S.I.C.極魂素体改造/G3-X

極魂のサイズなら、ロボコップの動きのようにぎこちなく“大型の武器を用いるパワードスーツ”を再現できる為、SIC極魂響鬼を使ってG3-Xを作った。
画像

平成ライダーの中でG4が一番好きだが、S.I.C.の武器を活かし他の極魂と組み合わせられる敵としてG3-Xは最適。

S.I.C.G3-Xはかっこよすぎるので、普通の人間の強者にする為、身体能力の高い軍人や警官に多く見られる首が前に出ている前屈みの「猫背姿勢」でスーツを装着した姿で再現。(モデルやスポーツ選手のようにトレーナー付きで1つの競技に特化したトレーニングで得られたものではない)
画像
画像



背中の動力源に動力を補充するバッテリーパック換装も再現
画像
画像

・G3システム共通バッテリーパック
自衛隊(防衛省)が作った軍事用スーツ(G4)とは異なり、ゲリラ戦(砂地や森林)を想定する必要がなく、市街地で運用となるなめ、現場でバッテリーパックの交換が容易に行える様に接続部は露出した状態にした。
画像




SIC極魂と比較

身体が変化(長身化)したのではなく、装着するだけなので大腿四等筋を2mm縮め、膝、足首、腰部等それぞれ0.5mm~1mm縮めた。但し素足の響鬼と異なる為、靴底は1.5mmほど厚くした。
画像

SIC極魂響鬼とG3-Xの比較
画像

アギトの神の力による変身(肉体変化)に対して、G3-Xのパワードスーツ(装着変身)の限界を引きずった無骨な体系を強調。装着型の頭部も響鬼より大きくして、肩アーマーはボールジョイントにした。
画像
画像



装着者「いったいおまえは何者なんだ…」
スタッフ「バッテリーの残量も、もうありません。システム停止まであと30秒…」
指揮官「氷川君、離脱しなさい!氷川君…」
画像





G3-X武装

左右大腿部側面、尻部の3箇所にスコーピオン・ユニコーン・ガードアクセラーの何れの武器も装備可能。
画像
画像

腰ベルト変更で稼働時間を表すエネルギーゲージのふり幅が拡張された状態を選択可能
画像
画像

武器の装着部分に穴が開いているとイメージが崩れる(頭部・両肩・腰ベルトの変更で、今後収納機能を廃止し量産性を高めたG3マイルドも、再現する予定)為、これまでのS.I.C.改造時と同様の処理をした。

GK-06(ユニコーン)  ガードアクセラー
G3-X専用コンバットナイフのユニコーンはS.I.C.G3-Xのものを使用。電磁警棒は極魂サイズで作った。
画像
画像

・GK-06
G3-X専用の電磁コンバットナイフでブレード部を振動させさせる事で、微弱ながらデストロイヤーのように高周波振動機能をもつ。
・ガードアクセラー
ガードチェイサーの起動キーを兼ねた左グリップ。電磁警棒として使用でき民間人の制圧ウェポンとして多用。


GM-01(スコーピオン)
対未確認生命体用の突撃銃GM-01(スコーピオン)も装備可能
画像
画像

・GM-01
常人携行火器(ライフルや拳銃)のサイズに合わせてコンパクトに纏められていた神経断裂弾を、衝撃を気にする事無く威力を追求して開発された並列弾倉式突撃銃(実態はサブマシンガン)。スペック上ではグロンギ(未確認生命体)を一発で殺害できる。


GS-03 (デストロイヤー)
今回G3-Xを作ろうと思ったのは、G3の武器で一番好きなデストロイヤーを極魂に持たせるため。
画像
画像
画像

・GS-03
超高周波振動ソード。右腕に装着し、ブレード部を高速振動させ切断する。


GX-05 ケルベロス
予備弾倉はS.I.C.G3-Xのものをそのまま使用し、背中にあるケルベロス用予備弾倉の携行部分には、今回あえてポリキャップを使用し差別化した。GM-01より数多くの特殊徹甲弾を発射する設定なのにSICG3-Xには元々小さすぎる…。
画像
画像


GX-05 ケルベロスは、S.I.C.を流用すると、弾倉のサイズが小さすぎて一秒で全弾撃ちつくしかねないため、弾倉に合うサイズへ変更。
画像

・GX-05
警察の武装としては完全に逸脱した警察国家/G3-Xを象徴する専用のガトリング式機銃。銃軸の周囲に多数の銃身を配置し、外部動力で回転させ連続的に装填・発射・排莢を行う構造を持ち特殊徹甲弾が自動装填され連続して射撃でき多数の敵を殺傷できる一方、周囲の建造物の破損や民間人が巻き添えになっても厭わないとの警察の方針が裏付けられる武装。
なお、G3-Xは、限定的な使用目的ではなく一度の出撃で数箇所での運用を想定しており、予備の弾倉を二つ背中に装備している。





果てしなく続く‥光と闇の戦い…G3システム!!

人々の自由を守るBLACKと‥
組織の保身と幹部の出世のために正義を振りかざすG3シリーズ!
画像





G3-X(後期型/G4チップ導入)

パワーがありすぎて問題視されているG3-XにG4チップを組み込む事で更なるバージョンアップを遂げた、G3-X(後期型)にしてみた。小沢澄子が作った完璧すぎるG3-Xに高村教授の「制御チップ」を導入した事で不完全となった代わりに“人が扱えるようになった”が、八代が開発済みだった「G4チップ」も同様にG3-Xに組み替える事ができる筈。
当時仮面ライダーアギトを見たときは、G3(3号機)よりもG1の方が強い設定に後にホビー誌でなるとは思わなかったため、ガス手投弾→神経断裂弾→強化型神経断裂弾→G1→G2→G3→G3後期型(弾丸強化に伴い衝撃に耐えられるように改良)と徐々に強くなった(対グロンギへの技術の躍進)と解釈しG3-X前期型の頭部より後期型は大きめ(同一の素材で耐久性を増す為)にした。
(石川県出身の元総理大臣の母校/大学に、ライダーマンやG3開発者の設定と同様、IQ180超え現役教授が実在するものの、IQ180の天才でもいきなりクウガの能力を模したG1スーツ完成は早すぎ)

そこで…、
『一度奪われそうになったG4チップを八代自身が破壊、G3-Xも小野寺が装着時に頭部が破損した為、小野寺が八代に別れを告げて旅立った後に、破損しやすい頭部に予備のチップを組み込み耐久性を高めた、新たな頭部に取り替えた』事にした。


画像
画像
G3-XにクウガとG4を足したようなデザイン
画像

・G3-X(後期型)
既にグロンギ殲滅に十分であった神経断裂弾に替わって、警察の未確認生命対策本部がグロンギから得られたデータを元に開発したボディアーマー。神経断裂弾を強化しグロンギを一撃で倒せる銃(スコーピオン)を持つ。初期にG3装着員に選抜された装着員の中で1人だけボディアーマーのスペックを引き出した警官がいたが突然失踪、候補者不在のまま能力を大幅に向上した改良型G3-Xを完成。(但しG3の持つスコーピオンより性能を意図的に落している。これは開発主要メンバーである八代には知らされず、警察上層部が殲滅が容易になりつつあったグロンギを脅威として煽り、ガトリング式機銃導入や組織全体の武装及び権限強化に活用する狙いがある)
各県警から候補を募ったものの、スペックを使いこなせる装着者は見つからず、グロンギとの戦いで周囲に甚大な傷跡(被害)を残し、マスコミからはG3-Xの必要性を疑問視されている。しかし組織に楯突く市民団体やジャーナリストの代表格が窃盗や痴漢容疑で逆に批判の的となり、G3-Xへの世論の批判は沈静化していった…。
開発は進められ、装着者の脳神経にシステムをダイレクトリンクさせるG4チップを組み込んだ後期型が完成した。
警察庁はグロンギに変わる“人類への新たな脅威が人の中に存在”するとの不鮮明な情報をメディアに流させ、ボディアーマー量産による警察官への標準装備化を進めている…。
画像
画像
警察は覚醒の兆候が現れた人をメディアへリーク。当初テレビでは、念動力を使える者をバラエティを中心にもてはやしたものの、一転し数の多さを指摘する報道が過熱。恐怖を感じ、疑心暗鬼に陥った人々に疑いをかけられた者達が、徐々に迫害されはじめた。
政府は覚醒の兆候が現れた人々を警察へ届出・体内にIDを埋め込む事を義務づける事により、居場所の把握によって不信感を解消し“市民の安全”と“覚醒者の人権”を同時に守れると公式に宣言、かつて廃案となった共謀罪の成立を同時に強行させた。ID化の対象にされた人々と家族らは警察の管理下におかれ、彼らは洗脳手術を施こされ組織の尖兵として飼いならされていった…



【関連】

大阪堺市で起きた交差点内での交通事故

右折する乗用車と直進するバイクが衝突。バイクに乗っていた澤野祐輔さん、当時十八歳が遷延性意識障害(植物状態)、という重い障害を負った。
大阪府警はバイクで直進していた澤野さんが赤信号で交差点に進入したときに車にぶつかったと、澤野さんの方に重大な過失があると結論づけているが…、この裁判過程でその証拠となる目撃証言調書に大きな疑惑が浮上している。
目撃証言とは明らかに異なる目撃証言調書が作成されていた。数々の捏造証拠(現場で事故を目撃したとされる三人のうち二人が調書を捏造されたと言っている。現場で実況見分に立ち会っていない、事実が逆、目撃位置が違う、調書の日付に警察に行っていない、手書き一、二枚の調書にサインしたのにワープロ書き五枚の調書に変更されている…)がでていながら大阪府警は調書偽造を認めず、「供述調書の作成を含めて捜査は適正に行われたものである」とし、警察権力の不正に立ち向かった善意の第三者をあざ笑うように2008年3月28日高裁判決では、警察の調書どおりの判断を下した。

この判決がテレビ朝日スーパーモーニングで取上げられた数ヵ月後(2008年6月)に橋下知事が、警察官の給料、人員も削減する案を出した。しかし、“自分さえ被害に遭わなければ他人事”という日本人を象徴するような大阪人(情に訴えて騙すオレオレ詐欺の被害は最下位。しかし、マルチなど周囲を巻き込んでの儲け話の詐欺被害はNO1)。大阪府警の警察官の人員削減(「賛成」25.0%、「反対」67.0%、「わからない」8.0%)で、没となった。
警察官の採用枠は現在も各都道府県で増加中である。

現職警官「裏金」内部告発
講談社
仙波 敏郎
「組織の敵」呼ばわりされながら「警官が犯罪行為をしてはならない」との信念を貫き、裏金づくりに手を貸ず警察の裏金の実態を実名で告発。現職警官による唯一にして最後の正義。

Amazonアソシエイト by 現職警官「裏金」内部告発 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

洗足学園高にメディアを真に受けた中傷電話が50件超…

画像感染者が発覚しメディアが一色に染まる中、女子生徒2人の新型インフルエンザ感染が確認され駅や商店街など市内各地でマスク姿が目立つようになった。
川崎市高津区の私立洗足学園高校は21日、同じ敷地内にある幼稚園から大学院まで全ての学校を27日まで休園、休校とすることを明らかにし、前田隆芳校長は涙を流し「お騒がせして申し訳ない」と謝罪。新型インフルエンザに感染した東京都八王子市の女子高生(16)のメッセージ「世間を騒がせて本当に申し訳ありません」を母親を通じて手渡され涙ぐみながら朗読した。同校にはこの日、「責任を取れ」「バカ野郎」などの抗議や中傷の電話が殺到、これまで感染が判明した関西の高校にも同様の事態が起きている。

前田校長によると、生徒らが参加した米ニューヨークでの「模擬国連会議」の主催者から、今月1日付で参加予定の各校に「ニューヨークで発生している新型インフルエンザについては状況を注視しているので、会議をキャンセルする理由は全くない」との電子メールが送られてきたという。
校長は「主催者からメールをもらい、アメリカでは十分な態勢ができていると思ったが、責任は許可を出した私にある」と自責の念を口にし、会見中に涙を流す場面もあった。経緯と謝罪文は学園のホームページにも掲載中。

同校には21日早朝から抗議や中傷の電話が殺到。職員9人が対応に追われ、夕方までに約50件以上の電話があったという。大声で主張をまくしたて一方的に電話を切ってしまうパターンが多く、「何で生徒をニューヨークに行かせたのか」「社会的な不安を与えた責任を取れ」「うちの子が同じ電車を利用した可能性がある。感染したらどうするんだ」などの内容だったという。22日も朝から新型インフルエンザに特化した番組構成で、夜間の報道ステーション・NEWSZERO(裁判員制度の特集中止)らも国会中継(共産党大門みきし議員の派遣切りと正社員強制解雇の実態を明らかにした質問は、誰もが『対岸の火事』と他人事ですまない内容だった)等には一切触れずインフルエンザを延々と伝え続けた。一方でNEWS23は3/30から後藤謙次が外れてコンパクトにこそなったものの、これまでの質(誘導色の濃い捏造)から、短くし国内外の出来事を最も多く伝える番組となった。(2009.5/22)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック