福島県警巡査長、公務を装いガソリン流用

猪苗代署地域交通課勤務の44才巡査長がガソリンスタンドでパトカーに給油する際、携行していた缶にガソリンを入れさせ、自分の車に使用していた。
画像

警官が公務を装い私的流用、会計担当職員が不審点に気付いた警官がいたことには驚いたが、署内で隠蔽しなかったのは流用していたのが末端だったから…。


巡査長、ガソリン私的流用 猪苗代署

猪苗代署警務係の巡査長(44)が同署地域交通課所属だった平成22年にパトカーに給油する際、20リットル入り携行缶にもガソリンを入れ、私用に使ったとして県警は29日、詐欺の疑いで巡査長を書類送検し、停職6月の懲戒処分とした。
巡査長は同日付で依願退職した。
県警の調べでは、巡査長は22年5月5日午前9時40分ごろ、猪苗代署管内のガソリンスタンドでパトカーの給油をする際、公務に使用するかのように装い携行缶にガソリン20リットル(価格2680円)を給油させてだまし取った疑い。
県警によると、巡査長は22年2月から同年11月まで28回にわたり、同様の行為を繰り返した。
給油の際、不自然にならないようにパトカーのガソリンを満タンにしなかった。
巡査長は「(携行缶には)後で補充しようと思った。
大変なことをしてしまった」と話しているという。
だまし取ったとされるガソリンは28回合わせて560リットルで、自分の車に使った。
巡査長は代金7万6062円を弁済した。
(2011年07月30日 09時33分配信 福島放送)

----------------------------------------------------------
詐欺:巡査、ガソリン詐取容疑で書類送検 公費で購入し私用/福島

勤務中にガソリンをだまし取ったして、県警は29日、猪苗代署警務係の男性巡査(44)を詐欺容疑で福島地検に書類送検し、停職6カ月の懲戒処分としたと発表した。同日付で巡査は依願退職した。
送検容疑は、10年5月5日、猪苗代町のガソリンスタンドでパトカーに給油する際、業務で使うように装い、携行した缶にガソリン20リットルを入れさせ、自分の車に使用したとしている。県警によると、巡査は「ガソリンの値段が高かった。後で補填(ほてん)しようと思っていた」と容疑を認めているという。
県警の調べでは、同様の行為を同年2~11月に計28回していたという。ガソリンスタンド側に缶に入れた分とパトカーへの給油分を合わせて伝票に記載させていたが、会計担当職員が「(給油量の割に)極端に走行距離が短い」と不審点に気付いた。【蓬田正志】
(2011年7月30日 毎日新聞 地方版)

----------------------------------------------------------
公務装いガソリン詐取 容疑の巡査長停職処分 福島

県警監察課は29日、公務を装ってガソリンをだまし取ったとして、猪苗代署地域交通課に勤務していた巡査長の男(44)を停職6月の懲戒処分にしたと発表した。県警は同日、巡査長を詐欺容疑で福島地検に書類送検、巡査長は同日付で依願退職した。
書類送検した容疑は、昨年5月、猪苗代町内のガソリンスタンドで公務に使うように装って、ガソリン20リットル(2680円相当)を携行用の缶に入れて、県をだました疑いがもたれている。
県警によると、巡査長は今年2月から11月の間、町内のガソリンスタンドで、同様の方法で計28回(約7万6千円相当)を携行缶に給油させ、自分の車に移して使っていた。
調べに対し、巡査長は「ガソリンが高くなり節約のためにやった」と供述したという。
給油したことになっているパトカーのガソリンの減りが早いことに気付いた猪苗代署警務課会計係の調査で発覚した。
(2011.7.30 02:17 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
パトカー用とガソリン詐取 福島県警巡査長を懲戒処分

パトカー用と偽ってガソリンをだまし取ったとして、福島県警は29日、詐欺容疑で猪苗代署の男性巡査長(44)を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分にした。巡査長は同日付で依願退職した。
県警によると、元巡査長は猪苗代署の地域交通課に所属していた昨年2~11月、同県猪苗代町のガソリンスタンドで28回にわたり、パトカーへの給油で「予備燃料だ」と店員をだまし、20リットル用の携行タンクにガソリンを余分に入れさせて自家用車に移していたとしている。
元巡査長は「ガソリンの値段が上がり、節約したかった」と話しているという
(2011/07/29 18:28 【共同通信】 47NEWS)

----------------------------------------------------------
「パトカー用」とガソリン詐取=巡査長を書類送検-福島県警

パトカーの給油に合わせ、ガソリンスタンドから私用で使うガソリンをだまし取っていたとして、福島県警は29日、詐欺容疑で県警猪苗代署の男性巡査長(44)を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。巡査長は同日付で退職した。
県警監察課によると、巡査長は同署地域交通課に勤務していた昨年2~11月、ガソリンスタンドでパトカーに給油する際、予備用と偽って携行缶に給油させ、自家用車に流用。28回にわたり計560リットル(約7万6000円分)をだまし取ったとされる。
県警はこのうち、同年5月の1回分について書類送検した。巡査長は「ガソリンが高くなり、節約したかった」などと話したという。
(2011/07/29-17:56 時事通信





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック