フジ系AD女の殺害依頼を暴力団が警察通報

日頃から警察が不快になる情報公開は自主規制するテレビ各局だが、殺害依頼を暴力団が警察通報。暴力団も警察に媚る従属組織に過ぎないことが露呈した。

アラサー女子殺害のお値段は100万円。暴力団に依頼して逮捕  

1週間以内に、この女を殺して
元同僚の殺害を暴力団に依頼した、熊本県熊本市の派遣社員・田代香織容疑者(34)が6月19日、暴力行為等処罰法違反(集団的犯罪等の請託)で逮捕された。
熊本県警熊本東署によると、田代容疑者は5月、福岡県内の暴力団事務所に、元同僚の女性(35)を殺害すれば成功報酬として100万円を支払うという内容の手紙を郵送し、殺人を依頼した。
田代容疑者は、インターネットで暴力団事務所の住所を調べて手紙を送ったという。手紙には元同僚の写真が同封されており、1週間以内に殺害してほしいと要求していた。
この手紙を受け取った暴力団組員が、福岡県警に届け出て事件が発覚。元同僚の女性に心当たりを尋ねたところ、田代容疑者の名前が浮上した。
画像

ツッコミどころがありすぎる事件
何の面識もない暴力団に手紙で殺人を依頼するという、なんとも背筋の寒くなるニュースに、インターネットでも騒然となった。

全てがインパクトある……どうなってるの…
「あなたに殺意を抱いている人に心当たりは」って聞かれるのも嫌だし、心当たりがあるっていうのも嫌だな。
ヒト殺すのに100万ぽっちで動くかよw
いろいろ突っ込みどころのある怖い事件だ
怖すぎる女やなぁ。。。
などのコメントがTwitterに寄せられている
(2012年6月21日 13:00 アラサーマン)

----------------------------------------------------------
フジテレビ系列元AD女性、暴力団に元同僚殺人依頼で逮捕

「元同僚を100万円で始末してほしい」との文書を暴力団に送り、殺害を依頼したとして、フジテレビ系列局の元AD(アシスタントディレクター)の女性が福岡県警に逮捕されたと、20日夕方のに報道・情報番組『news every.』(日本テレビ系、月~木・午後4時53分~、金曜・午後5時~)で報じられた。
同番組によると、暴力行為法違反の疑いで、福岡県警に逮捕されたのは、「フジテレビ」系列の「テレビ熊本」で番組制作のADとして働いていた熊本市東区の派遣社員・田代香織容疑者(34)。
田代容疑者は、福岡県内の暴力団に、元同僚の女性(35)を1週間以内に殺害するよう依頼する文書を郵送した疑いが持たれている。先月1日、郵便を受け取った暴力団の組員が、福岡県警に届けて発覚した。
文書には女性の写真が添えられ、成功報酬として100万円を支払うことなどが書かれていて、田代容疑者は「女性を殺してもらうつもりだった」と容疑を認めているという。
(21時52分 芸能ニュースラウンジ)

----------------------------------------------------------
暴力団に「元同僚を始末して」 殺害依頼容疑で女を逮捕

暴力団に元同僚の殺害を依頼する封書を送ったとして、熊本県警熊本東署は19日、熊本市東区長嶺西1丁目、テレビ熊本の関連会社「TKUヒューマン」派遣社員の田代香織容疑者(34)を暴力行為等処罰法違反(集団的犯罪等の請託)容疑で逮捕し、発表した。「暴力団の事務所の場所をインターネットで調べて封書を送った」と、容疑を認めているという。
発表によると、田代容疑者は熊本市内に住む元同僚の女性(35)の殺害を依頼しようと、5月1日ごろ、福岡県内の複数の指定暴力団事務所に「1週間以内に始末してください。成功報酬は100万円」などと書いた紙と元同僚の顔写真などを入れた封書を郵送した疑いがある。
受け取った暴力団がその日のうちに近くの警察署へ届け出て、発覚した。
(2012年6月20日20時14分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
暴力団に殺害を依頼した女を逮捕(熊本県)

元同僚の殺害を依頼したとして、熊本市の派遣社員田代香織容疑者(34)が逮捕された。福岡県内の暴力団に文書を郵送したが、組員が警察に届けて発覚したという。文書には女性の写真が添えられ、報酬として100万円を払うことなどが書かれていたという。
(6/20 17:29 熊本県民テレビ/ 日テレNEWS24)

----------------------------------------------------------
暴力団が警察に相談 元同僚を殺害依頼の女逮捕

「一週間以内に始末してください」と暴力団に依頼していました。
暴力団に元同僚の殺害を依頼したとして逮捕されたのは、熊本市東区の派遣社員・田代香織容疑者(34)です。警察によると、田代容疑者は先月、福岡の暴力団事務所に成功報酬として100万円を支払う代わりに、元同僚の女性(35)を「一週間以内に始末してください」と書いた文書を送った疑いです。文書と一緒に女性の写真も送っていました。暴力団事務所が警察に相談したことで事件が発覚しました。
(06/20 16:36 テレビ朝日)

----------------------------------------------------------
暴力団に元同僚の殺害依頼、派遣社員を逮捕(福岡県)
画像
「元同僚を100万円で始末してほしい」との文書を暴力団に送り、殺害を依頼したとして、福岡県警は、暴力行為法違反の疑いで熊本市東区の派遣社員・田代香織容疑者(34)を逮捕した。 田代容疑者は先月1日頃、福岡県内の暴力団に、会社の元同僚の女性(35)を1週間以内に殺害するよう依頼する文書を郵送した疑いが持たれている。暴力団の関係者が福岡県警に届けて発覚した。文書には女性の写真が添えられ、成功報酬として100万円を支払うことなどが書かれていたという。 田代容疑者は「暴力団事務所の住所はインターネットで調べた。女性を殺してもらうつもりだった」と話しているということで、警察が動機を調べている。
(6/20 15:38 日テレNEWS24)

----------------------------------------------------------
田代香織容疑者⇒暴力団に殺害依頼⇒暴力団「お巡りさ~ん」

画像
ふくらはぎ辺りの筋肉が緊張によりこわばってしまう。そんな空気の張り詰めた修羅場になればなるほど、男よりも女の方が度胸が据わっているというのは強ち間違いではないようだ。
インターネットで暴力団事務所の場所を調べ上げ、元同僚の女性を殺してほしいとターゲットの写真を添えた1通の手紙を送りつけ殺害依頼をしたとして、暴力行為等処罰法違反容疑で派遣社員・田代香織容疑者(34)が逮捕されたという。
実行は1週間以内。成功報酬は100万円。泣く子も黙る暴力団も女の私怨にはホトホト閉口してしまったのか、警察に届け出たという。さすがに今回ばかりはどちらに常識があったかは言うまでもなさそうだ。

【記事:猫またぎ】(情報提供:日刊テラフォー)(画像はイメージです。)
(【コラム】 2012/06/20(水) 14:01 サーチナニュース)

----------------------------------------------------------
画像
画像
(2012年6月20日13時41分 日テレNEWS)

----------------------------------------------------------
組員が警察に通報…暴力団に女性殺害依頼した女

熊本県警熊本東署は19日、熊本市東区長嶺西1、派遣社員田代香織容疑者(34)を暴力行為等処罰法違反(集団的犯罪等の請託)容疑で逮捕した。
発表によると、田代容疑者は5月1日頃、福岡県内の暴力団事務所に、元同僚の女性(35)を殺害すれば成功報酬として100万円を渡すという内容の手紙を郵送した疑い。容疑を認め、「暴力団事務所の住所はインターネットで調べた」と供述しているという。手紙には女性の写真を同封し、1週間以内に実行するよう求めていた。
暴力団組員が福岡県警に届け出て発覚。同署が元同僚の女性に心当たりを尋ねたところ、田代容疑者が浮上した。
(2012年6月20日11時27分 読売新聞)

----------------------------------------------------------
殺害依頼:熊本の34歳女を逮捕 暴力団事務所に手紙郵送

熊本県警熊本東署は19日、暴力団事務所に元同僚の殺害を依頼したとして、熊本市東区長嶺西1、派遣社員、田代香織容疑者(34)を暴力行為法違反の疑いで逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は5月1日、福岡県内にある暴力団事務所に、元同僚女性(35)=熊本市=の殺害を依頼し、報酬として100万円を払う内容の手紙を送ったとしている。
同署によると、手紙には「1週間以内に始末してくれ」などの文言もあり、被害女性の写真も同封されていたという。
田代容疑者はインターネットで暴力団事務所を探し、手紙を郵送。手紙を受け取った暴力団側が福岡県警に届けて発覚した。田代容疑者と元同僚女性は約3年間、同じ派遣先に勤務していたといい、同署は殺害を依頼した動機を調べている。
(2012年06月19日 23時41分(最終更新 06月20日 09時13分 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
“マル暴”殺人依頼されたと警察に届ける!依頼女を逮捕

一般人から殺人を依頼された暴力団が警察に届けるという、なんとも不思議な事件だ。
熊本東署は19日、暴力団事務所に元同僚の女性の殺害を依頼する文書を送ったとして暴力行為法違反の疑いで、熊本市東区長嶺西1丁目、派遣社員、田代香織容疑者(34)を逮捕した。暴力団側が福岡県警に届け出て発覚したという。
同署によると、文書には「1週間以内に始末してください。100万円を支払います」と書かれており、田代容疑者は「文書を送ったのは間違いない」と容疑を認めている。田代容疑者は暴力団の組員と面識はなく、インターネットで住所を検索したという。
逮捕容疑は5月1日ごろ、福岡県内の暴力団事務所に熊本市の元同僚(35)の殺害を依頼する文書を郵送した疑い。熊本東署は元同僚と何らかのトラブルがあったとみて調べている。
(2012.06.20 ZAKZAK)

----------------------------------------------------------
ネットで検索殺人依頼 組員「迷惑」と、通報‎

暴力団に元同僚の殺害を文書で依頼したとして、熊本東署は19日、暴力行為法違反(集団的犯罪等の請託)容疑で、熊本市東区長嶺西1丁目、派遣社員田代香織容疑者(34)を逮捕した。同署によると、見ず知らずの人物から文書を受け取った暴力団組員が「迷惑」と感じ、福岡県警に届け出て発覚したという。
逮捕容疑は5月1日ごろ福岡県内の暴力団事務所に対し、派遣会社の元同僚女性(35)=熊本市=の殺害を依頼、その報酬として100万円を支払う、との内容の文書を郵送した疑い。田代容疑者は「暴力団事務所の住所はインターネットで調べた。依頼の手紙を送ったことは間違いない」と容疑を認めているという。
同署によると文書には、元同僚の実名とともに「(元同僚を)1週間以内に始末してください」と書かれており、元同僚の写真も同封してあったという。田代容疑者は、文書の中に自分の身元が分かる情報を一切書いていなかったが、警察が元同僚周辺を捜査し、田代容疑者が浮上したという。
=2012/06/20付 西日本新聞朝刊=
(2012年6月20日 01:36 西日本新聞)
女の殺害依頼を暴力団が通報したニュースをテレビで知りブラックジョークかと思えたが、TVメディアだけでなく暴力団も存続するため警察に諂う傘下と露呈。サーチナニュースの言う『常識人』なら「とっとと解散しろ!」とも思ったが、各記事を比較すると『ツッコミどころがありすぎる事件』と報じた“アラサーマン”ですら派遣社員とだけ報じて、女性がテレビ局員(身内)だった事には突っ込まなかった。




【関連:身内不祥事だけ黙殺】
児童ポルノ製造容疑で中日新聞社員の男逮捕(愛知県)
画像
少女のわいせつな写真を撮り、児童ポルノを製造した疑いで中日新聞の社員の男が逮捕された。逮捕されたのは、中日新聞技術局印刷部の佐藤潤一容疑者(30)。警察の調べによると、佐藤容疑者は去年9月下旬、静岡県富士宮市内で当時17歳の女子高校生の裸をビデオカメラで撮影し、児童ポルノを製造した疑いがもたれている。警察の調べに対し、佐藤容疑者は「若い女の子の写真を撮るのが好きで、おととしから撮っていた」と容疑を認めているという。
(5/16 20:32 中京テレビ 日テレNEWS24)

----------------------------------------------------------
児童ポルノ:中日新聞社員を逮捕 高校生の裸撮影の容疑

静岡県警静岡中央署は16日、中日新聞名古屋本社技術局印刷部社員、佐藤潤一容疑者(30)=名古屋市西区貝田町1=を児童買春禁止法違反(児童ポルノ製造)容疑で逮捕した。逮捕容疑は11年9月下旬、静岡県東部に住む当時17歳の女子高校生が18歳未満と知りながら、同県富士宮市内で上半身裸の写真を撮影したとしている。
同署によると、2人は写真モデルを募集するインターネットサイトを通じて知り合った。佐藤容疑者は容疑を認め、「一昨年から女性モデルの写真を撮影していた」と供述しているという。
中日新聞名古屋本社の荻野政博・技術局次長は「事実関係を確認の上、厳正に対処する」とのコメントを出した。【平塚雄太】
(2012年05月16日 19時10分/最終更新 05月16日 19時16分 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
中日新聞社員逮捕、女子高生の裸を撮影した疑い

静岡中央署は16日、名古屋市西区貝田町、中日新聞名古屋本社技術局印刷部社員佐藤潤一容疑者(30)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の疑いで逮捕した。
発表によると、佐藤容疑者は昨年9月下旬、静岡県富士宮市内の駐車場に止めた乗用車内で、インターネットの素人モデル紹介サイトを通じて知り合った女子高校生(当時17歳)の上半身の裸の静止画像をビデオカメラで数枚撮影した疑い。佐藤容疑者は容疑を認め、「若い女の子を撮るのが好きだった。一昨年ぐらいからやっていた」と供述しているという。同署幹部によると、佐藤容疑者は撮影代として、現金2万円を渡していた。
中日新聞名古屋本社技術局は「誠に遺憾。事実関係を確認の上、厳正に対処します」とのコメントを出した。
(2012年5月16日19時09分 読売新聞)

----------------------------------------------------------
中日新聞社員を逮捕

静岡中央署は16日、女子高生のわいせつな画像を撮影したとして児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、名古屋市西区、中日新聞社技術局印刷部社員佐藤潤一容疑者(30)を逮捕した。
逮捕容疑は2011年9月下旬、静岡県富士宮市の公園の駐車場に止めた車内で、県内に住む当時17歳の女子高生の上半身裸の静止画像をビデオカメラで撮影した疑い。
同署によると、「若い素人の女の子の写真を集めるのが好き。一昨年くらいからやっていた」と容疑を認めている。女子高生には撮影料として2万円を支払ったという。
中日新聞社は「社員が逮捕されたことは誠に遺憾です。事実関係を確認の上、厳正に対処します」とのコメントを発表した。(共同)
(2012年5月16日18時42分 日刊スポーツ)

----------------------------------------------------------
中日新聞社員を逮捕=女子高生の裸写真撮影容疑-静岡

女子高生のわいせつな写真を撮影したとして、静岡県警静岡中央署は16日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、中日新聞社技術局印刷部社員佐藤潤一容疑者(30)=名古屋市西区貝田町=を逮捕した。同署によると、「女の子の写真を撮るのが好きだった」などと話し、容疑を認めているという。
逮捕容疑は昨年9月下旬、静岡県富士宮市内で18歳未満であることを知りながら、17歳だった女子高生のわいせつな写真を撮影した疑い。
同署によると、佐藤容疑者は素人モデル募集のサイトで女子高生と知り合い、公園で写真撮影した後、同容疑者の乗用車内で上半身裸の写真など数枚を撮影。2万円を支払っていた。
(2012/05/16-18:01 時事通信)

----------------------------------------------------------
女子高生の裸を撮影 容疑の中日新聞社員逮捕 静岡

18歳未満の少女と知りながらカメラで裸の写真を撮影したとして、静岡県警静岡中央署は16日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで、名古屋市西区貝田町、中日新聞技術局印刷部の社員、佐藤潤一容疑者(30)を逮捕した。同署によると、佐藤容疑者は「18歳未満と知っていてみだらな写真を撮った」などと容疑を認めている。
逮捕容疑は、平成23年9月下旬、静岡県富士宮市内の公園近くの駐車場にとめたワゴン車内で、同県東部に住む、通信制高校の女子生徒=当時(17)=の裸の上半身をビデオカメラで撮影したとしている。
同署の調べでは、女子生徒は会員制のインターネット上で素人モデルとして登録されており、それを知った佐藤容疑者が連絡を取り、現金2万円を支払って撮影したという。今年に入り、「17歳の女性がみだらなモデルをやっている」との匿名の通報を同署が受け発覚した。

中日新聞社・荻野政博技術局次長のコメント
「社員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を確認の上、厳正に対処します」
(2012.5.16 16:31 MSN産経ニュース)
中日新聞は「誠に遺憾」とだけコメント。殆どのTVメディアが当時報じなかった。




【関連:監視ではなく従順】
警察の相次ぐ不祥事 「日本の劣化」の象徴か

オウム真理教元幹部の菊地直子容疑者(40)が相模原市の潜伏先で発見、逮捕された。警視庁が公開した菊地容疑者の写真に当時の面影はなく、逃げ続けた17年の疲れが表情に刻まれていた。
捜査の進展で、逃亡経緯は徐々に解明されつつある。その一方で気になったのは、近隣住民が昨年秋に「菊地容疑者に似ている人がいる」との情報を神奈川県警に寄せたという報道に対し、警察庁が間髪を入れずに情報の放置がなかったか調査するよう県警に指示したことだ。

警察庁の素早い対応の背景には、このところ全国各地で相次いでいる不祥事への危機感がある。
大阪府警では証拠品の吸い殻捏造(ねつぞう)が発覚。長崎県の2女性殺害事件の被害届先延ばしや署員の旅行問題では千葉県警本部長らが処分され、静岡県警警視が部下の不祥事隠しで懲戒免職になった。小学生ら10人が死傷した交通事故に絡み、京都府警が被害者情報を無断提供したことも批判を浴びた。
単純な気の緩みか、根深い組織の問題か。警察組織全体が脆弱(ぜいじゃく)化し、危機的状態にあると指摘する識者もいる。さらに言えば、不祥事の続発は、政治が混迷し、経済ではモノづくり大国の輝きが失われた「日本の劣化」を象徴する一つの出来事かもしれない。
少々唐突で恐縮だが、マヤ暦に基づき世界が滅びるとする「2012年人類滅亡説」が米国の研究者によって否定されるというニュースが先日流れた。個人的興味からマヤ文明の専門家で茨城大教授の青山和夫氏(49)に連絡を取ると、興味深い話をしていただいた。
青山氏も人類滅亡説は根拠がないと一蹴するが、こうした説が流布されるのは、成長に陰りが見える現代の社会不安を投影していると言う。人々の不安が作り出した幻影というわけだ。
独自の文字を作り、高度な暦、天文学を発展させたマヤ文明は100年、200年単位でゆっくりと衰退していった。「私たちは本当に忙しく毎日を生きており、目先しか見えず、政治家も政権を守ることしか考えない。マヤ文明を見つめることで、一体私たちがどのような状況に置かれているのか、衰退に差し掛かっているなら、それをどう超克するのか考えなくてはいけない」
警察不祥事の続発と日本の劣化が地続きになっていると考えるのが、単なる杞憂(きゆう)であるなら一番よいのだが。(副編集長 徳永潔)
(6月8日(金)10:50 産経新聞)
オウムの菊地直子が17年間逃亡生活後に逮捕された直後、テレビ各局はどんな罪で逃げていたかは殆ど報じず、『逃亡中は常に男性の影』と愛憎劇だけを延々と流し続けて、警察庁が情報の放置を調査している事など全く報じなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック