ライダー戦闘数値比較

アクセスカウンタ

zoom RSS サルでも儲かるペニーオークション!

<<   作成日時 : 2011/02/19 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近頻繁にネットで見かけるペニーオークションサイトの広告。 競争心を煽らせ入札させる「ギャンブル性が高い」ため利用は慎重にと国民生活センターが指摘している記事が目立つが、オークションである以上はギャンブルなのは当然だ。

画像


重要なのはペニーオークションが、本当にお得になりうるギャンブルかだ…。
ネットで記事を検索してみたが、どの記事も控え気味な警告で、ペニーオークション自体が危険なのか、一部のサイトが危険なのは判断しづらい…。
一番分かりやすかったのは15日の朝日新聞朝刊だったが、ネット公開は、されてはいないため全文を載せてみた。

朝日の記事を読んで、絶対会えない「出会い系サイト」の運営手法(運営側が性別ではなくタイピングスキルで雇うなりすまし)に近いと感じたが、個性を出す必要がない(載せる写真さえあればいい)ため、簡単で最も効率のいい騙し方。「サクラ」が存在するのは一部の業者で、ペニーオークションそのものは「正当なギャンブル」だとは考えづらいので、結論として利用者側には全くメリットは無い。





ペニーオークション苦情急増

「ペニーオークション」を知っていますか。新しいタイプのインターネットオークションで、ブランド品や家電の新品など格安で手に入るとうたい、人気を集めています。一方、ギャンブル性が高い入札の仕組みにトラブルも急増。何が問題なのか、体験者にも話を聞きました。 小林未来


画像一般的なネットオークションでは、サイトの運営事業者は、オークションの「場」を提供し、そこに出品者と入札者が参加する仕組みだが、ペニーオークションは、サイト運営事業者が商品を出品している。テレビ、デジタルカメラ、ゲーム機などの電化製品を「新品」「0円」で出してるケースが多い。入札した人はサイト上でメールアドレスやパスワードを登録して会員になり、気に入った商品の画面をクリックして「入札」する。
インターネットオークションとの主な違いは、@入札一回につき手数料(業者によって数十円〜数百円)がかかるA入札するごとに商品価格が1円ずつ競り上がるなど、定額で値上がりするBオークション終了時間は設定されていない。入札のたびに延長(同数十秒〜数分)され、その間に入札がないと、最後の入札者が落札する、という点。このため、落札するにはクリックを重ねて「最後の入札者」になるしかない。

仕組みを説明したチャート上を参考に、1回の入札で、商品の値が1円上がり、制限時間が5分延長され、手数料が80円かかるという設定で、入札開始時の価格0円のバックを3人で競った例で考えると…。
最初にAさんが残り1分の時点で入札。バックの価格は1円になり、制限時間は残り6分となる。3分経過したところでBさんが入札しバックは2円に。制限時間はまた延長され、残り8分になる。こうして入札をA、B、Cさんが繰り返し、Cさんの100回目の後、誰も入札がなく、落札者となった場合、Cさんはバックを300円で入手できるが、落札まで費やした手数料は8千円になり、合計8300円支払うことになる。
また、AさんとBさんは、バッグを入手できなかったにもかかわらず、手数料8千円ずつを支払うことに。サイト運営事業者には、合計2万4,300円が入ることになる。

全国の消費生活センターに寄せられたペニーオークションに関する相談は、2009年度に19件だったのが、10年度は1月末までで196件と急増。「寝る間も惜しんで入札を繰り返したが落札できず、手数料で15万円も使ってしまった」など、最高で30万円を費やした人もいたという。全体的な数は不明だが、多くの専門サイトが存在する。
国民生活センターは「入札者が多いほど落札できる確率は減り、落札者以外は入札手数料分だけ損する仕組み。ギャンブル性が高い」と指摘する。


終わりの見えない競争/不透明な落札者/「サクラ」疑念も

東京都世田谷区のパート勤務女性(32)が、ペニーオークションを利用したのは昨年11月こ゜ろ。ネット検索エンジンで「オークション」をキーワードに探したら、たどり着いた。
「五万円の旅行券が1,300円」「ブランドの財布が999円」など過去に落札された商品一覧があり、「安く入手できることに魅力を感じた」という。
女性はルイ・ヴィトンの財布と5万円の商品券を落札しようとサイトに登録。入札するにはサイト上の専用「コイン」が、1回につき1枚必要で、事前にコイン100枚を2万9,800円で購入し、参加した。
1回入札すると、入札制限時間は10分延長され、商品は1円値上がりした。ところが、10分以内に必ずほかの人が現れ、どんなにクリックを繰り返しても落札できなかった。あきらめて入札をやめたら、別な人が落札。当初350円だったルイ・ヴィトンの財布が1千円ほどで落とされていた。
コイン100枚は1週間ほどで使い切った。途中から「何かおかしい」と感じたが、すでに100枚分を前払いしたことで「後には引けなかった」という。
コインは未使用であっても換金できない仕組みだった。
女性は振り返ってこう話す。「誰かが入札すると、自動的に別の入札が入るようにプログラムされているか、サクラがいるとしか思えない」
国民生活センターの担当者も「仕組み上、最終的に業者が落札する可能性も否定できない」としている。
(2010.2/15 朝日新聞 朝刊:生活面/小林未来)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トラブルが多発ペニーオークション 「ギャンブル」みたいなものなのか

新品の家電商品やブランド商品などが「激安」で買えると評判の「ペニーオークション」を巡ってトラブルが多発している。国民生活センターにもオークションの参加者から相談が急増、同センターでは、ギャンブル性の高さを指摘し、注意を呼びかけている。
さらに、「アメーバブログ」を開設するタレントのほしのあきさんや小森純さん、永井大さんらが、自らの体験をブログで語ったことが物議を醸している。

「落札してないのに、なぜ手数料がかかる」
画像
「体験談」はすでに削除されている(写真は、ほしのあきの「アメーバブログ」)
多くのタレントがそろって「ペニーオークション」の体験談をブログに掲載したのは、「宣伝ではないか」という疑いの目を向けられているからだ。
ブログを運営するサイバーエージェントは「弊社は一切関与していません」と否定しているものの、「ブログの内容については、タレントさんに事実関係を確認中です」といい、なぜこのようなことが起こったのか、調べているところだ。
タレントなどによる体験談は2010年秋以降に相次いで掲載されている。その前後から、ペニーオークションへの参加者も増え、国民生活センターに寄せられる相談件数も増えていった。2009年度に19件だった相談件数は、10年4〜6月に30件、7〜9月69件、10〜12月には74件と急増している。
国民生活センターは、「参加者が増えたのは認知度が上がったためですが、ネットでの口コミやカキコミなどが、認知度を上げる役割を果たした可能性はあります」とみている。
具体的な相談事例としては、「入札に没頭し、手数料ばかりかかってしまった」「途中でやめると手数料が無駄になってしまうと思った」「落札したものの、請求が高額になってしまった」といったものだ。破格の安さで出品されているのにつられて、オークションの仕組みを理解せずに参加しているケースが多いようで、「落札していないのに、なぜ手数料がとられるのか」といった相談が増えているという。

落札できなかった人でも手数料は戻らない
ペニーオークションは、サイトの運営者が商品を出品し、1回の入札で75円程度の入札手数料をとって競り落とす仕組み。ただし、落札できなかった人でも手数料は戻らないので、参加者はその分損することになる。
たとえば、3人の参加者が10回ずつ入札して、一人が1万円で商品を落札した場合、サイト運営者には落札価格の1万円と、3人分の入札手数料(750円×3人分)が入ってくる。サイト運営者は入札に参加する人や入札回数が多いほど手数料収入を得られるわけで、国民生活センターには「サクラがいるのではないか」と不審を抱く声も寄せられている。
一方、入札に参加した人がほしい商品を落札できる「確率」は、参加者数が多いほど減る。当然、人気商品ほど落札はむずかしいのだが、ペニーオークションの場合、「1対1」で競っているのか、1人で100人を相手にしているのか、入札の参加人数や入札手数料がどの程度に膨らんでいて、入札がいつ終わるのかも見えづらい。そのために、「自らの意思が働きにくくなっていて、落札しても結果的に市場価格を上回るケースもありうる」そうだ。
国民生活センターは、「落札が運しだいの、ギャンブル性が高い取引」と指摘している。
(2011.1/30 J-CASTニュース)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
少なくとも芸能人20人が広告塔? 苦情殺到“サクラ”疑惑

入札ごとに手数料がかかる「ペニーオークション」の苦情が急増している。一部の芸能人がブログで落札自慢を書き込んだことも拍車をかけ、人気に火がついた。だが、落札できなくても入札1回あたり50〜75円の手数料が発生するため、取られ損になるケースが極めて高く、社会問題化しつつある。
《iPadを格安で落札出来たらなぁ〜と思ってイジっていたら…な…なんと…奇跡が!! 4回目で落札♪ マジ!? 気になる価格は855円》
《××というサイトのオークションに初めて参加してみました。ら、ヘルシオを5220円で落札しちゃいました やったぁ》(××は具体的なサイト名)
これらは昨年末ごろ、芸能人2人がそれぞれのブログに書き込んだペニーオークションの体験談(一部を抜粋)で、iPadやウォーターオーブンを破格の入札価格で競り落としたことを自慢した内容だ。
ブログで落札自慢を披露する芸能人や有名人は分かっているだけでも約20人にのぼり、こうした現象がこのオークションを急拡大させた一要因とも指摘されている。
ペニーオークションは2005年にドイツで始まったとされ、オークション開始価格や落札価格が格安の一方、入札ごとに手数料が発生。結果的に、落札者1人を除いて、すべての参加者が入札回数分の手数料を“損”する仕組みで、ギャンブル的な要素が強い。⇒【広がるペニーオークションに罠 落札できず手数料取られ…
締め切りまで残り数秒単位で、複数の参加者が1円単位の入札を繰り返すが、「いつも絶妙のタイミングで落札を阻まれる。最後は落札合戦に加わっていなかった第三者が入札することが多い」(利用者)という。
この仕組みを悪用し、運営サイドが手数料収入をねらい、一般入札を装って価格を操る“サクラ”や、注目を集めるため芸能人のブログを利用した“宣伝広告”のウワサは絶えない。
国民生活センター(東京)によると、ペニーオークションに関する苦情相談は昨年12月末までに192件で、09年度は19件だったが、10年夏以降に急増、同年7月以降は半年間で143件にも達した。
同センターが先月下旬に注意喚起をうながして以降、示し合わせたように落札自慢をした芸能人のほとんどが、順次書き込みを削除している。
先の芸能人らが利用していたオークションサイトの運営会社では夕刊フジの取材に対し、「弊社が芸能人に依頼することはなく、まったく関係ない。苦情の多発は、われわれ運営業者側の説明不足と利用者の知識不足が重なったことによるもの」とコメント。今後の対応策として「利用方法や注意点をしっかり伝えるほか、非落札者についても、お支払いいただいた手数料分を市場価格から割り引く形で商品を提供するといった救済策を検討したい」と話している。
(2011.2/2 ZAKZAK)

ペニーオークション攻略ソフト「ロボスナイプ2」
株式会社インターナル
価格 : 9800 円
現時点ですら書籍が皆無の中で、唯一ペニーオークションに関する商品だが、性能は未知数。
前フリでは『エンオク、カイドキ、99OFF、得オク、バオバブなど30以上のペニーオークションで自動入札・落札が可能。サクラなど、特定ユーザーとは入札しない機能搭載。通常では不可能な終了直前0.1秒単位の入札で、入札回数(コインの消費)が少なく圧倒的に有利!手動入札のみのオークションでも自動終了直前入札が可能』らしい…。
評価もありきたりで三流誌の記事も見つからないので、ブログの体験は「サクラ」の可能性が高い。
Amazonアソシエイト by ペニーオークション攻略ソフト「ロボスナイプ2」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書)
ディスカヴァー・トゥエンティワン
NHKスペシャル職業”詐欺”取材班
発売日: 2009/10/3
価格 : 1050 円
空前絶後の大規模犯罪、それが「振り込め詐欺」だ。その主犯格は驚くべきことに、高学歴・一流企業出身の若者たちだった…。日本社会の抱えるいびつな病理を浮かび上がらせて大反響を呼んだNHKスペシャル「職業“詐欺”」を書籍化。
Amazonアソシエイト by 職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


悪質商法のすごい手口―ここまで巧妙ならみんなだまされる!知っておきたい被害の実態と対処法
徳間書店
発売日: 2009/04
価格 : 1890 円
被害にあいやすい「訪問販売」「架空請求・振り込め詐欺」から、「利殖商法」「保険トラブル」「SF(催眠)商法」「マルチ商法」、そして被害は小さくても身近に起こる「さおだけ屋」「廃品回収」などのトラブルまで、その手口を独立行政法人国民生活センターが、事例をもとに解説し対処法を紹介。
Amazonアソシエイト by 悪質商法のすごい手口―ここまで巧妙ならみんなだまされる!知っておきたい被害の実態と対処法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルでも儲かるペニーオークション! ライダー戦闘数値比較/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる