大津市いじめ自殺・滋賀県緊急対策チームの実態

大津・中2が昨年いじめを受けた自殺が4日に全国に露呈、嘉田由紀子・滋賀県知事が涙ぐみ、言葉をつまらせながら設置を表明した緊急対策チームが、露骨なパフォーマンスだったと幸い露呈しなかった。
画像


緊急対策会議の前日に大津市教委の『2回目のアンケートの葬式ごっこ』気づかず会見、『深夜の市長の緊急和解会見』、同日の明かされた『アンケート渡す条件の誓約書署名』と昼頃明かされた『滋賀県警捜査開始』、新党『国民の生活第一』旗揚げ、『パンダの赤ちゃん死す』緊急会見、『中国船3隻の尖閣急接近』に埋没して全く話題にならなかった。


大津・中2自殺、県教委が対策チーム
◇再発防止へ市町教委と連携

大津市立中2年の男子生徒(当時13歳)がいじめを受けた後、自殺した問題で、県教委と県内19市町の教委担当者が11日、大津市松本の県大津合同庁舎で「緊急対策会議」を開いた。県教委はまた、知事部局の担当課も含めた「緊急対策チーム」を発足させ、各市町教委と連携して再発防止に取り組むことを確認した。
緊急対策会議には、小、中、高校の学校長会長らも含め計約30人が出席。県教委側が、生徒の自殺や大津市教委による全校生徒アンケートの実施など、これまでの経緯を報告。昨年11月に行われた2度目のアンケートで「葬式ごっこ」などの文言が書かれていたが、市教委が最近まで見過ごしていたことなど、問題点の具体的指摘はなかったが、「認知したいじめは氷山の一角。子どもの視点に立って、子どもを守る」との方針を共有したいとした。
出席者からは「仲のいいグループ内でも、いじめに発展することがある。教員の生徒を見る目が大事だ」「担任が抱え込まないよう組織的に取り組むべきだ」などの意見が出された。次回は今月末の予定で、各市町教委から、いじめ問題に関する課題の報告を受け、再発防止策を話し合う。
緊急対策チームは、県教委の佐飛晃・教育次長を始め、学校教育課や人権教育課の担当者、知事部局の総務課、人権施策推進課の担当者など7人で構成。今月下旬の次回会合で、関係部局の取り組みの現状と課題を報告し、再発防止の具体策などを検討する。
(2012年7月12日 読売新聞‎)

----------------------------------------------------------
膳場貴子
「イジメをめぐる一連の問題は、ついに刑事事件に発展しました。滋賀県大津市で中学二年生の男子生徒が自殺した問題で、警察は今夜市の教育委員会と男子生徒がかよっていた中学校を捜索しました。」
画像
一人の少年の死から9ヵ月、事態は突然大きく動き出した。
捜査の目が向けられたのは教育委員会〔大津市役所午後7時半〕、きわめて異例のことだ。
画像
画像
画像

県警はこれまで、男子生徒の父親からの被害届けの受理を、さんどにわたり拒否していたが、
画像
今日になって特別捜査チームをつくり、本格捜査をはじめた
画像
こうした事態を招いたのは、市教委や学校の、これまでの対応だ…。
この9時間前、ようやく対応に動き出したばかりのことだった。
蓮見孝之〔午前10時〕「滋賀県内の全ての市や町の、教育委員会の関係者らが、急遽こちらの部屋に集まりまして、イジメ問題に関する緊急対策会議が行われています。」
画像
滋賀県の教育委委員会が、いじめ対策会議の初会合を開いた。
画像
画像

滋賀県教育次長(映像見る限り棒読み)
「私たちの手には、子供達をまもる大きな使命あります」
画像
「いじめを絶対に、えぇ見過ごす事が合っては、なりません」
画像
大津市の問題のほか、県内で起きたイジメの事例が紹介されたが、何れもそれに対する、具体的な解決策を見出す話し合いにはならなかった
画像
画像

一方自殺した生徒が通っていた中学校…。この学校では一時間目の授業の前に、「命の大切さ」をテーマにした詩を校内放送で流したという。
画像
(2012.7/11 NEWS23クロス)

----------------------------------------------------------
大津・中2自殺:いじめ自殺予防、緊急対策初会合−−きょう、県教委/滋賀

大津市で昨年10月、同級生からいじめを受けた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題を受け、県教委は11日、県庁で緊急対策会議の初会合を開く。今月中に自殺につながる重大ないじめの恒久対策方針を決める。嘉田由紀子知事が6日、設置を表明していた。
県教委や子ども青少年局など県庁内の横の連携を深めるチーム会議と、県教委と市町教委、小中学校長会、高校長協会の縦の連携を重視した対策会議の2部構成。今月下旬の第2回会合で大津市教委の担当者が今回の問題の経緯を説明するほか、他の市町教委も事例報告する。会議は2回で終了予定
学校教育課の平井敏孝主席参事は「大津市の事例は氷山の一角かもしれない。問題意識を共有し、第2、第3の大津を未然防止したい」と語った。【加藤明子】
(2012年07月11日 地方版 毎日新聞‎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
嘉田知事 「いじめ」恒久対策を検討‎
画像
いじめの恒久的対策づくりに意欲を示す嘉田由紀子知事=県庁で

「県民の大きな不安になっている」。嘉田由紀子知事は十日の定例会見で、大津市の中学二年男子生徒が昨年十月に飛び降り自殺した問題を受けて、十一日に設ける緊急対策チーム会議と緊急対策会議の狙いを語り、いじめの恒久的対策づくりに向け意欲を示した。
二つの会議名には「いじめから子どもを守るための」という表現がつけられている。
両会議には教育次長、学校教育課長、人権教育課長らが出席する。緊急対策チーム会議は県人権施策推進課、総務課、子ども青少年局副局幹部ら七人で構成。緊急対策会議は、十九市町教委の担当課長、小学・中学校長会会長、高校長協会会長ら計二十六人が、問題意識を共有する。
七月下旬には第二回会議を開き、大津市教委の担当者から説明を受ける予定。
嘉田知事は会見で「第一義的には大津市が対応してもらうことだが、スクールカウンセラーの派遣など大津市をできるだけサポートしたい」と話した。
男子生徒の通う中学校と知事宛てに中学校や市役所の爆破を予告するはがきや手紙が届いたことに嘉田知事は「子どもたちの命を脅かす大変憂慮すべき出来事。社会的にあってはならないこと」と批判した。
(梅田歳晴)
(2012年7月11日 中日新聞)

----------------------------------------------------------
いじめ緊急対策チームきょう初会合

大津市で昨年10月、市立中2年の男子生徒(当時13歳)が飛び降り自殺した問題を巡り、嘉田知事は10日の定例記者会見で、県教委などを中心につくると発表した「いじめ緊急対策チーム」の第1回会合を、11日に県庁で開くことを明らかにした。嘉田知事は「大津の事案に限らず、県内のいじめの現状、課題を(関係者の)共通認識にして、恒久的な対策を練りたい」と話した。
会合は前半と後半に分かれ、前半は県教委のほか、児童福祉を担当する子ども・青少年局、私立学校を所管する総務課、人権施策推進課など県庁の関係部局で構成。後半は、県教委と大津市教委を始めとする各市町教委や小、中、高校の校長会会長が参加、大津市の事例を検証する。
第2回会合は7月下旬を予定、各市町教委から「いじめ」に関する報告をしてもらい、対策を話し合う。県教委学校教育課の草野圭司課長は「より発展的な対応策を練るため、第三者の専門家らを招いた会合の設置も考えている」と話している。
嘉田知事は会見で、9日午後、自殺した男子生徒の通っている学校に爆破を予告する脅迫状が届き、学校が10日、臨時休校した問題にも触れ、「前向きに社会として対応しなければならないときに、脅迫はあってはならない。社会的混乱に乗じており、許し難い」と憤った。
(2012年7月11日 読売新聞‎)

----------------------------------------------------------
大津・中2自殺:県が緊急対策チーム 知事が設置表明 批判メール97通/滋賀

同級生にいじめを受けた大津市の中学2年生の自殺問題を受け、嘉田由紀子知事は6日、県教委を中心に緊急対策チームを設置する方針を明らかにした。県にも全国から批判が寄せられていることも明かし、報道陣の取材に「大変痛ましい事件。二度と起こしてはならない」と語った。【姜弘修】
県にはこの問題の報道を受け、県内外から知事宛てに「県は何もできなかったのか」「知事はきちんと説明すべきだ」といった批判のメールが6日夕までに97通寄せられたという。嘉田知事は「県としてなかなかできることがなく、今に至った。詳しく知れば知るほど、13歳の生徒がどれだけつらかったか、わが家の孫もちょうど中学生で、人ごとに思えない」と声を詰まらせた。
また、大津署が父親からの3度の被害届を受理しなかった問題に触れ、「警察は県民にとって最後のとりで。県民の安心が保てるような対応をお願いしたい」と述べた。
県教委によると、大津市教委から詳細なアンケート結果を入手したのは「自殺の練習をさせられていた」というアンケの内容が報道された後だという。緊急対策チームは来週にも設置し、大津市教委も参加予定。同市の調査結果について情報共有し、再発防止の恒久対策を練る。
(7月7日地方版朝刊 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
大津・中2自殺:滋賀県も緊急対策チーム 市と連携

大津市で昨年10月、いじめを受けた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が飛び降り自殺した問題で、滋賀県の嘉田由紀子知事は6日、来週にも県教委を中心に緊急対策チームを設置する方針を明らかにした。大津市が新たに設置する調査委員会とも連携し、再発防止策を練る。嘉田知事は県にも「知事は説明すべきだ」などの批判のメールが100通近く寄せられていることも明かし、「大変痛ましい。二度と起こしてはならない」と語った。【姜弘修】
(2012年07月07日 13時29分 毎日新聞)
各局・各記事『滋賀県も緊急対策チーム表明』は触れてたが、会議内容をTVが報じたのはNEWS23クロスの1回だけで、翌朝の各局ニュースや朝ズバッも一切触れなかった。記事まで殆どなく批判しなかったのは、癒着若しくは県に怒りの矛先向くと躊躇したと思える。
滋賀県の今月下旬の会合は、イジメ対策などではなく、『保身に失敗した大津市教委と問題意識を共有し、第2、第3の大津(批判)を未然防止する具体策などを検討する』ためだと確信した。





【遊び半分の加害者らに69才 決死の脅迫文!】
大津・中2自殺:脅迫罪の69歳に罰金30万円命令−−大津簡裁 /滋賀‎

大津区検は、大津市で昨年10月に自殺した市立中学2年の男子生徒をいじめたとされる同級生1人を殺すと脅迫する内容のはがきを嘉田由紀子知事宛てに送ったとして、脅迫容疑で逮捕された愛知県武豊町の無職の男(69)を脅迫罪で大津簡裁に7月31日付で略式起訴した。簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。【村瀬優子】
(2012年08月02日 地方版 毎日新聞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大津いじめ自殺:脅迫容疑で69歳男を逮捕

男子生徒の自殺問題で、滋賀県警は12日、男子生徒をいじめたとされる同級生3人のうちの1人を殺すと脅迫する内容のはがきを嘉田由紀子滋賀県知事宛てに送ったとして、愛知県武豊町平井2、無職、沢村佳幸容疑者(69)を、脅迫容疑で逮捕した。
容疑は11日、嘉田知事宛てに「3人の内1人を殺せば、もうこれから後このような事はなくなると、今考えています。私でも、これからの日本に役立つと思えば、やります」などと書いたはがきを送り、間接的に3人を脅迫したとされる。
調べでは、男は事情聴取に対し、「誰かが天誅(てんちゅう)を下さなだめやと思った」と供述しているという。【柴崎達矢】
(2012年07月12日 12時17分/最終更新 07月12日 12時30分 毎日新聞

----------------------------------------------------------
滋賀県知事を脅迫の疑い 武豊の男逮捕

大津市立皇子山中学校の男子生徒=当時(13)=が昨年10月、飛び降り自殺した事件に関連し、いじめたとされる同級生を殺すなどと書いたはがきを滋賀県知事に送ったとして、大津署は12日、脅迫の疑いで、愛知県武豊町平井2、無職沢村佳幸容疑者(69)を逮捕した。
逮捕容疑では、沢村容疑者は今月11日、いじめに加わったとされる同級生3人を念頭に「3人のうちの1人を殺せば、もうこれから後このような事はなくなると今考えています。私でも、これからの日本に役立つと思えば、やります」と手書きしたはがきを滋賀県庁に送付し、脅迫したとされる。
滋賀県警によると、はがきに住所などが書いてあり、沢村容疑者宅に出向いた捜査員の調べに容疑を認めた。
(2012年7月12日 11時58分 中日新聞)

----------------------------------------------------------
「いじめた生徒殺し天誅を」 滋賀県知事に脅迫状、69歳男逮捕「誰かが…」

大津市の中学2年の男子生徒=当時(13)=の自殺問題に関連し、いじめをしたとされる生徒を殺害するとの脅迫文を嘉田由紀子滋賀県知事に郵送したとして、滋賀県警大津署は12日、脅迫の疑いで、愛知県武豊町の無職、澤村佳幸容疑者(69)を逮捕した。県警によると「誰かが天誅(てんちゅう)をくださなだめやと思って送った」と容疑を認めている。
逮捕容疑は11日、嘉田知事に宛てて、「(加害生徒)3人のうちの1人を殺せば、このようなことはなくなる。私でも日本の役に立つと思えばやります」などと書いたはがきを県庁に郵送したとしている。
(2012.7.12 11:51 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
「いじめた生徒殺す」 滋賀知事にはがき 容疑者逮捕

大津市の中学2年生が自殺した問題をめぐり、滋賀県警は12日、嘉田由紀子知事に宛て、いじめをしたとされる生徒を殺すと書いたはがきを送ったとして、愛知県武豊町の無職沢村佳幸容疑者(69)を脅迫容疑で逮捕した。容疑を認めているという。
捜査1課によると、沢村容疑者は11日、嘉田知事宛てに「3人のうちの1人を殺せば、このようなことはなくなると考えている」などと書いたはがきを送りつけた疑いがある。事情聴取に対し、「誰かが天誅(てんちゅう)を下さないとだめやと思った」などとしているという。
(2012年7月12日11時43分‎ 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
大津「3人のうち1人殺す」…69歳男逮捕

大津市立中学2年の男子生徒が自殺した問題を巡り、滋賀県の嘉田由紀子知事に脅迫状を送ったとして、大津署は12日、愛知県武豊町平井、無職沢村佳幸容疑者(69)を脅迫容疑で逮捕した。
容疑を認めているという。
発表によると、沢村容疑者は11日、「(いじめの加害者とされる同級生)3人のうち1人を殺せば、このようなことはなくなる。私でも、これからの日本に役立つと思えばやります」などと書いた郵便はがきを嘉田知事あてに郵送し、脅した疑い。沢村容疑者は、はがきに自らの住所、氏名を書いていた
(2012年7月12日11時06分 読売新聞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大津加害者「殺す」脅迫69歳を任意同行

滋賀県警は11日、大津市の中2男子自殺問題に絡み、加害者の1人を殺害するとの脅迫文を嘉田由紀子滋賀県知事に送ったとして、脅迫容疑で愛知県武豊町の無職の男(69)を任意同行し、逮捕状請求の準備に入った。
県警によると、男は知事宛てに「加害者を殺せば、もうこのようなことはなくなる。私でも日本の役に立つと思えばやります」とのはがきを送った疑い。11日に県教育委員会職員大津署に届け出た。
9日にも県庁に「大津市役所とくだんの中学校に、ガス装置と発火装置を仕掛けた」などと書かれたはがきが届いているが、筆跡が違うことなどから、県警は関連性が低いとみている。(共同)
(2012年7月12日6時2分 日刊スポーツ)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック