神奈川県警職員がセール品に値札付替

神奈川県警川崎署会計課の職員石塚篤太郎が洋服の値札を勝手に付け替えて商品を購入して、警視庁に逮捕された。


ブランド品の値札付け替え川崎署職員逮捕

ブランド品のバーゲンセールで値札を付け替えて実際より安く購入したとして、警視庁愛宕署は7日までに、詐欺の疑いで、神奈川県警川崎署の会計課職員石塚篤太郎(とくたろう)容疑者(58)を現行犯逮捕した。愛宕署によると、石塚容疑者は「悪いことだとは分かっていた。魔が差してやった」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は5日午前9時40分ごろ。東京・浜松町の東京産業貿易会館で開かれた服飾メーカー「ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)」のファミリーセール会場で、価格2万1000円の黒色ベストの値札を別の半袖シャツ8400円の値札と付け替えて購入した疑い。会場を巡回中の警備員が不審な動きで値札を付け替える石塚容疑者を目撃した。購入後、会場から立ち去ろうとした石塚容疑者を呼び止め、通報で駆け付けた愛宕署員に引き渡した。
ファミリーセールは、社員とその家族、関係者などが招待される非公開のセールで、招待券を持参した人のみしか入場出来ない。セール価格も定価の6~9割引きの物が大半という。この日、石塚容疑者は、休日で1人で買い物に来ていた。
イッセイミヤケの総務部男性担当者は「このような事件は初めてで、大変遺憾に思っています。また、社名とブランド名が一緒のためブランドイメージが低下しないか困惑しております」と話した。神奈川県警監察官室は「警視庁の捜査結果を踏まえ、厳正に対処します」とコメントした。
(2011年11月8日8時35分 日刊スポーツ紙面から )

----------------------------------------------------------
ブランド品値札付け替え購入、神奈川県警職員を逮捕…

ブランド品の値札を付け替えて実際より安く購入したとして、警視庁愛宕署は7日までに、詐欺の疑いで、神奈川県警川崎署の会計課職員石塚篤太郎容疑者(58)=川崎市川崎区富士見=を現行犯逮捕した。愛宕署によると、「魔が差してやった」と容疑を認めている。
逮捕容疑は5日午前9時40分ごろ、東京都港区海岸の東京産業貿易会館で開かれたブランド品のセール会場で、2万1000円のベストの値札を別の商品の8400円の値札と付け替えて購入した疑い。警備員が値札を付け替える瞬間を目撃。購入後に立ち去ろうとした石塚容疑者を会場スタッフが呼び止め、通報で駆け付けた警察官に引き渡した。
(2011年11月8日 06:00 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
ブランド品値札を付け替え犯、警察職員だった

ブランド品の値札を付け替えて購入したとして、警視庁愛宕署が詐欺容疑で神奈川県警川崎署の会計課職員、石塚篤太郎(いしづか・とくたろう)容疑者(58)=川崎市川崎区富士見=を現行犯逮捕していたことが7日、同署への取材で分かった。石塚容疑者は2万1000円の値札を8400円に付け替えており、「魔が差した」と供述しているという。
“差額”1万2600円のために道を踏み外してしまった。
神奈川県警川崎署の職員、石塚容疑者の逮捕容疑は、5日午前10時ごろ、東京都港区海岸の都立産業貿易センターで開かれていたブランド品のセール会場で、2万1000円のベストの値札を別の半袖シャツに付いていた8400円の値札に付け替え、購入したとしている。
当日、同センターでは服飾メーカー「イッセイミヤケ」の招待状が必要な関係者向けセールが行われていた。
愛宕署によると、石塚容疑者は1人で来場し、買い物後に外で妻と待ち合わせをしていた。会場内はズボン、シャツなど品目ごとにいくつかのコーナーに別れており、石塚容疑者はベストが置いてあるコーナーでしばらく立ち止まっていた。
その様子は少し離れたところにいた男性警備員の目にとまった。警備員は様子がおかしいと感じ、監視を続ける。すると、値札を付け替えるところを目撃した。
見られているとは気づかない石塚容疑者は、ベストを手にしてレジに向かう。そして自分名義のクレジットカードで精算し、エレベーターに乗り込んで会場から出ようとしたそのとき、呼び止められた。
「わかっていますよね」
石塚容疑者は「すみません」と素直にエレベーターからすぐに出た。
ベストを調べると、本来2万1000円の値札が付いているはずだが、8400円の半袖シャツの値札が付いていた。
「半袖シャツが置いてあるコーナーはベストのコーナーのすぐ近く。まず半袖シャツの値札を取り外して、ベストの所に行って付け替えたのだろう」(捜査幹部)
石塚容疑者は通報を受け、駆け付けた愛宕署の署員に引き渡された。調べには、「悪いとは分っていたが、魔が差した」と容疑を認めているという。
神奈川県警監察官室は、「警視庁の捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とコメントしている。
(紙面から)
(2011.11.8 05:03 サンケイスポーツ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブランド服の値札をつけ替え購入 川崎署職員逮捕

ブランド服の値札を安い物につけ替えて購入したとして、神奈川県警の職員が逮捕されました。
画像
画像
川崎警察署会計課の職員・石塚篤太郎容疑者(58)は5日、東京・港区の高級ブランド品のバーゲン会場で、2万1000円のベストの値札を取り外し、8400円の値札につけ替えて購入したとして現行犯逮捕されました。
画像
警視庁によりますと、不審な行動を目撃していた警備員が会計を済ませた石塚容疑者に声をかけたところ、値札のつけ替えを認めたということです。当時、石塚容疑者は非番で、取り調べに対して「魔が差しました」と供述しています。
(11/07 16:41 テレビ朝日)

----------------------------------------------------------
川崎警察署の58歳職員、ブランド品セール会場で値札を安いものにつけ替え購入 逮捕

神奈川県警川崎警察署の職員が、ブランド品のセール会場で、高級ブランド品の値札を安いものにつけ替えて購入し、現行犯逮捕された。
画像
詐欺の現行犯で逮捕された川崎署会計課の職員・石塚 篤太郎容疑者(58)は、5日、東京・港区のセール会場で、「ISSEY MIYAKE」の2万1,000円のベストに、別の商品の「8,400円」の値札をつけ替えて購入した疑いが持たれている。
画像

値札のつけ替えに気づいたガードマンが問いただし、石塚容疑者が犯行を認めたという。
石塚容疑者は、「タグをつけ替えるのは悪いとわかっていた。魔が差しました」と供述しているという。
(11/07 17:18 FNN)

----------------------------------------------------------
洋服の値札、安値に付け替え買った疑い 警察職員を逮捕

洋服の値札を勝手に付け替えて商品を購入したとして、神奈川県警川崎署会計課職員の石塚篤太郎容疑者(58)=川崎市川崎区富士見2丁目=が、警視庁に詐欺の疑いで現行犯逮捕されていたことが7日、警視庁への取材で分かった。容疑を認め、「つい魔が差した」と話しているという。
警視庁愛宕署によると、石塚容疑者は5日午前9時40分ごろ、東京都港区海岸1丁目のイベントホールで開かれた洋服のセールの会場で、2万1千円のベストの値札を別の商品の値札(8400円)と付け替え、ベストをだまし取った疑いがある。
値札の付け替えを見ていた警備員にエレベーター内で呼び止められ、署員に引き渡された。この日は休みだったという。
(2011年11月7日13時45分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
神奈川県警職員を逮捕=値札付け替え、詐欺容疑―警視庁

東京都港区内のセール会場で、値札を付け替え、衣料品を購入したとして、警視庁愛宕署が詐欺容疑で神奈川県警川崎署の会計課職員石塚篤太郎容疑者(58)=川崎市川崎区富士見=を現行犯逮捕していたことが7日、愛宕署への取材で分かった。容疑を認め、「悪いことだとは分かっていた。魔が差した」と話しているという。
逮捕容疑は5日午前10時ごろ、港区海岸の都立産業貿易センター浜松町館4階の会場で、2万1000円のベストに8400円の値札を付け替えた上、クレジットカードで商品を精算し購入した疑い。 
[時事通信社]
(2011年11月7日13時6分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------


----------------------------------------------------------
詐欺:値札付け替えの疑い、神奈川県警職員を逮捕

バーゲンセールで洋服の値札を付け替えて購入したとして、警視庁愛宕署が、神奈川県警川崎署会計課職員、石塚篤太郎容疑者(58)=川崎市川崎区富士見2=を詐欺容疑で現行犯逮捕していたことが分かった。石塚容疑者は「魔が差してやってしまった」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は、5日午前9時40分ごろ、東京都港区海岸1の催事場で行われていた服飾メーカー「イッセイミヤケ」のバーゲンセールで、ベスト(2万1000円)に付いていた値札を8400円のものに付け替え、本来より安い価格で購入したとしている。
愛宕署によると、付け替えた値札は、他の商品に付けられていたものだった。会場にいたスタッフが石塚容疑者の不審な行動に気付き、取り押さえた。石塚容疑者は1人で買い物に来ていたという。
神奈川県警監察官室は「警視庁の捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」としている。【浅野翔太郎】
(2011年11月7日 12時59分/最終更新 11月7日 13時20分 毎日新聞

----------------------------------------------------------
値札付け替えで県警職員逮捕

神奈川県警察本部川崎警察署の会計課の職員の男が、東京・港区で行われたブランド品のセールの会場で、商品の値札を安い商品の値札に付け替えて購入したとして、詐欺の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、神奈川県警察本部川崎警察署の会計課職員の石塚篤太郎容疑者(58)です。警視庁によりますと、石塚容疑者は、5日午前10時ごろ、東京・港区で行われていたブランド品のセールの会場で、2万1000円のベストの値札を取り外し、同じ売り場にあった8400円のシャツの値札に付け替えて購入した詐欺の疑いが持たれています。犯行を見ていた警備員が、商品を持って、会場を立ち去ろうとした石塚容疑者を取り押さえ、その場で逮捕しました。警視庁の調べに対し、石塚容疑者は「悪いとは分かっていたが、魔が差してしまった」などと、容疑を認めているということです。警視庁が詳しいいきさつを調べています。
(11月7日 16時4分 NHK

----------------------------------------------------------
洋服の値札付け替え、神奈川県警職員を逮捕(東京都)

5日、東京・港区のセール会場で洋服の値札を安いものに付け替えて会計したとして、神奈川県警の職員が逮捕された。 詐欺の疑いで逮捕されたのは、県警川崎署の会計課職員・石塚篤太朗容疑者(58)。警視庁によると、石塚容疑者は5日、港区の洋服のセール会場で、2万1000円のベストの値札を8400円のものに付け替え、会計を行った疑いが持たれている。店の警備員が、石塚容疑者が値札のタグを付け替えるのを見ていて、犯行が発覚した。 石塚容疑者は、警視庁の調べに対して「タグを付け替えるのは悪いとわかっていた。魔が差した」と容疑を認めている。 県警は「警視庁の捜査結果を踏まえ、厳正に対処します」とコメントしている。
(11/7 15:04 日テレNEWS24

----------------------------------------------------------
神奈川県警職員、詐欺容疑で逮捕 値札替え商品安く購入

セール会場でブランド品の値札を勝手に付け替えて割安な価格で購入したとして、警視庁愛宕署は7日までに、川崎市川崎区富士見2、神奈川県警川崎署会計課職員、石塚篤太郎容疑者(58)を詐欺容疑で逮捕した。同署によると、石塚容疑者は「魔が差した」と容疑を認めている。
逮捕容疑は5日午前9時40分ごろ、東京都港区海岸1の「イッセイミヤケ」のセール会場で、販売価格2万1千円のベストに別の商品から取り外した8400円の値札を付けて精算した疑い。犯行を見ていた警備員が会場を出たところを取り押さえ、愛宕署員に引き渡した。
神奈川県警監察官室の話 警視庁の捜査結果を踏まえ厳正に対処する。
(2011/11/7 13:25 日本経済新聞

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック