和歌山県警警部が中学生を強制わいせつ

和歌山県警の機動隊副隊長が公園で女子中学生に飲酒を強要、拒むと体を触り車で逃走、だが女子中学生が車のナンバーを覚えていた。和歌山県警は、「慎重に調べる必要がある」と任意で聴取を行い自宅に帰した。

帰宅後警部は自殺、県警は「捜査の方法に問題はなかったと考えている」とコメントしたが、容疑者が市民ならありえない冤罪防止の高待遇。今後捜査が進んでも軽い処分で実名発表されないことは容易に想像が付くので“強制わいせつ”だけで自殺は考えにくい。警部は和歌山西署生活安全課長として少年の非行防止などを担当していたことから、事件を機に少女を脅し猥褻行為の不正発覚を恐れた、若しくは今後猥褻行為をできない将来に悲観したと考えられる。



わいせつ疑いで任意聴取 和歌山県警 警部が自殺か
画像
少女にわいせつな行為をした疑いで22日に事情聴取を受けていた和歌山県警の男性警部が23日朝、自殺を図り死亡していたことが分かりました。
死亡したのは和歌山県警機動隊の副隊長で、49歳の男性警部です。
捜査関係者によりますとこの警部は21日夜、和歌山市内の公園で未成年の少女の体を触るなど、わいせつな行為をした疑いが持たれていました。
県警は22日、警部を任意で事情聴取し夜になって自宅に帰しましたが、23日6時すぎ、首をつった状態でぐったりしているのを家族が発見し、搬送先の病院で死亡が確認されました。
警察は、警部が自殺を図ったとみて詳しく調べていますが「現時点で、捜査方法に問題はなかったと考えている」としています。
(07/23 18:07 毎日放送)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わいせつ事件で聴取後に和歌山県警49歳警部が自殺
画像
和歌山県警の警部が首をつって自殺しました。この警部は、女子中学生にわいせつな行為をした疑いで事情聴取を受けていました。
死亡したのは、和歌山県警機動隊副隊長の49歳の男性警部です。この男性警部は21日夜、和歌山市内の公園で女子中学生の体を触るなどわいせつな行為をした疑いが持たれていました。被害に遭った女子中学生が加害者の乗っていた車のナンバーを覚えていたことなどから男性警部の関与が浮上したといいます。和歌山県警は22日、強制わいせつ容疑などで男性警部を任意で事情聴取しました。夜にはいったん自宅に帰したところ、23日午前6時すぎ、首をつって自殺を図っているのを家族が見つけ、搬送先の病院で死亡が確認されました。和歌山県警は、「捜査の方法に問題はなかったと現時点では考えている」とコメントしています。
(07/23 17:30 テレビ朝日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和歌山県警機動隊副隊長、自殺か

未成年の少女にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ容疑で事情聴取を受けていた和歌山県警の機動隊副隊長(49)=警部=が23日朝、自宅でぐったりしているのが見つかり、病院で死亡が確認された。自殺を図ったとみられる。
家族が119番し、和歌山市内の病院に運ばれたが、死亡が確認された。県警は自殺とみて、詳しい死因を調べている。県警は「捜査の手法に問題はなかった」としている。
(2011年 07月 23日 ロイター)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
強制わいせつ事件:事情聴取受けた警部が自殺…和歌山

少女に対する強制わいせつ容疑で和歌山県警機動隊副隊長の警部(49)が県警の事情聴取を受けた事件で、警部が23日朝、和歌山市内の自宅で自殺したことが分かった。
捜査関係者によると、警部は21日夜、和歌山市内の公園で女子中学生の体を触るなどしたとされる。現場から車で逃走したが、車のナンバーを女子中学生が覚えていたという。
県警は22日、警部に任意で事情聴取。引き続き詳しく調べる方針だったが、23日午前6時10分ごろ、自宅で自殺を図り、意識不明になっているのを家族が発見。搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。【岸本桂司、岡村崇】
(2011年7月23日 13時29分 毎日新聞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
警部、聴取後に自殺=強制わいせつ容疑-和歌山

和歌山県警機動隊副隊長の警部(49)が、女子中学生の体を触ったとして、強制わいせつ容疑で県警の事情聴取を受けた後、自殺していたことが23日、県警への取材で分かった。
県警によると、警部は和歌山市内の公園で21日夜、女子中学生の体を触ったとして、22日夜に任意の事情聴取を受け、その後、いったん帰宅していた。
警部は23日午前6時10分ごろ、和歌山市内の自宅で自殺を図っているのを家族が発見、病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認されたという。
(2011/07/23-13:07 時事通信

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和歌山県警の警部自殺か 強制わいせつ容疑で聴取の後

和歌山市内の公園で少女の体を触るなどしたとして和歌山県警の事情聴取を受けた男性警部(49)が23日朝、自宅で自殺を図り、市内の病院で死亡が確認された。捜査関係者への取材で分かった。
捜査関係者によると、警部は21日夜、和歌山市内の公園で少女の体を触るなどした疑いがあるとして、強制わいせつ容疑で22日に県警の事情聴取を受けていた。県警は、DNA鑑定などをして慎重に調べる必要があるとして、聴取は任意で行い、22日は警部を自宅に帰していた。
(2011年7月23日10時43分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
和歌山県警の男性警部、聴取後に自殺 強制わいせつ容疑

和歌山市内の公園で少女の体を触るなどしたとして和歌山県警の事情聴取を受けた男性警部(49)が23日午前6時すぎ、市内の自宅で自殺を図ったのを家族が見つけ、119番通報した。警部は搬送先の病院で死亡が確認された。
県警によると、警部は市内の公園で少女の体を触るなどした疑いがあるとして、強制わいせつ容疑で22日に県警の事情聴取を受けた。県警はDNA鑑定などをして慎重に調べる必要があるとして聴取は任意で行い、22日夜には警部を自宅に帰したという。「捜査の方法に問題はなかったと考えている」とコメントしている。
警部は2008年から和歌山西署生活安全課長として少年の非行防止などを担当今年3月からは県警機動隊副隊長を務めていた。
(2011年7月23日 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
少女の体を触った容疑で警部を聴取 和歌山県警

公園で少女の体を触るなどしたとして、和歌山県警が強制わいせつ容疑で40代の男性警部を事情聴取したことが22日、捜査関係者への取材で分かった。
捜査関係者によると、警部は21日夜、和歌山市内の公園で少女の体を触るなどした疑いがある。少女が加害者の乗った車のナンバーを覚えていたことなどから、警部が関与した疑いが浮上したという。県警はDNA鑑定をするなどして慎重に調べる方針。
(2011年7月23日 朝日新聞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
強制わいせつ容疑で聴取の警部が首つり、自殺か

和歌山県警の男性警部(49)が23日朝、和歌山市内の自宅で首をつっているのを家族が見つけた。
警部は病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。県警は自殺とみている。警部は女子中学生の胸を触ったなどとして、強制わいせつ容疑で22日に県警から事情聴取されていた。
捜査関係者によると、警部は21日夜、同市内の公園で女子中学生の胸を触るなどした疑いが持たれていた。警部は事情聴取に対し「触っていない」と否認したため、22日夜にはいったん帰宅させていた。
県警は「現時点で捜査に問題はなかった」としている。
(2011年7月23日13時08分 読売新聞

----------------------------------------------------------
強制わいせつ容疑、和歌山県警警部を事情聴取

和歌山県警の男性警部が公園で女子中学生(14)の体を触った疑いが強まり、県警は22日、強制わいせつ容疑で、この警部から事情聴取を始めた。
容疑が固まり次第、逮捕する方針。警部は「触っていない」と否認しているという。
捜査関係者によると、警部は21日午後10時頃、和歌山市内の公園で、女子中学生の胸を触った疑いが持たれている。警部は、携帯電話で話していた中学生に持っていた缶チューハイを飲むように勧め断られると、いきなり触ったという。
(2011年7月23日03時03分 読売新聞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
強制わいせつ容疑で聴取の和歌山県警警部が自殺

女子中学生にわいせつな行為をした疑いが強まったとして和歌山県警が22日に強制わいせつ容疑で事情聴取していた県警機動隊副隊長の男性警部(49)が23日朝、和歌山市内の自宅で自殺を図り、搬送先の病院で死亡が確認された。
県警などによると、同日午前6時10分ごろ、家族が意識不明の状態の警部を見つけて119番。約40分後、病院で死亡が確認されたという。
捜査関係者によると、警部は21日夜に和歌山市内の公園で、女子中学生にわいせつな行為をした疑いが持たれており、22日に和歌山東署で事情聴取、いったん帰宅させた。県警は「捜査の方法に問題はなかった」としている。
(2011.7.23 12:04 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
和歌山県警警部が女子中学生にわいせつ行為か
強制わいせつの疑いで事情聴取


和歌山県警の40代の男性警部が女子中学生にわいせつな行為をしていた疑いが強まり、県警が警部に任意同行を求め、強制わいせつなどの容疑で事情聴取を始めたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。
捜査関係者によると、警部は21日夜、和歌山市内の公園で、女子中学生(13)にわいせつな行為をした疑いが持たれている。
被害に遭った女子中学生が、男性警部が乗っていた車のナンバーを覚えていたことなどから特定したという。
県警監察課の飯田好一課長は「事情を聴いている段階なので、現時点では何も言えない」とコメントしている。
警部は今年3月まで和歌山市内の警察署の課長で、現在は警備部に所属している。
(2011.7.23 02:00 MSN産経ニュース)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和歌山県警機動隊副隊長を逮捕へ 少女への強制わいせつ容疑

和歌山県警機動隊の50代の副隊長(警部)が、少女にわいせつな行為をしたとして、県警が強制わいせつの疑いで逮捕状を取ったことが22日、捜査関係者への取材で分かった。容疑が固まり次第、逮捕する。
捜査関係者によると、副隊長は21日夜、和歌山市内で未成年の少女にわいせつな行為をした疑いが持たれている。少女の悲鳴を聞いた人が、現場から立ち去る副隊長が乗ったとみられる車のナンバーを覚えていた。
県警は22日に任意同行し、事情聴取。副隊長は「そんなことは知らない」と容疑を否認したという。県警は副隊長の顔を少女に確認させた。
(2011/07/23 01:11 【共同通信】47NEWS)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
少女にわいせつな行為…機動隊副隊長を逮捕へ

和歌山県警機動隊の50代の副隊長(警部)が、少女にわいせつな行為をしたとして、県警が強制わいせつの疑いで逮捕状を取ったことが22日、捜査関係者への取材で分かった。容疑が固まり次第、逮捕する。
捜査関係者によると、副隊長は21日夜、和歌山市内で未成年の少女にわいせつな行為をした疑いが持たれている。少女の悲鳴を聞いた人が、現場から立ち去る副隊長が乗ったとみられる車のナンバーを覚えていた。
(2011年7月23日 00:43 スポーツニッポン)

この記事へのコメント

きしゅう君
2014年01月27日 06:32
こいつの上司は
近●百貨店に
天下りしてる

この記事へのトラックバック