富山県警「飲酒事故にあたらない」と必死に弁解

富山県警は4日、組織犯罪対策課の男性巡査部長(38)が物損事故を起こしたと発表したが、市民の事故ならありえない寛大さ。飲酒を意図的に隠蔽・メディアも加担し弁解に徹したような記事の一方で、神奈川県警は自転車で携帯使用の女高生を検挙、メディアも逃走(悪質)だと誇張した。



交通事故:巡査部長飲酒後運転で物損事故 県警、処分検討/富山

県警監察官室は4日、県警組織犯罪対策課の男性巡査部長(38)=富山市=が飲酒後に運転し物損事故を起こした、と発表した。
同室によると、巡査部長は休日だった3日午後から自宅で飲酒し、1時間半ほどの仮眠後の午後7時20分ごろ、乗用車を運転中に同市内の県道の電柱や倉庫に衝突。呼気1リットルから微量のアルコールを検知した。同室は「酒気帯び運転ではないが、道路交通法違反(過失建造物損壊)の疑いもある」とみて、内部処分を検討している。【大森治幸】
(2011年7月5日 毎日新聞 地方版)

----------------------------------------------------------
警官が酒&睡眠薬飲み運転…電柱に激突

富山県警組織犯罪対策課の男性巡査部長(38)が3日夜、自宅で飲酒後に車を運転し、富山市内の県道で電柱と倉庫に衝突する物損事故を起こしていたことが4日、分かった。けが人はなかった。同日、県警が明らかにした。
監察官室は、呼気検査で検出されたアルコールは酒気帯び運転の基準値未満だったとしているが、「誠に遺憾であり、今後事実関係を調査し厳正に対処する」と説明。道交法違反(過失建造物損壊)容疑で捜査を進めている。
同室によると、巡査部長は3日午後3時ごろから自宅で焼酎の水割りを3杯飲んだ。午後4時ごろに睡眠薬を服用し、約1時間半の睡眠をとった後、買い物に行くため自分の車に乗り、午後7時20分ごろ、事故を起こした。この日は非番だったという。
巡査部長は「量が少なく、大丈夫だと思った」と話しているという。(共同)
[2011年7月4日18時37分 日刊スポーツ

----------------------------------------------------------
警察官が飲酒運転で事故 アルコールは基準値未満

富山県警組織犯罪対策課の男性巡査部長(38)が3日夜、自宅で飲酒後に車を運転し、富山市内の県道で電柱と倉庫に衝突する物損事故を起こしていたことが4日、分かった。けが人はなかった。同日、県警が明らかにした。
監察官室は、呼気検査で検出されたアルコールは酒気帯び運転の基準値未満だったとしているが、「誠に遺憾であり、今後事実関係を調査し厳正に対処する」と説明。道交法違反(過失建造物損壊)容疑で捜査を進めている。
同室によると、巡査部長は3日午後3時ごろから自宅で焼酎の水割りを3杯飲んだ。午後4時ごろに睡眠薬を服用し、約1時間半の睡眠をとった後、買い物に行くため自分の車に乗り、午後7時20分ごろ、事故を起こした。この日は非番だった。巡査部長は「量が少なく、大丈夫だと思った」と話しているという。
(2011.7.4 18:12 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
県警巡査部長が飲酒運転

県警察本部・組織犯罪対策課の男性巡査部長が3日夜、車で電柱などにぶつかる事故を起こし、体内から微量のアルコールが検出されました。
検出されたアルコールは酒気帯び運転の基準を下回る0・1ミリグラム未満で、話し方も歩き方もしっかりしていたため、酒酔い運転にも該当しないということです。
巡査部長は3日休日で、午後3時ごろから焼酎の水割り3杯を飲み、睡眠薬を飲んで1時間半ほど仮眠してから運転していました。
県警本部は「警察職員がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾であり、今後、事実関係を調査の上、厳正に対処する」としています。
(2011年07月04日 17時04分 チューリップテレビ公式サイト)

----------------------------------------------------------
巡査部長が飲酒運転=電柱に衝突、けが人なし―富山県警

富山県警は4日、県警本部組織犯罪対策課の男性巡査部長(38)が飲酒運転し、電柱などに衝突する事故を起こしたと発表した。同乗者はなく、けが人もいなかった。
県警監察官室によると、巡査部長は3日午後7時20分ごろ、富山市新庄町の県道でマイカーを運転中、電柱に衝突。バックする際、道路沿いの倉庫にもぶつかった。この日は休みで、午後3時ごろから自宅の官舎で焼酎の水割りを3杯飲み、睡眠薬を服用して約1時間半寝た後、近くのコンビニに夕食を買いに行く途中だったという。
巡査部長の呼気から検出されたアルコールは、道交法の規制値(呼気1リットル当たり0.15ミリグラム以上)より低く、県警は同法(過失建造物損壊)違反の疑いで調べている。[時事通信社]
(2011年7月4日15時6分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
巡査部長が飲酒運転=電柱に衝突、けが人なし-富山県警

富山県警は4日、県警本部組織犯罪対策課の男性巡査部長(38)が飲酒運転し、電柱などに衝突する事故を起こしたと発表した。同乗者はなく、けが人もいなかった
県警監察官室によると、巡査部長は3日午後7時20分ごろ、富山市新庄町の県道でマイカーを運転中、電柱に衝突。バックする際、道路沿いの倉庫にもぶつかった。この日は休みで、午後3時ごろから自宅の官舎で焼酎の水割りを3杯飲み、睡眠薬を服用して約1時間半寝た後、近くのコンビニに夕食を買いに行く途中だったという。
巡査部長の呼気から検出されたアルコールは、道交法の規制値(呼気1リットル当たり0.15ミリグラム以上)より低く、県警は同法(過失建造物損壊)違反の疑いで調べている。
(2011/07/04-14:38 時事通信

----------------------------------------------------------
警察官が事故、アルコール検出
画像
3日夜、富山市の県道で車を運転して物損事故を起こした富山県警察本部の巡査部長から、微量のアルコールが検出されていたことが分かりました。
県警察本部によりますと、事故を起こしたのは刑事部組織犯罪対策課の38歳の男性巡査部長です。
巡査部長は3日午後7時20分ころ、富山市新庄町の県道でコンビニエンスストアに向かうため乗用車を運転していて、道路沿いの電柱に衝突し、車をバックさせる際にさらに倉庫に衝突しました。
コンビニ店員の通報で駆けつけた富山中央警察署員が調べたところ、巡査部長の呼気1リットルから0.1ミリグラム未満のアルコールが検出されました。
これは酒気帯び運転の基準0.15ミリグラムには達していません。
巡査部長は3日は休みで、富山市内の自宅で午後3時ごろから焼酎の水割りを3杯ほどと睡眠薬を1錠飲みました
そして午後4時ごろから1時間半ほど眠った後、車に乗って自宅からおよそ350メートル走ったところで事故を起こしました。
車を運転した理由について巡査部長は「いつもより酒の量が少なかったので大丈夫だと思った。」と話しているということです。
また巡査部長は、普段から眠れないことがあり睡眠薬を飲んでいたということです。
富山県警は、酒気帯び運転にあたらないためとして巡査部長の名前を公表していません
(2011 年 07 月 04 日 14:15 北日本放送)





自転車で携帯使用の女高生、容疑で摘発 警官4回注意も逃走

携帯電話を使用しながら自転車に乗っていたとして、平塚署は3日、道交法(県道路交通法施行細則)違反の疑いで、平塚市内在住の公立高校1年の女子生徒(15)を摘発した。自転車乗車中の携帯電話使用などの禁止を定めた同細則での摘発は5月1日の施行後、県内初。  同署によると、女子生徒は、同日午後9時半ごろ、同市追分の市道で、携帯電話でメールをしながら自転車を運転した、としている。同署によると、右手で携帯… [記事全文] (2011/07/05 09:39 47NEWS)

----------------------------------------------------------
自転車で携帯電話を使用、県道路交通法細則で初の摘発/神奈川

携帯電話を使用しながら自転車に乗っていたとして、平塚署は3日、道交法(県道路交通法施行細則)違反の疑いで、平塚市内在住の公立高校1年の女子生徒(15)を摘発した。自転車乗車中の携帯電話使用などの禁止を定めた同細則での摘発は5月1日の施行後、県内初。
同署によると、女子生徒は、同日午後9時半ごろ、同市追分の市道で、携帯電話でメールをしながら自転車を運転した、としている。同署によると、右手で携帯を操作し、片手運転の女子生徒を同署員が見つけ、携帯使用をやめるよう4回注意したが、そのまま信号を無視して逃げたという。同細則違反は5万円以下の罰金。
県警によると、自転車に乗りながら携帯電話を使用したり、イヤホンなどで音楽を聞いたりしているのを警察官が発見して警告した件数は、5月の1カ月間で3713件(携帯電話使用1693件、イヤホンなどの使用2020件)に上る。「一度注意すればやめるケースが多い」(県警)が、今回のケースは再三の注意に従わなかった上、信号を無視したことが重視された
県警交通総務課は「注意が散漫になり、人身事故に巻き込まれやすい」と注意を呼び掛けている。
(2011年7月5日 神奈川新聞) 

----------------------------------------------------------
県道路交通法施行細則:メール打ち自転車、
女子高校生を検挙--平塚署 /神奈川


平塚署は4日、携帯電話を使用しながら自転車走行をすることを禁じた県道路交通法施行細則に違反したとして、平塚市の県立高校1年の女子生徒(15)を検挙したと発表した。5月1日の改正同細則施行後、県内では初めて。
同署によると、女子生徒は3日午後9時半ごろ、市道上で携帯電話でメールを打ちながら自転車を運転。付近で事故処理車に乗っていた同署員が気づき、マイクで注意を続けたが携帯電話の画面を見続けて自転車を運転し、信号を無視して交差点に進入したことから、違反切符を交付したとしている。
生徒は今後、家裁で事情を聴かれたうえで罰金(5万円以下)を科される見通し。【渡辺明博】
(2011年7月5日 毎日新聞 地方版)

----------------------------------------------------------
自転車で携帯、初摘発は女子高生…警告4回無視

神奈川県警平塚署は4日、自転車に乗って携帯電話を使用していた平塚市内の高校1年女子生徒(15)に交通切符を交付したと発表した。
5月1日施行された改正県道路交通法施行細則で、自転車に乗りながら携帯電話で通話したり、イヤホンで音楽を聴いたりする危険な「ながら運転」が禁止されたが、施行後の摘発は初めて。女子生徒は5万円以下の罰金が科せられる。
発表によると、女子生徒は3日午後9時半頃、同市追分の路上で、携帯電話の画像を見ながら自転車を運転。事故処理車に乗車していた同署員が見付け、マイクで「自転車に乗りながら携帯電話の使用は禁止されています」と、4回警告したが無視したために交通切符を交付した。
女子高校生は「自転車なのでつかまらないと思った」と話しているという。
(2011年7月5日07時00分 読売新聞

----------------------------------------------------------
神奈川県警、携帯電話でメールを打ちながら自転車を運転していた女子高校生を検挙

神奈川県警は、神奈川・平塚市で携帯電話でメールを打ちながら自転車を運転していた女子高校生(15)を、神奈川県道路交通法違反で検挙した。
検挙された女子高1年生は、3日午後9時28分ごろ、平塚市追分の市道で携帯電話でメールを打ちながら自転車を運転し、赤信号を無視して走行した疑いが持たれている。
女子高校生はアルバイトの帰りで、警察官の注意を無視したことを認めるとともに、学校の交通安全教育を通じて、法律の改正により、メールを打ちながら自転車に乗ってはいけないことを知っていたという。
(07/05 02:24 FNN)

----------------------------------------------------------
自転車運転中に携帯電話の女子高生摘発
ルール改正後初 神奈川県警


自転車に乗りながら携帯電話を使用したとして、神奈川県警平塚署は4日、神奈川県道交法施行細則(画像注視)違反で、平塚市内の県立高校1年の女子生徒(15)を摘発したと発表した。同細則の一部が今年5月1日に改正されて以降、摘発は初。
同署によると、女子生徒は3日夜、平塚市追分の市道で、携帯電話でメールをしながら片手で自転車を運転していたとしている。通りかかった同署の事故処理車両が女子生徒を発見、4回にわたって警告したが、従わなかったうえ、信号を無視したという。
女子生徒は「まさか摘発されるとは思わなかった」と話しているという。
改正された同細則では、自転車に乗りながら携帯電話を利用することのほか、ヘッドホンで大音量の音楽を聴くことなどが禁止されている。悪質な違反行為には5万円以下の罰金が科される。
(2011.7.4 20:42 MSN産経ニュース)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック