岡山県警警部補が元組長に頼み部下の車破壊

岡山県警通信指令課の小寺誠一警部補が捜査担当して知人になった元暴力団組長に、部下の女性警察官への嫌がらせを依頼。元組長に指示された暴力団関係者が車を破壊した。
画像




女性警官の車損壊の警部補、元組長と交際30年

岡山県警警部補・小寺誠一容疑者(52)(器物損壊容疑などで逮捕)が、知人の元暴力団組長・笠原忠行被告(52)(同、別の銃刀法違反などで起訴)に依頼し、薬剤をかけて部下の女性警察官宅の車を損壊したとされる事件で、小寺容疑者が県警の調べに、「笠原被告とは約30年前、暴力団捜査を担当している時に知り合った」と供述していることがわかった。
2人はその後も頻繁に連絡を取り合っていたといい、県警は2人の関係を詳しく調べる。
県警の発表や捜査関係者によると、小寺容疑者は1984年10月から3年間、児島署刑事課に在籍し、暴力団捜査を担当。笠原被告とはこの当時の捜査を通じて知り合ったという。
小寺容疑者が暴力団捜査を担当したのはこの頃だけだったが、県警が2人の携帯電話の履歴を調べたところ、最近まで互いによく電話を掛けていたことが判明。県警は2人が交際を続けていたとみており、小寺容疑者側から不正な便宜供与などがなかったか、確認を進める。
(2012年4月8日09時41分 読売新聞

----------------------------------------------------------
逮捕の警部補、元組長と親密交際か

元暴力団組長に頼み同僚に嫌がらせをしたとして、器物損壊容疑などで逮捕された県警通信指令課警部補の小寺誠一(52)=浅口市鴨方町小坂西=と、共犯の指定暴力団山口組系元組長の笠原忠行(52)=倉敷市大畠=の両容疑者が携帯電話で再三通話していたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。県警監察課は2人が親密に交際していたとみて、金品や捜査情報のやりとりがなかったかについても調べる。
これまでの調べでは、笠原容疑者は今年1月、覚せい剤を密売目的で所持したとして倉敷市で逮捕された。県警が携帯電話の通話履歴を調べると、少なくとも過去数カ月で小寺容疑者との間で複数回あった。今回発覚した同僚への嫌がらせ行為は2009年に起きており、2人はその後も連絡を取り合っていたとみられる。
2人の逮捕容疑は共謀し09年10月の深夜、岡山市の女性警察官(36)方で車に薬剤をまいた疑い。小寺容疑者は同じ通信指令課にいたこの女性の言動に腹を立てていたといい、笠原容疑者は「自分が指示して若い衆にやらせた」と供述。小寺容疑者は犯行を持ち掛けた際「家は今度詳しく教えるから」と話し、その後、実行犯の組関係者(40)と一緒に車で下見したという。
(2012/4/8 8:07‎ 山陽新聞)

----------------------------------------------------------
元暴力団組長に依頼 警官の車損傷容疑 岡山県警警部補ら逮捕

元暴力団組長に依頼して同僚女性警察官宅の車に傷をつけさせたとして、岡山県警は6日、器物損壊容疑などで、県警通信指令課警部補の小寺誠一容疑者(52)=岡山県浅口市=と、元山口組系暴力団組長の無職、笠原忠行容疑者(52)=同県倉敷市=を逮捕した。2人は容疑を認め、小寺容疑者は「(同僚女性の)言動に腹を立てた」と供述している。
逮捕容疑は、平成21年10月、岡山市内にある同僚女性(36)宅に止めていた夫の男性警察官(46)所有の軽乗用車に、笠原容疑者に指示された暴力団関係者の男らが剥離剤をかけ塗装をはがすなどしたとしている。
県警によると、小寺容疑者は暴力団捜査を担当していた昭和59年ごろに笠原容疑者と知り合い、懇意になっていたとみられる。犯行当時は同僚女性も小寺容疑者と同じ通信指令課で勤務していた。
(2012.4.8 02:07‎ MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
警部補が元組長と共謀して女性部下に嫌がらせ‎

岡山県警の警部補が知人の元暴力団組長と共謀し、部下だった女性警察官の車を傷つけたとして逮捕されました。
画像
画像
器物損壊などの疑いで逮捕されたのは、岡山県警通信指令課の警部補・小寺誠一容疑者(52)と元暴力団組長・笠原忠行容疑者(52)です。警察の調べによりますと、2人は2009年、暴力団関係者の男2人に指示し、小寺容疑者の当時部下だった女性警察官の自宅にあった車に薬剤をかけ、塗装を剥がした疑いです。
画像
画像
小寺容疑者が、「女性警察官の態度に腹が立っている」と笠原容疑者に話したことが事件のきっかけでした。小寺容疑者は以前、暴力団対策を担当していた際、笠原容疑者と知り合いました。2人は容疑を認めていて、警察では2人の関係についてさらに詳しく調べています。
(04/07 11:30 テレビ朝日)

----------------------------------------------------------
元同僚の車傷つけた疑い 警部補逮捕
画像
岡山県警察本部の警部補が、知り合いの元暴力団組長に依頼して、同僚だった女性警察官の車に傷をつけたとして、元組長とともに器物損壊などの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、岡山県警通信指令課の警部補、小寺誠一容疑者(52)と、元暴力団組長で倉敷市の無職、笠原忠行容疑者(52)です。
警察によりますと、小寺警部補は3年前、笠原元組長に依頼して、同僚だった女性警察官が自宅に止めていた車に、塗装を剥がす液体をかけて傷をつけたとして、器物損壊などの疑いが持たれています。
警察によりますと、小寺警部補は、笠原元組長と20年以上前に仕事を通じて知り合い、事件の前に、笠原元組長から実行役として紹介された男を、被害者の自宅まで案内していたということです。
警察は、今月4日に小寺警部補の自宅を捜索するなど、調べを進めてきましたが、容疑が固まったとして、6日夜、逮捕しました。
警察によりますと、小寺警部補は容疑を認めているということで、警察は事件のいきさつや動機について調べることにしています。
(4月7日 0時25分 NHK)

----------------------------------------------------------
警官、元組長を使い部下の女性警官いやがらせ

知人の元暴力団組長に頼んで女性警察官の車に薬剤をかけ塗装を剥がすなどしたとして、岡山県警は6日、県警通信指令課の警部補・小寺誠一容疑者(52)(岡山県浅口市鴨方町小坂西)を住居侵入と器物損壊の容疑で緊急逮捕し、共犯として元組長で無職の笠原忠行被告(52)(同県倉敷市大畠、銃刀法違反などで起訴)を両容疑で逮捕した。
発表によると、小寺容疑者は笠原被告らと共謀し、笠原被告の知人の男に指示して2009年10月9日から12日頃までの間の深夜、岡山市内の女性警察官(36)宅の駐車場で、軽乗用車に剥離剤や消火器の消火剤をかけさせた疑い。
県警は、外部からの情報で、4日から小寺容疑者を取り調べ、6日になって容疑を認めた。女性警察官は当時、小寺容疑者の部下。小寺容疑者は「女性警察官の日頃の言動に腹を立てていることを笠原被告に漏らすと、『それなら、やってやればいい』と言われた」、笠原被告は「若い衆にやらせた」と供述しているという。
小寺容疑者は、児島署刑事課に在籍していた1984年から3年間、暴力団の捜査を担当していた。
原信造・県警本部長は「警察官によるこのような犯罪は極めて遺憾であり、県民の皆様に深くおわび申し上げます」とするコメントを出した。
(2012年4月6日23時53分 読売新聞

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック