日本で稼いだ11億円 福建省へ不正送金

国際不正送金をした中国人2人が逮捕。容疑は日本にいる中国人女性2人の依頼で送金したことだが、2人の中国人女性は3ヶ月で計200万円を送金。


銀行法違反:11億円不正送金、容疑で中国人2人逮捕/東京

無免許で国際送金する「地下銀行」を営んだとして、警視庁組織犯罪対策1課などは17日、文京区千石2、会社役員、陳是喜容疑者(30)ら中国籍の男2人を銀行法違反(無免許銀行業)容疑で逮捕したと発表した。2人は09年1月から延べ約2300人の依頼を受け、計約11億円を中国に不正送金したとみられる。
逮捕容疑は3~5月、日本にいる中国人女性2人から3回にわたって計200万円の送金の依頼を受け、中国福建省にいる仲間と連携。受取人に現金を日本円で手渡ししたうえで、依頼主に202万円を振り込ませたとしている。
組対1課によると、2人は送金額の1%を手数料として受け取っていた。日本にいる中国人の間で「手数料が安い」と口コミで利用者が増えたという。【伊澤拓也】
(2011年6月18日 毎日新聞 地方版)


----------------------------------------------------------
11億円不正送金か “地下銀行”で中国人を逮捕
画像
中国へ送金するために組織的に地下銀行を運営していたとして、中国人の男2人が逮捕されました。不正送金は11億円に上るとみられています。
画像
中国籍の陳是喜容疑者(30)と陳躬立容疑者(30)は3月から5月までの間、日本に住む中国人から合わせて202万円を受け取り、不正に中国に送金した疑いが持たれています。警視庁によりますと、2人は、自分たちと同じ福建省出身の中国人を相手に地下銀行を運営していました。客は延べ2300人に上り、これまでに11億円以上が不正に送金されたとみられています。警視庁は、窃盗や詐欺などの犯罪による金が送金された可能性があるとみて捜査しています。
(06/17 14:55 テレビ朝日)

----------------------------------------------------------

画像

画像

----------------------------------------------------------
中国に11億不正送金か=「地下銀行」営業、男2人逮捕-警視庁

中国・福建省への送金を無免許で請け負う「地下銀行」を営んだとして、警視庁組織犯罪対策1課と千葉県警などの合同捜査本部は17日までに、銀行法違反(無免許営業)容疑で、東京都文京区千石、会社役員陳是喜容疑者(30)ら中国籍の2人を逮捕した。
捜査本部によると、いずれも容疑を認めている。2009年1月~今年5月、約2300回にわたり、約11億1100万円を不正に送金したとみられる。
依頼を受けると、現地の仲間がプール金から手渡しなどで即日送金。確認後に手数料1%を加えた額を振り込ませる仕組みで、回収漏れがないよう、送金先は同省福清市に限定していた。
(2011/06/17-11:46 時事通信

----------------------------------------------------------
地下銀行の疑いで2中国人再逮捕 広島県警など 

中国国内に不正送金する「地下銀行」を営んだとして、広島県警組織犯罪対策課と警視庁などは17日までに、いずれも中国国籍の東京都文京区千石2丁目、会社役員陳是喜(30)、東京都豊島区巣鴨4丁目、自称プログラマー陳躬立(30)の両容疑者=いずれも組織犯罪処罰法違反容疑で処分保留=を銀行法違反(無免許営業)の疑いで再逮捕した。
県警などの調べでは、2人は何者かと共謀。今年3~5月、顧客2人から中国国内への送金を依頼され、3回にわたり計202万円を両容疑者が管理する口座に振り込ませ、不正に銀行業を営んだ疑い。容疑を認めているという。
県警によると、2人は日本国内に不法滞在する中国人らを対象に地下銀行を営業。2009年ごろから顧客約2300人に依頼され、総額約11億円を中国国内に不正送金。送金額の1%を手数料として得ていたとみて慎重に調べている。
県警が窃盗容疑などで摘発した中国人窃盗団メンバーが陳容疑者らを通じて中国国内に送金していたことなどから、地下銀行の存在が発覚したという。
('11/6/17 中国新聞)

----------------------------------------------------------
中国への不正送金11億円超か 銀行法違反容疑で中国人2人逮捕 警視庁

地下銀行を営み中国に不正送金したとして、警視庁組織犯罪対策1課と千葉県警などの合同捜査本部は、銀行法違反の疑いで、いずれも中国籍で東京都文京区千石、会社役員、陳是喜(30)と豊島区巣鴨、自称プログラマー、陳躬立(30)の両容疑者を逮捕した。
合同捜査本部によると、2人とも「送金額の1%を報酬として受け取っていた」などと容疑を認めているという。
逮捕容疑は、今年3~5月ごろ、中国人女性2人から依頼され、3回にわたって計約200万円を送金した上、送金額に手数料を加えた報酬を受け取り、無許可で銀行業を営んだとしている。
捜査本部は、陳容疑者らが平成21年1月~今年5月にかけて延べ約2300人に頼まれ、中国人たちが不法就労で得たカネなど計約11億1100万円を中国に送金したとみている。顧客の多くは福建省出身者で、送金先も同省だった。
陳容疑者らは5月、他人名義のキャッシュカードを譲り受けたなどとして、犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕されていた。
(2011.6.17 13:03 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
中国へ送金の地下銀行容疑で中国人逮捕

警視庁と千葉、三重、広島県警の合同捜査本部は17日までに、中国に送金する地下銀行を営んだとして、銀行法違反の疑いで会社役員陳是喜容疑者(30)ら中国人の男2人を逮捕した。
合同捜査本部によると、2人は2009年1月から今年5月までの間、日本国内に住む中国人延べ約2300人から依頼を受け、計約11億円を送金したとみられる。送金額の1%を手数料として受け取っていたといい、合同捜査本部は裏付けを進めている。
逮捕容疑は今年3月から5月にかけ、中国人の女性(44)ら2人からの依頼で、中国・福建省にいる仲間を通じて受取人に計200万円を届け、無許可で銀行業を営んだ疑い。(共同)
(2011年6月17日12時5分 日刊スポーツ)

----------------------------------------------------------
中国に不法送金“地下銀行”営業で2人逮捕

手数料を取って不法に海外に送金する「地下銀行」を営んでいたとして、中国人の男2人が逮捕された。
銀行法違反の疑いで逮捕されたのは、中国国籍・陳是喜容疑者ら2人。警視庁によると、陳容疑者らは、日本に滞在する中国人から依頼を受け、今年3月から5月にかけて合計約200万円を中国に不法に送金した疑いが持たれている。2人は容疑を認めており、警視庁はこれまでに約2300回、計11億円以上を送金したとみて調べている。
客はほとんどが中国・福建省福清出身で、手数料が安いと口コミで広がっていたという。
(2011年6月17日 13:37 日テレNEWS24)
2年足らずで2300人の中国人が日本国内で11億円を荒稼ぎ、中国に送金していたことからも、中国人を雇うと日本人の雇用を蝕み、日本経済をも活性化させない害虫だと証明された。中国人観光客を接客する中国人は仕方がない。
だがコンビニや外食チェーン等は中国人ではなく日本人を雇うべきだし、実習生も中国人をではなくタイ人、フィリピン人、ベトナム人らを受け入れるべきだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック