大津・中2自殺:県教委が担任処分

大津・中2がいじめを受け自殺してから1年半。県教委が元担任に下した処分は減給1カ月(10分の1)。



大津・中2自殺:市長、担任処分「軽い」 「いじめ調査反映されず」/滋賀
画像
当時の担任教諭の処分を発表し、頭を下げて陳謝する県教委の幹部ら(県庁で)

2011年10月、いじめを受けた大津市立中2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、滋賀県教委は17日、生徒の担任だった男性教諭(41)に対し、減給10分の1(1か月)の懲戒処分を下した。
県教委は「元担任が最後の処分者」としており、いじめ問題で処分を受けた教育関係者は、男子生徒が通った学校では5人、市教委では3人となった。
担任だった教諭は昨夏から体調不良で療養に入っていたため、唯一、処分が保留されていた。4月から仕事に復帰し、現在、中学校とは別の施設で研修に臨んでいるという。
勤務を再開した後、市教委の関係者らがいじめ問題での対応を聞き取り、処分の内容が検討された。男性教諭は「今から思えば、男子生徒に行われていた行為をいじめと疑い、対応していれば自殺を防げたのでは。男子生徒の心情を受け止めることができなかったことを反省している。本当に申し訳ない」と述べ、処分については「厳粛に受け止める」と語っているという。
県教委の処分発表とは別に、市教委の富田真教育長と松田哲男教育部長も市役所で会見を開いた。富田教育長は「こういったことが二度と繰り返されないよう、職員一丸となって取り組み、信頼回復に全力を尽くしたい」と話した。
一方、担任教諭への処分内容について、越直美市長は「非常に軽い処分だ。一人の子どもの命が失われたことをよく考えてほしい」と不満をにじませ、処分を始めとする人事上の任免権を県教委がもっていることに対し、「制度の弊害が現れた」と述べた。
男子生徒の父親は「いじめに対する元担任教諭の不適切な対応を考えると、今回の処分はあまりに軽い。また、息子の死から1年半もの時間が必要だったことも納得がいかない。市の第三者調査委員会の判断や指摘がなければ、学校や市教委はいじめの真相を明らかにすることもできなかった。また教員の責任を問うこともできなかった。学校、教育現場に、より良い教育現場を作ろうとする意欲が感じられないことを改めて思い知らされ、がくぜんとする思いだ」とコメントした。
(2013年5月19日 読売新聞

----------------------------------------------------------
大津・中2自殺:市長、担任処分「軽い」 「いじめ調査反映されず」 /滋賀

大津市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺してから1年半。県教委が元担任の男性教諭(41)に下した処分は減給1カ月(10分の1)だった。県教委は「処分は相当」と説明したが、越直美市長は軽すぎると批判し、県教委に処分決定の経緯をただす考えを示した。
県教委は17日の記者会見で、処分を決めた根拠として「(男性教諭が)いじめを認識できなかったことが一因となり、男子生徒が自死に至った可能性がある」などと説明。報道陣から「処分が軽いのでは」と質問が出たが、妥当との認識を示した。
これに対し、越市長は「一人のお子さんが亡くなったことに対して、処分がこんなに軽くていいのかと思う」と批判した。また、第三者調査委の調査結果に基づき、男性教諭は自殺前にいじめを認識していたと考えるのが合理的と指摘。「しっかり調査したものが(処分に)まったく反映されていない」と強く反発した。
 ◇「認めた時点で責任問うべき」--生徒の父
男子生徒の父親(47)は「学校と市教委は既に1年半前に、いじめがあったことを認めている。その時点で(男性教諭の)責任を問うべきだった」とコメントを寄せた。
処分を伝えた富田真・市教育長によると、男性教諭は「極めて冷静に、厳粛に受け止めていた」という。【石川勝義、千葉紀和】
5月18日朝刊
(5月18日(土)15時26分配信 毎日新聞)




【県教育長が担任処分「相応の処分だ」】
大津・中2自殺:担任処分、県教育長「相応だ」 いじめ事前認識、報告なし/滋賀

同級生からいじめを受けていた大津市立中学2年の男子生徒が自殺した問題を巡り、県教委が当時担任だった男性教諭(41)を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にしたことについて、河原恵・県教育長は22日、「相応の処分だ」と述べた。
処分を巡っては大津市の越直美市長が、「(生徒が亡くなるまで)いじめは知らなかったという前提の処分で、市の調査が反映されていない」と批判。自殺した生徒の父親(47)が「あまりにも軽いというのが率直な気持ち」とのコメントを発表していた。
河原教育長は定例記者会見で、処分について「(男性教諭が自殺前にいじめを認識していたと)市教委の報告になかった。現行制度に従い、総合的に判断した」と述べた。
また越市長が求めている、教職員の人事権の委譲について「メリットもあるが他地域への影響など課題もある。議論は必要だが、現行制度の範囲内で粛々と対応したい」と慎重な姿勢を示した。【加藤明子】
5月23日朝刊
(5月23日(木)17時8分配信 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
県教育長「相応だ」 大津中2自殺の元担任処分で

大津市立中2年の男子生徒が自殺した問題で、担任だった男性教諭(41)が県教育委員会から受けた減給処分をめぐり、大津の越直美市長が「軽すぎる」と批判していたことについて、河原恵県教育長は22日、「市教委の内申などに基づいたもので、相応の処分だ」との見解を示し、反論した。
県庁での定例会見で述べた。教諭は今月17日、いじめを把握できる状況にありながら適切に対応しなかった責任を問われ、減給10分の1(1カ月)の処分を受けていた。
(2013.5.23 02:07 MSN産経ニュース)




【市教委が自分たちの対応検証】
大津いじめ自殺:教育委員の検証報告公表、反省点も

大津市で2011年10月、いじめを受けていた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、市教委は22日、教育委員4人が自分たちの対応の問題点をまとめた検証結果を市のホームページに公表した。反省点として市教委事務局との情報共有や連携の不足などを挙げている。
自殺直後の判断では、「いじめ、家庭の事情、交友関係などが絡み合って起こったのだろうと漠然と思い込んだ」とし、自殺の公表を望まない遺族の意向を聞いて、「家庭の事情が大きかったのかと思った」と記載。市教委事務局からの報告を待つことに終始し、教育委員会協議会を開催しなかったことや、生徒を対象としたアンケートで伝聞情報の内容を踏み込んで確認しなかったことを問題点としている。
検証結果は今年3月、教育委員が市教育長に報告した。【石川勝義】
(2013年05月23日 12時23分/最終更新 05月23日 13時25分 毎日新聞
----------------------------------------------------------
「家庭の事情と思い込み」 大津いじめ、教育委員が検証

【伊藤舞虹】2011年10月に大津市でいじめを受けた市立中学2年の男子生徒(当時13)が自殺した問題で、市教委は22日、当時の教育委員が自分たちの対応を検証した報告書を公表した。自殺の要因として、いじめより家庭の事情が大きいと思い込み、「事務局の報告を待つことに終始した」と自己批判した。
報告書は、昨年12月に任期満了で退職した沢村憲次・前教育長を除く4人の連名で、今年3月末に市教育長に提出。市のホームページでの公表を検討し、個人情報部分をどこまで開示できるか確認していた。
報告書によると、教育委員たちは、生徒が自殺した11年10月11日、市教委事務局から報告を受けた際、いじめ、家庭の事情、交友関係が複雑に絡み合って自殺が起きたと漠然と想像した。その後、事務局から個別に電話があり、「遺族に『そっとしておいてほしい』『公表してほしくない』と求められた」と伝えられ、自殺は「家庭の事情が大きかったのか」と思い込んだ、としている。
(2013年5月23日5時31分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
大津いじめ、市教委の反省文公開 市HPで

大津市皇子山(おうじやま)中いじめ問題で、市教委や元市教委ら四人が富田真教育長に提出した報告書が二十二日、市のホームページで公開され、具体的な内容が明らかになった。「情報の共有と連携が不足していた」などの問題点を挙げ、「できない部分については助けを求めるという姿勢が、特に教育関係者に欠けていた」と反省点を盛り込んでいる。
報告書は「教育委員の振り返りと今後の対策」と題され、本編二十六ページ。個人情報に配慮し、一部を黒塗りにした。報告書が作成された三月下旬当時に教育委員をしていた本郷吉洋、饗場貴子、岡田隆彦、竹内孝子の四氏が連名で提出していた。
報告書では「市教委事務局からの報告を待つことに終始し、すぐ協議会を開催しなかった。より主体的に動き、情報収集に努め、発信も含めて提言すべきである」と振り返っている。個人情報保護を理由に定例会で発言を控えたことには「方法はいろいろあったように思う。説明責任ということに対する認識が非常に甘かった」とした。
「家庭や地域社会との対話によって、情報の共有化、行動の連携を行い、学校、市教委の信頼回復を図ることに全力を注ぐ」と今後の対策をまとめている。
(山内晴信)
(2013年5月23日 中日新聞)

----------------------------------------------------------
「いじめ対応不十分だった」大津市教委検証HP

いじめを受けた大津市立中学2年の男子生徒が自殺した問題で、大津市教委は22日、当時の教育委員4人が自分たちの対応を検証した結果を市のホームページで公表した。生徒の自殺後、中学校が行った全校アンケートの要約を見たのに内容の確認が足りず、問題の重大さに気付かなかった点などを挙げ、「対応が不十分だった。大変申し訳なく思っている」と総括している。
検証結果では「(自殺問題が起きた後)市教委事務局から報告を待つことに終始し、すぐに協議会を開かなかった」「緊急事態の場合こそ、教育委員が主体的に動き、情報の収集と発信に努めるべきだった」とした。
改善策として〈1〉定例の会合だけでなく、必要に応じて臨時会も積極的に開く〈2〉個人情報の取り扱いに配慮した上で、適切な情報発信に努める――ことなどを挙げている。
同市教委では生徒の自殺問題を受け、教育委員が教育課題を話し合う勉強会を頻繁に開いているほか、事務局から毎日、電話連絡を受ける体制に改めている。
(2013年5月22日 読売新聞




大津いじめ自殺、元同級生2人を家裁送致へ

2011年10月に自殺した大津市立中学2年の男子生徒(当時13)に「死ね」などと脅したとして、大津地検は当時14歳の元同級生2人を脅迫などの非行内容で大津家裁に近く送致する方針を固めた。ただし、こうした行為が生徒の自殺につながったとは認定できないとして、「保護観察処分が相当」との意見をつけるとみられる
捜査関係者によると、2人は生徒が自宅マンション敷地内で自殺する数日前、教室で「お前、きもい(気持ち悪い)」「死ね」「お前の家族全員死ね」といった言葉を浴びせたという。自殺後の学校側による全校生徒アンケートで「自殺の練習をさせられていた」といった回答が寄せられ、いじめ問題が分かった。
遺族は昨年7月、暴行や器物損壊など6容疑で2人を含む3人を滋賀県警に告訴。県警は2人を3容疑で地検に書類送検し、刑事罰に問われない当時13歳の1人を児童相談所に送致した。地検は送検された2人から改めて聴取し、自殺した生徒への脅迫ととれる言葉を告げていたことが裏付けられたという。
(2013年5月23日5時5分 朝日新聞)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック