S.I.C.仮面ライダーX & アポロガイスト

現在S.I.C.素体を使ったキバ系ライダーを改造して作っているものの、先行して2種類の腕と、下半身が完成したため、下地塗りのため、つや消しのブラックを購入に新宿のヨドバシに行ったら、「S.I.C.VOL.41 仮面ライダーX&アポロガイスト」 が週末特価で投売りされていた為、何らかの改造参考用になるかもと、買ってしまいました。
画像

S.I.C.仮面ライダーX

とりあえず、仮面ライダーXと連番である電王のプラットフォームと比較。稼動範囲は、腹部が軟質素材じゃない、手首が通常のボールジョイント等、VOL.42電王やVOL.41アギトには遥か及ばず、デザイン的にも昔見た、「潜水士」の印象が強すぎてアートのような独特の魅力は全く感じられない。しかし、ダイキャストが多用され各関節が硬質素材で出来ている為、超合金の名に恥じない良く出来た玩具といった感じ。
画像
画像
仮面ライダーXは18.5cm、 電王のプラットフォームの大きさは17.8cm。
画像

手首は平手左右、握手左右、銃を握る右手、剣を握る右手、張り手左の合計7。
画像

SIC仮面ライダーX取扱説明書
画像


ヒーローズルームにて掲載されていたS.I.C.仮面ライダーXのテストショット!
画像
画像
画像


ヒーローズルームにて掲載されていたS.I.C.仮面ライダーXのデザインスケッチ!
画像
画像


スーパー1以降しかライダーを生映像で見たことがない為思い入れは全く無いものの、RXとクライシス帝国との戦闘では世界各地に散っていた10人ライダーの中にXが含まれていた為、仮面ライダーSPIRITSに南 光太郎が出ることを期待しつつ比較。
画像


ライダーXパーツごと首筋除き分割/上半身(本来人が首を上下に動かす際に使用する頚椎の上部分がボールジョイントではない為左右にしか稼動しない)
画像

ライダーXパーツごと足首除き分割/下半身(ウエストの腰ベルトと股関節が一体型。他のSICは初期のもの意外別パーツ)
画像

S.I.C.アポロガイスト







S.I.C.VOL.41 仮面ライダーX&アポロガイスト
バンダイ
2008-05-31

ユーザレビュー:
やっぱり・・・・アレ ...
正直微妙…最近のシリ ...
どうだろう?S.I. ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック