ワンフェス2012夏 メディコス・べネブース

ワンダーフェスティバル2012[夏]で限定販売する『スタチューレジェンド ハーヴェスト 20体セット』購入するため今回初めて海浜幕張に行った。
画像


メディコスブースで10時15分販売開始なので、当初は一時間前にワンフェス会場に着ければ十分買えると思ってたが、追加で3,000円支払い優遇入場できる「特別整理券」ダイレクトパスですら、『開催日の8:00〜8:30会場にお越しいただければ優先的に館内に入場可』なので、それ以上早く着かなきゃならない。更にハーヴェストは荒木飛呂彦が「ジョジョ展 in S市杜王町」記者会見で最も好きなスタンドと打明けたため転売屋の人気増の予感、始発で6時過ぎには現地着いた。



超像可動 ジョジョ 第5部 ゴールド・エクスペリエンス スワロフスキー版
画像
現地着いたら既にかなりの人がいて、6時過ぎに会場並んで10時会場入り、メディコスブースでは他の美少女フィギアを両手に持った人々(?)らが大勢並んでて、購入場所に着いたときは12時だった。
画像
興味ないので買わなかったが、『承太郎&スタープラチナ 2体セット』は12時時点で(ガラガラになった2時頃6穴台座を追加購入した時も)まだ残ってた。
画像
画像


スタチューレジェンド ハーヴェスト 20体セット
画像
20体でも怖いので、是非60体をキラークイーンの周辺に並べてみたかったが、300個限定なのに一人3個まで最初から買える事には、ちょっと納得いかない。ちなみにワンフェス2012[冬]限定だったスタチューレジェンド バッド・カンパニー10体セットは1,000円だったのが秋葉や中野で3,000円で売られてる。
画像


画像
画像
購入場所に展示されてた石仮面。各地イベントは大抵日雇で何も知らないので聞いても無駄でユーザーと距離あるが、各ブースには実在スタッフ来てると判明。実際に海洋堂やべネの社長が普通にブースいたので、要望直接伝える事も可能。



『超像可動 ジョジョ 第4部 キラークイーン ブルークリアー版(非売品)』
画像
当日会場にて「超像可動 DIO WF2012[夏]」購入の中から、抽選で25名に当たる超像可動 キラークイーン ブルークリアー版(非売品)。
画像



画像
展示品見るだけなら並ぶ必要ないのに販売開始から2時間実質6時間待ったが、
複数のスタッフに聞いた事まとめると、超像可動 G・E スワロフスキー版は一瞬で無くなり、スタレジ ハーヴェスト 20体セットは即無くなった。スワロフスキー版やハーヴェスト買うには、前日から並ぶかダイレクトパス購入して早朝(幕張に前日終電で来るかホテルから直行)並ばないと買えない。


画像
逆に『超像可動 DIOレッドVer.』と『超像可動6穴タイプ台座&アーム5組セット』はダダ余り…。列がガラガラになっても全然売れず、店員が売れ残りを心配してた。結局キラークイーンの抽選見に15時に人々集まり超像可動 DIOWF限定版はその時完売。抽選見て帰ったため完売したのか知らないが、6穴台座&アーム5組セットは結局残ってた。DIO WF2012[夏]限定版は開封と保存用で2個、今後ワンフェス行くかは微妙なので6穴台座&アーム5組セットは追加購入し全部で六個、さすがにこれ以上はいらない。

『超像可動 ジョジョ 第三部 DIO WF2012[夏]限定版』と通常DIO箱比較
画像
当日メディコスブースにて何かが起こると告知されてたが、会場販売予定の角型台座は「開発間に合わなかった」と言われたし、展示品もワンフェス2012冬と同じで今後のラインナップはガイドブックで告知済み…結局何も起こらなかった。



超像可動 2部 ワムウ、エシディシ、カーズ
画像
発売前の超像可動で唯一の塗装品。他はラスボス一体なのに2部だけある意味優遇されてた(ヴィネガー・ドッピオすら超像可動で発売予定ナシ)が、シュトロハイムやリサリサ等2部キャラは今後のラインナップ予定になかった。
画像
DIOに石仮面持たせたくてカーズ買うか悩んでたが、超像可動 1部ジョナサン・ジョースター、ディオ・ブランドーの発売が判明してるので石仮面付属の可能性大。
画像




超像可動 ジョジョ 第四部 岸辺露伴 Ver.2
画像
画像
画像






超像可動 第五部 ナランチャ・ギルガ、パープル・ヘイズ
画像
ナランチャの付属品どころか塗装見本すらなかった。
画像
画像
超像可動 第五部の販売予定が判明したのはパンナコッタ・フーゴ、レオーネ・アバッキオ、ムーディー・ブルース、トリッシュ・ウナ、スパイス・ガール、ディアボロ、キング・クリムゾン。(レクイエムの販売予定が無いので、「チャリオッツレクイエムだけでも出して欲しい」と一応要望してきた)





スタチューレジェンド 3部 DIOマントVer.
画像
DIOはマント付きで、現時点ではマントが若干浮いてて着脱可能っぽい。
画像
マントは超像可動にも付けれそう…。
画像
ただ一番残念なのは超像可動より若干デカイこと。画像
画像
他に未塗装のザ・ワールドシルバー・チャリオッツ(発売近いので撮影しなかった)が塗装状態で展示され、超像可動と同サイズのように感じた。




スタチューレジェンド 4部 キラークイーン
画像
3部に続いてスタチューレジェンドは4部主要キャラに突入!?マイナーキャラではなく予想外にキラークイーン!!
画像
画像
固定ならではの腰の捻り!画像
画像
ジョジョの一番くじで最も人気あったと思える康一に爆弾仕掛けるシーン。
画像
確かにカッコイイが…超像可動キラークイーンの完成度も高いうえ、このシーンは再現できるので、選んだ理由不明だが、唯一にして最大のメリットはサイズが超像可動と同じで、3部のような違和感ないので超像可動持ってない人には朗報。他に「矢安宮重清&ハーヴェスト」「エニグマ」のセカンドと、今月発売された山岸由花子が展示されてた。




スタチューレジェンド 8部 東方定助・ソフト&ウェット画像
画像

東方定助とソフト&ウェットは超像可動での発売も判明してるが、今回はベネが先行販売するようだ。
画像
画像
画像
サイズは残念ながら超像可動より若干デカイ…。ソフト&ウェットだけスタチューレジェンドで買って東方定助を超像可動待とうと思った。
画像
スタチューレジェンドは『他に6部、7部、5部暗殺チーム等も現在、続々進行中』とガイドブックで明かされた。
画像
メディコス・べネブースに並んでたときスタッフが配ってたチラシ。
画像






7部の『DIO』と『大統領』のモバイルスタンド
画像
ジョジョブースがあるわけでもメディコスブースと近いわけでもなかったので、気づかずスルーしそうになったが、アイフォン4Sカバー出してる千値練の新作、スティール・ボール・ランの「モバイルスタンド」出てた。
画像
実用的かは別(携帯の外装擦り傷つきそう)として、さすがに4Sカバー出す気にならなかったみたい。
画像
過去に発売されてたエコーズカバーの販売期待してたが、展示のみで一切発売品なかった。
画像
「Dio」「大統領」共に発売日と価格はまだ未定。今回も塗装されるとは思えないが、サイズは超像可動と同サイズだったので、ホワイトのままでも異世界のDIOとして違和感無く並べられる。

画像要領超えので撮影はしなかったが、隣に5部の「コースター」、2部の「隙間に入り込む男サンタナ」(2012年8月発売予定/税込2625円)の白と黒が展示されており、これもあくまで目測だが…ちゃんと超像可動サイズだった。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック