進む中国化 auの誇大広告 テレビは黙殺

iPhone 5を含む「au 4G LTE」対応端末ならば、受信速度最大75Mbpsの高速通信を利用できる地域を、2013年3月末までに96%に拡大するとしていたが、実際に拡大する計画は元々無く、3月末時点で14%のままだった。

au版iPhone 5、75Mbpsの実人口カバー率はわずか14% - 消費者庁より措置命令

KDDIは21日、au版iPhone 5を使用した場合に、下り最大75Mbpsでの利用可能エリアが、3月末時点で実人口カバー率のわずか14%の範囲にあったことを明らかにした。同社が21日に消費者庁より、「au 4G LTE」の広告の一部について、景品表示法に基づいた措置命令を受け、数値を公表した。
画像
iPhone 5では3月末時点でわずか14%に

iPhone 5では3月末時点でわずか14%に

同社の発表によると、au 総合カタログやホームページ上において、「サービス開始時より全国主要都市をカバー」「4G LTE(iPhone 5を含む)対応機種なら」「受信最大75Mbpsの超高速ネットワークを実人口カバー率96%に急速拡大。(2013年3月末予定)」などと表示。しかし、ことし3月末日時点において、iPhone 5使用時の受信最大75Mbpsの速度での利用可能エリアは、実人口カバー率のわずか14%の範囲であった。
問題となったのは、「au 総合カタログ 2012 11」「au 総合カタログ 2012 12-2013 1」および2012年9月14日から11月30日まで記載していた同社のホームページ上の表記。さらに、同表示をした時点で、iPhone 5が対応する2.1GHz帯において、サービスの利用可能エリアを実人口カバー率96%に拡大する計画がないことも明らかにした。
今回の措置命令を受け、同社では広告のなかでの表記を3月中旬までに修正、ユーザーへの周知のために新聞への謹告文の掲載、同社ホームページやau販売店におけるお詫び文を掲示した。また、再発防止策として、広告チェック体制の強化や内部監査などを実施するとしている。
(2013/05/21 マイナビニュース)

----------------------------------------------------------
iPhone5の75Mbps LTEカバー率14%だった auの誇大広告にネットで怒り爆発

KDDIは2013年5月21日、高速通信サービス「au 4G LTE」の広告で、アップルの「iPhone(アイフォーン)5」が対応するエリアを実際より広く表示したとして、景品表示法違反(有利誤認)で消費者庁から措置命令を受けたと発表した。
消費者庁によると、KDDIは12年9月以降、ホームページや製品カタログで、アイフォーン5を含むLTE対応スマートフォンについて、下り毎秒75Mbpsの通信速度のエリアが、「サービス開始時より全国主要都市をカバー」「2013年3月末人口カバー率で96%になる」などと記載していた。

「最悪だなぁau。恥ずかしくないのかなぁ?」
しかし、実際にはサービス開始当初「75Mbpsの速度で利用できる地域は極めて限られていた」(消費者庁)。また、13年3月末までのサービスエリア拡大の対象は、Android搭載スマートフォンが送受信できる周波数帯域に限られており、iPhone5については、全国のほとんどの地域において計画はなかった。
そのため、13年3月末時点でも、iPhone5で75MbpsのLTEサービスを利用できる地域は、実人口カバー率14パーセントの地域のみだった。
KDDIは「お客様に多大なるご迷惑をおかけしたお詫びと、このような事態を発生させた責任として」、田中孝司社長以下、関係責任者の報酬を3か月間10%から20%減らすとしているが、そんなものでは甘いとネットユーザーは怒りを爆発させている。

「これって、減俸で済む問題なのだろうか…」
「auのLTE虚偽。LTEとして使用料余分に取っていてこれは確信犯の詐欺では?。最悪だなぁau。恥ずかしくないのかなぁ?。役員の減給だけじゃなく契約者に返金すべきじゃないの?」
「嘘ついて勧誘して・・・2年縛りで囲い込んで・・・繋がりもしないLTEで金とって・・・酷い奴らだね。 早く解約したい・・・」「そこまでしてiPhone5売りたかったんか」

このLTEカバー率表示の問題は、ネットでは12年11月頃からすでに指摘されていた。12年12月11日にJ-CASTニュースがこの件についてau広報に問い合わせた際には、「表記はすでに修正した。au 4G LTEのエリアはホームページ上で公開している。iPhone5に限ったエリアは掲載していない」などと話していた。
また、総務省も2013年5月10日、再発防止策を取るよう同社を行政指導していた。
(2013年5月21日19時42分 J-CAST)

----------------------------------------------------------
消費者庁もKDDIに再発防止を命令 iPhone高速通信の過大表示広告で

米アップルの「iPhone5」が対応する高速通信サービス「LTE」の広告で、KDDI(au)が通信エリアの拡大計画を実際より過大に表示したのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は21日、同社に再発防止などを求める措置命令を出した。
同庁によると、KDDIは昨年9-12月、商品カタログやホームページ上で、iPhone5は全国主要都市で最大毎秒75メガビットの高速通信が利用でき、通信エリアが今年3月末に「実人口カバー率96%に拡大」などと宣伝した。
しかし、実際にはそこまでエリアを拡大する計画はなく、昨年9月にこの速度で通信できる地域はほとんどなかった上、今年3月末でのカバー率も14%にとどまっていた。
この問題では、総務省も10日、再発防止策を取るよう同社を行政指導した。
(2013.5.21 18:35 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
au「4G LTEカバー率96%」実は14% 国指摘

【岩波精】「iPhone(アイフォーン)5」に対応する次世代高速通信LTEのエリアについて、「カバー率96%」などと表示したのは景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして、消費者庁は21日、KDDI(au)に再発防止と周知徹底を命じた。
同社は3月、「誤記があった」との社告を出したが、同庁は消費者の誤認を取り除くには不十分だとして措置命令に踏み切った。
同庁によると、同社は昨年9月にiPhone5を発売、LTEも開始した。LTEのうち通信速度が最大75メガビットの「4G LTE」サービスについて、同9~12月、ホームページなどに「2013年3月末には実人口カバー率96%に拡大」「全国主要都市部をカバー」と表示した。
(2013年5月21日18時29分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
消費者庁がKDDIに措置命令 「iPhone 5の75Mbpsサービス、人口カバー率96%へ」 → 実際は14%でした
auでiPhone 5を使っている人はご注意を。


KDDIは5月21日、同社の「au 4G LTE」広告の一部について、不当景品類及び不当表示防止法第6条の規定に基づき、消費者庁から措置命令を受けたことを発表した。iPhone 5の「4G LTE」提供範囲について、カタログやサイトなどでは「受信最大75Mbpsの超高速ネットワークを実人口カバー率96%に急速拡大(2013年3月末予定)」などと記載していたが、実際は2013年3月末時点でも、75Mbpsサービスの実人口カバー率はわずか14%にすぎなかったという。
KDDIは現在、800MHz、1.5GHz、2.1GHzの3つの周波数帯でLTEサービスを提供しており、このうちiPhone 5が対応しているのは2.1GHz帯のみ。このため他の機種では75Mbpsサービスのエリア範囲内でも、iPhone 5ではエリア外になってしまうケースがあったようだ。また発表資料によると、当初から「iPhone 5が対応する周波数帯域については、75Mbpsサービスを利用できる地域を実人口カバー率96%に拡大する計画はありませんでした」とのこと。
今回の措置命令を受け、KDDIでは今後、上記内容を一般消費者に周知徹底するとともに、広告チェック体制を強化するなどし再発防止に努めるとのこと。併せて、代表取締役社長の田中孝司氏を含む責任者6人の報酬を一部返上することも発表された。
画像

ピンクの部分が4G LTE対応エリア……だが、iPhone5のサービスエリアは実際はこれより狭い(4G LTE サービスエリアマップより)

追記
実人口カバー率14%だったのは「下り75Mbps」の高速LTEサ-ビスのみであり、「下り37.5Mbps」のLTEサービスはそれより広範囲で提供されていた(正確なカバー率は非公開)とご指摘いただき一部表現を訂正させていただきました。
(2013年05月21日 17時29分 更新 ねとらぼ)

----------------------------------------------------------
iPhone 5でのau「4G LTE」75Mbpsサービスの実人口カバー率が14%だったことが判明
画像

au(KDDI)が2012年9月21日からスタートした高速通信サービス「4G LTE」は、「開始時から全国の主要都市をカバー」「4G LTE(iPhone 5含む)対応機種なら」「受信最大75Mbpsの超高速ネットワークを実人口カバー率96%に急速拡大。(2013年3月末予定)」などとカタログや公式サイトで表示していましたが、実際にiPhone 5を使用して4G LTEに接続したとき、75Mbpsサービスを利用できるエリアの実人口カバー率は96%ではなく14%だったことが明らかになりました。

当社に対する措置命令に関するお詫びとお知らせ
(PDFファイル)http://www.kddi.com/corporate/news_release/pdf/20130521.pdf
画像


「au 4G LTE」広告の一部に対する措置命令に関する関係責任者の報酬の一部返上について
(PDFファイル)http://www.kddi.com/corporate/news_release/pdf/20130521a.pdf
画像
auはこの広告の一部について、消費者庁から不当景品類及び不当表示防止法第6条の規定に基づく措置命令を受けました。4G LTEの件は「au総合カタログ2012 11」「au総合カタログ2012 12-2013 1」に記載されていたほか、2012年9月14日から11月30日まで公式サイトでも表示が行われていました。

auによると、iPhone 5を使用した場合に受信最大75Mbpsとなるサービスを利用できる地域は、2013年3月末日時点で実人口カバー率が14%で、また、iPhone 5が対応する周波数帯域では、75Mbpsサービスが利用可能な地域を実人口カバー率96%に拡大する計画はなかったとのこと。

この広告については、2012年11月に社内点で広告表示の点検を行った際、対象機種が分かりづらい点があることが判明したため、2013年3月中旬までに修正されています。

上記の件で、「お客様に多大なるご迷惑をおかけしたお詫びと、このような事態を発生させた責任として、関係責任者の報酬の一部を返上します」ということで、田中孝司代表取締役が月例報酬の20%を3ヶ月間返上するほか、合計6名の関係責任者が報酬の一部を返上することを発表しています。

追記
記事タイトルとトップ画像を修正、現在auに詳細部分について問い合わせ中です。

iPhone 5を使用して4G LTEに接続したとき37.5Mbpsサービスを利用できるエリアの実人口カバー率についてauに問い合わせたところ、「これまでとおりご利用いただけるエリア(住所)を公開させていただきます」とのことでした。
(2013年05月21日 15時34分43秒 GIGAZINE)
追記の修正記事やテレビの無風状態見る限り、 auは謝罪と改善による信頼回復ではなく隠蔽と圧力に重きを置いたと推測できる。毎日と読売の記事も現時点で見つからない、以前ならテレビでも批判に加熱していただろう(数年前にソフトバンクが通話料無料を強調し「ソフトバンク同士」は小さく載せたことは各局連日批判した)が、各局視聴者よりもスポンサー優先し一切批判しなかった。

昔大久保で知り合った中国人が、自国の企業をメディアが連日批判するテレビ見ながら「中国ならありえない。隠蔽される」と感動してたのを今でも鮮明に覚えてるが、「かつての小沢批判や現在の橋本潰し」等、事実の改ざんには各局加担して既成事実化させようと連日(映画も10分間のスタンディングオベーションでカンヌは絶賛だと実態酷評伝えず美化して)報じるものの、CMスポンサーである大手企業・サラ金・弁護士事務所の問題は黙殺する。ネット見なければ事実か知ること出来ない今の日本は中国とさほど変わらない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック