静岡県警が警官の盗撮や窃盗揉消しで署長更迭

静岡県警磐田署警官の盗撮や窃盗事件を立件せず署長が隠蔽してたと匿名告発。静岡県警は松嶋勝己署長(57)を更迭、松嶋署長もトカゲの尻尾だった。
画像


磐田署長、隠蔽か 署員の不祥事を組織的関与含め調査
画像
松嶋勝己署長

磐田署が署員の不祥事を県警本部に報告していなかったとして、内部の不正を調べる県警監察課が、松嶋勝己署長(57)から事情聴取していることが分かった。松嶋署長が隠蔽(いんぺい)した疑いがあるとみて、組織的な関与の有無も含め全容解明を進めている。
問題を受けて県警警務課は2日、松嶋署長を警務部付とする人事を発令した。岩崎敏警務部長は、更迭の理由を「調査の中で不適切な事情が一部判明した」と説明。松嶋氏の主張については「調査中のため現時点で答えられることはない」と述べるにとどめた。
同課によると、ことし2月に関係者から情報提供があり、調査を始めた。同課は「事実ならば厳正に処分する」とする一方で「情報提供があるまで事態を把握していなかった」としている。
関係者によると、不祥事を起こした署員は磐田署地域課の3人で、交番や駐在所に勤務。2010年に駐在所員がパチンコ店で盗撮、交番員の1人が寮費を横領、別の交番員が同僚のゲーム機を盗む事件を起こしたとされる。
いずれも被害届は出ておらず、刑事事件として立件されていない。3人は発覚後にそれぞれ「一身上の都合」で依願退職したという。
画像


署長就任の前は県警主任監察官

前磐田署長の松嶋勝己氏は2010年3月、警察不祥事の調査や服務規定違反の取り締まり、監視などに携わる県警主任監察官から磐田署長に異動した。
警察関係者によると、松嶋氏は昨年春ごろ、静岡市葵区内で乗用車を運転、スピード違反で交通違反切符(青切符)を切られた。道路運送車両法で定めた住民登録地変更後の自家用車の車両ナンバー変更を、県警監察課から指摘されるまで約1年8カ月間怠ったこともある。
ただ、いずれのケースも警察庁の指針で発表の対象となる「私的な行為に係る停職以上の処分」などに該当しないことから、公表されなかった。
同課は情報提供があるまで問題を把握していなかったとする一方で「そうしたうわさはあった」と話す。県警内には「本部の幹部も知っていたはず。組織ぐるみの隠蔽も否定できないのでは」と危ぶむ声もある。
(2012年3月3日 中日新聞)


----------------------------------------------------------
県警、磐田署長を更迭 署員不祥事報告せず

磐田署長の松嶋勝己警視(57)が同署員の不祥事案を県警本部に報告していなかったことが2日、県警への取材で分かった。県警の訓令は、署員の犯罪行為や信用失墜行為は県警本部へ報告するよう、署長に義務づけている。岩崎敏警務部長は「署長として不適正な事情が確認されつつある」と説明。県警は同日、松嶋警視を警務部付とする人事を発表した。
監察課によると、県警本部に2月下旬、匿名で、複数の同署員の不祥事案を通報する電話があった。その後、報道機関からも通報内容に酷似した照会があったという。
不祥事案は2010年度に発生し、関与した署員は依願退職した。磐田署長の松嶋警視からは報告はなく、県警本部は通報で初めて把握したという。
監察課は現在、事実確認のため、松嶋警視と同署関係者から事情を聴いている。
異動理由について、警務課は「署長として職務遂行に適当でない可能性がある事情が生じた」と説明。岩崎警務部長は「管内の信頼を受けて仕事を継続するのは困難」と話した。
同署によると、松嶋警視からは2日に「休む」と連絡があり、有給休暇を取ったという。
松嶋警視は沼津署副署長や細江署長、主任監察官などを経て、10年3月に磐田署長に就任した。
(2012年03月03日 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
磐田署、不祥事報告せず

磐田署に所属する少なくとも3人の警察官が2010年、盗撮や窃盗事件を起こした疑いがあるのに、同署が県警本部に報告していなかったことが2日、県警への取材でわかった。県警監察課は、同署が不祥事を隠蔽しようとした可能性もあるとみて、関係者から事情を聴いている。県警は同日付で松嶋勝己署長(57)を警務部付とする人事異動を発表し、事実上更迭した。
監察課によると、2月下旬、同課に情報提供があって事態を把握。松嶋署長を含む関係者数人から事情を聴いているが、詳しい調査内容については「確認中で話せない」としている。
県警関係者によると、不祥事を起こした疑いがあるのは、少なくとも3人。3人は同署の交番などに勤務しており、管内のパチンコ店でビデオカメラを使って盗撮をしたり、同署の独身寮内で他人のテレビを盗んだり、寮費を横領したりした疑いがあるという。うち1人は警部補だった。
いずれも被害届は出ておらず、3人は発覚後、「一身上の都合」として依願退職している。監察課は、他の署員に不祥事がなかったか慎重に調査している。
県警の内規では、署員が処分に該当する不祥事を起こした場合、署長が監察課などに報告する義務があることから、事実関係を確認できた場合、松嶋署長の処分を検討する。
県警の岩崎敏警務部長は記者団に、松嶋署長の異動理由について、「不適正な事情を把握したこともあり、職務を続けるのは好ましくない」と説明した。
(2012年3月3日 読売新聞)

----------------------------------------------------------
磐田署長を事実上更迭 不祥事隠蔽疑惑 静岡

県警は2日、同日付で松嶋勝己磐田署長(57)を警務部付とする人事異動を内示発令したと発表した。内示と発令が同一日なのは異例で、事実上の更迭とみられる。磐田署の3人の元署員が平成22年に盗撮、窃盗などの事件を起こしていたにもかかわらず、県警本部に報告しないなど事実を隠蔽し、3人を「一身上の都合」として依願退職させた疑いが持たれている。
同日、岩崎敏警務部長は取材に応じ、「新聞報道されたことや調査の結果、不適切な事情が把握されつつあることを総合的に考え、署長として業務を続けるのが好ましくないと判断した」と述べた。
今年2月下旬に県警監察課に磐田署員らが通報する形で発覚。磐田署長は、自ら指示して隠蔽工作を図った可能性が高い。3人は、パチンコ店内での盗撮や、同僚から現金を盗むなどしたとみられる。被害者との話し合いによる解決が済まないまま、事件をうやむやにしたもよう。
同署長の後任は、まだ決定しておらず、当面は副署長が署長業務を代理で行う。
一方で関係者は、平成22年当時、磐田署だけでなく、県内の交番や駐在所を管轄する県警本部地域課の一部幹部も、事実を把握していながら黙認していた可能性があると指摘している。
今後、新たな再発防止策を迫られることは必至だ。
(2012.3.3 02:05 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
静岡県警:磐田署員の窃盗事件を隠蔽か 署長を異動

静岡県警磐田署員の窃盗事件などを立件せず隠蔽(いんぺい)したとの情報があるとして、県警は2日、松嶋勝己署長(57)を警務部付に異動する人事を発令した。県警によると、監察課に2月「磐田署員3人が窃盗などをしたが、署長が県警本部に報告しないまま依願退職させた」との指摘があった。
同課は、窃盗などの事件の有無▽署長が指示した内容▽捜査が適正に行われたかどうか--などを調べている。岩崎敏警務部長は異動の理由を「調査によって不適正な事情が確認されたため」と説明。指摘された3人は逮捕や書類送検などをされていない。【平塚雄太】
(2012年3月2日 20時31分/最終更新 3月2日 20時52分 毎日新聞

----------------------------------------------------------
警官不祥事、署長報告せず=処分なく退職、静岡県警調査

静岡県警磐田署で不祥事があったにもかかわらず、署長(57)が県警本部に報告せず隠蔽(いんぺい)した疑いがあるとして、県警監察課が調査していることが2日、県警関係者への取材で分かった。署長は同日付で警務部付に異動となり、県警幹部は「調査の中で不適正な事情が把握できたため」と説明している。
県警関係者によると、2010年に同署の警察官3人が盗撮や窃盗などの不祥事を起こした疑いがあり、同課が調査。3人は処分を受けずに依願退職しており、署長は県警本部に報告していなかった。
(2012/03/02-19:12 時事通信)

----------------------------------------------------------
磐田署長、不祥事隠ぺいか 署員3人の窃盗容疑など

磐田署の警察官3人が2010年から11年春にかけて盗撮や窃盗事件などを起こした疑いがあるとして、県警監察課が調査に乗り出したことが2日、関係者への取材で分かった。監察課は署長(57)が県警本部に事実関係を報告しないまま3人を依願退職させることで、隠ぺいを図った可能性もあるとみて調べる。県警は同日付で、署長を警務部付とする人事異動を発令した。
(2012/03/02 18:42 【静岡新聞47NEWS)

----------------------------------------------------------
警察署員の盗撮や窃盗、署長が監察課に報告せず

静岡県警磐田署の署員数人が2010年、盗撮や窃盗事件などを起こした疑いがあるのに、松嶋勝己署長が県警本部に報告していなかったことが2日、県警への取材でわかった。
県警は同日付で松嶋署長を警務部付とする人事異動を内示した。県警監察課は松嶋署長が不祥事を隠蔽しようとした可能性もあるとみて事実確認を進めている。事実が確認されれば処分についても検討するという。
県警は内規で、署員が処分に該当する不祥事を起こした場合、署長は監察課に報告する義務があると定めている。事件を起こした疑いのある署員の一部はすでに依願退職したという。
(2012年3月2日17時26分 読売新聞)

----------------------------------------------------------
静岡県警磐田署員が盗撮、窃盗 署長自ら隠蔽工作か

静岡県警磐田署の3人の署員が平成22年に、盗撮や窃盗事件などを起こしていたことが、関係者への取材で分かった。事件発覚後、磐田署は事実を報告せず、署員を同年に「一身上の都合」として依願退職させていたという。現在、県警監察課で事実確認しているもようだが、事実の隠蔽を図った疑いもあるとみて、磐田署長を処分する方向で調整しているとみられる。
関係者によると、今年2月下旬、県警監察課に対して磐田署員から通報があり、事実が発覚。磐田署長自らが隠蔽工作に加担していたとみられ、県内の交番や駐在所を管轄する県警地域課も事実を把握していた可能性もあり、県警本部が関与した疑いもある。
21年3月通達の警察庁の「懲戒処分の指針」は、(1)のぞきをし、または下着などを盗撮する(2)万引をする-ことについて「停職または減給」と定めている。また、管理監督上の行為として、「部下職員の規律違反行為を認識していたにもかかわらず、隠蔽するなどした場合は、職務遂行上の行為としてその責任を問うこともあり得る」と明記。今回の事案は、この指針に該当するとみられ、万引、盗撮、隠蔽行為のいずれも処分対象となっている。
(2012.3.2 09:41 MSN産経ニュース)
これまでも都合の悪い真実を隠蔽し、なかったことにしてきたテレビメディアは今回も足並み揃えて黙殺した。ここ数日TVメディアが挙って大々的に取り上げたのは、『オセロ・中島知子を占い師が洗脳』や『リスクの皆無な簡単手術に対し、世界最高水準の医師が参加し天皇陛下の心臓手術が無事成功』だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック