S.I.C. 1号&サイクロン(THE FIRST)

発売日を久々(G3&G4以来)に待ち望んでいたホッパー1を本日入手。
画像

高さ触覚含まず約180mm。ヨドバシでは6,420円だった。
画像画像
画像

アメリカのコミックヒーローが、一般大衆にまで広く受入れられているのに、日本のヒーローは殆どが子供向け止まりで終わっていたため歯がゆさを感じていたが、THE FIRSTは続編も創られ真仮面ライダー以来の衝撃的な作品。
画像

限界まで膝を曲げた状態。ここ数年のS.I.C.の値崩れにバンダイのモチベーションが下がったのか、軟質素材や手首稼動等技術の継承は省かれており、稼動範囲は最近のSICのなかで、唯一稼動しないライダーXに近く立膝も出来ない。
画像

中国品(日本人顔)より全く似ておらずチャイニーズ系の顔だったためなのか、本郷猛ヘッドが付属する事はSIC発売前のホビー誌では一切触れていなかった…。
画像
画像

同スケールの一般人(?)と比較
画像

ダークな世界観に満ちた日米ヒーローの比較
画像


S.I.C. 1号&サイクロン(THE FIRST) 取扱説明書
画像

1号&サイクロン(THE FIRST)発売前のテストショット
画像

Hobby JAPAANに載っていたS.I.C.THE FIRSTとMOVEREALIZATIONの比較
画像



S.I.C. 1号素体改造/本郷猛

本郷猛ヘッドが付属する事を事前に知った為、今回のSIC-THE FIRST版1号(ホッパー1)の発売に合わせて予め用意していた人間体。牙狼(黄金騎士)の冴島鋼牙が身長182cm、本郷猛が、183 cmのためそのままでも違和感無く雰囲気が出るため、魔戒騎士らしいコートの凝ったデザインやアクセサリーをカットに留めた。
画像
画像

今回の1号の付属品に一切手を加えたくなかった為、マフラー部分をどう隠すか一瞬なやんだが、頭部を嵌めるとちょうどマフラー部分が内部に隠れて、中に赤いシャツを着ているように見え逆にアクセントとなった。
画像
画像

画像

いまさら2個目を欲しいとは思わないが『S.I.C. 1号&サイクロン(THE FIRST) 』が2009.5/10までヨドバシカメラで4,000円で発売中!ちなみに町田のヨドバシでは全く減る様子は無い

S.I.C. VOL.46 仮面ライダー1号&サイクロン(仮面ライダーTHE FIRST)
バンダイ
2009-2/28 価格: ¥ 5,740

ユーザレビュー:
カッコイイ!20代半 ...
サイクロンこそライダ ...
実に楽しみです!実に ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


画像



1号(ホッパー1)

本郷猛は将来を嘱望される化学者だった。しかし、突如現れた謎の集団によって拉致され、大きく人生の歯車が狂わされることになる。かれを拉致した集団名は、ショッカー。邪魔者を全て容赦なく抹殺し社会の裏に暗躍する、謎の武装組織。
ショッカーによって改造手術と洗脳を施された本郷は、特殊マスクを装着し、変身ベルト・タイフーンを回転させることで変身し、バッタの能力を持った改造人間“ホッパー”として、破壊活動を繰り返してきた。
しかし、ショッカーが予期せぬ些細なことをきっかけに洗脳が解け、自らの力に悩みつつもショッカーと決別し戦うことを決意する。
しかし、防犯カメラ映像から破壊活動を行うホッパーの容姿が判明。凶悪強盗殺人の特別手配被疑者の「覆面した服装・特徴」として公表され、同時に警察から追われることとなる。
・身長:187cm(変身前の身長183 cm)   体重:74kg
・パンチ力:3t 
・キック力:10t 
・ジャンプ力:15m 
・走力:100mを5.0秒

装備:なし。但し、超人的な身体機能を活かして編み出される技の数々は、威力そのものを増幅させる。

サイクロン1号
本郷が懇意にしていたバイクショップのオーナー・立花藤兵衛がホンダ・CBR1000RRをベースとしてレーシングマシンとしてカスタムパーツでグレードアップしたマシンで、超高速域での安定走行を理想としたが、あまりの性能の高さに、人間には扱えない代物となった。改造人間にされた本郷だからこそ操ることができるマシンといえる。
なおサイクロン号は、主にショッカーとの戦闘及び逃走用に運用される為、特定されやすいナンバープレートや破損しやすいウインカー、ミラーなどは廃している。
本郷はホッパーとなった戦闘時だけでなく、日常生活でも移動手段としてサイクロン号をそのまま使用しているため、警察に追われるリスクを否定出来ない。
・最高速度:400km/h
画像


警視庁戦闘用強化外骨格-G3

先行して開発された2体の欠点を克服し、警視庁が正式採用した戦闘用強化外骨格(パワードスーツ)であり、今後同システムの量産・組織化を視野に入れている。そのため、用途に応じて武装を変更する汎用性を備えている。装着員には高い身体能力及び、強靱な精神力が要求されるため全ての警察官を対象として厳正に選抜され、隊員は装着後に常人の10倍の能力を発揮することができる。但し動力となるバッテリーを小型化した為、スーツの運用時間は極端に短い。そのため輸送車両で目的地付近まで向かい、同車両内で隊員が装着、専用バイクで現場に向かう。
元々未確認生命体と呼ばれる異星人の類と戦闘を想定して開発されたものの、これまでに実戦投入された経験は無い。新たな脅威となったアンノウン(正体不明)の集団を迎撃するため導入されるものの、実戦投入後の成果は未知数…。
• 身長:192cm、体重:150kg
• パンチ力:1t
• キック力:3t
・ジャンプ力:10m
• 走力:100mを10秒

装備:GM-01(専用サブマシンガン)と連結して使用するグレネードランチャーを使用可能で、装弾数は3発。戦車の装甲も破壊する約20トンの破壊力を持つG3の最終兵器。(ちなみにワニが噛み付いた力が1tの為、G3自体には自動車を破壊するほどの力は無い)



ガードチェイサー
警視庁が戦闘用強化外骨格を装着した隊員用に開発した高性能白バイ。1300cc水素燃料エンジンを搭載し、高感度赤外線センサーや暗視カメラ、プロジェクターヘッドランプを装備している。また左右前後の特殊ボックスには各武器武装を収納できる。
・最高速度:350km



――――――――――――――――――――
関連記事

捜査情報漏洩 逮捕の警部と警部補は容疑を否認

奈良県天川村発注の公共工事をめぐる汚職事件にからみ、当時の村長、車谷重高被告(51)=加重収賄罪などで起訴=に捜査情報を漏らしていたとして、地方公務員法(守秘義務)違反容疑で奈良県警が逮捕したのは、ともに同県警刑事部付の警部、石山智(51)=奈良県田原本町=と警部補、大沢成光(53)=奈良県橿原市=の両容疑者と、同県警が24日夜、発表した。

奈良県警監察課によると、大澤容疑者は「警察情報の一部を教えたが事情聴取の月日などを具体的に教えた覚えはない」と容疑を一部否認し、石山容疑者は「事実無根で誤認逮捕」と否認しているという。

石山容疑者は捜査2課に、大沢容疑者は組織犯罪対策1課に所属していたが、24日付で刑事部付とされた。同課の調べでは、石山、大沢両容疑者は共謀。昨年11月15日ごろ、石山容疑者が所属していた捜査2課が内偵中だった天川村発注の公共工事をめぐる汚職事件で、車谷被告らが捜査対象とされ、11月29日に車谷被告の事情聴取が実施される予定であることを、車谷被告側に教えるなどした疑いが持たれている。

県警は2人と車谷被告との関係を調べている。石山、大沢両容疑者は警察学校の同期だった。

車谷被告は、同村発注の簡易水道工事をめぐる2件の汚職事件と不正入札事件で昨年12月6日以降、3回逮捕され、加重収賄や官製談合防止法違反などの罪で起訴された。起訴状によると、工事の落札に便宜を図った見返りに、業者側から現金計約1000万円を受け取ったとされる。

奈良県警の岡嶋名良文首席監察官の話「警察の捜査に対する県民の信頼を失墜させたことは誠に遺憾。事実関係を調査の上、厳正に対処する」
(2009.2/25 産経新聞)


警官逮捕:女子中学生に淫行の疑いで 警視庁

警視庁少年育成課は12日、カラオケボックス内で女子中学生にみだらな行為をしたとして、警視庁町田署地域課巡査部長、今井寛容疑者(27)=東京都町田市旭町3=を東京都青少年健全育成条例違反(淫行(いんこう))容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、昨年7月下旬ごろ、東京都新宿区内のカラオケボックスの個室内で、都内在住の女子中学生(当時14歳)が18歳未満であることを知りながらみだらな行為を行ったとしている。

警視庁によると、今井容疑者は容疑を認めている。女子中学生とは昨年7月ごろに携帯電話のゲームサイトのメールのやりとりで知り合った。警察官であることは隠し、大学生と名乗って事件前にも数回会っていたという。今年1月に女子中学生と両親が警察に被害相談し発覚した。

中村格・警視庁警務部参事官は「法を順守すべき警察官がこのような事案を起こしたことは極めて遺憾。今後捜査を徹底し、厳正に対処したい」と話している。【遠山和彦】
(2009.2/12 毎日新聞)


警察の懲戒処分は252人 昨年1年間、警察庁まとめ

昨年1年間に懲戒処分を受けた警察官と警察職員は、前年から51人減り、不祥事の続発により警察改革が始まった2000年以降で最少となる252人だったことが29日、警察庁のまとめで分かった。
懲戒免職は前年比11人減の30人。警察庁は「各警察本部が不祥事防止などの対策を強化しており、さらに処分者が減るように取り組んでいきたい」としている。
停職は44人、減給は103人、戒告は75人。処分理由別では「窃盗・詐欺・横領」が一番多く71人。「交通事故違反」の40人、「飲酒上信用失墜・異性関係」の38人と続いた。
飲酒運転は昨年11月、警視庁の警視が道交法違反(酒酔い運転)容疑で逮捕されるなどし、9人が処分された。
都道府県警別では警視庁44人、神奈川20人、福岡18人、千葉と大阪の15人-の順で、警察庁は14人だった。
(2009.1/29 共同通信)


宮崎県警:警官が免許更新不正 適性検査、息子の書類偽造

宮崎県警は26日、入院中の長男に代わって運転免許証を更新しようとしたとして、西都署の男性巡査部長(48)を停職1カ月▽長男で県警本部交通機動隊の男性巡査(23)を減給3カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長からは既に退職願(退職金は受給可能)が出されており、受理する方針。(毎日 2009.3/27)



角川春樹氏:逮捕覚悟?“警察内部の闇”暴露

角川春樹監督(66)が11年ぶりにメガホンをとる映画「笑う警官」(09年)の製作発表が8日、都内で行われた。主演の大森南朋(36)松雪泰子(35)らが出席。警察内部の闇を描いた群像劇。2年5カ月と3日の獄中生活を体験した角川監督は「一番の体験者が語る警察の暗部。これは私にしかできないし、再び逮捕されることを恐れない」と話した。(スポニチ2008.10/9)


懲戒処分 国家公務員の場合、信用失墜行為の禁止などを定める国家公務員法やその他の法令、職務上の義務に違反したり、国民全体の奉仕者としてふさわしくない非行が公に発覚してしまった際に科される行政上の制裁。任命権者の大臣などが発令、処分は重い順に免職、停職、減給、戒告の四種類あり、停職と減給は最大一年。人事記録に永続的に残る上、昇進、昇級に影響を与えるため、幹部に科せられる事は殆ど無い。また、世論の批判で処分をせざるをえない状況に陥った際は、処分前に退職願を出す事で全額退職金の支給となり全てがうやむやとなる。処分に不服がある場合、人事院に審査請求や異議申し立てができる。国家公務員法の懲戒処分とは別に、各省庁は内規で訓告や厳重注意などの処分も定めている。

・『ポチの告白』

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック