三重津市 イジメに向合った小学校長の自殺

三重県津市の津市立明小学校で、女子児童のイジメに担任と一緒に向合っていた伊勢野賢二校長が雑木林で自殺した。
画像

亡くなる3日前にも「児童の関係に明るい兆しが見えてきた」と話すなど、生きていれば多くの生徒SOSを受け止め救っていたであろう教育熱心な校長だった。


「イジメの問題に対応していた三重県津市の小学校の校長が、おととい自殺していたことがわかりました。」
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
(7月18日 Nスタ)

----------------------------------------------------------
画像
着任直後の4月、イジメが発覚。女子児童が仲間外れにされ「学校に行きたくない」とうったえたのだ
画像
画像
画像
画像
校長は担任と一緒に対応にあたり、家庭訪問を繰り返すなど 解決を目指していたという
画像
また、教育委員会にも イジメがあり 対応している事を報告。
これを受けた教育委員会も 学校に職員やスクールカウンセラーなど派遣するなどしていた。
画像
真面目で教育熱心だったという校長…。
画像
では いったい何故 自殺しなければならなかったというのか?
画像
画像
画像
画像
市教育委員会は遺書などが無いなどのことから、『自殺とイジメの因果関係は分からない』としたのだった。
画像
亡くなった校長の妻は、こう話しているという…。
画像
画像
(7月18日 スーパーJチャンネル)

----------------------------------------------------------
画像
画像
画像
画像
画像
画像
(7月18日 FNN)

----------------------------------------------------------
三重 いじめ対応の校長が自殺

三重県津市の小学校で、いじめの対応に当たっていた校長が、16日、自宅近くで自殺しているのが見つかりました。
遺書などはなく、市の教育委員会は「現段階ではいじめと自殺との関連ははっきりしない」として詳しい状況を調べています。
津市教育委員会によりますと、亡くなったのは市内の公立小学校の50代の男性校長で、16日、自宅近くの雑木林で死亡しているのが見つかりました。
警察は自殺の可能性が高いとみています。
教育委員会によりますと、学校では、ことし4月以降、女子児童が仲間はずれに遭ったり、いじめを受けそうになったりして、校長は担任などと共に対応に当たっていました。
校長は先月ごろは疲れた様子だったものの、亡くなる3日前には「児童の関係に明るい兆しが見えてきた」と話すなど、特に変わった様子は見られなかったということです。
また、遺書などもなかったということで、教育委員会は、現段階ではいじめと自殺との関連ははっきりしないとしています。
そのうえで、教職員などへの聞き取りを行って詳しい状況を調べるとともに、校長へのサポート体制を見直したいとしています。
津市教育委員会の岡野俊理事は「現職の校長がこのような形で亡くなったことを重く受け止め、教育現場で二度とこのようなことが起きないよう努力していきたい」と話しています。
(7月18日 16時9分 NHK)

----------------------------------------------------------
女子児童いじめ対応の小学校長、首つり自殺 因果関係不明と教委「遺書なし」
画像
小学校長の自殺について発表する津市教委事務局職員=18日、津市役所(絹田信幸撮影)

津市内の公立小学校の男性校長(54)が16日朝に市内の山中で遺体で発見されていたことが18日、分かった。三重県警は事件性はなく、自殺の可能性が高いとみている。校長は校内のいじめ問題をめぐって対応に追われていたが、遺書などは見つかっていない。市教委は「いじめへの対応と自殺との関係は分からない」と説明している。
関係者によると、校長は16日朝、市内の山中で首をつった状態で、遺体で見つかった。三重県警は事件性はないとみている。
市教委などによると、校長は昨年度まで市内の別の小学校で教頭を務め、4月に昇任し着任。同月下旬、学校の女子児童が学級内で仲間外れにされているため「学校に行きたくない」と訴えていることが判明。実際、休み時間に児童が仲間外れにされていることなどを確認し、担任と一緒に家庭訪問するなど対応に当たっていた。
校長は5月下旬、市教委に「校内でいじめがあり、対応している」と報告。市教委が職員やスクールカウンセラーを派遣するなどして支援していた。
市教委は18日午前、市役所で記者会見。自殺に関し「遺書がなく、自殺といじめ問題への対応の因果関係は分からない。悩んでいたとの報告を受けたことはない」と説明。担当者は「(女子児童は)少しずつ友達も増え、改善されていると思った」と話した。
同校は17日朝に全校集会を開き、児童に「校長が急に亡くなった」と報告。保護者にも文書を配布するなどしたが、地域の一部役員を除いて自殺の可能性が高いことは伏せられていたという。
(2012.7.18 13:53 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
いじめ対応の小学校校長自殺か 三重・津市(三重県)
画像
三重・津市の公立小学校の男性校長(54)が16日、市内の山中で遺体で発見されていたことがわかった。校長は自殺したとみられ、学校ではいじめ問題の対応に当たっていたという。 警察によると、16日朝、津市内の山中で散歩中の人が首をつっている男性を発見した。その後の調べで、死亡したのは、市内の公立小学校の校長とわかり、自殺とみられている。 18日に会見を開いた津市教育委員会によると、校長の勤める小学校では、児童がクラスで仲間外れにされるなどのいじめが報告されていて、校長はその対応に当たっていたという。 今のところ、校長の遺書は発見されていないが、市教委は自殺の原因について調査する方針。
(7/18 13:34 日テレNEWS24)

----------------------------------------------------------
三重・津市の54歳小学校校長自殺 いじめ問題の対応に追われる‎

三重・津市の市立小学校に勤務する54歳の男性校長が、自殺していたことがわかった。校長は2012年4月に着任したばかりで、学校で起きたいじめ問題をめぐって、対応に追われていたという。
自殺したのは、三重・津市の市立小学校の54歳の男性校長。
校長は16日朝、自宅近くの雑木林で首をつった状態で発見されたが、遺書は見つかっていない。
校長が勤務する小学校では、5年生の女子児童がいじめを訴えたことから、校長は担任とともに、対応にあたっていた。
教育委員会によると、学校は全校児童92人で、校長は2012年4月にこの学校に着任したばかりだった。
津市教育委員会の岡野 俊理事は「いじめは、確かに報告としてあったが、あくまでも推測にすぎない。(いじめがあったと)断定できないと考えている」と語った。
(07/18 13:04 東海テレビ FNN)

----------------------------------------------------------
女児のいじめ問題対応中の新任校長、自殺

津市立小学校の男性校長(54)が同市内の山中で首をつって自殺していたことが、津市教育委員会や津署への取材で分かった。
津市教委は18日午前、記者会見を開き、校長が校内のいじめ問題の対応にあたっていたことを明らかにしたうえで、自殺との関係を調査していると発表した。
津市教委などによると、校長は15日午後、自宅を出たまま行方不明となり、16日朝、山中で首をつった状態で発見された。状況から自殺とみられるが、遺書は見つかっていないという。
校長は3月まで別の小学校で教頭を務めており、4月から同校校長に就任していた。
就任後、女子児童が仲間外れにされるなどのいじめにあっていることが保護者の指摘で分かり、担任らと対応にあたっていたという。津市教委は、「いじめ問題と自殺との関係は現時点では分からない」としている。
(2012年7月18日11時50分 読売新聞

----------------------------------------------------------
いじめ対応していた校長が自殺 三重・津の小学校

津市教育委員会は18日、同市内の公立小学校の男性校長(54)が自殺していた、と発表した。男性校長は校内でいじめ問題の対応をしていたが、同市教委は「いじめ対応と校長の死亡の因果関係は不明」としている。
市教委などによると、校長は16日に同市内の自宅近くの山中で遺体で見つかった。死亡推定時刻は15日午後8時ごろとみられる。15日午後に外出し、行方が分からなくなっていたという。県警は、体に外傷がないことなどから自殺とみている。遺書などは見つかっていないという。
市教委や学校によると、今年4月下旬、同校の女子児童が「仲間はずれにされ、学校に行きたくない」と訴えるようになり、その後、しばらくは遅刻して登校していたという。校長は担任教諭の相談に乗り、家庭訪問など保護者の対応にも当たっていた。
6月下旬には児童は普通に登校できるようになり、今月13日には県教委から派遣されたカウンセラー同席で、保護者側と学校側の話し合いがあった。この話し合いの後、「保護者にも一定の理解をしてもらった」との感触を周囲に話していたという。
学校によると、校長は昨年度まで別の学校の教頭をしており、4月に現在の小学校に校長として着任。6月中旬から口数が減って元気がなくなり、7月4日には「めまいがする」と言って午後から休んだという。
(2012年7月18日11時45分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
自殺:いじめに対応中の小学校長 因果関係は不明 津で

いじめ対応に当たっていた津市の公立小学校の男性校長(54)が、自宅近くで自殺していたことが18日分かった。市教委によると、遺書が見つかっておらず、いじめ対応と自殺との因果関係は不明。関係者への聞き取りなどを行い、自殺の原因を調べる。
市教委によると、校長は16日朝、市内の自宅近くの雑木林で首をつった状態で見つかった。三重県警などによると死亡推定時刻は15日午後8時ごろという。
校長は4月にこの小学校に着任。同校では仲間外れにされた女子児童が学校に行きたがらなくなるなどの問題があり、校長は担任とともに家庭訪問などをしていた。思い詰めた様子はなかったという。
同校は17日に全校集会を開いて校長が亡くなったことを児童に説明し、保護者にも文書を配った。【谷口拓未】
(2012年07月18日 11時20分(最終更新 07月18日 12時03分 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
小学校校長が自殺=いじめ問題に対応、関連調査-津

津市内の小学校の男性校長(54)が自殺していたことが18日、分かった。校長は校内で起きたいじめ問題に対応していたという。自殺との関連は不明で、津市教育委員会は今後調査する。
市教委によると、校長は4月に同校に着任。同月中旬から、いじめ問題に対応していた。
今月15日午後に外出した後、行方不明となり、翌日に自宅近くの雑木林で死亡しているのが見つかった。遺書はなかったという。
(2012/07/18-10:48 時事通信
校長や担任が見て見ぬ振りをしなかったのは事実だろうが、各メディアは『いじめ問題に対応』してた事は強調してるが、イジメ内容に殆ど触れてない。津市教委がイメージ悪化を恐れイジメ内容の一部にしか触れず、地元記者が阿吽の呼吸で『追求しなかった会見』だった可能性は高い。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック