札幌高検事務官&道警本部巡査長が淫行タッグ

北海道警は20代の札幌高検事務官が道警本部留置管理課巡査長の実家で17歳と知りながらいかがわしい行為。少女を呼び出し部屋を提供した巡査長を停職6カ月にしたが実名公表しなかった。画像
画像



札幌高検の事務官と道警巡査長 17歳少女への淫行で“タッグ”

北海道警は28日、ともに20代の札幌高検の男性事務官と道警本部留置管理課の男性巡査長を道青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検したと明らかにした。書類送検は14日。
書類送検容疑は昨年10月14日夜から15日朝、札幌市近郊の巡査長の実家で、事務官は17歳と知りながら少女といかがわしい行為をし、巡査長は部屋を使わせた疑い。
道警は28日、巡査長を停職6カ月の懲戒処分とした。巡査長は辞職の意向を示しているという。高検も近く事務官の処分を決める。
道警によると、2人は高校の同級生。巡査長の実家で飲酒した際、少女を呼び出したという。
札幌高検の西浦久子次席検事は「重く受け止めている」とのコメントを出した。
(2012年3月28日 18:30 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
淫行容疑で高検事務官を書類送検=場所提供の巡査長も-北海道警

札幌高検の20代の男性事務官が18歳未満の少女とみだらな行為をしたとして、北海道警が道青少年健全育成条例違反(淫行)容疑で書類送検していたことが28日、道警への取材で分かった。道警は事務官に部屋を提供したとして、道警本部に勤務する20代の男性巡査長も同条例違反(場所の提供)容疑で書類送検、停職6カ月の懲戒処分とした。2人は容疑を認めているという。
道警によると、事務官は昨年10月14日夜から15日にかけ、札幌市近郊の巡査長の実家で、巡査長の知人女性の友人で当時17歳の少女といかがわしい行為をしたとされる。
事務官と巡査長は高校の同級生で、14日夜は知人女性らと酒を飲んでいた。巡査長は辞職する意向という。
(2012/03/28-19:41時事通信)

----------------------------------------------------------
<書類送検>札幌高検事務官が淫行容疑 警官は場所提供容疑

札幌高検の20代の男性事務官が少女といかがわしい行為をしたとして、北海道警が道青少年健全育成条例違反(淫行=いんこう)容疑で札幌地検に今月、書類送検していたことが捜査関係者への取材で分かった。2人が会った場所は、事務官の友人で道警本部に所属する20代の男性巡査長が提供しており、道警はこの巡査長も同条例違反(淫行場所提供)容疑で書類送検した。
捜査関係者などによると、事務官は昨年末ごろ、札幌市近郊にある巡査長の実家に宿泊した際、18歳未満の少女といかがわしい行為をした疑いがもたれている。事務官は巡査長と旧知の仲で、少女とも知り合いだった。当時、巡査長と別の少女も家の中にいたという。
事務官の容疑はこの少女が関係する別事件の捜査中に発覚した。札幌高検は札幌地検の捜査結果を踏まえ、事務官の処分を決める方針だ。
道警も近く巡査長を懲戒処分する。同条例は18歳未満に対する淫行の場所を提供することも禁じ、30万円以下の罰金が科せられる。場所提供での立件は異例だが、道警は警察官が違法行為に関与した疑いを重く見て、刑事処分が必要と判断した。【伊藤直孝、坂井友子】
(毎日新聞 3月28日(水)15時1分配信)

----------------------------------------------------------
検察事務官淫行の疑い 道警巡査長が場所提供

札幌高検の男性事務官(29)と道警留置管理課の男性巡査長(29)が18歳未満の少女にいかがわしい行為をしたなどとして、道警は28日までに、道青少年健全育成条例違反(淫行など)の疑いで2人を書類送検した。道警は巡査長を停職6カ月の懲戒処分とし、札幌高検も事務官の処分を検討している。巡査長は29日付で辞職する。
事務官の送検容疑は昨年10月、札幌近郊の巡査長の実家で、巡査長の知人の女子高校生(17)にいかがわしい行為をした疑い。巡査長は淫行の場所を提供するなどした疑い。<北海道新聞3月29日朝刊掲載>
(2012/03/29 10:44【北海道新聞】03/29 13:20 47NEWS)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック