越谷署長が署長官舎で無理やりキス

埼玉県警の越谷署長・緑川警視が知人女性に無理やりキスして抱きしめるなどセクハラ発覚で依願退職、緑川警視は女房もちで女性と交際はしていなかった。


元越谷署長をセクハラで停職3月

知人女性にセクシュアル・ハラスメントをしたとして、埼玉県警は22日、警務部付けに異動となっていた元越谷署長の緑川清正警視(60)を停職3月の懲戒処分とした。緑川警視は「キスぐらいなら大丈夫だと思い、魔が差した。申し訳なかった」と話し、22日付で依願退職した。
県警監察官室によると、緑川警視は3月下旬夜、越谷市内で、知人の成人女性と2人で食事後、署長公舎で、抱きしめてキスするなどのセクシュアル・ハラスメントを行ったとしている。緑川警視は妻帯者だが、女性と交際はしていなかったという。女性は告訴する意思はないという。
緑川警視をめぐっては、4月15日に越谷署長から県警本部の警務部付きに異動となっていた。県警監察官室の石井正則首席監察官は「模範となるべき幹部職員が起こした事案で遺憾。被害社と県民の皆さまには深くおわび申し上げ、再発防止と信頼回復に努めたい」とコメントした。
(2013.5.22 22:24 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
署長官舎でキス、60歳警視が停職処分受け退職

知人女性にセクハラをしたとして、埼玉県警は22日、元越谷署長の緑川清正警視(60)を停職3月の懲戒処分にした。
緑川警視は同日、依願退職した。
県警監察官室の発表によると、緑川警視は越谷署長だった今年3月下旬、知人女性と2人で市内の夜桜見物に行った際、女性を抱きしめたり、署長官舎でキスしたりした。女性の知人から同室に情報提供があった。
緑川警視は「キスぐらいなら大丈夫だと思った。女性には申し訳なかった」と話しているという。県警は4月、「私的に不適切な行為をした」として、緑川警視を警務部付に異動させていた。
石井正則監察官室長は「部下の模範となるべき幹部職員が起こした事案で誠に遺憾。被害者と県民の皆様に深くおわびする」とのコメントを発表した。
(2013年5月22日22時13分 読売新聞

----------------------------------------------------------
前越谷署長をセクハラで懲戒処分
画像

埼玉県の越谷警察署の前の署長が、在任中に官舎で知り合いの女性に抱きつくなどのセクハラ行為をしたとして、停職3か月の懲戒処分を受け、依願退職しました。
懲戒処分を受けたのは、ことし4月まで越谷警察署長を務めていた緑川清正警視(60)です。
埼玉県警察本部によりますと、緑川警視はことし3月、知り合いの女性と2人でドライブや食事をしたあとに、署長公舎で女性に抱きついたりキスをしたりするなどのセクハラ行為をしたということです。
女性の知り合いが通報し、埼玉県警が調査した結果、緑川警視は、「キスぐらいなら大丈夫だと思った。魔が差した」とセクハラ行為を認めたということです。
緑川警視は停職3か月の懲戒処分を受け、22日付けで依願退職しました。
埼玉県警察本部の石井正則首席監察官は、「部下の模範となるべきはずの幹部職員が起こした事案で、被害者ならびに県民の皆様には深くおわび申し上げます。再発防止に万全を期し、信頼回復に努めてまいります」としています。
(5月22日 18時21分 NHK)

----------------------------------------------------------
知人女性に無理やりキス=前越谷署長を停職処分-埼玉県警

知人女性に無理やりキスして抱きしめるなどセクハラ行為をしたとして、埼玉県警監察官室は22日、前越谷署長の緑川清正警視(60)=警務部付=を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。「魔が差してしまった。申し訳ない」などと話しているという。緑川前署長は同日依願退職した。
県警は4月15日、「私的な不適切行為の疑いがあり、調査の必要がある」として越谷署長から警務部付に異動させていた。
監察官室によると、前署長は今年3月下旬、越谷市内で知人女性と2人で夜桜見物をした帰りに、署長公舎の室内で女性にキスをし、抱きしめるなどしたという。
石井正則首席監察官の話 部下の模範となるべき幹部職員が起こした事案で、誠に遺憾。職員に対する職務倫理教養を徹底し、再発防止、信頼回復に努める。
(2013/05/22-18:12 時事通信)

----------------------------------------------------------
前越谷署長、知人女性を抱き締めキス、停職処分受け退職 埼玉

埼玉県警は22日、知人の女性にセクハラ(性的嫌がらせ)行為をしたとして、前越谷署長の緑川清正警視(60)を停職3月の懲戒処分にしたと発表した。緑川警視は同日付で依願退職した。
県警監察官室によると、緑川警視は3月下旬、同県越谷市内で知人の女性と夜桜見物をしていた際に、嫌がる女性を抱き締め、署長公舎に連れて行きキスするなどした。
調査に対し「キスくらいなら大丈夫だと思った。魔が差した」と説明したという。
監察官室に情報提供があり発覚した。県警は4月15日付で緑川警視を更迭、警務部付としていた。女性に告訴の意向はないという。
石井正則首席監察官は「職務倫理教養を徹底し再発防止に万全を期したい」とコメントした。
(2013.5.22 18:05 MSN産経ニュース)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック