報道協力したら報復され重症 読売テレビを提訴

読売テレビが去年12月、貧困ビジネスの実態として大阪市西成区で生活保護受給者が医療扶助制度を悪用して手に入れた向精神薬を、暴力団関係者に売り渡す実態を放送。
画像

その中でインタビューの音声や室内をそのまま放送し、男性は放送の2日後襲われ重傷。読売テレビは「十分な配慮をした」とコメントした。



YTVを提訴 「身元バレて取材協力の報復受けた」

テレビのインタビュー取材に応じた男性が声を変えるなどの配慮をせずに放送されたため報復されたとして、読売テレビにおよそ6,300万円の損害賠償を求めて提訴しました。 読売テレビは去年12月、大阪市西成区で生活保護受給者が医療扶助制度を悪用して手に入れた向精神薬を、暴力団関係者に売り渡す実態を放送しました。
その中で顔にボカシをかけた51歳の男性のインタビューを放送しましたが、男性は放送の2日後、大阪市旭区で何者かに襲われ頭蓋骨骨折などの重傷を負いました。
男性は「声がそのまま放送されたために身元がばれた。事件は取材協力への報復だ」として、読売テレビにおよそ6,300万円の損害賠償を求めています。
「特色のある声をしています。声については全く加工されていませんでした。特定されないように細心の注意を払うのが当たり前じゃないですか」(原告代理人 浅野省三弁護士)
男性の訴えについて読売テレビは「取材協力者のプライバシーに関して、取り得べき十分な配慮をしたと考えており、事件と放送の関係が不明な中での提訴は遺憾です」とコメントしています。
(11/08 19:06 毎日放送)

----------------------------------------------------------


----------------------------------------------------------
「番組出演原因で報復受けた」 男性が読売テレビを提訴

貧困ビジネスについて放映した読売テレビ放送(大阪市中央区)の報道番組に出演した大阪市内に住む男性(51)が8日、「音声を加工されずに放送されたために身元が分かり、直後に襲われて重傷を負った」として、同社に約6300万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。
男性側は訴状で、「(事件は)報道を契機とする報復目的であることは明らかだ」と主張している。
訴状などによると、男性は、読売テレビが昨年12月28日夕に放映した報道番組に、向精神薬の違法取引を知る人物として匿名で出演。生活保護受給者への医療費扶助制度が悪用され、受給者が無償で受け取った向精神薬が転売されている、などと証言した。
(2011年11月8日15時34分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
“放送を元に襲われる”民放を提訴

大阪の読売テレビの報道番組に匿名で取材に応じ、放送後、何者かに襲われた男性が、「インタビューの音声を変えずに放送したため、身元が特定され襲われた」として、読売テレビに6300万円余りの賠償を求める訴えを大阪地方裁判所に起こしました。
訴えを起こしたのは、大阪市に住む51歳の男性です。男性は、大阪の読売テレビが去年12月に放送した報道番組の中で、匿名で取材に応じ、「生活保護の受給者が暴力団関係者とみられる人物との間で、向精神薬を不正に売買している」と証言しました。そして、放送の2日後に、大阪市内で何者かに襲われ、手などに後遺症が残る重傷を負ったということです。訴えの中で男性は「テレビ局は、顔の映像をぼかす処理をしたものの、インタビューの音声は変えずに放送した。放送によって身元が特定され襲われた」と主張し、読売テレビに6300万円余りの賠償を求めています。訴えについて、読売テレビは「取材協力者のプライバシーに十分な配慮をしたと考えており、事件と放送の関係が不明ななかでの提訴は遺憾です」とコメントしています。
(11月8日 14時25分 NHK)

----------------------------------------------------------
「身元隠し不十分で襲われ負傷」取材協力者が民放提訴

薬物の不正売買の実態を報道した「読売テレビ放送」(大阪市)の番組に取材協力した大阪市内の男性(51)が8日、「身元を隠すための声の加工処理が不十分で放送直後に襲われ負傷した」として、同社に慰謝料など計約6300万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。
訴状などによると、男性は、大阪市西成区のあいりん地区で生活保護受給者らが医療扶助制度を悪用して無料で入手した向精神薬を、暴力団関係者に売っているとの疑惑に関する調査報道番組の取材に、数回協力した。
番組は昨年12月28日に放送。その際、画像処理で顔はぼかしたが、音声は加工されなかった。男性は放送から2日後、同市旭区で何者かにバールのようなもので殴られるなどし、4カ月入院。後遺症で精神障害を発症し、障害認定を受けた。事件については大阪府警が殺人未遂事件として捜査している。読売テレビ放送の話 取材協力者のプライバシーには取り得る十分な配慮をした。事件と放送との関係が不明な中での提訴は遺憾。
(2011/11/8 13:51 日本経済新聞)

----------------------------------------------------------
番組で証言して襲われた男性、読売テレビを提訴

報道番組で貧困ビジネスの実態を証言した際、身元をわからなくする編集処理が不十分だったため、トラブルに巻き込まれ大けがをしたとして、大阪市内の男性(51)らが8日、番組を放送した読売テレビ(大阪市)に約6300万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。
訴状などによると、男性は昨年12月28日に放映された番組に出演。医療費負担のない生活保護受給者として処方された向精神薬を、同市西成区で暴力団関係者と思われる業者に売ったなどと証言したが、その2日後、男性は知人の会社事務所で何者かに襲われ、頭などを刃物で切られたという。男性は約5か月入院、障害も残り、府警は殺人未遂容疑で捜査している。
番組では男性の顔はぼかされていたが、声は変えられていなかった。男性は「暴力団関係者から報復された可能性が高い。個人が特定できないよう十分に配慮すべきだった」と主張している。
読売テレビの話「取材協力者のプライバシーに十分な配慮をしたと考えている。事件と放送の関係が不明な中での提訴は遺憾だ」
(2011年11月8日12時45分 読売新聞

----------------------------------------------------------
取材協力:男性が読売テレビ提訴 放送直後に襲われ

向精神薬の売買など貧困ビジネスの実態を放送した「読売テレビ放送」(大阪市)の報道番組に匿名で取材協力した大阪市内の男性(51)が8日、同社に慰謝料など計約6300万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。男性は放送直後に殺人未遂事件に遭ったのは番組で音声加工など身元を隠す処理が不十分だったためだと主張している。
原告代理人の弁護士は「(読売テレビを)信用して情報を提供した。本人は自分と特定されないように頼んでおり、報道機関としては特定しないように映像、音声を加工するのは当たり前だと考えている」と述べた。
(2011年11月8日 12時28分 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
「番組出演で報復受けた」=男性、読売テレビを提訴―大阪地裁

薬物の密売に関する報道番組に出演し、放送直後に何者かに襲われ重傷を負った大阪市内の男性(51)が8日、「肉声を放送され報復された」として、制作した読売テレビ放送(大阪市)に計約6300万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。
訴状によると、同社は昨年12月、生活保護受給者が無料で入手した向精神薬が暴力団関係者とみられる人物に売られている実態を放映。男性は匿名で取材に応じ、入手した薬について説明したり大阪市西成区の現場近くを案内したりした。
番組では画像処理で顔がぼかされたが、声や自宅玄関の映像などはそのまま流された。男性は放送から約40時間後、同市内で殴られるなどし、頭蓋骨骨折などで入院した。大阪府警が殺人未遂事件として捜査している。 
[時事通信社]
(2011年11月8日12時6分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
取材協力:大阪の男性、襲われ重傷 TV局を提訴へ

貧困ビジネスの実態を放送した「読売テレビ放送」の報道番組に匿名で取材協力した大阪市内の男性(51)が8日、放送直後に襲われ負傷したのは音声加工など身元を隠す処理が不十分だったからだとして、同社に慰謝料など計約6300万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴する。男性は向精神薬売買の様子を明かした番組放送の2日後に襲撃されて頭蓋骨(ずがいこつ)骨折の重傷を負い、大阪府警が殺人未遂事件として捜査中。男性は「事件は取材協力への報復だ」と訴えている。
訴状などによると、同社は昨年12月28日の番組で、生活保護受給者らが医療扶助制度を悪用して無料で入手した向精神薬が、大阪市西成区・あいりん地区で売買される実態を放送。男性は昨年11月から数回取材を受け、薬の入手方法を説明したり、売買現場近くまで記者を案内したりする映像が流された。
男性は事前に、記者から「顔は出さない」と聞かされ、番組では顔だけはぼかす画像処理がされていた自宅玄関室内の様子はそのままで、も手を加えないで放映された。男性は放送終了から約40時間後の12月30日午前9時半ごろ、同市旭区で殴られるなどし、4カ月入院。後遺症で障害認定を受けている。
男性の弁護士は「(男性は記者に)暴力団関係者が関与していると話しており、読売テレビは報復の危険性が極めて高いと予測できたはず」と話している。

 ◇「十分な配慮した」
読売テレビ放送の話 被害に遭われたことはお見舞い申し上げます。しかし、取材協力者のプライバシーに関して十分な配慮をしたと考えており遺憾です。
(2011年11月8日 2時30分 更新:11月8日 9時13分 毎日新聞)
記事の内容から夕方この特集を見た記憶があるので、去年は日テレでも社会問題を取り上げていたが、最近はテレ朝・日テレはほぼグルメ特集のみ。見たときの印象はインタビューを受けた男性も弱者の立場を利用し悪に加担しているので、被害者といった印象は全くなかった。番組スタッフも、闇金などの被害者ほど安全性を優先(配慮)しなかったのはしかたがない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック