警視庁警部補 職務悪用し球団グッズ頻繁に窃盗

警視庁四谷警察署警備課の稲垣陽一警部補は、同署の管内神宮球場に警備として堂々と侵入。倉庫からヤクルト球団のファン配布用グッズを頻繁に盗んでいた。
画像


稲垣警部補は、これまで勤務態度に問題なく、同僚に選手名が入った野球グッズをあげたりしており、署内では、ただの野球好きとして知られていた。




神宮のホシは警備警官 Tシャツドロ

プロ野球ヤクルトの球団名入りTシャツと紙袋などを神宮球場の倉庫から盗んだとして、警視庁は22日、窃盗の疑いで、四谷署警備課の警部補稲垣陽一容疑者(51=東京都中野区)を逮捕した。四谷署は同球場を管轄しており、稲垣容疑者はプロ野球の公式戦などで雑踏警備を担当していた。同庁によると「紙袋を盗んだのは確かだが、Tシャツは盗んでいない。盗む目的で侵入したわけではない」と一部容疑を否認しているという。
逮捕容疑は8月28日午後4時ごろ、東京都新宿区の神宮球場内の地下倉庫に制服姿で、無断で侵入し、同所に保管されていた紙袋やファンに配るための球団名入り非売品Tシャツ6枚(3354円相当)などを盗んだ疑い。Tシャツは球団から委託された管理会社が保管していた。
当日は同球場でプロ野球の試合はなく、稲垣容疑者は四谷署で待機しているはずだったが、なぜか捜査車両に乗って制服姿で球場に現れ「事務所に用事がある」として関係者入り口から入った。8月上旬には、球場関係者が「用もないのに球場をうろついている」と四谷署に相談していたことから、事件発覚後、警視庁が同容疑者の自宅を家宅捜索。盗まれたものと同じタイプのTシャツ3枚を発見した。
球場は同署の管内にあり、稲垣容疑者もプロ野球開催時にたびたび警備を担当。球場の中には雑踏警備にあたる警官のための控室があり、施設内部を熟知していたとみられる。当時倉庫は施錠され、球場側が鍵を貸したこともないことから、合鍵を持っていた可能性もある。
盗んだTシャツは、知人らに無料で配ったり、売ったりしていた疑いがあり、警視庁は詳しく調べる。また捜査関係者によると、このTシャツとは別に、ヤクルトの選手名が入った野球グッズを同僚に渡していたこともあったという。グッズは選手がファンサービス用に球場内で保管していたものとみられ、入手経緯を調べている。
稲垣容疑者は1978年に警視庁に採用され、勤続30年以上のベテラン。四谷署には09年2月から勤務していた。関係者によると、これまで勤務態度に問題はなく、署内では野球好きとして知られていた。自分でもプレーしていたという。ヤクルトファンだったとの情報もある。
警視庁の桜沢健一参事官は「極めて遺憾。今後、捜査を徹底し厳正に対処したい」としている。
(2011年9月23日9時55分 日刊スポーツ紙面から)

----------------------------------------------------------
制服警官が神宮球場で窃盗…大胆!関係者入り口から侵入

プロ野球ヤクルトの本拠地・神宮球場(東京都新宿区)の倉庫から、ファンに配る非売品のTシャツなどを盗んだとして、警視庁は22日、同球場内外の警備を担当していた四谷署警備課の警部補、稲垣陽一容疑者(51)を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕した。制服制帽を着用し「用事がある」と偽って関係者入り口から侵入した。
逮捕容疑は8月28日午後4時ごろ、神宮球場の倉庫に侵入し、保管してあったTシャツ6枚や紙袋1つ、計3354円相当を盗んだ疑い。Tシャツは来場客に配るためのもので、ヤクルト球団のロゴ入り。販売はされていないという。
警視庁によると、稲垣容疑者は「紙袋を盗んだのは確かだが、Tシャツは盗んでいない。盗み目的で侵入したわけではない」と一部容疑を否認。しかし警視庁が同容疑者の自宅を家宅捜索し、盗まれたものと同じタイプのTシャツ3枚を押収した。
調べによると、稲垣容疑者は硬式野球が趣味だといい、ヤクルトのファンだったという情報もある。警視庁は、盗んだTシャツを知人らに無料で配ったり、売ったりしていた疑いがあるとみて詳しく調べる。
稲垣容疑者は昨年1月から警備課に配属され、プロ野球の試合などで球場内外の警備を担当していた。事件当日、稲垣容疑者は勤務日だったが、犯行当時、神宮球場で試合はなく、署内で待機することになっていた。しかし同容疑者は「用事がある」と言い外出。球場に「事務所に用がある」とうその電話を入れ警察車両で球場を訪れると、制服制帽姿で関係者入り口から侵入したという。
また、稲垣容疑者がTシャツとは別に、ヤクルトの選手名が入った野球グッズを同僚に渡していたことも判明。その選手がファンサービス用に球場内で保管していたものとみられる。
8月上旬には、すでに球場関係者が「稲垣容疑者が用もないのに球場をうろついている」と四谷署に相談。Tシャツが盗まれた地下倉庫も普段は施錠されていることから、警視庁は稲垣容疑者が合鍵を持っていた可能性もあるとみて、グッズの入手経緯を調べている。 

制服警察官の不祥事

▼女子中学生の下着を… 兵庫県警網干署地域課の巡査(26)が09年10月、公然わいせつ事件を目撃した中学2年の女子生徒(14)宅を事情聴取のため訪問。生徒の部屋から下着約25点を盗む。
▼パトロール中に空き巣 神奈川県警鎌倉署地域課の巡査長(38)が06年7月、職務中に鎌倉市内の知人女性(71)宅に侵入、現金約10万円を盗む。以前女性から投石被害の相談を受け室内の間取りを把握しており、出かける際に女性が施錠しないことや日中不在になることを知っての計画的犯行。
▼署内の女子トイレで盗撮 北海道・札幌方面の警察署の巡査長(35)が05年12月、制服姿で同署の1階女子トイレに侵入。トイレ個室の下の隙間から、私物のデジタルカメラを差し入れ中にいる女性を撮影しようとした。気付かれたため撮影できず逃走したが3時間後に名乗り出る。(年齢はいずれも当時)
(2011年9月23日 06:00 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
勤務中に…ヤクルトTシャツ窃盗容疑 警部補逮捕

警視庁の警部補の男が、勤務中に制服姿で神宮球場に忍び込み、Tシャツなどを盗んだとして逮捕されました。
画像
警視庁四谷警察署警備課の警部補・稲垣陽一容疑者(51)は先月28日、神宮球場の倉庫に侵入し、東京ヤクルトスワローズのTシャツなどを盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、稲垣容疑者は事件当日、「球場事務所に用がある」と警察署を抜け出し、制服姿のまま関係者入り口から球場に入っていました。取り調べに対し、「盗む目的で入ったのではない」などと容疑を否認しています。警視庁は「厳正に対処したい」としています。
(09/22 21:02 テレビ朝日)

----------------------------------------------------------
神宮球場警備の警官、スワローズTシャツ盗む

勤務中に神宮球場(東京・新宿区)の倉庫に侵入し、東京ヤクルトスワローズのTシャツを盗んだとして、警視庁は22日、同球場のプロ野球公式戦などの雑踏警備を担当している四谷署警備課警部補・稲垣陽一容疑者(51)を窃盗容疑などで逮捕した。
発表によると、稲垣容疑者は8月28日午後4時頃、倉庫から、ファンらに配布する非売品のTシャツ6枚と紙袋1袋を盗んだ疑い。
当時試合は行われておらず、稲垣容疑者は勤務中、制服姿で「球場事務所に用がある」などと球場に来たという。調べに対し、「紙袋は盗んだが、Tシャツは盗んでいない」などと容疑を一部否認しているという。
(2011年9月22日13時40分 読売新聞)

----------------------------------------------------------
球場警備の警察官を逮捕 倉庫に侵入、ヤクルトTシャツ盗んだ疑い

警備を担当していた明治神宮球場の倉庫に侵入し、プロ野球「東京ヤクルトスワローズ」のTシャツや紙袋を盗んだとして、警視庁は22日、窃盗と建造物侵入の疑いで、四谷署警備課の警部補、稲垣陽一容疑者(51)=東京都中野区弥生町=を逮捕した。また、稲垣容疑者の自宅などを家宅捜索し、Tシャツ3枚などを押収した。
警視庁によると、稲垣容疑者は調べに対し「紙袋を盗んだことは間違いないが、盗む目的で倉庫に入ったわけではなく、Tシャツも盗んだりしていない」と供述している。
逮捕容疑は、8月28日午後4時ごろ、新宿区霞ケ丘町の神宮球場の倉庫に無断で侵入し、ヤクルト球団名が入ったファン配布用のTシャツ6枚と紙袋1つ(時価計3354円相当)を盗んだとしている。
警視庁によると、事件当時、球場で野球の試合はなく、稲垣容疑者は署内で待機することになっていたが、制服制帽姿で球場に捜査車両で乗り付け、「事務所に用がある」と中に入っていた。稲垣容疑者はヤクルトファンだったという。
8月上旬、球団関係者から「稲垣容疑者が球場内をうろついている」「なくなった物品がある」と相談を受け、警視庁が捜査していたところ、今回の窃盗事件が起きた。警視庁は他に被害がないか調べる方針。
警視庁警務部の桜沢健一参事官は「極めて遺憾。捜査を徹底し、厳正に対処したい」とコメントした。
(2011.9.22 13:22 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
警官逮捕 球団Tシャツ盗んだ疑い

警視庁四谷警察署に勤務する51歳の警部補が、先月、神宮球場の倉庫に侵入し、ヤクルトの球団名が入ったTシャツなどを盗んだとして警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、四谷警察署警備課の係長で、警部補の稲垣陽一容疑者(51)です。警視庁の調べによりますと、稲垣警部補は、先月28日の午後、東京・新宿区の神宮球場の地下倉庫に侵入し、ヤクルトの球団名が入ったファンに配布するためのTシャツ6枚と紙袋1枚を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、稲垣警部補は、この球場の警備を担当したことがあり、「球場事務所に用がある」と関係者にうそを言って中に入ったということです。稲垣警部補が、以前からしばしば訪れることを不審に思った球場側から先月上旬に通報があり、今回の被害を受けて警視庁が自宅などを捜索したところ、Tシャツ3枚が押収されたということです。調べに対し、稲垣警部補は「紙袋を盗んだことは間違いないが、Tシャツは盗んでいない」と容疑を一部否認しているということです。警視庁は、詳しいいきさつや余罪についても捜査する方針です。職員の逮捕について警視庁は「極めて遺憾であり、今後、捜査を徹底し、厳正に対処したい」とコメントしています。
(9月22日 14時23分 NHK)

----------------------------------------------------------
窃盗:Tシャツ盗んだ容疑で警部補逮捕…警視庁

警視庁は22日、明治神宮球場(東京都新宿区)の倉庫からプロ野球・ヤクルトスワローズのファンへの配布用Tシャツを盗んだとして、四谷署警備課警部補、稲垣陽一容疑者(51)=中野区弥生町5=を建造物侵入と窃盗容疑で逮捕した。稲垣容疑者は、勤務日に制服姿で署を抜け出していた。調べに対し「倉庫から紙袋は盗んだが、Tシャツを盗んだりはしていない」と供述しているという。
逮捕容疑は8月28日午後4時ごろ、神宮球場の倉庫に無断で侵入し、紙袋1個と非売品である球団名入りのTシャツ約6枚(約3300円相当)を盗んだとしている。
警視庁によると、稲垣容疑者は普段、管轄区域内にある神宮球場などの雑踏警備に従事していた。この日は、署で待機中、同僚に「ちょっと用事がある」と言って公用車で神宮球場に向かい、警備員に「事務所に用事がある」と告げて球場敷地に入ったという。
球場関係者が8月上旬、「ものがなくなることがある」と警視庁に相談。施設内で目撃されることがあった稲垣容疑者が浮上したという。【長谷川豊】
(2011年9月22日 13時5分 更新:9月22日 13時31分 毎日新聞)
スポーツニッポンは制服警察官の不祥事が毎月頻繁に起きている事を知りながら、意図的に数年前の記事を載せている。目的は不祥事が殆ど起きていないと錯覚させるためで、これまでも警察組織を擁護している。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック