慰安婦問題で大統領選向けパフォーマンス

韓国の李明博大統領が日本からの独立運動を記念した式典で、慰安婦問題を初めて持ち出し、日本政府に謝罪と早期解決の努力を求めた。


慰安婦:李大統領、日本政府に早期対応を要求

画像李明博(イ・ミョンバク)大統領は1日、ソウルの世宗文化会館で開催された第93周年三一節(独立運動記念日)記念式典で、旧日本軍の従軍慰安婦問題について「さまざまな懸案の中でも早急に解決せねばならない人道的問題だ。韓国と日本が本当のパートナーとして緊密に協力するためには、何よりも歴史の真実から目をそらさない真の勇気と知恵が必要だ」と述べ、日本政府に積極的な対応を求めた。
また「生涯つらい思いで生きてきたおばあさん(元慰安婦)たちは、今や80代後半を超えた。こうした方々が無念のままこの世を去れば、全ての問題が解決するのではなく、日本は問題を解決するチャンスを永遠に失うことになる」と指摘した。大統領府(青瓦台)高官は李大統領の発言について「日本政府が慰安婦問題の解決に前向きでないとの判断から、昨年12月の韓日首脳会談での話を繰り返した」と説明している。
一方、李大統領は同日、元慰安婦57人に手紙とプレゼントを送った。李大統領は手紙で「この問題は人間の尊厳性に関わるため、韓国国民全ての問題であり、良心ある世界の全ての人々の問題だ。韓国政府は今後も皆さんに深い関心を持ち、(問題解決に)最善を尽くす」と約束した。
崔賢黙(チェ・ヒョンムク)記者
(2012/03/02 08:41 朝鮮日報)

----------------------------------------------------------
【主張】 「慰安婦」問題 河野談話の誤りを伝えよ

韓国の李明博大統領が独立運動の記念式典で、いわゆる「従軍慰安婦」への賠償請求問題について「すぐに解決しなければならない人道的問題だ」と述べた。さらに、元慰安婦が80歳代の高齢であるとして、「元慰安婦がこのまま世を去ったら、日本はこの問題の解決の機会を永遠に失う」と、日本に迫った。
李大統領がなぜ、これほど強硬に慰安婦問題を蒸し返そうとするのか、理解に苦しむ。
繰り返すまでもないが、昭和40年の日韓基本条約で両国の請求権問題は「完全かつ最終的に」解決されたと明記された。
国としての賠償問題は解決済みであるため、平成7年から「女性のためのアジア平和国民基金」(アジア女性基金)で、民間からの募金による償い金を元慰安婦に支給する事業を始めた。
償い金は元慰安婦1人につき200万円で、台湾、フィリピンなどの元慰安婦には申請に沿って償い金が支払われたが、韓国では多くの元慰安婦が国家賠償でないとして受け取りを拒否した。これは韓国側の事情によるものだ。
李大統領は昨年暮れの日韓首脳会談でも、野田佳彦首相に慰安婦問題の「優先的な解決」を求め、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦の碑についても「日本の誠意ある措置がなければ、第2、第3の像が建つ」と恫喝(どうかつ)めいた言葉を吐いた。
李政権の反日姿勢は来月の韓国総選挙と年末の大統領選を前に、所得格差拡大などへの有権者の不満を外に振り向けるためとみられるが、それにしても異様だ。
そもそも、この慰安婦問題は平成5年、宮沢喜一内閣の下で出された当時の河野洋平官房長官談話に端を発する。慰安婦の募集に日本の官憲が加担した、として「強制連行」を認める内容だった。
しかし、それを示す証拠は日本政府が集めた約230点の公文書になく、談話発表の直前、ソウルで聴いた元慰安婦16人の“証言”だけで「強制連行」を認めたことが後に、石原信雄元官房副長官の証言で明らかになった。
自民党政権時代も含め、歴代内閣がこのことを韓国に説明してこなかったことが、慰安婦問題を何度も蒸し返される原因でもある。野田政権は河野談話を改めて検証し、それが誤りであることをはっきり韓国に伝えるべきだ。
(2012.3.2 03:28 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
元慰安婦問題 日本に李明博大統領 早期解決と謝罪要求

【ソウル=加藤達也】韓国の李(イ)明(ミョン)博(バク)大統領は1日、日本統治下の朝鮮半島で起きた反日抗議運動「3・1独立運動」を記念する式典で演説し、元慰安婦への賠償請求権問題について「すぐに解決しなければならない人道的問題だ」と述べ、日本政府に早期解決に向けた努力を促した。
李大統領が、8月15日(光復節)と並んで日本統治からの解放を祝う3・1独立運動の記念演説で、この問題に言及したのは初めて。元慰安婦の高齢化に触れて「このまま世を去ったら日本は問題解決の機会を永遠に逃す」と主張した。
一方、韓国大統領府は1日、大統領が元慰安婦に手紙を送ったことを明らかにし、内容を公表した。大統領は「日本政府が皆さん(元慰安婦)に謝罪することが、他のどの日韓間の外交懸案よりも急がれるべきだ」と記し、韓国政府として日本に謝罪を要求していく姿勢を強調した。李大統領が慰安婦問題で日本に謝罪を求める考えを示したのも就任以来初めて。
就任以来、慰安婦問題に言及しなかった李大統領だが、政権末期に入り所得格差拡大や政府高官の相次ぐ不正発覚などにより、政権の求心力低下は著しい。今回の言及は、世論の支持をつなぎ止めようとしたもので、今後も日本への謝罪要求を続けるとみられる。
しかし、日本側は「解決済み」と応じない姿勢を取っており、韓国側が世論対策から慰安婦問題に踏み込むことは、任期内の日韓関係修復を断念したことを意味する。
(2012.3.1 19:47 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
李大統領、従軍慰安婦問題「迅速に解決しなければ機会失う」=韓国

韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は1日、日本による植民地支配下で起きた「3・1独立運動」の記念式典で演説し、「従軍慰安婦問題はさまざまな懸案の中でも、速やかに解決されなければならない」と述べ、日本政府に解決に向けた積極的な対応を求めた。複数の韓国メディアが報じた。
李大統領はソウルの世宗文化会館で開かれた第93回3・1節記念式典で、「(日韓)両国が、信のパートナーとして緊密に協力していくためには、歴史の真実から目を背けない真の勇気と知恵が必要だ」と発言した。
李大統領は、元従軍慰安婦が高齢になっているとし、「慰安婦の方々が痛みを負ったまま亡くなれば、日本は問題を解決する機会を永遠に失うことになる」と指摘した。演説では竹島(韓国名・独島)問題や、日本の歴史教科書問題については触れなかった。
韓国メディアによると、李大統領が公式の場で日本政府に慰安婦問題の解決を求めたのは、2011年12月に行われた野田佳彦首相との首脳会談以来となる。3・1独立運動や8・15光復節の記念式典で慰安婦問題を取り上げるのは、今回が初めて。(編集担当:新川悠)
(2012/03/01(木) 13:42 サーチナニュース)

----------------------------------------------------------
「慰安婦問題解決に努力を」李明博大統領が初言及

韓国の李明博大統領は日本からの独立運動を記念した式典で演説し、従軍慰安婦問題の早期解決に向けて日本の努力を求めました。
李明博大統領:「特に慰安婦問題は、多くの懸案のなかでも早急に解決すべき人道的問題です」
李大統領は日韓両国が真のパートナーになるため、歴史から目を背けてはいけないと指摘しました。李大統領がこの式典で慰安婦問題に言及したのは、就任以来初めてです。また、元慰安婦の女性らに直筆の手紙を送り、最優先課題として解決を急ぐ考えを伝えました。12月の大統領選挙を控えて、与党は支持率低迷に苦しんでいて、今後も同様の要求を続けるものとみられます
(03/01 14:56 テレビ朝日)

----------------------------------------------------------
従軍慰安婦問題:韓国大統領が演説で初の言及

【ソウル西脇真一】韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は1日、日本の植民地支配に対する「3・1独立運動」93周年の記念式典で演説し旧日本軍の従軍慰安婦問題について「慰安婦問題だけはさまざまな懸案のうちでも至急終わらせなければならない人道的問題だ」と強く訴えた。08年に李大統領が就任後、演説で元慰安婦問題に具体的に言及するのは初めて。
李大統領は演説で「両国が緊密に協力していくためには歴史の真実から目を背けない勇気と知恵が必要だ」と訴えた。
(2012年3月1日 12時14分 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
従軍慰安婦問題「迅速に解決を」…李大統領演説

【ソウル=門間順平】韓国の李明博(イミョンバク)大統領は1日ソウルで開かれた、日本による植民地支配への抵抗運動「3・1運動」の93周年記念式典で演説した。
大統領は、いわゆる従軍慰安婦問題について、「様々な懸案のなかでも、迅速に終わらせなければならない人道的な問題」と述べ、日本政府に対し積極的な対応を求めた。
大統領は演説で、日韓両国を「多様な利益を共有し、未来をともに開く同伴者」とし、「真の同伴者として緊密に協力するには、何より歴史の真実から目を背けない真の勇気と知恵が必要だ」と強調した。
韓国メディアによると、李大統領が、3・1運動と、8月15日の「光復節」(植民地支配からの解放記念日)の記念式典演説で、慰安婦問題に言及するのは初めて。
(2012年3月1日11時58分 読売新聞)

----------------------------------------------------------
李大統領、慰安婦問題に言及 韓国3・1独立運動式典で画像「3・1独立運動」の記念式典の演説で、日本政府に慰安婦問題の解決を迫る李明博大統領=ソウル、中野晃撮影

韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は1日、日本による植民地支配下の朝鮮半島で1919年3月1日に始まった「3・1独立運動」の記念式典で演説し、旧日本軍慰安婦の問題について「速やかに終わらせなければならない人道的な問題だ」と述べ、日本政府に解決に向けて積極的に動くよう求めた。
さらに、李大統領はこの日に合わせて元慰安婦らに手紙を送り、日本政府が謝罪することが「韓日間のほかのどんな懸案より至急の問題だ」とした。
李大統領が「3・1独立運動」の記念演説で、慰安婦の問題に言及したのは初めて。李大統領は昨年12月の日韓首脳会談でも、就任以来初めてこの問題を取り上げており、今後も日本政府に対応を迫り続ける姿勢を鮮明にした。
(2012年3月1日11時32分 朝日新聞)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック