仮面ライダーアギト/人類の進化形態 (AGITΩ)

仮面ライダーアギト/人類の超進化形態 (AGITΩ)
画像
アギトとは遥か古代に「光の力」と「闇の力」が憎しみ闇の力に敗れた直後それに対抗するべく最後の力を人間種に与え「アギトの力」により超進化させられ闇の力と戦う運命を背負わされた戦士のたち事を指し、その存在も1体では無い様だ。

現代に蘇った「アンノウン」は動植物の特性を持ちそれぞれの最終進化系に近い存在といえる超越生命体軍団であり、「闇の力の僕=天使」の様な存在であるともいえる。一部の人間たちが「アギト」の力を持ち急激な進化を続けることで、「アギトならざる者」との二極化した紛争に発展、やがてアギトたちの存在が生物の連鎖を脅かす事を危惧した「闇の力」の意志により、作り出した超越生命体をアギトとなる可能性のある「サイコキネシスを持つ人々や、その血縁者」に差向けて次々と抹殺していった。
また、闇の力とは太古昔に、環境に応じ独自に進化する生命(人間を含む)を生み出した「神的存在」であり、「光の力」とは生物の進化そのものを憎み自然界の流れに逆らわず滅びることを望む、対になる者である。
環境に適応する知恵と技術得た人間に対しては、自分の子として溺愛する一方、その内に秘めた超進化による自滅「光の力/アギト」の部分を憎んでいる。
人間種そのものが想像以上にアギトに近い存在になる事を知るや、人類そのものを粛清する計画に変更するが、「アギト」たちによって肉体を滅びされ青白い炎に包まれ灰になり世界各地に飛散した。
超越生命体を生み出す闇の力の灰を吸った人々の体内では細胞が徐々に変異していた。後に彼らは死を迎えることで覚醒し、醜悪な化物へと変貌を遂げることになる。


アギトグランドフォーム(超越肉体の金)
姉である「雪菜」の自殺の真相を知るべく姉の恋人に逢う為、「あかつき号」という船に乗り合わせていた。そこで彼は「白い服の青年:光の力」からアギトの力を授けられた。その余波を受けた他の乗客もアギトの力を身に付け戦う運命を背負ってしまった。
画像
直後に「闇の力の僕である水のエル」に襲われ、アギトに覚醒するも敗北し、海に葬られた。2週間程、海を漂っていたが記憶を失い浜辺で倒れている所を女子高生達に保護される。

その後は透視能力を持つ女子高生「風谷真魚」と、彼女の義理の叔父にあたる
城北大学の心理学教授「美杉義彦」の元で世話になっている。当初は自分の意思でアギトの力をコントロール出来ずに警視庁の「G3」を敵と認識し破壊してしまった。変身前でも天敵である「闇の力の僕であるアンノウン」の出現を感知する能力を持ち自我を持ったまま変身出来る様になったがバーニングフォームで暴走し翔一を診察した心理学者の国枝 東に襲い掛かったこともある。腹部の「賢者の石」から光が放たれ変身する。ベルトの右には炎を司る真紅・左には風を司る青い「ドラゴンズアイ」という秘石がはめられている。必殺技を放つ際にはクロスホーンと呼ばれる角が展開する。あかつき号で「光」の力を多量に浴びたため他の人間より進化のスピードが速く、様々な形態へと進化できるようになった。
• 必殺技:ライダーキック (30t)、ライダーブレイク (50t)
• パンチ:7t(クロスホーン展開時は15t)
• キック:15t(クロスホーン展開時は30t)

アギトストームフォーム(超越精神の青)
風の力を宿した、スピード重視の形態。左腕が特に強化され、風を操る能力が備わっている。力はやや弱いものの、優れた敏捷性とストームハルバートの長い射程は、それを補って余りある。画像


武器を持つ敵に対抗する為にこの形態を使うことが多いが、ビルの屋上まで飛び上がるためにこのフォームへ変身したこともある。


• 装備:ストームハルバード
• 必殺技:ハルバードスピン (30t)、ハルバードブレイク (45t)
• パンチ力:右4t、左7t
• キック力:5t

アギトフレイムフォーム(超越感覚の赤)
炎の力を宿した、パワー重視の形態。右腕が特に強化され、炎を操る能力を備える。スピードはやや低下するが、力は強い。画像また知覚が鋭敏になっており、動きの素早い敵や姿を隠した敵にも対応できるようになっている。バーニングフォーム発現後は、このフレイムフォームに変身していない(劇場版は除く)。


• 装備:フレイムセイバー
• 必殺技:セイバースラッシュ (30t)、セイバーブレイク (45t)
• パンチ力:右10t、左4t
• キック力:9t

アギトトリニティフォーム(三位一体の戦士)
翔一が一時的に記憶を取り戻したときに変身可能となった形態。グランドフォームをベースとして左にストームフォーム、右にフレイムフォームの力を宿す。画像スピードとパワーを兼ね備えている。グランドフォームをベースとしているが、フレイムフォームからも変身可能。翔一が再び記憶を喪失した後、封印されてしまった。

• 装備:フレイムセイバー、ストームハルバード
• 必殺技:ライダーシュート (45t)、ファイヤーストームアタック (40t)
• パンチ力:右10t、左7t
• キック力:15t

アギトバーニングフォーム(燃え盛る業炎の戦士)
強敵エルロードとの死闘を機に発現した、新しい強化形態。
全身が溶岩のように赤熱し、爆発的なパワーを発揮する。
画像
特に上半身が強化され、抜きん出たパンチ力を持つ。
全フォーム中最強のパワーを持つが、不安定で暴走の危険性も秘めたフォームである(暴走し、国枝に襲い掛かった)。
• 装備:シャイニングカリバー(エマージュモード)(シングルモード)
• 必殺技:バーニングボンバー (45t)、バーニングライダーパンチ (40t)
• パンチ力:25t
• キック力:15t

アギトシャイニングフォーム(光輝への目覚め)
太陽の光を浴びて発現した、アギトの最強形態。
バーニングフォームの外皮が割れ、その中から誕生する。画像

脚力が強く、スピード、ジャンプ力、キック力は全フォーム中最高。


通常はグランドフォームを経由するが、「闇の力」との最終決戦のみ、特別な変身ポーズによって直接このフォームへと変化した。 進化し続ける存在であるアギトが、次の段階へ入りシャイニングフォーム自体が基本形態になった前兆とも考えられる。
• 装備:シャイニングカリバー
• 必殺技:シャイニングクラッシュ (55t)、シャイニングライダーキック (45t)、強化型シャイニングライダーキック (75t)
• パンチ力:15t
• キック力:30t


他のアギト

雪菜アギト
実は翔一こと、本物の沢木哲也の姉で、彼女がアギトの力に最初に覚醒した。
一瞬だが最初にアギトの姿へ変身しており、その姿は弟の哲也のグランドフォーム類似した形態を持つ。「闇の力」は最初のアギトと彼女を認識している。力が暴走して、風谷を殺してしまい、「アギトならざる者」に憎まれる事を恐れて助けようとした津上翔一の手を振り解く形で、直後に自殺してしまった。
• パンチ力:不明
• キック力:不明

木野アギト
あかつき号の乗客の一人で天才的な腕前を持つ外科医であったが、数年前に雪山で遭難し、自身の右腕と弟の雅人を失った。弟を救えなかったという自責の念から、救いを求める人間を全て救わねばならないと決意。以後は非合法で難手術を請け負い法外な報酬を受け取る闇の名医師となる。
画像

変身能力が覚醒した直後は、弟の呪縛から自分の手で人を救うべく、自分以外のアギトの存在を否定したがアンノウンに襲われている人々自体がアギトに覚醒する素質をもつ為結果的にアギトの運命の呪縛からは開放されていない。
後に自らの運命を受け入れ「闇の力」に対して他のアギトらと共闘する事になる。クロスホーンの形状は触覚というより角に近く、クラッシャー展開時の歯の形も動物的な形状であり他のアギトのグランドフォームと唯一異なる。アギトにおいてパワーアップ(フォームチェンジ)時に初めて展開する額部の角クロスホーン(アギトのパワー制御機構)がアナザーアギトは常に展開している為基本形態ながら、アギト・シャイニングフォームに匹敵するほどの高い戦闘力を有する。
自らの右腕を失ってしまった代わりに移植された亡き弟の腕が異なる形態を持つことから木野 薫と雅人は既にアギトになる運命を背負っていたといえる。光の余波の洗礼を受けることでアギトの更に先に進化した姿とも考えられる。必殺技を発動する時は、更にパワーを引き出す場合は口元のクラッシャーが開き、歯牙状の器官が露出する。
生身の状態で「アンノウン」の頭突きを腹部に受けた為それが致命傷となり息を引き取った。
(以前に木野 薫役の方から他の役で共演した人が休憩時間に「最強のアギト」と聞いたと話していたのとS.I.Cのアナザーアギトのの腕が左右非対称なこと、水のエルが「アギトとは常に進化し続ける存在」と話していたためフォームチェンジの能力はあると判断した。)
• 攻撃力:パンチ力:15t
• キック力:30t
• 必殺技:アサルトキック (40t)

エクシードギルス
画像木野アギトによって瀕死の重傷を負わされたギルスが『アギトの力』を与えたために『ギルスのままアギトとなった』姿。変身後の後遺症はなくなったものの、他のアギトと同等の力を持ち脅威となった事でアンノウンに狙われることとなるが、ベースがギルスの為、アンノウンを感知することはできない。
画像
しかし、「アギトの力」得たことにより闇の力と戦う運命を背負わされた。
• 攻撃力:パンチ力:15t
• キック力:30t
• 必殺技:ヒールクロウ (40t)

国枝アギト
記憶喪失の翔一を診察した心理学者の息子で、自身のアギト化を受け入れられずに飛び降り自殺をしてしまった。沢木哲也のグランドフォーム類似した形態を持つ。
• パンチ力:不明
• キック力:不明

岡村アギト
シェフだった父親はアンノウンに殺害されており、血縁である可奈もアギトの力に覚醒。アギトとして人間に憎まれる事を恐れて自殺を図るが、沢木哲也と津上翔一によって思い留まった。沢木哲也のグランドフォーム類似した形態を持つ。
• パンチ力:不明
• キック力:不明

ミラージュアギト/間口アギト
画像アギトの力に目覚めた間口正一が、自らの欲望の力で変貌を遂げた姿。基本形態であるグランドフォームは沢木哲也のアギトと類似した形態を持つものの、第二形態はオルフェノクと同様、固体は灰色を基調とした体色になっている。翔一のシャイニングフォームが”悟り”ならば、対照的に彼の力は”怒り”による進化といえる。「アギトとオルフェノクの複合体」になっており、その特性上使徒再生とアギトの力の両方を能力持つ。
• 攻撃力:パンチ力:12t
• キック力:28t






仮面ライダーギルス/人類の偶発的進化形態
人類の偶発的な進化形態であり、アギトになる素質を持たない人間が何らなの事故等により人間の限界を越えた後に覚醒したものである。
画像腹部中央のメタファクターによりギルスに変身し、能力的にはアギトフレイムフォーム並の攻撃力とストームフォーム並のスピードを併せ持つが、防御力は低く、アンノウンには全く効果がなかったG3の突撃銃GM-01 でも致命傷になりかねない。又、アギトが胸に持つ「ワイズマンモノリス」を持たない為、変身する度に肉体には、その後遺症が残り長くは生きられない為アギトのように他の生物及び人類に対して脅威になることは無い。
但し防衛本能は高く生命の危機が迫った際、細胞が膨張硬質化(アギトは複数が飛び降り自殺している)落下直前で無意識に変身している。

画像
闇の力からは「アギト、いやギルスか。珍しいな」と独白されており、敵視されているわけでもないため「闇の力の僕であるアンノウン」の出現を感知する能力も元から備えていない。

画像
アンノウンのように闇の力から指示を受けているわけではない(アギトになる可能性のあるものが付近にいると感知し細胞が警告し「殺せ」と心の声が聞こえる)が、アギトになったものとは本能的に戦うことになる。


• 攻撃力:パンチ力:10t
• キック力:20t

赤く光る神秘の魚
画像
サンゴ礁に生息するヘビギンポ類の一種。赤く光る(下)ことを独、豪などの大学研究チームが発見、英BMCエコロジー誌で発表した。青や緑に光る魚は多いが、赤い光は海水に吸収されるため、赤は珍しい(2008.9月16日)


この記事へのコメント

姫将軍大暴れ
2008年01月19日 02:51
記事が増えないとアクセス数は伸びませんよ
原田
2008年01月22日 11:08
はじめまして。「ブログスカウト」の原田と申します。

人気ブロガーさんのスカウトを担当しております。
「ブログスカウト」 http://blogscout.jp/

様々なニュースサイトでも紹介されたサービスです。
http://www.venturenow.jp/news/2007/06/26/2356_014788.html

現在、弊社では自動車保険の見積もりを一括で出来るサービスを、
ブログでご紹介して頂ける人気ブロガーさんを探しています。

※ご掲載いただいき、条件を満たしていただいた方には、
 謝礼もご用意しております。

詳細につきましては、メールにてご案内させていただきたいと思います。
ご興味いただけましたら、以下までご連絡ください。
すぐにメールにて詳細をご説明させて頂きます。
 ⇒ h.harada@media.writeup.co.jp

小田桐さんのご連絡を心よりお待ちしております。

この記事へのトラックバック

  • 「仮面ライダーアギト/人類の進化形態 (AGITΩ)」について

    Excerpt: 「仮面ライダーアギト/人類の進化形態 (AGITΩ)」について 前回、トラックバックの記事を作った勢いでこの記事を書きます。 ここのブログは2年程前に見つけてそれ以降時々閲覧しています、ライダーの設.. Weblog: 武者頑駄無好きのブログ racked: 2011-01-03 14:14