S.I.C.極魂素体改造/ライオトルーパー(壱)

画像
SIC極魂ファイズはファイズの強化系だけで打止なのか、シリーズ化が全くされないためライオトルーパーを作ってみた。

画像
素体は品薄なS.I.C.極魂ファイズではなく、特徴が薄く魅力の少ない『S.I.C.極魂モモタロス』を活かして何を作るかを検討し並べ易いライオトルーパーにした。


ライオトルーパーとオルフェノクの世界

劇場版パラダイスロストで「10000人の仮面ライダー大部隊」という前フリだったライオトルーパーは、スマートブレインがファイズなどのデータを元に開発した量産型ライダー。生産性を上げるためにフォトンストリームはオミットされたためスペックは劣るものの、ファイズのような拡張性は健在。
スマートブレインのSWAT部隊によって構成され、隊長のライオンオルフェノクをはじめとする総勢10000人のオルフェノクが変身し人類解放軍を抹殺するためという設定だった。
画像

実際は単に10000人エキストラをさいたまスーパーアリーナで登場させただけの話を、一万人大部隊と大げさにCMなどで宣伝していたので詐欺に近い。劇中ではスマートブレインに対抗しているレジスタンスの小銃(ライフル)でダメージを受けて自動的に変身解除や灰化消滅した。そのため世界観として「オルフェノクが世界を実質的に掌握し、人類の殆どが淘汰され残り人間が2533人程になった世界」になっているが、小銃を入手できない日本なら人間抹殺は容易(国内で銃を所持でき、任意で発砲できるのは在日米軍と警官。民間では猟友会員と暴力団ぐらい。自衛隊では小銃は鍵付の保管庫に厳重に保管されており空で、弾は各部隊から離れた場所に別々に保管されているため、隊員が突然オルフェノク化して襲ってきたら一瞬でなすすべなく壊滅させられてしまう。)であっても、銃社会の他国ではライオトルーパーでは軍隊どころか警察や武装市民にも歯が立たない。
つまりオルフェノクが世界を実質的に掌握したというのは情報操作で、人間は殆どいないと思い込まされている実験場内部の噂にすぎない…。
ある大国が開発した人間そのものを怪物に変化させる潜入用兵器。
しかし、その兵器はあまりにも非人道的で自国でリスクがあるため、その実験は海に面した小さな島国で行われた。その国は、かつて世界経済に影響を与えていた時代もあったが、その時代すら自国の正当な主張を一切することなく先延ばしし、貧困国に莫大な資金援助のみをして支えてきた。
しかし周囲の国が影響力を増して強行主張に打っ手出た時、平和思想を掲げるだけで無策だった島国は、孤立しなすすべなく衰退していった…。
同盟と言う名目で国益(利用する価値)が無くなったったその小国に研究は押し付けられ生態兵器の実験場となった。その生態兵器を意のままに操るために開発した殲滅用兵器制御スーツ(オルフェノクを戦場に投入、灰化するまで暴れさせるか回収するかを任意選択)がライオトルーパーだったと劇場版パラダイスロストの世界観は推測できる。
劇場版パラダイスロスト:約4分


ライオトルーパーは、ファイズら3本のベルトのデータを元に開発・量産された騎兵用特殊強化スーツ。流体エネルギー〈フォトンブラッド〉をこれまでの圧縮開放する武装に頼った戦闘方法から、オルフェノク本来の戦闘力を限定的に強化する使用方に変更しフォトンストリームは省略された。甲冑を全身ではなく頭部や心臓等一部を保護する限定的なものとした為、スーツを纏った状態でオルフェノクの特性、体の一部を変化したりエネルギーを放出して武器を作り出す事も可能となった。
画像
画像
頭部のゴーグル以外も右腕シールド、両肩や腰から足に巻かれたベルト状のフォトンブラッドはクリアー化。手足の形状はブレイドに繋がるようなアレンジにした。
画像
独自設定の腕伸縮を再現 左腕関節を変更し差込式にした(稼動範囲は同)
画像

オルフェノクが人間体で変身するファイズに対して、オルフェノク形態で変身可能なライオトルーパーは背丈が異なる。
画像

差込式で独自解釈 装着状態で腕伸縮と使徒再生能力を再現
画像
(劇中でカイザ・草加雅人は、「サイガ」の変身解除したレオによって殺された)


【関連】
強化外骨格パワードスーツ『HULC』
画像
Berkeley Bionics社が、米Lockheed Martin社と手を結び、米陸軍用に開発されたという外骨格パワードスーツ『HULC』は、重さ約90キロの荷物を楽に運ぶことができ、一瞬のうちに最高時速16キロで走れるようになるというスーパースーツ。このスーツのすごいところは、電源にテザーでつなぐ必要がなく、着用者は制約なしに走ったり這い回ったりすることができる部分にあるという。また、着脱もかなり簡単で、「30秒で脱げる」という。
HULCをベースした医療用スーツ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


スマートブレイン社 量産型仮面ライダー


○ライオトルーパー
ギリシャ文字のΟ(オミクロン)を模して、スマートブレイン社がライダー騎兵用に開発した戦闘用特殊強化スーツでスマートブレイン社のオルフェノクが変身する。
生産性を上げるためにフォトンストリームはオミットされており、基本スペックこそ劣るものの、ファイズやカイザを超える高い汎用性を備え、個々のオルフェノクの潜在能力を高めている。
・パンチ力:2t
・キック力:4t
・ジャンプ力:一跳び25m
・走力:100mを6.5秒
画像


・アクセレイガン(携行武装)
ジャイロアタッカーのハンドグリップを取り外したもの。「ガンモード」と「ブレードモード」に変型する。
画像


・ジャイロアタッカー(専用バイク)
ライオトルーパー専用バイク。オートバジンの量産型で製造コストをオートバジンの80分の1にまで削減され変形機能は排されているが、機動力は向上している。
画像


・『劇中仮面ライダーディケイド』に登場した際には、大規模部隊で登場して専用バイク「ジャイロアタッカー」、巨大バイク「ジェットスライガー」に搭乗、上空からはサイガと共に同系の装備・飛行専用アタッチメント「フライングアタッカー」で仮面ライダーディケイドへ向かって行った。
画像


○ライオトルーパーver.2
村上峡児がスマートバックルを使用し変身後ファイズブラスターで再変身した姿。スマートバックルが村上本来の姿であるローズオルフェノクの能力をさらに高めた状態となっており、スペックはファイズ・カイザ・デルタの3大ライダーを大きく上回りファイズブラスターとほぼ互角の戦闘力を持つ。携行武装は通常のライオトルーパーの装備するアクセレイガンより刀身が大型化している。
・身長:190cm
・体重:93kg
・パンチ力:4t
・キック力:10t
・ジャンプ力:一跳び45m
・走力:100mを5.5秒
画像

後にファイズブラスターの能力を持つスマートバックルが量産され『SICライダー大戦・ディケイド』では、複数のver.2が登場、但しアクセレイガンは通常版。
画像

○対オルフェノク試作型変身ベルト
オルフェノクの王が誕生することを拒絶し、オルフェノクたちを滅ぼそうとしていた花形(ゴートオルフェノク)が、人間でも変身が可能になるベルトの研究をスマートブレイン社の地下にある流星塾校舎でおこなっていたが、人間がミイラになって消滅する事でベルトの開発は失敗に終わっている。
画像



■市販スーツ
オルフェノクは人間の中から半ば自然的に発生するため、スマートブレインの統制力は限定的なものに留まっている。しかしオルフェノクの存在が表面化し「人間対オルフェノク」に世界が二分されたため、管理下にないオルフェノク達へ販売した。

○ネオ・アルファ(SBU-001A)
ギリシャ文字のα(アルファ)を模して、スマートブレイン社がオルフェノクとなった富裕層向けに、騎兵用並みの高機能化し市販した特殊強化スーツ。頭部は、左右非対称となっている。画像
画像
○シーダ(SBD-750EX)
ギリシャ文字のθ(シータ)を模して、スマートブレイン社がオルフェノクへ普及させるため廉価仕様のモデルの発売した。好みに合わせてカラーが四色ある。
○パイロン(SBR-816S)
ギリシャ文字のΠ(エータ)を模して、スマートブレイン社がアスリート向けに開発し市販したといわれている特殊強化スーツだが、名称や腹部の形状からΠではなく、π(パイ)を模しているようにも見える。


S.I.C.極魂 仮面ライダーファイズ SB-555V オートバジン
バンダイ
2009-12-19
価格 : 6,500 円
中古価格 : 4,280 円
Amazonアソシエイト by S.I.C.極魂 仮面ライダーファイズ SB-555V オートバジン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

S.I.C.極魂 仮面ライダーファイズ
バンダイ
2009-11-21
価格 : 1,071 円~1,280 円
Amazonアソシエイト by S.I.C.極魂 仮面ライダーファイズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック