長野県警巡査長が捜査帰り胸つかむ

長野県警千曲警察署・生活安全課の河原裕介巡査長が駐車場で女性の車に乗り込み、口を押さえて胸を触るなどした上、打撲などのけがを負わせた。河原巡査長は非番返上で事件捜査のため出勤、帰宅途中の強制わいせつだった。
画像



千曲署の巡査長を逮捕 強制わいせつ致傷容疑
画像
千曲署巡査長の強制わいせつ致傷容疑による逮捕について会見し、謝罪する臼田勝信・県警首席監察官(左)ら=17日、県庁

長野市の駐車場で女性にわいせつな行為をしてけがを負わせたとして、長野南署は17日、強制わいせつ致傷の疑いで千曲署生活安全課の巡査長、河原裕介容疑者(34)=長野市若穂牛島=を逮捕した。県警監察課によると、容疑を認めている。県警の現職警官の逮捕は、千曲署戸倉・上山田交番の巡査部長を盗みの疑いで逮捕した2009年11月以来になる。
逮捕容疑は、7日午後9時50分すぎ、長野市篠ノ井の駐車場で、帰宅しようとしていた北信地方の20代の会社員女性が止めていた乗用車に運転席側から乗り込み、女性の口を押さえて胸をつかむなどして、胸に約2週間の打撲を負わせるなどした疑い。
同課によると、河原容疑者は女性と面識はなかった。女性がクラクションを鳴らして助けを求めたため、同容疑者は近くに止めていた自分の乗用車で逃走。女性の知人が、普段見慣れない不審な車として同容疑者の乗用車のナンバーを控えており、警察に伝えたため逮捕につながった。
河原容疑者は06年10月に県警に採用され、翌年3月に千曲署に配属。交番や留置場の勤務を経て、昨年3月から生活安全課で少年事件などの捜査に携わった。事件当日は非番だったが、事件捜査のため休日出勤して午前9時から午後8時ごろまで勤務し、その後に犯行に及んだという。
千曲署によると、同容疑者は16日まで勤務しており、変わった様子はなかったという。
県警の臼田勝信・首席監察官らは17日、現職警官の逮捕を受けて県庁で記者会見。「県民の安全安心を守る立場の警察官がこのような事件を起こし、誠に遺憾で、深くおわび申し上げる」と謝罪。「今後の捜査を待って厳正に処分し、再発防止に努めていく」と述べた。
河原容疑者が強制わいせつ致傷の罪で起訴された場合、裁判員裁判対象事件で、現職警官が裁判員裁判の被告となれば、県内では初めてとなる。群馬県ではことし3月、高崎市の路上で女子大生を押し倒してわいせつな行為をし軽傷を負わせたとして、群馬県警高崎署勤務の巡査が強制わいせつ致傷容疑で逮捕、同罪で起訴されている。
(04月18日(水) 信濃毎日新聞)

----------------------------------------------------------
画像
画像
画像
画像
(2012.4/18 やじうまテレビ!)

----------------------------------------------------------
強制わいせつ傷害容疑で巡査長を逮捕

駐車中の女性の車に乗り込み、わいせつな行為をした上、けがをさせたとして長野県警の34歳の警察官が逮捕されました。
強制わいせつ傷害の疑いで逮捕されたのは、千曲警察署・生活安全課の巡査長、河原裕介容疑者(34)です。
長野県警によりますと、河原容疑者は今月7日の午後10時頃、長野市の駐車場で25歳の女性会社員の車に乗り込み、口を押さえて胸を触るなどした上、打撲など2週間のけがを負わせた疑いです。
女性がクラクションを鳴らしたため現場から逃走しましたが、車のナンバーから割り出されたもので河原容疑者は容疑を認めているということです。
県警は「深くおわびしたい。事実確認のうえ、厳正な処分を検討する」としています。
(17日21:13 TBS News)

----------------------------------------------------------
警官不祥事:乗用車で女性胸つかんだ長野県警巡査長を逮捕

わいせつ目的で駐車中の車に乗り込んで女性会社員(25)に軽傷を負わせたとして、長野県警は17日、同県警千曲署生活安全課巡査長、河原裕介容疑者(34)=長野市若穂牛島=を強制わいせつ傷害容疑で逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は7日午後9時50分ごろ、長野市篠ノ井の駐車場で女性の乗用車に突然乗り込み、胸をつかむなどして打撲などの軽傷を負わせたとしている。
県警によると、女性が車の警笛を鳴らしたため、河原容疑者は逃げ出し、近くに止めた自分の車で逃走。近くにいた女性の知人が車を目撃し、河原容疑者が浮上した。当時、河原容疑者は午後8時に勤務を終えて私有車で帰宅途中で、飲酒などはしていなかった。女性と面識はなかったという。【福富智】
(2012年04月17日 20時46分/最終更新 04月17日 20時54分 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
わいせつ致傷容疑で巡査長逮捕=車に乗り込み胸つかむ-長野県警

駐車中の女性の車に乗り込み、わいせつな行為をしてけがをさせたとして、長野県警は17日、強制わいせつ致傷容疑で、県警千曲署巡査長の河原裕介容疑者(34)=長野市若穂牛島=を逮捕した。県警によると、容疑を認めているという。
逮捕容疑は7日午後9時50分ごろ、長野市篠ノ井地区の駐車場に止めていた女性会社員(25)の乗用車のドアを開けて乗り込み、女性の口を押さえた上、胸をつかむなどして、約2週間の打撲傷などを負わせた疑い。
県警監察課によると、河原容疑者は当時、勤務明けだった。2人に面識はなく、現場付近で不審な車を見たという目撃情報から同容疑者が浮上したという。
(2012/04/17-20:34 時事通信)

----------------------------------------------------------
非番返上で捜査の帰り、女性の胸つかんだ巡査長

長野県警長野南署は17日、千曲署生活安全課の巡査長、河原裕介容疑者(34)(長野市若穂牛島)を強制わいせつ致傷容疑で逮捕した。
発表によると、河原容疑者は7日午後9時50分頃、長野市の駐車場で駐車していた乗用車の運転席に乗り込み、運転席にいた女性会社員(25)の口を押さえて胸をつかむなどのわいせつな行為をして、胸などに約2週間のけがを負わせた疑い。容疑を認めているという。
河原容疑者は少年事件などを担当。7日は非番だったが、事件捜査のため出勤し、帰宅途中だったという。河原容疑者は女性が抵抗したために車で逃走、近くにいた女性の知人が車を目撃し、河原容疑者が浮上した。女性とは面識はなかった。
県警監察課の臼田勝信・首席監察官は「県民の安全安心を守るべき警察官がこのような事件を起こしたことは誠に遺憾で、深くおわび申し上げる」とのコメントを出した。
(2012年4月17日20時18分 読売新聞)

----------------------------------------------------------
長野県警巡査長を逮捕 強制わいせつ致傷容疑

長野南署は17日、乗用車の運転席に乗り込んで女性の胸をつかみ、けがを負わせたとして、強制わいせつ致傷の疑いで、千曲署生活安全課の巡査長河原裕介容疑者(34)=長野市=を逮捕した。
逮捕容疑は、7日午後9時50分ごろ、勤務を終えて帰宅途中、長野市内の駐車場で女性会社員(25)の車の運転席に乗り込み、口を押さえて胸をつかむなどし、約2週間のけがを負わせた疑い。
県警によると、女性がクラクションを鳴らしたため付近に止めていた自分の乗用車で逃走。女性の知人男性が車のナンバーを目撃し、河原容疑者が浮上した。(共同)
(2012年4月17日 20時02分 東京新聞)

----------------------------------------------------------
生活安全課に勤務…長野県警巡査長が強制わいせつ致傷

長野南署は17日、乗用車の運転席に乗り込んで女性の胸をつかみ、けがを負わせたとして、強制わいせつ致傷の疑いで、千曲署生活安全課の巡査長(34)を逮捕した。
逮捕容疑は、7日午後9時50分ごろ、勤務を終えて帰宅途中、長野市内の駐車場で女性会社員(25)の車の運転席に乗り込み、口を押さえて胸をつかむなどし、約2週間のけがを負わせた疑い。
県警によると、女性がクラクションを鳴らしたため付近に止めていた自分の乗用車で逃走。女性の知人男性が車のナンバーを目撃し、巡査長が浮上した。
県警の臼田勝信首席監察官は「誠に遺憾。今後の捜査を待って厳正に処分し、再発防止に努めたい」とした。
(2012年4月17日 19:51 スポーツニッポン)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック