愛媛県警が交通事故を「立ち会った」でっちあげ

愛媛県警、新居浜署交通課の巡査部長が、交通事故で、実際は当事者が来ていないのに「立ち会った」とでっちあげの記述をしたが、処分は減給10分の1(3か月)で依願退職すらしなかった。
画像



虚偽記述:見分状況書に 新居浜署巡査部長、容疑で書類送検--県警/愛媛

交通事故の「現場の見分状況書」で、実際は当事者が来ていないのに「立ち会った」とする虚偽記述をしたとして、県警監察官室は19日、新居浜署交通課の男性巡査部長(31)を、虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで松山地検に書類送検し、減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にした、と発表した。
容疑は、昨年12月8日、新居浜市内の人身事故で、被害者の女性が来ていないのに立ち会ったと記載した虚偽の「現場の見分状況書」を作成し、県警本部に提出。1月11日、同署に女性の家族が訪れた際、虚偽記載が発覚するのを恐れ、該当部分に二重線を引いて削除した、とされる。
同室によると、巡査部長は「他の重傷事故を抱えており、この事故に手間をかけたくなかった」と供述しているという。
阿部克彦首席監察官は「警察捜査に対する信頼を損なう事案であり、誠に遺憾。引き続き指導を徹底する」とコメントを出した。【村田拓也、篠崎真理子】3月20日朝刊
(毎日新聞 3月20日(火)15時29分配信)

----------------------------------------------------------
現場にいないはずの女性が…警察官がウソ報告書

交通事故の実況見分をした際の報告書に虚偽の内容を記載するなどしたとして愛媛県警は19日、新居浜署交通課の男性巡査部長(31)を虚偽有印公文書作成・同行使、公用文書毀棄(きき)容疑で松山地検に書類送検し、減給10分の1(3か月)の懲戒処分にしたと発表した。
発表によると、巡査部長は昨年12月8日、新居浜市内で起きた3台が関係する玉突き事故の実況見分を実施。2台目の車を運転していた女性が病院に運ばれ現場にいなかったのに、見分状況書に女性の名前などを書き込み、上司から翌月、同書の提示を求められた際、名前に二重線を引いて消すなどしたとされる。
上司が書類の二重線を不審に思い追及。巡査部長は「別の重傷事故処理を抱え、手間をかけたくなかった」と認めたという。
(2012年3月20日11時15分 読売新聞)
冤罪を招きかねない悪質な不祥事だが、Google ニュースで関連記事をすべての検索したら僅か3 件。記事が増えるどころか『愛媛新聞-書類に虚偽 新居浜署の巡査部長書類送検 』は数日で削除され、既に閲覧不可能になっていた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック