群馬県警の警官、部下にセクハラ

群馬県警の巡査部長(50)が20歳代女性巡査の尻をたたくなどのセクハラやパワハラを行ったとして、減給6か月(10分の1)の処分になった。
画像




わいせつ内容身ぶりで示せ…警官が女性部下に

群馬県警は28日、20歳代の女性巡査にセクハラやパワハラを行ったとして、男性巡査部長(50)を減給6か月(10分の1)の懲戒処分にした。
発表によると、巡査部長は県中央部の署に勤務していた2010年10月から今年1月にかけて、部下の巡査に対し、勤務中の車内で「彼氏の名前は」などと質問した。これを不快に思った巡査が避けるようになると、他の署員がいる前で、「お前なんか俺がいじめれば、半年で辞めさせられる」などと罵倒(ばとう)するなどした。
そのほかにも、押収されたわいせつなDVDの目録作りを巡査が手伝った際には、内容の説明を求めたり、「言葉に出来なければ、身ぶり手ぶりで示せ」と迫ったりしたとしている。
(2012年3月28日22時49分 読売新聞‎)

----------------------------------------------------------
わいせつDVD「身ぶりで示せ」 警官、部下にセクハラ

20代の部下の女性警察官に約1年3カ月にわたってセクハラやパワハラをしたとして、群馬県警は28日、警察署留置管理課の男性巡査部長(50)を減給(10分の1)6カ月の懲戒処分とし、発表した。
監察官室によると、こうした行為があったのは、巡査部長が別の署の地域課で勤務していた2010年10月~今年1月。事件捜査で押収したわいせつDVDの目録を作成するよう指示した際、「内容を身ぶり手ぶりで示せ」と命じたり、署内ですれ違いざまに尻を3回ほどたたいたりしたという。
女性警察官は新人だった。配属直後に車の中で2人になった際、巡査部長が「彼氏の名前は。どこに住んでいるのか」と聞いたため、女性警察官は嫌悪感を抱いて距離を置くようになった。すると、巡査部長は同僚がいる前で「生意気だ。辞めさせる」などと怒鳴ることもあったという。
(2012年3月28日19時38分 朝日新聞)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック