と訴えた。施設からは「子供が“あんな所に住んでいるの”とからかわれた」などの報告が寄せられ、改善されない場合は放送中止の要請や、スポンサーへの抗議などを検討するという。
協議会は昨年12月に番組の予告を見て内容を危惧。制作会社や同局と話し合い、初回の台本を見た上で改善を求めたが、ほぼ変更はなかったという。同局の担当者から放送開始直前に「“家なき子”以来の素晴らしいドラマを作るので協力して」と、番組ホームページに掲載する児童養護の実態についての原稿執筆を求められたが「(内容を)認めたことになる」と断ったという。
同局総合広報部は「指摘も真摯(しんし)に受け止め、内容に細心の注意を払っていく」などとするコメントを発表。ただ、22日放送の第2回の内容について変更などは「ないとした。
(2014年1月22日 05:30 スポニチ)

----------------------------------------------------------
【速報】日テレ「明日、ママがいない」で異変!第2話は提供スポンサーの字幕がなかった。隠した?降りた?

「赤ちゃんポスト」を設置している熊本市の慈恵病院や全国の児童養護施設の施設長、里親などが「現在、児童養護施設にいる子どもたちが差別されかねない」と「放送の見直し」を求めている日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」。
日本テレビは「放送中止も謝罪もしない」とし、第2話も変更を加えることなくそのまま放送する姿勢を示してきた。

1月22日(水)午後10時から第2話が放送されたが、大きな「異変」があった。
提供スポンサーの字幕が番組に入っていなかったのだ。
第1話で、番組タイトルの後に「企業名」が字幕で示され、「ご覧のスポンサーの提供でお送りします」というナレーションが入ったのは、Kao(花王)、日清食品、SUBARU(スバル、富士重工)、エバラ(エバラ食品工業)、小林製薬、三菱地所、ENEOS(JX日鉱日石エネルギー)、キューピーの8社だった。
しかし、第2話では、この字幕がなかった。
通常の番組だと必ずある「ご覧のスポンサーの提供です」というナレーションの部分もなかった。
民放の番組としては、きわめて異例なことである。
富士重工の「スバル」のオフィシャルサイトでは、毎日毎日のテレビの提供番組がアップされている。
ところが、スバルの公式ホームページで公表する提供番組の中に、日本テレビの「明日、ママがいない」が見当たらない。
http://www.subaru.jp/onair/
スバルはこのドラマの提供から降りたのだろうか? それとも表面上、それを出さないようにしているだけなのだろうか。

テレビ番組の提供スポンサーは1クールごとの契約になるため途中でスポンサーが降りる、ということは通常はありえない。
まれに、提供スポンサーそのもので不祥事が起きた場合やニュース番組の中でそのスポンサー企業にかかわる問題がニュースとして放送される場合にその回だけ、提供スポンサーの字幕を出さないということは起きる。電力会社が提供するニュース番組で、原発問題を特集する場合などがこれに当たる。
なぜ提供スポンサーの字幕がなくなったのか?
CMを見る限り、花王やスバル、小林製薬、日清食品、三菱地所など先週の提供スポンサーとして、登場した会社のCMは流されていた。
だから、これだけでは番組提供を降りたのかどうかは分からない。
ただ気になるのは、通常はこういう時間帯にはほとんど放送されない公共広告機構(AC)のスポットが数度にわたって流されていたことだ。
東日本大震災の直後に、民放各局では通常のCMを流せる雰囲気ではなくなり、公共広告機構(AC)のスポットばかりが流れていたことは人々の記憶に新しい。
通常は、深夜や朝などCMが売れていない時間に放送する自社ドラマ(「戦力外捜査官」)のPRスポットも流れていた。
元テレビマンの経験から分析すると、急にCMに「空き」が出来た場合の対応だったのだろうかとも思う。
いずれによ、「何らかの異変」があったことは間違いない。
詳細はそれぞれの会社に聞いていみる他はないが、子どもたちの命を預かっている児童養護施設や里親の団体から放送中止を求める声が相次いでいるドラマとなっては、スポンサーとして番組提供から降りたり、あるいは、当面は、名前を出さないでほしいと要望されたりするということは十分にありうる。

万一、1社が降りたとなると、他の社も雪崩を打つように次々に降りるのが通常だ。
そうなったら、番組の継続は厳しくなってくる。
第2話を見ただけでは、そのあたりは詳しくはよく分からない。
明日以降、新聞社などが取材するだろうから、そこで真相が明らかになるだろう。
番組の最後に、インターネットでの「この番組は無料配信中」という字幕を出していたので、番組の継続の意思はまだ強いのだろう。
ただ、児童福祉の関係者が一様に問題視し、スポンサーがこうした躊躇を見せているのに、今までと変わらずに放送を継続するとしたら、テレビの傲慢と言われても仕方あるまい。
事前の取材が甘くて、関係者を傷つけてしまうような放送をしてしまったなら、今後はたとえドラマでも実態をちゃんと取材してから番組を制作すること
水島宏明 | 法政大学教授・元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター
(2014年1月22日 23時7分 Yahoo!ニュース)

----------------------------------------------------------
「明日ママ」影響懸念…慈恵病院、BPOに審議要求
画像

記者会見する慈恵病院の蓮田健産婦人科部長
Photo By 共同
 

児童養護施設が舞台で、複数の団体などが放送中止や内容改善を要請している日本テレビドラマ「明日、ママがいない」(水曜後10・00)をめぐり、「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」を設置する熊本市の慈恵病院は、「施設の子供や職員の人権を侵害している」として、放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議を求めた。
慈恵病院の蓮田健産婦人科部長は記者会見し「第1回放送後に、施設の子供がいじめられたとの報告を伝え聞き、緊急性が高いと判断した。BPOは速やかに結論を出してほしい」と述べた。
病院側は主人公の設定のほか、施設が子供に泣く練習をさせる場面なども問題視。虐待を受けた子供が将来の放送で傷つく恐れがあるとして放送内容の変更を求めている。
熊本市の幸山政史市長も22日の記者会見で言及。「過激な描写や演出、現実離れした表現が多く、児童養護施設への誤解を与えかねない内容だ。局は、施設当事者の声を真摯(しんし)に受け止めてほしい」と述べ、改善を求めた。主人公のあだ名にも触れ「“ポスト”を持ち出す必要性は全くない。子供たちへの影響を懸念している」と述べた。
▼日本テレビ総合広報部 慈恵病院がBPOに申立書を送付したと記者会見で説明されたとのことですが、当社としてコメントする段階ではないと考えております。
(2014年1月23日 05:30 スポニチ)

----------------------------------------------------------
「明日ママ」スポンサー自粛続々…CM取りやめ、差し替えも

児童養護施設が舞台で、複数の団体などが放送中止や内容改善を要請している日本テレビドラマ「明日、ママがいない」(水曜後10・00)をめぐり、スポンサー数社が22日、CM取りやめなどの措置を始めた。また、「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」を設置する熊本市の慈恵病院は、「施設の子供や職員の人権を侵害している」として、放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議を求めた。
物議を醸す中、22日には2話目が放送された。
今月15日の初回は、番組名などに続いて、陽光に子供たちの手が重なり合う映像を背景に、提供スポンサーとして8社の社名を紹介。しかし22日は同じ場面のほか、番組終了時にも、1社も紹介されなかった。
8社のうち、「エバラ食品工業」「エネオス(JXホールディングス)」は2話目からCMをとりやめた。エバラは、自社CM分をACジャパンの公共広告に差し替えて対応した。
ともに、視聴者や関係先から問い合わせがあったといい、エバラは「お客様相談室にもご意見をいただいており、お客様に支えられている食品会社として取りやめることにした」と説明した。
「キユーピー」はスポニチ本紙の取材に「協議中」としたが、CM放送はなかった。「三菱地所」「小林製薬」は、CMは流れたが、社名の提供表示をしないよう判断した。
一方、「花王」「スバル」「日清食品」は「特に変更するということはない」「(変更について)申し上げることはない」など、現状維持とした。
ほとんどの企業は1番組当たりの契約ではなく、水曜午後10時台へのスポンサーとして年間契約しているため撤退ではないと話している。
このドラマをめぐっては初回放送翌日の16日、慈恵病院が日テレに放送中止を要請。親が育てられない子供を匿名で受け入れる“赤ちゃんポスト”に預けられた主人公を芦田愛菜(9)が演じており、あだ名は「ポスト」。児童養護施設の職員が子供に暴言を吐くなどの場面もあり、全国児童養護施設協議会も放送内容の改善を求めている。
日テレは放送を継続すること、謝罪はしないことを病院に伝えている。
▽「明日、ママがいない」 「高校教師」「家なき子」などのドラマを手がけた脚本家野島伸司氏が脚本監修。主演の芦田のほか、鈴木梨央(8)ら人気子役が出演。グループホーム「コガモの家」が舞台で、それぞれの子供にはあだ名がある。ビンボーで預けられた子は「ボンビ」、ロッカーに遺棄された子は「ロッカー」。子供たちに非道な言葉を投げつける施設長を三上博史(51)が演じている。初回視聴率は14.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
(2014年1月23日05時35分 スポニチ)

----------------------------------------------------------
騒動の渦中…「明日ママ」第2話は13・5% 0・5ポイント減

物語の舞台となった児童養護施設の描写などをめぐり、15日のスタート直後から賛否両論が巻き起こっている、芦田愛菜(9)が連続ドラマ単独初主演を務める日本テレビ系「明日、ママがいない」(水曜後10・00)の第2話が22日に放送され、視聴率が13・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。14・0%だった初回から0・5ポイント下げた。2話までの平均は13・8%。
さまざまな理由で親と離れ離れになった子どもたちが暮らす児童養護施設を舞台に、子どもたちが懸命に生きる姿を描く母子の愛の物語。
同ドラマをめぐっては初回放送翌日、親が育てられない子どもを匿名で受け入れる“赤ちゃんポスト”に預けられた芦田演じる主人公のあだ名を「ポスト」としていることに、実際に「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」を設置する慈恵病院(熊本市)が放送中止を要請する事態に。
施設の職員が子どもに暴言を吐いたり、ペット扱いする場面もあり、全国児童養護施設協議会など複数の団体が内容改善を要望。慈恵病院は放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議を求めた。第2話の放送からは騒動の影響のため、スポンサー数社がCM取りやめなどの措置も始めた。
一方「あくまでフィクション」「問題提起になっている」「子役の演技が素晴らしい」なども声もあり、賛否両論が広がっている。
芦田のほかには、同じく施設に預けられる子どもを演じる鈴木梨央(8)のほか、施設長役の三上博史(年齢非公表)、施設の職員役の三浦翔平(25)、児童相談所の職員役の木村文乃(26)、城田優(27)鈴木砂羽(41)らが出演している。
第2話は、パチ(五十嵐陽向・4)が佐々木(三上)の指示で里親候補のもとへ行くことになる。初めて「お試し」に臨むパチは不安がるが、これまで母子のように接してきたポストは戸惑うが、パチを勇気づける。一方、ピア美(桜田ひより・11)はイケメンの同級生から誘われた誕生会の日と重なった「お試し」をドンキ(鈴木)に押し付ける。当日、児童相談所の叶(木村)に連れられ、パチは安田家、ドンキは川島家へと向かう。安田家の妻・美智子(江口のりこ・33)はパチが空のシャンプーボトルを手放そうとしないことが気になり…という展開だった。
(2014年1月23日 10:01 スポニチ)

----------------------------------------------------------
明日、スポンサーがいない…抗議騒動の『明日、ママがいない』異例の事態で放送中止の危機

過激な内容が物議を醸している連続ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)の番組スポンサー3社が、22日に放送された第2話でCM放送を見合わせた。
児童養護施設を舞台に様々な事情で親と暮らせなくなった子どもたちを描いた同ドラマは、第1話で施設長が「おまえたちはペットショップの犬と同じ」などと暴言を吐き、子どもたちに暴力を振るうなどの過激なシーンが描写された。これに対して、ドラマのモデルになった「赤ちゃんポスト」を設置する熊本市の慈恵病院や全国児童養護施設協議会などが「養護施設や里親制度への誤解や偏見を与えかねない」として放送の中止や内容改善を求めて抗議している。
同協議会の藤野興一会長は「いかにフィクションとはいえ、当事者の子供たちはこれを見せられたらしんどい。自殺者が出たらどうするんだ、という思いだ」とコメントし、里親会の星野崇会長が「すでに辛い思い出がフラッシュバックするなどして傷ついている子供がいる。改善がなされない場合、番組スポンサーと話すことも考えている」と発言するなど、抗議は熾烈さを増している。
この事態にスポンサーが動いた。第2話では、エバラ食品工業、JX日鉱日石エネルギー(エネオス)、キユーピーの3社がCM放送を取りやめ、その“穴埋め”としてACジャパンの公共CMが流された。3社とも抗議を問題視しており「視聴者や関係者の意見を考慮し、総合的に判断した」としている。
第1話で提供スポンサーとして表示されていた花王、スバル、日清食品、三菱地所グループなど5社は第2話でもCMを放送したが、通常はオープニング後に紹介される提供スポンサーのテロップや、おなじみの「この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りします」というナレーションはなかった。
今回のようなスポンサー対応の前例としては、同じ日本テレビで05年に放送された天海祐希主演の連続ドラマ『女王の教室』がある。過激な内容によってスポンサーに苦情が殺到し、第5話〜8話にかけて全スポンサーの提供クレジット表示を取りやめ、その後もクレジット表示が一部スポンサーのみになった。しかし、この時はクレジットはないものの各社がスポットCMのような形で放送しており、完全にCMを見合わせたわけではない。
一連の抗議について、日テレ側は「子どもたちの視点から『愛情とは何か』を描く趣旨」「最後までご覧いただきたい」と強気のコメントを発表しているが、生命線ともいえるスポンサーが次々とCM自粛する可能性も浮上してきた。
打ち切りもあり得る緊急事態に、あるテレビ関係者はこう憤る。
「苦情を恐れて誰からも批判されないような番組ばかりになったら、テレビは味気ないものになってしまうでしょう。『実態と違う』といっても、全てのドラマは大なり小なり誇張があるし、あくまでフィクションです。『子どもがイジメられる』という批判もありますが、それはこのドラマに限った話ではなく、昔からアニメやバラエティーなどの影響でも起きていたこと。もしイジメが起きたとすれば、問題の根本は作品ではなく、ドラマの影響で友達をイジメるような子どもが育った家庭や学校の環境の方ではないでしょうか」
一部では「騒動で話題になったことで視聴率が急上昇するのでは」との推測もあったが、第2話は13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で第1話から0.5ポイント下がった。しかし、関西地区では13.9%(同)と1ポイント上昇しており、放送中止を要請している慈恵病院がある北部九州地区では14.2%(同)と第1話の10.1%から4.1ポイントの大幅アップを記録している。
もしスポンサーの意向で内容が変わったり、放送中止になるようなことになれば、これは表現の根幹にかかわる問題ともいえるだろう。その一方で、民放テレビは「お金を出してくれるスポンサーありき」の仕組みであることも事実。果たして、日テレは今後どのような決断を下すのだろうか。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)
(2014年1月23日18時30分 メンズサイゾー

----------------------------------------------------------
『明日、ママがいない』騒動で、日テレ総合広報部に業界からは称賛の声も!?「一方、TBSは……」

芦田愛菜主演の日本テレビ系連続ドラマ『明日、ママがいない』に降って湧いた人権騒動。児童養護施設が舞台の同ドラマの過激な描写をめぐり、熊本市の慈恵病院が「養護施設の子どもや職員への誤解偏見を与え、人権侵害だ」と訴え、同局に放送中止を申し入れたほか、21日には全国約600の施設から成る全国児童養護施設協議会と全国里親会が厚生労働省で会見を行い、同様に放送内容の改善を要請した。
だが、日本テレビは放送中止はおろか、表現の差し替えなども行わず、同局の総合広報部は一貫して「最後まで見てください」というスタンスを崩していない。これにネット住民の一部から「一連の騒動を宣伝に使うつもりか!」と批判の声が上がっているが、業界内では意外にも「この対応は正しい」と称賛の声が相次いでいる。芸能プロ関係者の話。
「“作品には絶対の自信を持っている”という、作り手の強い意志がうかがえる。弱腰になって謝罪したら終わり。あの対応は素晴らしい」
主演の芦田を溺愛する“芸能界のドン”も日テレに対応を任せ、自らは静観するつもりという。
一方、同じ広報対応でも、マスコミから集中砲火を食らっているのがTBSだ。
20日、15日放送のTBS系『奥様はモンスター2』の収録中にデヴィ夫人から平手打ちの暴行を受けたとして、一般の出演女性が警視庁に被害届を提出したことがニュースになった。マスコミ各社は裏取り作業に追われたが、TBS広報は「当事者同士の発生事案なので、今後どう対応していくか、スタンスは決めていない。実際に収録の時に何があったのか、女性が被害届を出したのかどうかは、把握していない」の一点張り。某スポーツ紙記者は「被害届が出て、警察が捜査に着手しているれっきとした事件なのに、この対応はありえない。しかも、被害者女性に対してTBSがデヴィ夫人を怒らせるよう持ちかけたという情報もある。事実ならTBSも“共犯”ですよ」と憤る。
臭いものにはフタの理論なのだろうが、それでは世間は納得しないだろう。
(2014年1月23日 09時00分 /2014年1月26日 17時51分 更新 日刊サイゾー)

----------------------------------------------------------
「明日ママ」またスポンサー“降板” 8社中5社がCM見合わせ

児童養護施設を舞台にした日本テレビの連続ドラマ「明日、ママがいない」で、新たに番組スポンサー2社がCM放送を見合わせることが24日、分かった。スポンサー8社のうち、CM見合わせは計5社となった。
29日放送の第3話から新たにCMを見合わせるのは日清食品と富士重工業。両社とも「お客さまの反応を考慮した」としている。
22日放送の第2話では、エバラ食品工業とJX日鉱日石エネルギー、キユーピーが、CM放送を見合わせていた。
ドラマをめぐっては、「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を設置する慈恵病院(熊本市)や全国児童養護施設協議会が「誤解や偏見を与えかねない」として放送中止や内容改善を求めている。
(2014年1月25日 05:30 スポニチ

----------------------------------------------------------
<日テレ>ドラマのスポンサー新たに3社降板で全社CM中止

児童養護施設を舞台にした日本テレビ系の連続ドラマ「明日、ママがいない」が病院や養護施設団体などから抗議を受けている問題で、番組スポンサー8社のうち、新たに花王、小林製薬、三菱地所の3社が27日、第3話(29日放送)でのCM放送の見合わせを決めた。これで全社がCM放送を中止または見合わせることになった。【有田浩子】
(1月27日(月)21時43分配信 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
全スポンサーCM放映見合わせのドラマ『明日、ママがいない』に高須院長が名乗り「僕が今からスポンサーになる」

2014年1月15日から放送が始まったばかりのドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)で異例の事態が発生している。このドラマは、児童養護施設を舞台にしたもので放送開始時から、児童養護施設関係者などから、放送中止や内容改善が求められていた。

これを受けて、番組スポンサーは一斉にCM放映の見送りを決定。1月29日からすべてのCMがACジャパンに入れ替えられる予定であった。そんななか、あの高須クリニックの院長が次のようにTwitterに投稿し、注目を集めている。

・高須院長の投稿

「僕が今からスポンサーになるからしっかりやってくれ」といま日テレと電通に連絡したぜ。今夜のオンエアに間に合うといいな♪ なう」(高須院長Twitterより引用)


・ネットユーザーの反応
「YES、高須クリニック!」
「スゴイ…」
「かっけー!」
「まじか。すげー」
「自粛打切りがいちばん意味ない。こういう時こそ、このお方…!」
「おぉ♪ さすが!」
「さすが高須院長!」
「な、なんかすごいな」
「さすがやなーカッコイイ!」
「すごい!!」

・院長の決断を西原さんはどう見てる?
軒並みスポンサーがCM放映を見送るなかで、高須院長は名乗りを上げたのである。ちなみに院長は「今夜のオンエア」(1月28日)と言っているのだが、本当は1月29日の放映である。そのことに気付き、この発言を訂正している。
なお今回の院長の決断について、パートナーである漫画家の西原理恵子さんはTwitterで、「やるんじゃないかなと思ってた」とコメント。どうやら院長の行動を見越していたようである。

・明日の放送どうなる?
しかしその後、院長が「もめてるらしい 僕の申し出は博報堂、電通、日テレ全てが喜ぶ提案だよ。僕が全部買うよ!」、「いま苦戦中。巻き返しの策なう」と発言しており、調整が難航しているようだ。はたして、明日の放送はどのようになるのだろうか? 気になるところである。
(2014年1月28日18時00分 ロケットニュース24)

----------------------------------------------------------
高須克弥院長 「明日ママ」のCM自粛は制作者にとっても屈辱

養護施設の子供への偏見を生むなどとの批判を受け、ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系、水曜10時)のCMが自粛された騒動に対し、公に異議を申し立てた人物がいる。
高須クリニックの高須克弥院長である。高須院長は騒動の報を聞いて、「ならば私が」とスポンサー枠を買い取ることを広告代理店に提起したのだ。
「企業イメージが悪くなるからとスポンサーが降りるなんて、けしからん。まるで不祥事があったみたいな番組だと思われちゃう。僕はあのドラマで扱われているテーマを守りたいし、作っている人たちを応援したいから、全スポンサー枠を買い取って丸く収め、一気に流れを変えようと思い、そう申し出たんです」
ただし、スポンサーは番組枠を購入済み。それでも高須院長はこう続ける。
「(スポンサーのCM自粛は)制作者にとっても、屈辱ですよ。悪いことをしたみたいな雰囲気になってしまう。だから、制作者に自由に番組を作ってもらうためにも、10億は出すつもりでいましたよ。実際は、そこまでかからないけどね」
高須院長は1月31日、申し出が断られたことをツイッターで明らかにした。
※週刊ポスト2014年2月14日号
(2014年2月4日07時00分 NEWSポストセブン)

----------------------------------------------------------
自粛騒動 企業は一部過激な意見がネットで拡散する点不安視

ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系、水曜22時)スポンサーはCM見合わせ、全日空は「金髪鼻高CM」差し替えなど自粛騒動が広がっている。
今年1月、ファミリーマートがフォアグラを使った弁当を発売直前に販売中止にしたのは、こうした風潮を象徴する出来事だった。
同社広報は、「フォアグラは製造プロセスへの価値観が分かれる食材であり、当社の商品で不快感を与えるのは本意ではない」と説明する。ガチョウやカモに無理矢理食料を詰め込み「脂肪肝」の状態にするフォアグラの製造法が、動物愛護協会の抗議をたびたび受けてきた歴史的経緯も考慮したという。
だが、販売中止を求める意見は22件だった。国内に展開する1万以上の店舗数と比べると、なんとも少なく感じる。
ホリエモンこと堀江貴文氏は、この騒動に「馬鹿な奴らばっかりだし、そんなんに屈する方も馬鹿だな」とツイッターで言及した。
もっとも、自粛する側にも事情はある。ある企業の広報担当者は、「自粛はやりすぎという声は社内でも多い」と明かす。
「少数のクレーマーの過激な意見がネットなどで一人歩きして、『よく言った!』『実は私もそう思っていた』と拡散していくのが怖いんですよ。発言者は数人なのに、放置しておくと大きなうねりとなることも。結果、企業イメージを損ねることに繋ってしまう」
※週刊ポスト2014年2月14日号
(2014年2月4日16時00分 NEWSポストセブン)

----------------------------------------------------------
「明日、ママがいない」めぐり日テレが回答文書

児童養護施設を舞台にしたドラマ「明日、ママがいない」をめぐり、全国児童養護施設協議会から内容の見直しを求められている日本テレビは4日、佐野譲顕(よしあき)制作局長らが同協議会を訪れ、回答の文書を手渡した。
文書の内容について同協議会は「5日に会見を開き、説明する」としている。
(2014年2月4日19時52分 読売新聞
日本ドラマはBPO恐れて薄っぺらな内容多いので、たまに相棒(官房長変更と相方3人目に変更から問題提起は薄まった)見てるが、海外モノ借りて見てた。
協議会や有識者と称する連中が批判するときは責任転嫁や問題のすり替え目的が多いので、当初見るつもりなかったが2話前夜に放送された再放送から見たが、 『明日ママ』は、ここ数年なかった良ドラマで、ちゃんと見てればあだ名(ポスト,ドンキ,ロッカー…)の必然性もわかる筈。このドラマ見てイジメに合うのなら、いじめをしてる子供に問題あり、対象が違うだけで誰かを必ずイジメて不幸にするので、教師はドラマのせいにしないで道徳教育シッカリするべき。 
児童の尊厳を傷つけるどころか、『トラウマかかえ悩んでた児童たちが中傷や偏見に満ちた社会で、劣等コンプレックスを徐々に克服していく』作品と感じた。いま当事者の子供が目を逸らすことできても、就職・交際・結婚等で、いわれのない負い目で壁にぶつかった時に理解者いないほうが酷。ドラマが自分のいた児童施設より過酷な環境で、世間の悪しき風習に流されないポスト達の生き様見たら勇気もらえるし、親がいて普通の生活してれば、身近にそういう人いて表向き同情や共感装うことあっても、こういう強烈なドラマがないと実感わかない。 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日テレ『明日ママ』騒動で花王がCM自粛  ライダー戦闘数値比較/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる