警視庁職質中にミニパト奪われ なす術なし

警視庁戸塚署の巡査部長らが検問中、規則を無視して2人がミニパトを離れた隙に男が乗り込み、まんまと奪われた。
画像

幸い通りかかった別のパトカーが追跡し逮捕したが、拳銃を携行する警官が現場で規則無視が常態化していたことと、適応力の低さも露呈した。



停車中のパトカー乗り逃げ=検問で離れた隙、男を逮捕-警視庁

路上に停車中のパトカーを乗り逃げしたとして、警視庁戸塚署は22日、新宿区の無職の男(48)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。パトカーは同署の男性巡査部長(36)ら2人が乗っていたが、検問のため鍵をつけたまま車を離れていた。同署は「無施錠で車を離れたのは規則に反する。再発防止を徹底する」と謝罪している。
男の逮捕容疑は22日午前0時半ごろ、新宿区高田馬場の路上に止まっていたパトカーを盗んだ疑い。
巡査部長らが検問で発見した整備不良車両を調べていたところ、男が突然パトカーに乗り込み、車を発進させた。見つけた別のパトカーが追いかけ、約300メートル進んだところで停車させた。逃走中に別の車両に接触したが、けが人はなかった。
(2011/08/22-13:42 時事通信)
(朝日新聞14時6分/ニコニコニュース13時41分[時事通信社のコピ配信])
----------------------------------------------------------
「ミニパトで帰りたかった」乗り逃げ容疑者逮捕

警視庁戸塚署のミニパトカーが22日、東京都新宿区内で約300メートルにわたって男に乗り逃げされていたことが同署への取材でわかった。乗り逃げしたのは新宿区内の無職の男(48)で、窃盗容疑で現行犯逮捕された。男は「ミニパトに乗って実家に帰りたかった」などと話しているという。
同署によると、22日午前0時半ごろ、新宿区高田馬場1丁目の都道(早稲田通り)で、ミニパトを止めて検問していた男性巡査部長(36)と男性巡査(19)が、整備不良の車が反対車線に赤信号で止まったのを発見。職務質問しようとその場を離れたすきに、男が無人のミニパトに乗り込み約300メートル運転し、自分で停車したという。この間、男は別の乗用車と接触する事故を起こしたが、けが人はいなかった。通りかかった別のパトカーが追跡し、男を現行犯逮捕した。
ミニパトは赤色灯をつけ、エンジンもかけたままだったという。中田智志副署長は「車両の管理を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。
(2011年8月22日13時20分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
職質中にパトカー盗む 逮捕の男「ミニパトに乗って実家に帰りたかった」

22日午前0時半ごろ、東京都新宿区高田馬場1丁目で、警視庁戸塚署の男性巡査部長(36)と男性巡査(19)の2人が職務質問中、路上に止めていたミニパトカーを近くにいた男に奪われた。対向車線にいた別のパトカーが約300メートル追跡、窃盗容疑で運転していた男を現行犯逮捕した。けが人はなかった。
戸塚署によると、逮捕されたのは48歳の無職の男。「ミニパトに乗って実家に帰りたかった」などと話し、意味不明な言動もみられるという。
巡査部長らは前照灯が故障した乗用車を見つけ、職務質問するため鍵を付けたままミニパトカーを離れた。直後に近くにいた男が乗り込み、発進させたという。
戸塚署の中田智志副署長は「車両の管理を徹底し、再発防止に努めたい」と話している。
(2011.8.22 13:06 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
職質中にパトカー盗まれ…300メートル追跡逮捕

22日午前0時半ごろ、東京都新宿区高田馬場1丁目で、警視庁戸塚署の男性巡査部長(36)と男性巡査(19)の2人が職務質問中、路上に止めていたミニパトカーを近くにいた男に奪われた。対向車線にいた別のパトカーが約300メートル追跡、窃盗容疑で運転していた男を現行犯逮捕した。けが人はなかった。
戸塚署によると、逮捕されたのは48歳の無職の男。「ミニパトに乗って実家に帰りたかった」などと話し、意味不明な言動もみられるという。
巡査部長らは前照灯が故障した乗用車を見つけ、職務質問するため鍵を付けたままミニパトカーを離れた。直後に近くにいた男が乗り込み、発進させたという。
戸塚署の中田智志副署長は「車両の管理を徹底し、再発防止に努めたい」と話している。
(2011年8月22日 12:29 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
東京・新宿区で48歳男が警視庁のパトカーに乗り逃走、窃盗の現行犯で逮捕
画像

東京・新宿区で22日未明、警視庁のパトカーが警察官が離れたすきに、乗り逃げされていたことがわかった。
午前0時半ごろ、新宿区高田馬場の路上で、警視庁戸塚警察署の2人の警察官が、整備不良の車を調べるために、乗っていたミニパトカーから離れたところ、突然現れた48歳の男がパトカーに乗り込み、逃走したという。
現場近くにいた別の警察官がパトカーで追いかけ、およそ300メートル先で、男の身柄を確保し、窃盗の現行犯で逮捕した。
ミニパトカーは、鍵を差したままだったという。
(08/22 12:27 FNN)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック