大津いじめ自殺でデヴィ夫人も場外乱闘

大津いじめ自殺をデヴィ夫人がブログで書いた際、加害少年の母親と誤解し写真掲載、誤りに気付き即削除したが、女性は直接の謝罪と1100万円を求めた。
画像



デヴィ夫人「売られたケンカ 買いましょう ! 私は逆告訴します!」

滋賀県大津市のいじめ問題の加害者とされる少年の母親であるかのように写真をブログに掲載されたとして、デヴィ夫人に対する訴訟をスタイリストの女性が検討していると夕刊フジやスポーツニッポンなどが報じた問題で、「売られたケンカ 買いましょう ! 私は逆告訴します!」とデヴィ夫人は8月2日(2012年)のブログで応じている。
デヴィ夫人はブログに掲載した男性と女性が写っている写真について、「インターネットの情報を引用したまでであります」とした上で、「この写真の右側に写っている男性が父親という趣旨で掲載したものであり、「左側に写っている女性が 誰であるかについては全く言及しておりません」と主張している。
「あの写真の女性が加害者の母親でないことは途中で発信されネット上では周知の事実。写っている女性が母親であると私は 一言も書いていませんし、私のブログで拡散したということは無いと思います」
夕刊フジとスポーツニッポンが報じたのは「先方当事者がリークしたことは明白」だとも書いている。「まだ提訴されていないのにあのように取り上げられ 私が受けたイメージダウンは 甚大であり、決まっていた仕事も今朝、この件のため いくつかキャンセル・保留になりました」。さらに、この件を知った他メディアからも取材が来たため「忙しいさなかに営業妨害にあわせられた被害は大きい」という。デヴィ婦人はスタイリストの女性と代理人、弁護士2人、夕刊フジ、スポーツニッポンを「逆提訴・逆告訴致します」と宣言した。
(2012/8/ 4 12:11 J-CASTニュース)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
膳場 貴子「滋賀県大津市でイジメを受けていた男子生徒が自殺した問題で、タレントのデヴィ夫人のブログに無関係であるにも関わらず写真を掲載されたとして、兵庫県の女性が、謝罪などを求める裁判を起こしました。」
画像
画像
画像
画像
画像
画像

画像
画像
画像

画像
画像
(2012年8月4日01時18分 NEWS23クロス)

----------------------------------------------------------
大津いじめ自殺でデヴィ夫人が提訴される‎

デヴィ夫人がブログで大津市の中2男子自殺について書いた際、写真を無断掲載され、いじめの加害少年の関係者と誤解したブログ読者から批判を受け、名誉を傷つけられたとして、兵庫県宝塚市の女性スタイリスト(50)が3日、デヴィ夫人に1100万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁伊丹支部に起こした。
訴状によると、ブログは、いじめの加害者とされる数人の少年の写真とともに、スタイリストが男性と頬を寄せ合った写真を掲載。スタイリストが加害少年の母親であるかのように読み取れる文章を掲載し、読者の誤解を招く内容だった。
ブログの内容は写真とともにインターネット上で広がり、多くの批判を受け、仕事に支障が出たとしている。
スタイリストは、ブログに3カ月間、謝罪文を掲載することも求めている。
デヴィ夫人の代理人は「ブログで女性のことを加害少年の母親だと指摘したこともなく、原告の主張は事実関係と相違がある」とコメントした。
(2012年8月3日21時3分 日刊スポーツ)

----------------------------------------------------------
怒り心頭のデヴィ夫人が緊急続報、「刑事告訴及び民事訴訟を法律事務所に一任致しました」
画像
大津市の中学生がいじめにより自殺したとされる問題にからみ、タレント・デヴィ夫人の周辺で訴訟騒ぎが起きている。これについてデヴィ夫人は3日付けのブログで「刑事告訴及び民事訴訟を法律事務所に一任した」ことを明かした。
事の発端は7月10日までさかのぼる。同日のブログにて大津市のいじめ自殺問題について言及していたデヴィ夫人だったが、誤って無関係の女性の写真を掲載。誤りに気付き翌日には削除したが、写真を使われたことで「名誉を傷つけられたとする女性から、直接の謝罪相当な金額の賠償などを要求する7月20日付けの通知書が送られてきたと、デヴィ夫人はブログにて明かしている。
デヴィ夫人は件の写真掲載から3日後、女性からの通知書の送付に先立ち13日付けのエントリーで誤りについての謝罪文を掲載。しかし先述の要求に対しては「こんな あちら側の条件 私がのむ筈がありません」として拒否し、その理由を記載した回答書を送付したが、8月2日に一部メディアが“一般女性がデヴィ夫人を提訴”といった内容の記事を掲載。これに対しデヴィ夫人はブログを通じて反論。「“まだ提訴されていない”にも関わらず、大きな見出しで、当事者と弁護士しか知らない内容が出された」「明らかに先方当事者がリークしたことが明白」、そして自身やその家族が甚大な被害を被ったとして、女性側と一部メディアを「逆提訴・逆告訴致します」と示唆し、大きな騒動に広がっていた。
「売られたケンカ 買いましょう ! 私は逆告訴します!」「私は 怒りに燃えています」と怒り心頭のデヴィ夫人は、さらに3日付けのエントリーでもこの件について言及。一部メディアの記事が世間に広がったことで「5つの仕事がキャンセルとなりました。これは私を抹殺せんばかりの結果です」「これは私の知名度を利用した、悪質な威力業務妨害であり、名誉棄損、恐喝にあたると思います」「私はまるで“あたり屋”にあてられたような気がしております」と被害を被ったとし、「この件につきましては、○○氏(原文は個人名)側と、新聞社を相手取り刑事告訴 及び 民事訴訟を光和総合法律事務所に一任致しました事をご報告します」とつづっている。
(08/03 20:25 インフォシーク)

----------------------------------------------------------
デビ夫人:大津いじめ問題巡り、提訴される

大津市立中学2年の男子生徒が昨年10月に自殺した問題を巡り、ブログに顔写真を掲載され、生徒をいじめたとされる少年の母親であるかのように書かれたとして、兵庫県宝塚市のスタイリストの女性(50)が3日、タレントのデビ夫人(72)に1100万円の損害賠償とブログへの謝罪文の掲載を求め、神戸地裁伊丹支部に提訴した。
訴状によると、デビ夫人は7月10日付のブログで、自殺問題とは無関係な女性の顔写真とともに、「自分の息子を人権侵害もはなはだしいリンチ同様な事を平気でする人間に育て上げるとは!」などと記述。女性側は「社会的評価が下落し、多大な精神的苦痛を受けた」と主張している。
一方、デビ夫人の代理人は「掲載したのは少年の父親の写真で、女性は父親の横に写っていた。女性を母親とは記述しておらず、事実関係が全く異なる」として全面的に争う方針。
ブログの写真は既に削除されている。【藤顕一郎】
(2012年08月03日 20時20分/最終更新 08月03日 20時31分 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
デヴィ夫人を提訴 大津いじめで無関係女性をブログ掲載 

大津市で自殺した中2男子生徒がいじめを受けていた問題で、無関係にもかかわらず、タレントのデヴィ夫人のブログに顔写真を掲載されたとして、宝塚市のスタイリストの女性(50)が3日、デヴィ夫人に慰謝料など1100万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁伊丹支部に起こした。
訴状によるとデヴィ夫人は7月10日、自身のブログに、男子生徒をいじめたとされる少年の写真とともに女性の写真を掲載。「自分の息子を人権侵害もはなはだしいリンチ同様なことを平気でする人間に育て上げるとは!」などと書き込んだ。
写真は既に削除されているが、原告側は「被告の記事はインターネット上に広く拡散された。少年の母親と誤解され、著しい精神的苦痛を受けた」とし、謝罪文のブログ掲載も求めている。
デヴィ夫人の弁護人は「ブログでは女性が母親とは明示していない。女性に対し刑事、民事ともに早急に法的措置を取るつもりだ」としている。
(2012/08/03 20:20 神戸新聞)

----------------------------------------------------------
無関係なのに写真掲載、デヴィ夫人に賠償求める

大津市立中2年の男子生徒が自殺したいじめ問題を巡り、タレントのデヴィ夫人(72)のブログに無断で写真を掲載された兵庫県宝塚市のスタイリストの女性(50)が、「いじめの加害者とされる同級生の母親と誤解された」として3日、デヴィ夫人にブログへの謝罪文掲載と1100万円の損害賠償を求め、神戸地裁伊丹支部に提訴した。
訴状では、デヴィ夫人は7月10日、自身のブログに、女性の写真と共に加害者とされる同級生の母親を非難する文章を掲載。実際は母親でなく、事件とも無関係なのに虚偽と知らない人々から批判され、仕事が困難になったとしている。
写真は掲載翌日に削除。女性は同20日、謝罪を求めたが、デヴィ夫人側から「言い掛かりで金銭を取ろうとする行為」と反論され、提訴に踏み切ったという。
訴えについて、デヴィ夫人の代理人弁護士は「同級生の父親の写真としてネット上に広まっていた画像を引用したが、一緒に写っていた女性を母親とは明示していない。全面的に争う」としている。
(2012年8月3日20時06分 読売新聞

----------------------------------------------------------
デヴィ夫人 大津いじめ自殺に絡む提訴報道に「回答書」など掲載で反論

滋賀・大津市の中学生がいじめにより自殺したとされる問題に絡んで、無関係のスタイリスト女性の写真をブログに掲載し、提訴されると一部メディアで報じられたタレント・デヴィ夫人(72)が、2日付の自身のオフィシャルブログを通じ反論した。
デヴィ夫人は、「“まだ提訴もされていない” にもかかわらず大きな見出しで、当事者と弁護士しか知らない内容が出されました。これは明らかに 先方当事者がリークしたことは明白です」「これは私にとって大損害、名誉棄損となり私の娘とご主人、孫にも甚大な被害が被られます。このような記事が 再度出されることを 防がずにはいられません」と、つづる。
記事では先方から抗議を受け写真を削除したとされていたが、「自発的に即翌日の7月11日に消したのです」と主張。また、デヴィ夫人は7月20日付で女性側が代理人を通じて送ってきたという通知書の謝罪や金銭賠償などを請求されたという内容を提示し、それに対するデヴィ夫人側からの「回答書」も掲載している。
それによると、「『ネットで検索すると 色んな情報が掲載されていますので、皆さんも 是非 色々調べてみて下さい』と、ことわって掲載しております」と前置きし、「写真の上に 説明を記載しております。問題とされた写真については、当該写真上部の記述から、この写真の右側に写っている男性が『父親のM・K』であるとの趣旨で掲載したものであり、このことは 当該ブログ記事自体から明らかです。そして、左側に写っている女性が誰であるかについては全く言及しておりません。この写真は 初めに断ったように、インターネットから 転載したものであることは、本文をよく読めばわかることであります」など、詳細に掲載されている。
さらに、デヴィ夫人は同ブログで「あのように取り上げられ 私が受けたイメージダウンは甚大であり、決まっていた仕事も今朝、この件のため いくつかキャンセル・保留になりました」と、被害が出ていることも明かすと、3日付の同ブログでは、相手女性と一部メディアに対し刑事告訴、 民事訴訟も検討しているといい「逆提訴・逆告訴致します」としている。
(芸能ニュースラウンジ)

----------------------------------------------------------
デヴィ夫人、大津いじめ自殺の写真掲載問題で怒りあらわ……「逆告訴します!」
画像
大津市の中学生がいじめにより自殺したとされる問題にからみ、2日にタレントのデヴィ夫人がある女性から提訴されたと一部メディアが報じた。これに対し、デヴィ夫人は2日付けのブログで、「売られたケンカは買いましょう!私は逆告訴します!」と怒りをあらわにしている。
問題となっているのはデヴィ夫人ブログの7月10日付けエントリー。その記事でデヴィ夫人は大津市のいじめ自殺問題に触れ、「とんでもないのが母親」と個人名をあげ、母親が発したとする言動を紹介した上で「この親にしてこの子ありとは、まさにこの事」と憤慨。女性の写真も掲載した。しかし、この掲載写真の女性は、全く無関係の兵庫県在住のスタイリストであることが後に判明。デヴィ夫人はブログから個人名と写真を削除していた。
この件で、2日に一部メディアが、この女性スタイリストは写真を使われたことで「名誉を傷つけられた」として代理人弁護士を通じて来週中にも提訴する意向だと伝えた。
これに対して、デヴィ夫人がブログで反論。「“まだ提訴されていない”にも関わらず、大きな見出しで、当事者と弁護士しか知らない内容が出されました。これは明らかに先方当事者がリークしたことが明白です」「私にとって大損害、名誉毀損となり私の娘とご主人、孫にも甚大な被害が被られます。○○氏(原文は個人名)側は有名人である私を新聞社にタレこみ、結果がどうなることか周知してやった行為は許せません!」と激怒。女性側および一部メディアの名をあげて「逆提訴・逆告訴致します」とつづっている。
(08/03 14:02 インフォシーク)

----------------------------------------------------------
デヴィ夫人“ブログ問題”で猛反論!なぜ提訴されるのか

タレントのデヴィ夫人(72)は2日、自身のブログで、本紙が1日に報じた「大津いじめ波紋 一般女性がデヴィ夫人提訴へ 無関係なのにブログに写真掲載され」の記事に反論した。
ブログでデヴィ夫人は「イメージダウンは甚大」「何故 悪意も何もない私が、提訴されなければならないのか?」とし、提訴する女性や本紙などに対し「逆提訴・告訴することを考えております」と綴ったが、3日午前9時半現在、この記述部分は閲覧できなくなっている。
デヴィ夫人は7月10日付のブログで、いじめ問題を取り上げた際、加害者とされる生徒の母親の記述とともに無関係の女性の写真を掲載。女性はデヴィ夫人に対し、名誉毀損で民事訴訟を起こす方針を固めている。
(2012.08.03 ZAKZAK)

----------------------------------------------------------
大津いじめ自殺写真掲載問題 デヴィ夫人「逆告訴します」

滋賀県大津市で中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとされる問題に触れたブログで、加害少年の母親であるかのように写真を掲載されたとして女性スタイリストがタレントのデヴィ夫人(72)に損害賠償などを求め提訴を検討していることについて、夫人は2日付のブログで反論した。
問題となっているのは、7月10日付のブログで、女性が男性と一緒に写っている写真を掲載。
夫人は「写真に写っている男性が父親であるとの趣旨で掲載したもの」であることは「写真上部の記述から明らか」とし、「女性が誰であるかについては全く言及しておりません」としている。
女性側は、夫人がこの写真を取り上げたことで広くインターネット上に拡散したなどとしているが、「当方が既に広まっていたインターネットより転用したのであって、当方のブログを引用しているのではなく、これは言い掛かりというほかありません」と主張。
また、ブログから写真を削除した時期に関しては「先方から抗議を受けて外したのではありません」と説明。女性側から謝罪文掲載などを求めた7月20日付の通知書が届いた後ではなく、「自発的に即(ブログ掲載)翌日の7月11日に消したのです」としている。
夫人は本紙の取材に「(女性側の言動、主張は)私に対する名誉毀損(きそん)であり、損害も発生している。逆告訴ないしは提訴を検討している」と話した。
(2012年8月3日 06:00 スポニチ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【中2いじめ自殺】 デヴィ夫人を「名誉毀損」で提訴へ ブログに写真掲載された無関係の女性
画像
デヴィ夫人ことデヴィ・スカルノ

大津市の中学2年の男子生徒が昨年10月自殺した問題で、無関係の兵庫県宝塚市に住むスタイリストの女性(50)が、タレントのデヴィ夫人のブログで、写真などを掲載され、「(いじめをしていたとされる同級生の)母親のように扱われ名誉を傷つけられた」とし、デヴィ夫人に損害賠償を求め、近く神戸地裁伊丹支部に提訴することが1日、女性の代理人弁護士への取材でわかった。
女性の弁護士によると、デヴィ夫人は自身のブログで、女性の写真とともに「とんでもないのが母親の○(原文個人名)」「自分の息子を人権侵害もはなはだしいリンチ同様な事を平気でする人間に育て上げるとは!」などと記述した。
女性側は「スタイリストとしての営業活動に著しい困難を強いられる」とし、謝罪文の掲載や「相当な金銭賠償」を求めた。デヴィ夫人はブログで写真と個人名を削除したが、賠償には応じず「言いがかり」などと文書で回答した。
デヴィ夫人の個人事務所は産経新聞の取材に「事実関係を確認していない。答えられない」としている。
(2012.8.2 11:32 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
デヴィ夫人訴えられた!大津いじめでブログに無関係女性写真

滋賀県大津市で中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとされる問題にからみ、タレントのデヴィ夫人(72)が提訴されることが1日、分かった。夫人は自身のブログでこのいじめ問題に触れた際、無関係の女性の写真を掲載していた。写真を使われたことで女性は「名誉が傷付けられた」としており、代理人弁護士は「来週中にも裁判所に訴状を提出する」としている。
訴えを起こすのは兵庫県在住の女性スタイリスト(50)。
代理人によると、夫人は「大津市のいじめ自殺事件」と題した7月10日付のブログに「とんでもないのが母親」と実名を挙げた上で「自分の息子を人権侵害もはなはだしいリンチ同様な事を平気でする人間に育て上げるとは!」などと母親のことを痛烈に批判。その上で女性の写真を掲載していた。しかし、そこに写っていたのはいじめたとされる同級生の母親ではなく、無関係の女性スタイリストのものだった。
大津のいじめ自殺問題は7月初旬に問題化。その直後からインターネットの掲示板には、女性の写真が「母親」であるかのようにアップされていた。デヴィ夫人はその情報をもとにブログに取り上げたとみられ、ネット上で大きな話題となった。代理人は「デヴィ夫人は誤った情報を信じて書き込んだ。もう少し確認してから書くべき。社会常識として許されない」と憤っている。
顔写真が掲載されたことで、女性が請け負っていた仕事の依頼主に「あの人は大丈夫か?」といった問い合わせが相次いだそうで「精神的苦痛を受けただけでなく、今後スタイリストとして仕事が減るなどの影響が出るのは明らか」と代理人。7月下旬、夫人にブログへの謝罪文の掲載や金銭賠償などを求める通知書を送った。
これを受け、夫人は写真を削除したものの「損害賠償請求は筋違い」「言いがかり」と謝罪文の掲載などを文書で拒否したため、損害賠償を求める民事訴訟を起こすことを決めた。代理人は「謝罪するなどの誠意が見られれれば、女性も訴えるようなことはなかった。夫人の経歴を見る限り、常識ある方だと思っていたのに…」とため息まじりに話した。一方、デヴィ夫人側は、担当マネジャーが「自分は書面を見ていないので、コメントのしようがありません」と話している。
デヴィ夫人は大津いじめ問題を取り上げた先月10日のブログで、問題とは関係のない男性らの実名や勤務先などを記載。3日後にブログで謝罪するなど、その内容が問題視されていた。
(2012年8月2日 06:00 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
“いじめ自殺”の波紋…ブログでさらされた女性、デヴィ夫人を提訴へ

滋賀県大津市の中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとされる問題で、タレントのデヴィ夫人(72)がブログでこの問題について触れた際、無関係の女性(50)の写真を掲載し、その女性が「名誉を傷つけられた」としてデヴィ夫人を訴えることが1日分かった。女性は、ブログに顔写真をさらされたことで、仕事にも支障が出ているという。女性の代理人弁護士は夕刊フジの取材に対し「来週中にも訴訟準備を済ませる」と話している。
訴えを起こすのは、兵庫県在住のスタイリストの女性。
女性の弁護士によると、デヴィ夫人は自身のブログ『デヴィの独り言 独断と偏見』で、《大津いじめ自殺事件》と題し、7月10日、《とんでもないのが母親の×××(原文では個人名)》《自分の息子を人権侵害もはなはだしいリンチ同様な事を平気でする人間に育て上げるとは!》などと、いじめの加害者とされる生徒の母親を批判した。その上で、少年の親族とされる男性とともに女性が写った写真をアップした。
だが、写真の女性は、デヴィ夫人が名指しした生徒の母親とは別人で、スタイリストの女性だった。
無関係の自分の顔写真が載るブログに驚いたこの女性は弁護士に相談。7月下旬、「記事の内容と写真を見ると、女性と生徒の母親が同一人物であるかのように読み取れる。著しい精神的な苦痛を受けただけでなく、スタイリストとしての営業活動も困難を強いられている」(弁護士)として、デヴィ夫人に対し、ブログに謝罪文の掲載のほか「相当の金銭賠償」などを求める通知書を送付した。
抗議を受けたデヴィ夫人は、ブログ内容の一部を訂正したものの、「損害賠償を請求するのは筋違い」「言い掛かりで金銭を取ろうとする行為であると感じられます」などと文書で拒否。女性側は「回答は自身の掲載責任を転嫁するような内容。まったく誠意が感じられない」(弁護士)とし、損害賠償を求める民事訴訟を起こすことを決めたという。
今回の件に関して、デヴィ夫人の個人事務所「オフィス デヴィ スカルノ」は夕刊フジの取材に対し、「詳細が分からないため、コメントできない」としている。
デヴィ夫人のブログをめぐっては、加害者とされる別の男子生徒の親族として名指しされた男性も、無関係の別人だったことが判明し、夫人がブログのなかで謝罪している。
(2012.08.01 ZAKZAK)
記事見て、影響力ある人から非難されれば、事実と異なっても「営業活動の困難を強いられる」のは当然で、謝罪文掲載は被害者として当然の権利で、影響力のある人の修正文なら見る人も多いので広がりも早い。名誉と営業回復が目的なら、被害届けや賠償要求よりメディアに出て別人と主張すれば確実。
絶大な影響力あるメディアの過剰報道すら事実と異なっても一瞬人知れず謝罪するだけなのに、ブログ文に高額賠償まで求めるのは加害者の立場に立った魔女狩りで、場外乱闘で大津加害者が高笑いするのが目に浮かぶ…と思ってた。


[大津でイジメにあって自殺した生徒のニュース見て、心を痛めてる全く関係ない人が被害にあった]とばかり思ってたので、NEWS23クロス見たとき擅俊光が加害者側の主張と酷似しすぎて疑問に思ったが、思い当たる写真はあった。
だが゛、記事では女性スタイリストの「年齢が50歳」、「親族として名指しされた男性も、無関係」となってたので50には見えないので別人と思ってた。
しかし、一部記事で「写真の右側に写っている男性が父親」と『デヴィ夫人VS女性スタイリスト 問題の写真はコレ 知ったかぶりの境界線』でやっぱり同じ写真だったとわかり、家族じゃなくても加害者の仲間なら自業自得。



食べる唐辛子ふりかけ 130gデヴィ夫人お取り寄せ!
美味逸品
7月20日放送の「笑っ○いいとも!」で、 デヴィ夫人のプレゼントは この「食べる唐辛子ふりかけ」です

楽天市場 by 食べる唐辛子ふりかけ 130gデヴィ夫人お取り寄せ! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック