茨城県警巡査、車検切れ知りながら運転

茨城県警は31日、車検と自賠責保険の有効期限が過ぎたまま車を運転していた日立署刑事課の巡査を書類送検し、停職1カ月にした。
画像




車検切れマイカーで出勤、日立署巡査停職1カ月‎

無車検と無保険のまま自家用車を運転していたとして、県警は31日、道路運送車両法違反と自動車損害賠償保障法違反の疑いで、日立署刑事課の男性巡査(30)を水戸地検日立支部に書類送致し、停職1カ月の懲戒処分とした。巡査は同日、依願退職した。
書類送致容疑は4月20日ごろから5月30日ごろ、所有していた軽乗用車を、車検と自賠責保険の期限が昨年8月30日で切れていることを自覚しながら運転した疑い。
県警監察室によると、3月の異動後、全署で免許証と車検証を点検。日立署が4月12日に点検した際巡査は「紛失した」と報告したが、県内出張から戻った同月20日ごろ、車内のステッカーを確認して車検が切れているのに気付いた。しかし、上司が車を確認した5月30日までの間、無車検のまま日立市内の官舎からの通勤に車を使い続けていたという。
(2011年8月31日(水) 茨城新聞)

----------------------------------------------------------
巡査、車検切れのまま運転=停職処分受け、依願退職-茨城県警

車検と自賠責保険の有効期限が過ぎたまま自家用車を運転していたとして、茨城県警は31日、道路運送車両法違反容疑などで、日立署刑事課の男性巡査(30)を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分とした。巡査は同日依願退職した。
県警によると、巡査は4月20日~5月30日ごろ、車検と自賠責保険の期限が切れていることを自覚しながら、軽自動車を運転していた疑い。
巡査は「車検の期限は昨年8月末までだったのに、今年8月末だと勘違いしていた。途中で気付いたが、そのままずるずると通勤などで使ってしまった」と話しているという。
(2011/08/31-18:52 時事通信/19時6分 朝日新聞)
記事はGoogleニュースで検索し全部(朝日含む)で3件だけだったが、1日毎日と産経の記事が追加された。



警察官が車検切れ車で通勤 停職処分 茨城県警

茨城県警監察室は31日、日立署刑事課の男性巡査(30)が車検切れの軽自動車を使用して通勤していたなどとして、同日付で停職1月の懲戒処分にしたと発表した。男性巡査は同日、依願退職した。
同室によると、男性巡査は所有する軽自動車の車検と自賠責保険が切れていたことを知りながら4月20日~5月30日、通勤などに使用した。車検は平成22年8月30日に切れており、男性巡査は今年4月の県警の点検の際に車検切れに気が付いたという。だが、「今まで無車検だったことがばれてしまう」と思い、上司には「車検証を紛失した」などと説明していた。5月になっても報告がないことから上司が確認、発覚した。
同室の宮腰賢次監察室長は「県民の皆さまにおわび申し上げます」とコメントした。
また、県警は31日、男性巡査を道路運送車両法違反の疑いで水戸地検日立支部に書類送検した。
(2011.9.1 13:22 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
車検切れ運転:日立署員を容疑で書類送検/茨城

県警は31日、日立署刑事課の男性巡査(30)=ひたちなか市=が、自家用車が車検切れと知りながら運転していたとして、道路運送車両法違反と自動車損害賠償保障法違反の両容疑で水戸地検日立支部に書類送検したと発表した。県警は同日付で停職1カ月の懲戒処分とし、男性は同日付で依願退職した。
送検容疑は、4月20日ごろから5月30日までの間、自分の軽乗用車が無車検・無保険であることを知りつつ運転したとしている。
県警によると男性は、県警が全職員を対象に車検証などの点検を実施したことから、4月20日ごろ無車検であることを自覚。しかし、「これから車検を出すと、今までの無車検がばれてしまう」と報告せず、5月30日に日立署の上司が確認し発覚したという。男性の車検は10年8月30日で切れていた。
宮腰賢次・県警監察室長は「職員に対する職務倫理教養を推進し、再発防止を図ってまいります」と話している。【佐久間一輝】
(2011年9月1日 毎日新聞 地方版)






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック