S.I.C.極魂改造/ギルス奇形体

ミラージュアギトをHJで最初に見たとき、オルフェノクはアギトよりむしろギルスに近いだろ!と思っていたのでファイズの販売に合わせてSIC極魂響鬼を素体(一部ナイト)に、オルフェノク誕生移行期間に覚醒したギルスを作ってみた。
画像

闇の力が「アギト!いや…ギルスか。珍しいな」と呟き以前からギルスはアギトと別な存在として明かされていたが‥たぶん「光の力の影響を受けた人間!いや…私の力か。人間が私の力で覚醒した存在は珍しいな」と思っていた筈…。


画像

オルフェノクは人間を攻撃する事で仲間を増やす事ができる…。ホースオルフェノク(木場 勇治)が、憎悪で木場一彰の心臓を剣で突き刺したのをテレビで見た時、『素質があり使徒再生で蘇ってしまったら木場はどうするんだろう』と思っていたので、『守るべき存在が敵意を持って向かってきたら無力な象徴』として作った。

今回の奇形体は、アギト達によって“闇の力”が倒された直後で闇の力の走馬灯的産物として、ギルスからジョーカー、内からオルフェノクのボディも出現しかけた変異能力の暴走状態として作った。(本来腹部に位置する賢者の石が、制御機能の役目は果たさず無尽蔵に力を垂れ流し、腹部にはオルフェノクの紋章が出現)画像
画像


ギルスは本来は皮膚の変異で装着タイプではないため、ノーマルギルスなら極魂響鬼素体で十分だがファイズの世界と次回作とを関連付けて奇形体として作ったため一部ナイト(龍騎系)のパーツを使った。
画像




SIC極魂 響鬼(紅)と響鬼素体改造 奇形ギルス
脹脛と足首の稼動とデザインのボリュームを両立し拡張(改造)する事で、今回も響鬼よりは自然な立膝を出来るようにした。あくまで稼動範囲より奇形を重視した為腹部の稼動は響鬼に準ずる。
画像

画像




通報者「たぁ‥たっくん、オ・‥オルフェノク」
装着者「あぁ‥下がってろっ!オルフェノクは一人残らず‥ぶっ潰してやる!」
画像

画像

画像



画像
画像

画像



画像
画像





【アギト・オルフェノク関連】


ギルス
かつて地球上に闇の力(創造主)は生物を創ったものの、光の力は本来数億年かけて環境に応じて変異する“進化の力”を過度に引出したため、全ての生物が他の種に対抗する為に急激な進化を繰り返していった。生物間の争い(連鎖)が種を次々と滅ぼし地球そのものにも過度の負担がかかり、世界の滅亡へ向かう未来無き争いが続いていた。
闇の力は進化による滅びを望む光の力との激闘を予測し自らの意志を託した“統制者”を造り、それぞれの種族に代表者を参加させたバトルロアイヤルを開催、勝ち残った種族に万能の力を残し世界を委ねると宣言し事態の沈静化を図った。

古代の戦いにおいて勝利した人間は巨大な力を行使することを拒み、万能の力を封印、自らの力で進化する道を選んだ。古代のバトルロアイヤルに参加した各種族の代表者達53体は、歴史の立会人として石版にカードとして封印され、光の力との長き戦いで闇の力も深く傷き身体の消滅が迫っていたため、自らの意志を委ねた僕(超越生命体)を生み出し代わりに災いから人々を守らせてきた。(同一の力を持ちながら相反する考えを持つ“光の力”は、アギトが人類の中から目覚める以前にも、バトルロアイヤルで破れて不満を持つ種族の中から、戦闘種族グロンギを生み出し人々を滅ぼそうとしていたが、人間は与えたアマダムの力でグロンギと死闘の末、“力”に溺れることなく自らと共に、全てのグロンギを封印した。
ちなみに、グロンギによる危機と同様、人間を守るために『アギトを滅ぼす者』を人間の中から選別していたが、津上翔一はアギトの力を“人類の進化の可能性”と信じ込み、闇の力を裏切りアギトを守る側についてしまった。)


光に勝利し“悪の根源”は絶ったものの、光の力によってもたらされた“悪しき力/アギト”を内に宿した人々の末裔がやがて覚醒し、人間達に牙をむくこととなる。その時、人間たちの科学力が自身の肉体を再生させる水準に達している事を願い遺伝子モデルを地中深くに沈め使途に守らせ、自身が目覚める事ができなかった時に、“アギトに抗う力”として人間達にギルスの力を残していた。
アギトの覚醒によって人間種は、偶発的な事故によりギルスとして覚醒する者もいるが、アギトのように“限りなく進化し続ける存在”とは異なるため、戦闘形態への変異は人体に過度の負担を及ぼし寿命を前倒しして消費しているに過ぎない。


ギルス奇形体
事故により限界を越えたため覚醒の兆候が現れ始めたものの、アギト達によって“闇の力”が再び滅びたため、ギルスとしては不完全なまま取り残された者達…。
“闇の力”が灰となり空気中に飛散、その灰を吸ったためギルスでありながら「オルフェノクの力で覚醒した特殊体」となっており、その特性上使徒再生(アギトとならない者をオルフェノクに出来る)とオルフェノクの潜在能力を引出す力をもつ。
段階的進化を遂げたアギトにも肉薄する力を持つが、生命力消費量が凄まじく、僅か数分しか戦闘形態を維持できない上に、数週間経っても完全な回復には到らず、生存率はきわめて低い。既にオルフェノクの力を用いていて覚醒したため生命力が尽きれば灰となる‥、いわば打ち砕かれるオノフェノクの城壁にすぎない。


・オルフェノク
アンノウン(超越生命体)消滅と人間種にあったギルスの力消失に変わって、“闇の力”が人間に託した最後の力。非業の最期を迎えた人間たちが再生後に変異した形態だが、オルフェノクとなったものは『人間を脅かすアギトを倒す』ため委ねられた力(一時的な命)にすぎず短命で長くは生きられない。


・ファイズギアΦ
オルフェノクを守るためにつくられた三番目のベルト。初期に開発されたデルタギアΔは、微弱なオルフェノクの痕跡を持つ人間であっても変身ができ、改善されたカイザギアΧも灰化・死亡はするが一回は変身できるという欠点があった。ファイズギアΦは装着者が適合者(オルフェノク)の場合は「COMPLETE」の音声とともに変身できるが、不適合者の場合は「ERROR」の音声とともにはじき飛ばされるため、完成形といえる。

画像
ミラージュアギト

・間口 正一
かつて“超能力を持つ少年”としてメディアにもてはやされながら、ある番組によって仕組まれたため已むを得ず行った、たった一度のトリックで偽超能力者と烙印を押され追放された男。人間不信に陥っていた孤独な彼の唯一の支えは飼っていた愛犬だった。その愛犬が死を境に人型の犬怪人となり新たな超能力(アギトの力)を与えた。間口は、この怪人を神の使いと信じ、神に与えられた復讐を遂げる力だと疑う事はなかった。

・ドッグオルフェノク
間口の愛犬は交通事故に遭い命を落す。遺骸を抱きかかえて悲しむ飼い主の前で、徐々に人の姿と変化しドッグオルフェノクとして生き返った。犬怪人は触手を伸ばし、飼い主の心臓を一突きした。

・ミラージュアギト
ドッグオルフェノクによってアギトの力に目覚めた間口正一が、自らの復讐という欲望の力で変貌を遂げた姿。基本形態であるグランドフォームは沢木哲也のアギトと類似した形態を持つものの、第二形態はオルフェノクと同様、固体は灰色を基調とした体色となりシャイニングフォームと能力はほぼ互角になっている。翔一のシャイニングフォームが”悟り”ならば、対照的に彼のミラージュアギトへの変貌は”深い悲しみから沸き起こる怒り”による進化で『合わせ鏡』の存在といえる。「アギトとオルフェノクの複合体」になっており、その特性上使徒再生とアギトの力の両方を能力持つ。
• 攻撃力:パンチ力:12t
• キック力:28t
闇の力は光の力と同一の力を持つため、使途に代わってアギトを滅ぼす為にアギトをつくり出そうとしたのが、ミラージュアギトだったとも解釈できる。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

【黒い先入観 関連】

財務省改革のブレーンをメディアが偽善者と烙印

メディアに出演し度々財務官僚を批判していた高橋洋一が、温泉施設の脱衣所で財布や腕時計を盗んで逮捕された3/30 と各ニュースで流れていた。このニュースを見たとき、教授で地位も金もあるのに、わざわざ腕時計ごとき盗むはずが無いだろう『嵌められた…やはり出る杭は打たれる』のだと即思ったが、『警視庁練馬署によると高橋教授は「いい時計で、どんな人が持っているか興味があり盗んでしまった」と容疑を認めている』と本人が“魔がさした”と認めているとの報道内容から、陥れられたと疑う余地が無く失望したままになっていた。
ところが先月の朝ナマ11/27でテレビに久々に出演しており、官僚の罠を練馬署の偽リークで既成事実化し、メディアが長いものに巻かれて事実を抹消していた事が明らかとなった。

・司会: 田原 総一朗
高橋さんに、官僚論でガンガン聞きたいんですが‥、高橋さんについてテレビや新聞が報道で避けていたのは『高橋さんが時計や財布を盗んだ』みたいな事が報道された。本当は、これ何なんですか?

・高橋洋一(元財務省、元内閣参事官、「さらば財務省!」著者)
多くの方々にご迷惑をかけましたので、お詫びしなければならないとは思いますが、他言はあんまり無用だとは思いますが…。

・司会: 田原 総一朗
どっかの温泉プールに行ったんですよね?2日間徹夜をして、奥さんと一緒に行った。で…僕なんかは全く勘違いをしていた。温泉プールのロッカーに、高橋さんが上着や下着を入れようとした。そのロッカーに何かが入ってたのね?(高橋:そうです)他のロッカーから盗んだわけではないのね?(高橋:違います)で、出てきたら何かお巡りさんに突然捕まっちゃったわけね?

・高橋洋一
いきなりというか、まぁ…私も頭がぼや~としていたのは事実ですけど。
(激論! 官僚が本当に悪いのか?! 2009.11/27)

11/27に生出演していた高橋洋一は、本当は警官に突然つかまって嵌められたと言いたそうな顔をしていたが、目を付けらて更なる闇に落されるのが怖くてオドオドして声が震えていた。
ちなみにこれまでも、◇改革派の当時与党の中堅議員が、公共事業の談合に父親の会社が反対した為、同じ党の大物議員の逆鱗に触れ見せしめとして、酔っ払って女性に抱きついたと陥れられたのだと、大手通信系グループ 会社の役員に聞いたが‥、翌週のTVタックルを見ていると、この議員の事を取上げておりビートたけしの「真面目すぎたんじゃない?」との同情に出演議員が皆同調し、元毎日記者の政治評論家が、『ある会議に出席したら「○○は、酔っ払うと所構わずオシッコしてしまうから心配だ」と聞き、あぁ酒乱なんだと思って家に着いたらテレビで女性に抱きついたとやっていて驚いた』続けざまに追い討ちをかけ、同情はするが事実だともはや本人が何と弁明しても変えられない既成事実となってしまっていた。 ◇報道・情報番組のコメンテーターを務め、警察にも厳しい批判を展開していた早稲田大学教授が、エスカレーターで女子高生のスカートの中を手鏡で覗こうとしたところを、偶然後ろにいた警官に目撃され現行犯逮捕された後、教授職やテレビ番組の仕事を失い、表舞台から去っている。  ◇チカン冤罪団体のトップが携帯で盗撮、偶然その場を目撃した警官が取り押さえたら携帯電話を壊したと報じられ、チカン冤罪はほとんど加害者の言い逃れだと印象づけた。 ◇銃撃事件で無罪判決を勝ち取り冤罪と戦う人々を支えていたら、自身の書籍を万引きしたのを偶然警官が目撃し現行犯逮捕(不起訴処分はもちろんテレビで報じず)され信用を失った…など“一方的な報道で世論を失望させて消えていった人々”を数え上げたらきりがない。

彼らは、圧倒的巨大な力と対立しているものの、世論は一時的に同調しても、それほど関心が無いため何れ改善されるだろうと曖昧な期待とともに風化させるため、複数のダミー情報によって小悪人を演出・既成事実化し陥れるのは容易、テレビ的にも一人の抹消ならインパクトがありリスクも無く換えはいくらでもいるため、真実や巨大な悪の根絶よりは“正義を振りかざす偽善者”を演出した方が国民受けするため優先される。これらは、日本人が潔癖な正義感を持っている民族のため‥ではなく、目の前で起こった「自らの危機」以外は全て他人事と考えて関心を持たない、若しくは持続しない事や政治家や経営者・役者等への批判は妬みによる要因が大きいためだ。


タイムハウスマニアックス RAH THM-28 仮面ライダーギルス
パンクベリートイ・ストア
【商品名】TIME HOUSE MANIAX RAH THM-28 仮面ライダーギルス
販売価格 18,000円 (税込) 送料別

楽天市場 by ウェブリブログ


アギト ギルスレイダー
おもッちゃマン
メーカー希望価格は714円(税抜き)です。台紙サイズは17×19cm(横×縦)です。
おもッちゃマン ネット価格 300円 (税込)

楽天市場 by ウェブリブログ



S.I.C.極魂改造 ガイバーⅠ&ギルス奇形体
ギルスそのものはガイバーに酷似しているものの、ガイバーは強殖装甲でギルスは皮膚の変化。一緒に並べるとガイバーの世界観に集約可能…。人為的損種実験体・規格外品ガイバー  対ガイバー用ではなくガイバーに近似した姿に調整し異星からの侵略者を演じさせクロノス治安維持部隊に大衆の前で倒されるための獣化兵・俊敏性に富んだ昆虫型獣化兵。
画像
いまさらだが、これらを含み今まで作った改造品の素体は全て響鬼。
今月もファイズの発売が続くので関連付けで、次回は遂に響鬼以外の極魂を素体で改造する予定…。

Hobby JAPAN2010.1掲載
画像
推測どおりファイズの後はブレイドが発売。既に発売されている龍騎と並べれば、MOVIE大戦2010でディケイドに2人だけで最終決戦を挑んだ勇姿を再現できる。HJの『3種類の後続アイテムが控えている』との文面からカイザとデルタは発売するだろうが、一度もカイザになった事の無いスネークオルフェノクのアレンジを撤回しリニューアルしてくれる事に期待する。小スケールで複数並べられるライオトルーパーの極魂化はそれ以上に期待大。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック