ミラージュ・スタジオ製 S.I.C.バトルホッパー開封!

数年前に店頭で予約購入した『ミラージュ・スタジオ製 バトルホッパー』をついに飾る前提で開封してみた。
画像



画像
箱の大きさはバイクセットのSICよりはややデカイ(240mm×370mm×160mm)、ホビージャパンの『S.I.C.HERO SAGA』に載ってて一番欲しかったバトルホッパーが、当時新宿南口1分にあったホビー店で展示されており、店で聞いたらアマチュア造型人の作品で金額未定だが販売予定と聞いて即予約。素体のバイクが思うように集まらなかったらしく1年近く待たされたが、たしか3万で入手。
画像
側面にS.I.C.のような注意書き、手作り感あるが箱も徹底的に拘っている。
画像
マジックテープになってる蓋を開けると中が見える…わけでなくディスプレイ用の背景絵になってて、他の S.I.C.を展示可能。
画像
画像




画像
画像
造型者のゴム印の上からテープがはってある。
画像
S.I.C.改造 バトルホッパー購入後にSICアナザーシャドームーン専用バイクとして赤いバトルホッパー(ジェネシックバトルホッパー)が予約開始。赤ホッパーは平成ライダーのように金色が多用されてたが、造型者は台湾人、日本人含む数人で組立・塗装分担して販売したと知りちょっと納得。



画像
入手直後に一度だけ開封し、今までずっと閉まってたのは後ろ足が一本折れてたからと、いつかバンダイが魂ウェブ限定等で発売してくれると期待してしていたからだが、ワンフェス2012夏で入手したホッパーガレキと一緒に飾るため修復決意し、スタンドで立たたせようと思ったら接着(金属劣化?)してあり折れた…。
画像
ちなみにバトルホッパーは『S.I.C.仮面ライダーアマゾン.バイクセット』のS.I.C.ジャングラーを素体に、バトルホッパーのガレキを被せて塗装が施されたもの。
ワンフェス2012夏でアマチュアディーラー作品が色々売られていたが、未塗装・未組立で大半が2~3万だったので、今思えば改造完成済みでかなり格安。
画像
後ろ足にポリ棒入れて合成ゴムで接着、スタンドの稼動は断念し同様に合成ゴムでくっ付けた。



画像
バトルホッパーのタイヤはそれぞれ可動、ハンドルも左右に切れる。バイク本体はS.I.C.ジャングラーのままなので、ダイキャストが多用されズッシリ重たい。
画像
画像
バトルホッパーのウリは口の開閉と量産品にはないプロ塗装。
画像
S.I.C.匠魂バトルホッパーや、後に香港で“工場生産”されたのであろう緑・赤・黒で大量販売された S.I.C.サイズの昆虫型バイク(これも一応当時緑を買ったので、今後比較するため開封予定)は口が簡素化。
画像
画像


画像
画像
画像
S.I.C.ブラックはベルトと足の ダイキャストが目立つので、缶スプレーで足にブラウンとグリーンを交互の上からスモーク、全身をスモーク後につや消し使った。







【買取品】S.I.C. 匠魂 VOL.7【バトルホッパー(ノーマルカラー)】
トレジャーカプセル楽天市場支店
詳 細 ・バトルホッパー(ノーマルカラー)◆その他の仮面ライダー(買取品)の商品は   ⇒  こちら


楽天市場 by 【買取品】S.I.C. 匠魂 VOL.7【バトルホッパー(ノーマルカラー)】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

Z1 ☆大激安セール☆ S.I.C BLACK 香港製昆虫型バイク バトルホッパー
模型専門店 フェニックス ホビー
  商品 ☆新品☆激安!S.I.C BLACK 香港製昆虫型バイク バトルホッパー


楽天市場 by Z1 ☆大激安セール☆ S.I.C BLACK 香港製昆虫型バイク バトルホッパー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック