PS3ジョジョ オールスターバトルが2013年発売!

バンダイがジョジョシリーズのキャラクターが一堂に会する「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」をプレイステ3向けに開発中と判明。
画像



「古里仙台を元気に」 28日開幕、ジョジョ展
画像
作品を手に記者発表に臨む荒木さん

「ジョジョの奇妙な冒険」で知られる仙台市出身の漫画家、荒木飛呂彦さん(52)の国内初の企画展「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」(同実行委など主催)の記者発表会が5日、東京・六本木であり、荒木さんは東日本大震災からの復興を念頭に「古里の皆さんに元気を与えたい」と話した。
企画展は、仙台市青葉区のせんだいメディアテークで今月28日~8月14日に開催。連載25年で第8部まで続く「ジョジョ-」のうち、仙台市がモデルとなった「杜王町」が舞台の第4、8部に焦点を当て、原画約150点を展示する。
期間中の今月30日~8月9日には、荒木さんがサインしたグッチのスニーカーなどのチャリティーオークションも実施。商品は青葉区の藤崎ファーストタワー館グッチショップで見ることができ、売り上げは被災した子どもたちの支援金として仙台市に寄付される。
荒木さんは「仙台の自然や文化に育ててもらったという感謝の気持ちがある。原画展を開くことができ、感激している」と話した。
企画展は10、11月には東京で開かれる。
(2012年07月06日金曜日 河北新報)

----------------------------------------------------------
バンダイナムコ、PS3
「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」
サイバーコネクトツー開発の対戦格闘アクション


画像


2013年 発売予定
価格:未定

株式会社バンダイナムコゲームスは、プレイステーション 3向けに「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのキャラクターが一堂に会する「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」を開発中であることを明らかにした。発売は2013年を予定。開発は「NARUTO -ナルト- ナルティメット」シリーズで実績のある株式会社サイバーコネクトツーが担当する。

「ジョジョの奇妙な冒険」は1987年から集英社発行の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」誌上で連載がスタートし、現在も「ウルトラジャンプ」誌上で連載が続く荒木飛呂彦氏の人気コミックシリーズ。連載は25周年を迎え、シリーズ通算106巻を発刊、シリーズ累計発行部数は7,500万部以上、現在連載中の「ジョジョリオン」の累計発行部数は100万部以上となる。
画像
画像



(C) 荒木飛呂彦 & LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
(C) 2012 NBGI


□バンダイナムコゲームスのホームページ
http://www.bandainamcogames.co.jp/
□「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」のページ
http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/asb/
(2012年 7月 5日 GAME Watch

----------------------------------------------------------
荒木飛呂彦がジョジョ展会見「原画にはライブ感がある」
画像
「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」記者発表会の会場風景

本日7月5日、「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」の記者発表会が都内某所にて行われた。

会見では7月28日からせんだいメディアテークにて行われる「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」に続く、東京展の開催日と会場を発表。東京展は10月6日から11月4日まで、六本木・森アーツセンターギャラリーにて開催されると告知された。

東京展ではAR技術を利用した特別展示「ジョジョの奇妙なAR展示」を展開。会場に展示されている杜王町のマップにiPhoneやiPadをかざすと、かざす場所ごとに異なるショートムービーなどを見ることができる「ジョジョの奇妙な杜王町MAP」や、装置の前に立つと自分のスタンドが現れる「ジョジョの奇妙なスタンド体験」などが用意される。

また今回の25周年企画では、Googleのサービスや技術を使い、先に開設されているGoogle+での「ジョジョ」公式ファンページにおいて、さまざまな企画を行う。中でもGoogle+のビデオチャット機能「ハングアウト」を活用した施策では、東京展の様子をリアルタイムで発信するため、WEBから遠隔操作することで地方のファンも東京展にいるかのような体験ができるという。
画像
荒木はこの企画のために、遠隔操作型スタンド「リモートロマンス」のイラストを描き下ろした。荒木自身も「まだこのスタンドの能力はわからない」と話す。
画像


そして仙台、東京に加え、イタリア・フィレンツェのGUCCI MUSEOでも「フィレンツェ展(仮)」を行うことが決定。展覧会に先駆け、7月30日9時から8月9日21時までチャリティーオークションを開催する。オークションではGUCCI提供の商品3点に荒木がサインしたものと、フィレンツェ展キービジュアルの複製原画にサインを入れたものの4点が出品される予定だ。

会見会場では、仙台展、東京展、フィレンツェ展のキービジュアルをお披露目。そのうち東京展とフィレンツェ展のものは、この日初めて公開された。
画像
七夕をイメージした仙台展のビジュアルに関して荒木は「だまし絵になっていて(七夕飾りの中に)スタンドがいるんですけど、スタンドの心みたいなものを表現していて、うまく描けたかなと思っています」と自画自賛。

画像
東京展のビジュアルは「富士山、承太郎、イギー、たんぽぽ、この4つが揃ったら無敵だろうと。これは自分でもめでたいな、と思っています」と会場の笑いを誘った。

画像
そして徐倫とブチャラティが描かれたフィレンツェ展のビジュアルに関しては「馬に乗っていてパワーがあるし、エレガントなお花の柄をイメージして描きました」とコメント。
また初めて大規模な原画展を行う荒木は、「原画にはライブ感みたいなものが封じこめてあると確信しているので、それを読者の方に見ていただけるのは光栄」と喜びをあらわにした。

新たに「ジョジョの奇妙な冒険」のTVアニメが10月から放送されることや、新作のPS3ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」の制作も発表。ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」では、シリーズ歴代の主要キャラが登場する。同作はスタンド、波紋、騎乗、流方など異なるバトルスタイルを取り入れた対戦格闘アクションゲームだ。

荒木は会見の最後に「若さを保つ秘訣は」と訊かれると、「東京都の水道水で毎日顔を洗っています。それ以外のことは特に……」とはにかむ。またファンからの「25年も連載できる秘訣は何か」との質問に対しては「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の秋本治を例に挙げ、「規則正しい生活かな」と回答した。なおこの記者会見の模様は、ジョジョ公式YouTubeチャンネルにて生中継された。
画像

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町
期間:2012年7月28日(土)〜8月14日(火)※会期中無休
会場:せんだいメディアテーク6F
住所:宮城県仙台市青葉区春日町2-1
チケット料金:大人1500円(前売り1300円)、高校生以下800円(前売り600円)、未就学児童入場無料

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 東京
期間:2012年10月6日(土)〜11月4日(日)
会場:森アーツセンターギャラリー
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F
チケット料金:大人2000円(前売り1800円)、中学・高校生1500円(前売り1300円)、小学生800円(前売り600円)

(2012年7月5日 17:15 コミックナタリー)

----------------------------------------------------------
仙台市交通局、「ジョジョ」スキップカードを限定発売-「ジョジョ展」とタイアップ

仙台市交通局は7月11日、仙台出身の漫画家・荒木飛呂彦さんの人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の「スキップカード」を限定発売する。
スキップカードは、仙台の市バス・地下鉄で使用できるプリペイドカード。同局ではこれまで、ディズニーや映画「ウルトラマンサーガ」、Jリーグ・ベガルタ仙台などとのタイアップを展開してきた。
今回、せんだいメディアテーク(仙台市青葉区春日町)で今月28日から開かれる「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」とのタイアップで制作。仙台七夕をモチーフにした荒木さん描き下ろしの同展キービジュアルをあしらった。
画像
「ジョジョ展 in S市杜王町」タイアップのスキップカード
 ©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社


価格は1,000円販売枚数は、仙台市地下鉄開業25周年と同作品連載25周年にかけて限定2500枚。早期売り切れが予想されることから、販売は1人10枚までに限る。同局担当者は「できるだけ数多くの方に見ていただきたい。郵送での販売は行わないので、ぜひ仙台へ足を運んでいただければ」と呼び掛ける。
地下鉄仙台駅・泉中央駅・勾当台公園駅・長町南駅の各乗車券発売所、旭ヶ丘バスターミナル乗車券発売所、仙台駅西口バスプール案内所、交通局庁舎内乗車券発売所の7カ所で販売する。
5日には「ジョジョ展」記者発表会が開かれ、仙台展の会場イメージやレイアウト図、AR(拡張現実)技術を使った企画「ジョジョの奇妙な杜王町MAP」などが発表された。
(2012年07月05日 仙台経済新聞)

----------------------------------------------------------
荒木飛呂彦氏、仙台「ジョジョ展」に感激‎

漫画家の荒木飛呂彦氏(52)の人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のゲーム化が5日、都内で行われた会見で発表された。連載25周年と執筆活動30年を記念したもので、プレイステーション3用ソフト「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」として来年発売される。歴代シリーズの主要キャラクターが戦う対戦型格闘ゲームとなる。10月からテレビアニメも放送する。
荒木氏の原画展が東京、同氏の故郷の仙台市、イタリアで開催されると併せて発表された。仙台市では28日からせんだいメディアテークで「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」が、東京では10月6日から森アーツセンターギャラリーで「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」が、イタリア・フィレンツェでは原画展の名称、開催時期は未定だが、有名ブランドのグッチが11年9月に創立90周年を記念し、フィレンツェに設立した「GUCCI MUSEO」で開催される。
荒木氏は「最近、夢にも思っていない仕事が多いです。子供時代に育てていただいた仙台市で、原画展が開けるなんて夢にも思っていない。感激しております。また主人公の熱い思いを書くのが漫画、でもファッションはクール。水と油のようなものですが、グッチさんとの出会いに感謝したい」とあいさつした。
(2012年7月5日16時27分 日刊スポーツ)

----------------------------------------------------------
「ジョジョの奇妙な冒険」TVアニメ化決定、新作ゲームも
荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」のTVアニメ化が決定した。10月より放送を開始する。
これは本日7月5日に行われた「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」の記者発表会にて発表されたもの。また「ジョジョの奇妙な冒険」の新作ゲームの制作も決定。タイトルを「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」として、プレイステーション3用に発売される。

「ジョジョの奇妙な冒険」は、1993年に第3部の後半部を、2000年に第3部の前半部をOVAでアニメ化。また2007年には、第1部をアニメ化した劇場版が「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」として制作された。
(2012年7月5日 14:46 コミックナタリー)
PS3は十年以上触れてないがポルナレフの勇姿がまた見れるので購入予定。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック