口にテープ…神戸の小学校で体罰判明

神戸市の市立小学校で昨年度不適切事例があり、市教委が体罰と判断、各教員の処分を検討している。
画像

神戸市教育委員会事務局


トイレ行かせず失禁、前日の給食食べさす…神戸の小学校で体罰 市教委認定

神戸市の市立小学校で昨年度、教員が私語をやめない児童の口にティッシュペーパーを貼り付けたり、前日の給食の食べ残しを食べさせたりする不適切事例があり、市教委が体罰と認定していたことが分かった。
文部科学省は今年3月、生徒指導上認められる「懲戒」と認められない「体罰」を例示して周知を促す通知を各教育委員会に出したが、市教委はこれらの事例について「不適切で許されない指導」と判断、各教員の処分を検討する。
市教委によると、神戸市灘区の小学校では昨年12月、女性教員(37)が授業中に私語をやめなかった当時2年生の男児に対し、口にティッシュペーパーを押し当ててテープで貼り付け、そのまま10分間授業を受けさせた
灘区の別の小学校では昨年10月、男性教員(26)が給食時間に、当時5年生の男児前日に食べ残したパイナップルを口に持っていって食べさせた。パイナップルは前日から丸1日常温で放置されていたという。男児の健康に問題はなかった。
また、兵庫区の小学校では今年1月、女性教員(25)が、授業前にクラス全員にトイレに行くように指導。5分後に「トイレに行きたい」と申し出た当時1年生の女児トイレに行かせず、女児が失禁したケースもあった。

文科省の通知では、子供を授業中教室で立たせたり、頻繁に立ち歩く子供を叱って席に着かせたりする行為などについては「認められる懲戒」とされたが、市教委は、今回の各事例は懲戒の範囲を逸脱していると判断した。
神戸市教委では2月、市内の公立学校に通う児童・生徒の保護者を対象にアンケートを実施し、今回の3件を含む78件の体罰が判明した。
(2013年05月03日21時53分 産経新聞 - livedoor ニュース)

----------------------------------------------------------
ティッシュで口ふさぐ 体罰で処分検討 神戸市教委

神戸市内の市立小学校で2012年度、児童の口にティッシュペーパーを張り付けてふさいだり、トイレを我慢させて失禁させたりしたケースがあったことが3日、同市教育委員会への取材で分かった。前日の給食の残りを食べさせた事案もあった。市教委は「直接的な暴力はなくても、精神的苦痛を与えた」として3件とも体罰と判断し、処分を検討している。
市教委によると、昨年12月、2年生の男子児童が授業中に私語をやめないため、担任の女性教員(37)が口にティッシュペーパーを当て、約10分間、テープで留めたままにした。
今年1月には、1年生を担当する女性教員(25)が、給食後の授業前に全員にトイレに行くよう指導。5分後に女子児童の1人が「トイレに行きたい」と訴えたが、授業が終わるまで約40分間行かせず、失禁させた。
また、昨年10月には給食のパイナップルを残した5年生の男子児童に対し、翌日、男性教員(26)が食べさせた。事前に食べる約束をしていたためという。
神戸市内の市立学校では12年度、78人の教員が104件の体罰をしていた。暴力を伴う内容が大半だが、児童・生徒を長時間立たせたり、走らせたりしたケースもこの3件と同様に体罰と認めた。(田中陽一)
(2013/5/3 18:44 神戸新聞)

----------------------------------------------------------
体罰教員78人、9割が未報告 神戸市教委

神戸市教育委員会は30日、市立学校の保護者に実施したアンケートなどの結果、2012年度中に体罰をした教員は小中学校と高校で計78人だったと発表した。市教委が事前に把握していたのは6人で、9割超の72人は調査実施まで学校側から報告がなかった。市教委は「体罰の認識に甘さがある。厳格な報告を指導する」としている。
アンケートは文部科学省の要請で、2月中旬から全保護者へのアンケートと教員への聞き取りで行った。78人の内訳は、小学校35人、中学校40人、高校3人。件数は104件で1人の教師が5件の体罰に関わった例もあった。
市教委によると、未報告だった72人の中には、児童をはたいてこけさせ、頭部に裂傷▽生徒をフェンスに押しつけ、頭部を裂傷‐など、明らかな外傷を負わせた教員が3人いた。ほかは、殴ったり蹴ったりして打撲を負わせたのが12人▽けがはなかったものの、長時間立たせたり壁に押しつけたりしたのが57人。
一方、部活動の指導中に生徒の腹部を殴り、ろっ骨を折るなどした中学校教員ら計6人は、事案後に学校側が市教委に伝えていた。
78人中3人は免職や減給の処分済みで、市教委は残る75人の処分を検討する。また、識者やスポーツ指導者で構成する委員会を5月中に立ち上げ、現場が萎縮せず、体罰にも頼らない指導の在り方を提言してもらう。(田中陽一)
(2013/4/30 20:44 神戸新聞)
Google ニュース検索では朝日・毎日(校長・教頭の人事異動のみ掲載)・読売の記事は見当たらない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック