兵庫県警白バイ隊員が当て逃げ

兵庫県警交通機動隊の男性巡査長が、休日に追突事故を起こし市民を負傷させて逃走。同隊の隊長は「警察官としてあってはならないこと」とコメントはしたが、巡査長の実名は公表しなかった。

画像

兵庫県警交通機動隊は悪質な飲酒運転をはじめ、速度違反や信号無視など、交通事故に直結する交通違反を重点に、取締活動をしています。


白バイ隊員が追突事故届けず立ち去る

兵庫県警は19日、交通機動隊で白バイなどに乗っている男性巡査長(30)が休暇中に乗用車で、同県多可町の男性会社員(44)の軽乗用車に追突する事故を起こしたのに、警察に届けず現場から立ち去っていたと発表した。男性会社員は後日、頸椎(けいつい)捻挫などと診断された。
県警交通捜査課は自動車運転過失傷害と道交法違反(当て逃げ)の疑いで巡査長を書類送検する方針。
巡査長は「取り締まる立場でありながら事故を起こし、まずいと思って逃げた」と話しているという。
(2011年8月20日 07:44 産経関西)

----------------------------------------------------------
白バイ隊員が事故届けず 休暇中に追突して立ち去る 兵庫県警

兵庫県警は19日、交通機動隊で白バイなどに乗っている男性巡査長(30)が休暇中に乗用車で、同県多可町の男性会社員(44)の軽乗用車に追突する事故を起こしたのに、警察に届けず現場から立ち去っていたと発表した。男性会社員は後日、頚椎(けいつい)捻挫などと診断された。
県警交通捜査課は自動車運転過失傷害と道交法違反(当て逃げ)の疑いで巡査長を書類送検する方針。同課によると、巡査長は「取り締まる立場でありながら事故を起こし、まずいと思って逃げた」と話している。
事故発生は14日午後8時55分ごろ。兵庫県丹波市の国道で急ブレーキをかけた男性会社員の車に巡査長の車が追突した。巡査長はいったん車を降りたが、その後、路肩に車を移動させる際に逃げた。
(2011.8.19 22:19 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
白バイ隊員当て逃げ=休日に自家用車で―兵庫県警

兵庫県警交通機動隊の男性巡査長(30)が休日に自動車を運転した際に追突事故を起こし、現場から逃げていたことが19日、分かった。県警が発表した。追突された車の男性会社員(44)は首を捻挫する2週間のけがで、県警は自動車運転過失傷害と道交法違反(当て逃げ)の疑いで、巡査長を書類送検する。
県警交通捜査課によると、事故は14日午後9時ごろ、同県丹波市春日町の北近畿豊岡自動車道で発生。男性会社員が急ブレーキをかけ、巡査長の自動車が追突した。
巡査長は逃走し、男性が110番。車種とナンバープレートから巡査長が浮上した。 [時事通信社]
(2011年8月19日22時6分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
白バイ隊員当て逃げ=休日に自家用車で-兵庫県警

兵庫県警交通機動隊の男性巡査長(30)が休日に自動車を運転した際に追突事故を起こし、現場から逃げていたことが19日、分かった。県警が発表した。追突された車の男性会社員(44)は首を捻挫する2週間のけがで、県警は自動車運転過失傷害と道交法違反(当て逃げ)の疑いで、巡査長を書類送検する。
県警交通捜査課によると、事故は14日午後9時ごろ、同県丹波市春日町の北近畿豊岡自動車道で発生。男性会社員が急ブレーキをかけ、巡査長の自動車が追突した。
巡査長は逃走し、男性が110番。車種とナンバープレートから巡査長が浮上した。
(2011/08/19-21:53 時事通信)

----------------------------------------------------------
白バイ隊員が休暇中に当て逃げ

兵庫県警は19日、交通機動隊で白バイなどに乗っている男性巡査長(30)が休暇中に乗用車で、同県多可町の男性会社員(44)の軽乗用車に追突する事故を起こしたのに、警察に届けず現場から立ち去っていたと発表した。男性会社員は後日、頸椎(けいつい)捻挫などと診断された。県警交通捜査課は自動車運転過失傷害と道交法違反(当て逃げ)の疑いで巡査長を書類送検する方針。同課によると、巡査長は「取り締まる立場でありながら事故を起こし、まずいと思って逃げた」と話している。事故発生は14日午後8時55分ごろ。兵庫県丹波市の国道で急ブレーキをかけた男性会社員の車に巡査長の車が追突した。巡査長はいったん車を降りたが、その後、路肩に車を移動させる際に逃げた。男性会社員の通報を受けた県警が車種などから巡査長を特定。交通機動隊の東講巳隊長は「指導監督を徹底し信頼回復に努めたい」とコメントした。(共同)
(2011年8月19日21時56分 日刊スポーツ)

----------------------------------------------------------
自家用車で追突の白バイ隊員、申告せず立ち去る

兵庫県警は19日、交通機動隊(白バイ隊)の男性巡査長(30)が自家用車で追突事故を起こしたのに、警察に申告せず立ち去っていたと発表した。
事故後、相手の負傷も判明。県警は巡査長を自動車運転過失傷害と道路交通法違反(当て逃げ)両容疑で書類送検し、処分する。巡査長は「取り締まる立場なのに事故を起こしてしまい、思わず逃げてしまった」と話しているという。
県警によると、巡査長は公休だった14日午後8時55分頃、同県丹波市の北近畿豊岡自動車道上り線で乗用車を運転中、軽乗用車に追突。いったん下車して相手の男性(44)と話したが、男性が車を路肩へ寄せている間に走り去った。男性は4日後、首や胸に約2週間のけがと診断された。
県警は、男性が覚えていた車のナンバーから巡査長を割り出して事情を聞いた。巡査長が事実関係を認めたため、逮捕は見送ったとしている。
同隊の東講巳隊長は「警察官としてあってはならないこと。信頼回復に努めたい」とのコメントを出した。
(2011年8月19日21時54分 読売新聞





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック