中国人女性に政府資料提供

韓国総領事館の3人が中国人女性に政府の核心資料を流出させた疑惑が浮上

画像


韓国政府も日本政府(上海日本総領事館の外交官が中国に外交機密提供を強要され自殺、イージス艦情報を持ち出した海上自衛隊2等海曹の中国人妻…)と同様保身に走り、“女スパイ”事件を隠蔽し意図的に縮小しようとしており、どうやら中国の1人勝ちとなりそうだ。


韓国外交官3人、中国人女性とスキャンダル…政府資料まで流出

中国・上海の韓国総領事館出身の元領事3人が中国人女性と不適切な関係を持ち、政府の核心資料まで流出した疑惑が浮上している。
韓国メディアは8日、上海領事館に勤務したK元領事とP元領事が中国人女性(33)と不適切な関係を維持し、領事館の主要資料を流出させた容疑で、総理室公職服務管理官室の監査を受けたと報じた。
中国人女性は上海領事館出身の領事で、上海市政府に相当な影響力を持つ人物。この女性は上海市政府と関連した請願を速やかに解決してくれたため、領事はさらに親しくなろうと努力したという。公職服務管理官室は、この女性が国家情報を入手する一種の諜報員である可能性があるとみている。
一方、K元領事とP元領事は「この女性と親しいのは事実だが、不倫関係ではなかったし、国家機密が流出したことはない」と釈明したと伝えられた。
(中央日報 2011.03.08 11:10:40)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国女性に機密漏えいか=韓国政府が元領事を調査

 【ソウル時事】韓国紙・東亜日報は8日、同国の上海総領事館の元領事2人が現地の中国人女性と不適切な関係を結び、機密情報を漏えいしたとして、韓国政府の首相室が調査を行っていると報じた。聯合ニュースによると、漏えいした情報には李明博大統領ら政官界有力者200人以上の携帯電話番号のほか、総領事館の非常連絡網や外交通商省の人事関連資料などが含まれるという。
 この女性は30代前半で、夫が韓国人。詳しい人物像は不明だが、関係者は「上海市政府に相当な影響力を持っていた」と語っており、スパイとの見方が出ている。女性は多数の韓国領事と広く交際していたが、昨年以降、「関係を暴露する」と元領事らを脅迫していたという。
首相室は元領事2人が女性と親密なポーズで写っている写真などの証拠を確保したが、2人は「親しかったが、不適切な関係はなく、機密を漏えいしたこともない」と否認している。
同紙によれば、法務省出身の別の元領事も規定を破ってこの女性に観光ビザを発給したことが発覚し、先月23日に辞表を提出したという。(2011/03/08-11:56 時事ドットコム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
韓国外交官3人を籠絡? 中国人女性に情報漏洩か

2011.3.8 12:24 (1/2ページ)
【ソウル=黒田勝弘】上海駐在の韓国外交官が現地で中国女性と“不適切な関係”を持ち機密情報を流出させた疑いが持ちあがり、大騒ぎになっている。
問題になっているのは最近まで上海総領事館に勤務していた3人。中国女性は韓国男性と結婚していながら、一方で同時多発的に韓国外交官と“関係”があったことから「中国当局の情報員ではなかったか」との疑惑が広がっている。
8日の韓国各紙によると、韓国政府の首相室当局は昨年来、上海総領事館でビザの不正発給や女性関係など問題があった領事3人の調査を進めてきた。その結果、以前から中国当局との人脈を誇示し韓国総領事館と関係の深かった中国人女性(朝鮮族出身で33歳)の存在が判明した。
彼女と“不適切な関係”があった3人はすでに帰国しうち1人(法務省出身)は退職しているが、3人は在任中にビザ不正発給のほか、総領事館の非常連絡網など領事関連情報や人事資料、さらには韓国政財界の有力者約200人の携帯電話番号など各種情報を彼女に提供していたという。

2011.3.8 12:24 (2/2ページ)
外交通商省など韓国の関係当局は「機密情報の流出はなかった」とし、今のところスパイ事件ではなく、個人的な不倫事件の扱いというが、各紙は「政府当局は事件を隠蔽し、問題を意図的に縮小しようとしている」と不満だ。
報道によると、中国側とのパイプや人脈作りが難しい韓国総領事館の歴代外交官たちは「上海市当局に顔が利く」という彼女にしばしば“お世話”になってきたという。その存在は上海の韓国社会ではよく知られた人物という。
今回の事件発覚のきっかけは地元、韓国人社会での“外交官不倫情報”というが、別居状態だった彼女の夫(韓国人)の協力もあったようだ。
マスコミには、彼女と関係を持った韓国外交官が「私の愛は真実であり永遠に変わりません。もし約束を守らなければ罰として6億ウォン(約4400万円)と私の指を1本切って差し上げます」などと書いた彼女あての自筆のメモも紹介されている。
(2011.3.8 12:24 MSN産経ニュース)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
韓国元領事3人、中国人女性と不適切な関係か

【ソウル=門間順平】8日の韓国紙、東亜日報は、中国・上海の韓国総領事館に勤務していた元領事3人が、30代の中国人女性と不適切な関係を持ち、重要情報を漏えいしていた疑いがあると報じた。
聯合ニュースによると、この女性のUSBメモリーからは、李明博大統領の実兄で国会議員の李相得氏ら要人約200人の携帯電話番号のほか、総領事館のビザ発給記録などのデータが発見された。元領事の一人は、規則に違反して女性にビザを発給していた。
女性は韓国留学の経験があり、企業の上海駐在員である韓国人男性と結婚していた。韓国当局はこの男性の通報を受けて捜査に乗り出したという。韓国政府内では、「中国のスパイ」「ビザ発給のブローカー」などの見方が出ている。
(2011年3月8日19時56分 読売新聞


中央日報の記事を見て別居状態だった彼女の夫(韓国人)の協力(愛国心)と「この記事を読んで…の五択」で『面白い』が大半(大多数が日本人と考えられる)で危機感の無さに驚いた。
実際日本では小額や無償で偽装結婚する日本人男性(中高年)が多く、すでに常態化しつつある。彼らがもし発見したとしても、告発などとは夢にも思わず、黙認が大半(一部でゆする事を考える人もいるかも)だろう。



沈底魚 (講談社文庫)
講談社
2010-08-12
曽根 圭介
価格 : 660 円
大物政治家の中に中国のスパイがいるという話だが、実世界でも与野党共に中国のスパイにしか見えない議員が多数いる。
実世界では中国にやられっぱなしだが、フィクションでは警視庁に捜査本部が設置され、捜査員達は独自の戦いを繰り広げる。
Amazonアソシエイト by 沈底魚 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック