中国人夫婦が父(母)子家庭装い児童手当詐取

中国人の男女が離婚偽装して、母子家庭を装って児童扶養手当を不正受給して逮捕されていたが、全国初で父子家庭まで装って児童扶養手当を不正受給しており再逮捕された。

詐欺:父子家庭装い児童扶養手当詐取、中国人容疑者2人を再逮捕/神奈川

一人親の家庭に支給される児童扶養手当をだまし取ったとして、県警国際捜査課と鶴見署は7日、ともに横浜市鶴見区平安町2の会社役員で中国籍の、李斌(43)と馬捷(40)の両被告=公正証書原本不実記載・同行使罪で起訴=を詐欺容疑などで再逮捕した。
逮捕容疑は、実際は夫婦でマンションに同居しているにもかかわらず、李容疑者が長女(11)との父子家庭を装い、10年12月に同区福祉保健センターで児童扶養手当認定請求書を提出し、今年4月と8月に市から手当計7カ月分、約15万5000円をだまし取ったとしている。
同課によると、2人は08年2月に離婚届を提出したが、実際は婚姻関係を続けていた。長女は生後5カ月から今年7月まで中国に預けられていたという。
李容疑者は容疑を否認、馬容疑者は認めているという。2人には長男もいて、同課は08年4月以降、子ども2人分の手当計約185万円をだまし取ったとみて調べている。同手当は10年8月に父子家庭も受給対象となり、父子家庭を装って逮捕されたケースは全国初という。【松倉佑輔】
(2011年11月8日 毎日新聞 地方版)

----------------------------------------------------------
離婚装い児童扶養手当詐取 容疑の中国籍2人再逮捕

神奈川県警は8日までに、離婚して父子家庭になったように装い児童扶養手当を不正受給したとして、詐欺などの疑いで、いずれも中国籍の横浜市鶴見区平安町、会社役員、李斌容疑者(43)と同居の会社社長、馬捷容疑者(40)を再逮捕した。 児童扶養手当は2人目から支給額が下がるため、別々に子どもを扶養しているよう装ったとみている。県警によると、法改正で2010年8月から父子家庭でも受給できるようになったのを悪用したケースで逮捕したのは初めてという。
2人の逮捕容疑は共謀して08年2月に離婚を偽装。父親の李容疑者だけで長女を扶養しているかのように書類を偽造して横浜市に申請、今年1~7月分の児童扶養手当約15万円を詐取した疑い。
李容疑者は「長女と生活するため手続きしただけだ」と容疑を否認。馬容疑者は認めている。08年4月から、長女と長男の児童扶養手当約185万円を不正受給したとみている。
2人は外国人登録証に虚偽の記載をしたなどとして、公正証書原本不実記載・同行使容疑などで逮捕、起訴されている。〔共同〕
(2011/11/8 12:02 日本経済新聞 )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父子家庭装い児童手当詐取容疑、中国籍の男女を再逮捕/神奈川

父子家庭を装って児童扶養手当をだまし取ったとして、県警国際捜査課と鶴見署は7日、詐欺などの疑いで、中国籍の男女を再逮捕した。2容疑者は離婚後も同居を続ける一方、ひとり親世帯を装って手当を請求し、計184万9840円を不正に受給したという。
再逮捕されたのは、ともに横浜市鶴見区平安町2丁目、会社役員の男(43)=公正証書原本不実記載・同行使罪などで起訴=と、会社社長の男(40)=同罪で起訴=の2容疑者。
再逮捕容疑は、2010年12月、実際は中国在住の長女と男の容疑者が同居しているなど、虚偽の内容が書かれた児童扶養手当認定請求書を鶴見区に提出、今年4月と8月の2回、計15万4690円をだまし取った、としている。
同課によると、2容疑者は08年2月の離婚後も長男を含め3人で同居するなど、事実上の婚姻関係を継続。一方で母子家庭を装って、長女と長男分の同手当を受給していた。さらに支給対象に父子家庭が加わることを知ると、当時中国にいた長女の住所を男の容疑者の住所に変更するなど父子家庭を装い、長女分の手当をあらためて請求したという。
調べに対し、女の容疑者は容疑を認めている一方、男の容疑者は「長女と生活するために手続きをしただけ」などと供述、容疑を否認しているという。
(2011年11月7日 神奈川新聞

----------------------------------------------------------
児童扶養手当詐取容疑で中国人の男女逮捕

離婚したように装うなどし、母子家庭などに支給される児童扶養手当を神奈川県警は7日、詐欺などの疑いで、いずれも横浜市鶴見区平安町に住む中国籍の会社役員、李斌(りひん)被告(43)=公正証書原本不実記載罪などで起訴=と馬捷(ましょう)被告(40)=同罪で起訴=を再逮捕した。
県警の調べによると、2人は共謀し離婚を偽装し、父親の李容疑者だけで長女を扶養しているかのように書類を偽造し横浜市に提出。今年4月から8月にかけ、1月から7月分の児童扶養手当計約15万5000円をだまし取った疑いが持たれている。
県警によると、李容疑者は容疑を否認、馬容疑者は認めている。2人は同様の手口で、ほかに同手当約170万円をだまし取った疑いがあり、県警が捜査している。
(2011.11.7 22:41 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
父子家庭装い、手当を不正受給=中国人「夫婦」を再逮捕―神奈川県警

父子家庭を装い、児童扶養手当を不正受給したとして、神奈川県警国際捜査課などは7日、詐欺容疑などで、横浜市鶴見区平安町、中国籍で会社役員李斌(43)=公正証書原本不実記載罪などで起訴=、同、元妻の馬捷(40)=同罪で起訴=の両容疑者を再逮捕した。同課によると、李容疑者は「だましてない」と容疑を否認、馬容疑者は認めているという。
逮捕容疑は、2008年2月の離婚後も同居していたのに、父子家庭を装い、長女(11)の児童扶養手当の認定請求書を偽造。鶴見区福祉保健センターに提出し、4月と8月に計15万円余を詐取した疑い。 
[時事通信社]
(2011年11月7日21時6分 朝日新聞)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック