中国人100人以上が運転免許を不正取得

中国人グループが運転免許学科試験の解答を、携帯電話で中国人受験者に教えて不正取得させていた事が発覚。


運転免許試験:無線でカンニング 中国人容疑者4人逮捕
画像
運転免許不正取得事件で受験者を模したマネキンの耳に仕込まれた小型イヤホン(矢印の先)=東京・池袋警察署で2012年6月22日、武市公孝撮影

自動車運転免許の学科試験で、無線イヤホンや携帯電話を使ってカンニングをしたとして、警視庁と愛知、栃木両県警の合同捜査本部は22日、4人の中国人を道路交通法違反(不正手段による免許証の交付)などの疑いで逮捕したと発表した。運転免許試験をめぐるカンニングで逮捕者が出るのは全国初。カンニングには米粒ほどの大きさで中国では「米粒耳机」と呼ばれる無線イヤホンが使われていた。
道路交通法違反容疑で逮捕されたのは▽栃木県足利市の職業不詳、張展彪(37)▽名古屋市南区の無職、郭建海(34)ら3容疑者。建造物侵入容疑で神奈川県秦野市、調理師、李海濤容疑者(41)が現行犯逮捕されている。
郭容疑者と李容疑者はいずれも栃木県の自動車教習所を卒業後、住所をわざわざ東京都に移し学科試験を受けていた。受験者は張容疑者に18万円を支払っていた。警視庁は張容疑者が「日本語が分からなくても免許が取れる」と口コミで受験者を集めていたとみている。少なくとも100人以上に不正取得させていたとみられ、警視庁は組織的な不正受験が横行していた可能性があるとみて調べている。
画像

警視庁によると、張容疑者は栃木県の自宅から、携帯電話を通じ受験者の無線イヤホンに解答を連絡していた。張容疑者は10種類程度ある学科試験のうち、受験者から問題の種類を受け取ると、パターンを選んで解答していたとみられるが、警視庁は具体的な手法を追及している。
逮捕容疑は今年5月16日、東京都江東区の江東運転免許試験場の試験会場で、郭容疑者が張容疑者から中国語で解答を聞き取り、不正に運転免許を取得したとされる。李容疑者は今月20日、品川区の鮫洲運転免許試験場で無線イヤホンを装着し試験場に侵入したとされる。
試験問題は95問あり、100点満点で90点以上で合格となる。母国語で受験を希望する受験者が増え、中国語での受験を実施している試験場もあるが、東京都は英語のみという。【黒田阿紗子】

 ◇外国人の免許取得
本国の運転免許を持たない外国人が日本の免許を取得する場合、日本人と同じように技能、適性、学科の3試験に合格しなければならない。
技能試験は国の指定した自動車教習所の卒業証明書があれば免除されるが、適性、学科試験は都道府県警の運転免許試験場(運転免許センター)での受験が必要。適性試験は視力、聴力など運転技能に必要な身体検査のため、外国人にとって、学科試験の通過が最も大きな壁となっている。
(2012年06月22日 12時04分(最終更新 06月22日 13時02分 毎日新聞

----------------------------------------------------------
運転免許試験でカンニング=耳に受信機、携帯で解答-不正取得容疑で中国人逮捕

日本語が不自由な中国人受験者に携帯電話で自動車運転免許試験の解答を知らせ、不正に合格させていたとして、警視庁と愛知、栃木両県警の合同捜査本部は22日までに、道交法違反(免許証不正取得)などの容疑で、栃木県足利市田中町、職業不詳張展彪容疑者(37)ら中国人4人を逮捕した。張容疑者は黙秘し、他の3人は容疑を認めている。
受験者は耳の中に直径数ミリの受信機を装着、張容疑者は試験問題の情報を受験者から得た上で、北京語で解答を知らせていたという。同容疑者は「日本語が分からなくても免許を取らせてくれる」と多くの中国人から依頼を受けており、警視庁は組織的なカンニングが行われたとみて調べる。
(2012/06/22-12:48 時事通信

----------------------------------------------------------
運転免許を不正取得容疑で中国人4人を逮捕

自動車運転免許の学科試験で受験者に解答を教えて不正に合格させたなどとして、愛知県警国際捜査課と警視庁、栃木県警の合同捜査本部は、道交法違反(免許証不正取得)などの疑いで中国人の男女4人を逮捕し、22日に送検した。捜査本部は、この中国人らを含む犯行グループが関わった不正取得は1000件を超えるとみて、全容解明を進める。
逮捕されたのは、栃木県足利市、職業不詳張展彪(37)▽岐阜県多治見市、アルバイトの女(20)=犯行時(19)▽名古屋市南区、無職郭建海(34)▽東京都江戸川区、調理師李海濤(41)の各容疑者。
捜査本部によると、張、郭の両容疑者と女は共謀し、5月16日、東京都江東区の江東運転免許試験場で、携帯電話で正解データを発信するなどの手段で、受験者の郭容疑者を合格させ、免許証を不正に交付させたとされる。
李容疑者は建造物侵入容疑で逮捕された。6月20日、同様の手段で不正に免許証を取得する目的で、品川区の鮫洲試験場に侵入したとされる。
捜査関係者によると、犯行グループは、自動車学校を卒業するなど実技試験を終えた中国人を集め、都内の試験場で学科試験を受けさせていた。中国人社会で、口コミで「日本語が分からなくても免許が取れる」と広まっていた。不正合格者は報酬として18万円を払っていたという。
運転免許の学科試験は、国家公安委員会作成の「交通の方法に関する教則」の内容から出題される。文章問題とイラスト問題があり、90点以上で合格となる。
母国語での受験を希望する外国人が増えているため、全都道府県で英語の試験を実施しているほか、中国語やポルトガル語で受験できる試験場もある。東京の試験場では、携帯電話の持ち込み自体は禁止していないが、試験中は電源を切るよう呼び掛けている。
昨年3月、京都大などを受験した予備校生=当時(19)=が、試験中に携帯電話でインターネットの質問サイトに問題を投稿したとして偽計業務妨害容疑で逮捕され、試験中に携帯電話を使った不正行為が社会問題になった。
(2012年6月22日 12時37分 中日新聞)

----------------------------------------------------------
携帯で回答伝え免許を不正取得

自動車運転免許の学科試験で、携帯電話を使って会場にいる中国人の男に答えを教え、運転免許を不正に取得させていたとして、いずれも中国人の男女4人が道路交通法違反などの疑いで警視庁に逮捕されました。
警視庁は、同じ手口でほかにも不正に運転免許を取得した中国人がいるとみて調べています。
逮捕されたのは、栃木県足利市の張展彪容疑者(37)ら、いずれも中国人の男女4人です。
警視庁の調べによりますと、張容疑者らは先月16日、東京・江東区にある警視庁の運転免許試験場で試験を受けていた34歳の中国人の男に、携帯電話を使って試験の答えを伝え、不正に免許を取得させていたとして、道路交通法違反などの疑いが持たれています。
試験を受けていた男は日本語の読み書きができず、張容疑者は栃木県内にある部屋から携帯電話を使って北京語で答えを教え、報酬として18万円を受け取っていたということです。
試験会場にいた男は、数ミリほどのワイヤレスのイヤホンを両耳に入れて受信していたということで、100点満点の試験で、97点だったということです。
調べに対して、張容疑者は「何も言えない」と話しているということです。
警視庁は男らがほかにも同じ手口で日本語の読み書きが難しい中国人に対し、不正に運転免許を取得させていた疑いがあるとみて調べています。
(6月22日 12時34分 NHK)

----------------------------------------------------------
運転免許試験でカンニング 容疑の中国人4人逮捕‎
画像
耳の中の鼓膜近くまで入れて使われた小型イヤホン。着脱はつまようじや磁石が必要だった

東京都の運転免許試験場で学科試験の最中に正解を携帯電話で伝え、不正に免許を取得させたとして、愛知県警と警視庁は、栃木県足利市田中町、職業不詳張展彪容疑者(37)ら中国籍の男女4人を道路交通法違反(運転免許証不正取得)などの疑いで逮捕した、と22日に発表した。張容疑者は黙秘し、他の3人は容疑を認めているという。
画像
携帯電話につないだ「トランスミッター」と呼ばれるループ状のアンテナから、耳の中の小型イヤホンに音声を送っていた

ほかに逮捕されたのは、岐阜県多治見市、アルバイトの女(20)と名古屋市南区本城町1丁目、無職郭建海容疑者(34)。カンニングをするつもりで試験場に入ったとする建造物侵入の疑いで、東京都江戸川区北小岩3丁目、調理師李海涛容疑者(41)も現行犯逮捕された。
発表によると、張容疑者とアルバイトの女は5月16日、東京都江東区の江東運転免許試験場で、学科試験の実施中に携帯電話で郭容疑者に正解を伝え、不正に免許を取得させた疑いがある。郭容疑者は日本語がほとんどできず、張容疑者が電話をかけていた。郭容疑者から報酬18万円を受け取ったという。
(2012年6月22日12時8分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
運転免許試験:無線でカンニング 中国人容疑者4人逮捕

自動車運転免許の学科試験で、無線イヤホンなどのIT機器を使ってカンニングをしたとして、警視庁は22日、中国人3人を道路交通法違反(不正手段による免許証の交付)、別の中国人を建造物侵入容疑で現行犯逮捕したと発表した。運転免許試験でカンニングで逮捕者が出るのは全国初。
道交法違反容疑で逮捕されたのは栃木県足利市の職業不詳、張展彪容疑者(37)と名古屋市南区の無職、郭建海容疑者(34)ら3人。建造物侵入容疑で逮捕されたのは李海濤容疑者(41)。

 ◇100人以上不正取得か
郭容疑者と李容疑者はいずれも栃木県の自動車教習所を卒業後、住所を東京都に移し学科試験を受けていた。警視庁は張容疑者が「日本語が分からなくても免許が取れる」と口コミで受験者を集めていたとみている。受験者は張容疑者に18万円を支払っていた。捜査関係者によると、少なくとも100人以上に不正取得をさせていたとみられ、同課は組織的な不正受験が横行していた可能性があるとみて調べている。
(2012年06月22日 12時04分 毎日新聞)


----------------------------------------------------------
免許不正取得で逮捕 携帯で学科試験解答やりとり 見返りに報酬

自動車運転免許の学科試験で、不正に携帯電話を使い外部と問題の解答をやりとりしたとして、警視庁と愛知、栃木両県警は合同で22日までに、道交法違反(運転免許不正取得)などの疑いで栃木県足利市の中国籍の男(37)ら中国人の男女4人を逮捕した。
警視庁などは、足利市の男が免許不正取得を仲介、日本語の読み書きができない中国人を集めて同様の手口を使って試験の解答を教え、見返りに報酬を受け取っていたとみて調べている。
逮捕容疑は5月、江東運転免許試験場(東京都江東区)で、学科試験の解答を携帯電話とイヤホンを使って中国人受験者に教え、不正に運転免許を取得させた疑い。
(2012年6月22日 11:56 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
携帯で解答…運転免許証不正に取得 中国人ら逮捕‎
画像
自動車の運転免許を不正に取得させたとして、中国人の男らが逮捕されました。試験を受けた中国人は耳に受信機をつけ、会場の外の仲間から携帯電話で解答を聞いて不正に合格していました。
画像
画像

中国人の張展彪容疑者(37)ら2人は先月16日、東京・江東区にある運転免許試験場で、日本語の読めない中国人に学科試験の答えを教え、不正に合格させた疑いが持たれています。
画像
警視庁によりますと、張容疑者は受験生の耳に1ミリ程度の大きさの受信機を仕込み、外から携帯電話で答えを教えていました。
画像
張容疑者は、1人につき約20万円でカンニングを請け負っていました。
画像
取り調べに対し、「何も言いたくない」と黙秘しています。
画像
警視庁は、張容疑者が複数のパターンの試験問題を事前に入手し、その日の問題に合わせて答えを教えていたとみて、問題の入手ルートなどを調べています。
(06/22 11:44 テレビ朝日)




ニュースJAPAN (06/22金に23日0:19頃放送)
画像
画像
画像
画像
報道ステーションやNEWS23クロスは報道しなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック