竹島で「韓国の領土」と叫んだ日本の学者

日本の歴史家グループが、23日に竹島で「独島は韓国の領土」と宣言したが、夕方時点で各局放送せず、現実味のない猪瀬都知事の「標準時間2時間前倒し」を大々的に扱った。



韓国側からの竹島上陸「極めて遺憾」 官房長官

菅義偉官房長官は23日の記者会見で、日本人3人が韓国の出入国手続きを経て島根県・竹島に上陸したことについて「韓国の領有権を認めたと誤解を与えかねない」と述べた。そのうえで「中止するよう求めたが、振り切って上陸したことは極めて遺憾」と批判した。
「竹島は歴史的にも国際法上も我が国固有の領土であることに変わりない」と改めて強調した。
(2013/5/23 19:08 日本経済新聞)

----------------------------------------------------------
日本人3人が竹島に上陸、島は韓国のものと主張=報道
画像
[23日 ロイター] 日本の元大学講師ら3人が23日、日韓双方が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)に上陸し、島の領有権は韓国にあると述べた。韓国の聯合ニュースが伝えた。
報道によると、3人は市民団体「『竹島の日』を考え直す会」のメンバーで、桃山学院大学元講師の久保井規夫氏、大阪樟蔭女子大学元講師の黒田伊彦氏、青森県の雲祥寺住職・一戸彰晃氏。3人は島の港に入り、韓国語で「独島は韓国のものだ」とシュプレヒコールをあげたという。
久保井氏は「独島が韓国領であるということを確信して来た。この確信をさらに自分のものだけでなく、多くの日本国民にも伝えていく責務を感じた」と述べた。
この市民団体は当初4人で島を訪問する予定だったが、うち1人が考えを翻し「独島は韓国領」と書かれた揃いのTシャツの着用を拒否したため、上陸できなかった。この人物は、韓国の警察当局によってフェリーから降ろされたという。
(2013年 05月 23日 18:36 ロイター)

----------------------------------------------------------
日本人3人、韓国から竹島上陸 「韓国に説得力」と主張

【ソウル=中野晃】日韓が領有権を主張している竹島(韓国名・独島〈トクト〉)に23日、日本人3人が韓国・鬱陵島(ウルルンド)から船で上陸した。
上陸したのは青森県五所川原市の僧侶、一戸彰晃さん(63)と、「『竹島の日』を考え直す会」の久保井規夫さん、黒田伊彦さん。3人は韓国・釜山の市民団体のメンバーら数十人と同日午前、船で到着し、約20分間滞在したという。釜山の日本総領事館は、韓国からの上陸は実効支配を認めたと誤解されかねない、として自粛を求めていた。
韓国に残る日本式寺院の支援を続ける一戸さんは「日韓の主張や資料を調べ、私は韓国の方が説得力があると考えている。観光客も大勢訪れており、韓国の日常の一部になっていると感じた」と話した。
(2013年5月23日17時17分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
日本人が韓国側から竹島に上陸

島根県の竹島について「韓国の領土だ」と主張する日本人3人が、23日、韓国側から竹島に上陸し、ソウルの日本大使館は、韓国の領有権を認めたと誤解を与えかない行為で遺憾だとしています。
竹島に上陸したのは、大阪の元大学講師など日本人3人で、23日午前、韓国キョンサン北道のウルルン島から船で竹島に上陸し、およそ20分間滞在しました。
3人は島根県の竹島について「韓国の領土だ」と主張していて、21日、経由地のプサンで記者会見を開き、韓国側から上陸する計画を明らかにしていました。
これに対し、プサンの日本総領事館の職員が3人に上陸を自粛するよう要請しましたが、受け入れられなかったということです。
ソウルの日本大使館は「日本の国民が韓国の出入国手続きに従って竹島に入ることは、竹島に対する韓国の領有権を認めたなどと誤解を与えかねず遺憾だ」としています。
(5月23日 14時11分 NHK)

----------------------------------------------------------
日本の学者ら竹島上陸=韓国から渡航、中止要請従わず

【ソウル時事】歴史学者ら日本人3人が23日午前、韓国の鬱陵島から船で島根県の竹島(韓国名・独島)に上陸した。聯合ニュースなどによると、他の韓国人らとともに約20分とどまった。一行は韓国国旗を振りながら「独島は韓国のものだ」と叫んだという。
釜山の日本総領事館は、竹島に対する韓国の領有権を認めたと誤解されかねない行動だとして、中止を求めていた。
一行は「『竹島の日』を考え直す会」の久保井規夫氏ら。21日に釜山で記者会見し、訪問計画を明らかにした。うち1人はその後、「竹島は韓国のものといえない」との見解を示し、韓国側に訪問を阻止された。[時事通信社]
(2013年5月23日12時04分 時事通信)

----------------------------------------------------------
「独島は韓国の領土」 日本の歴史家らが現地で宣言

【独島聯合ニュース】独島を研究する日本の歴史家グループが23日に独島を訪れ、「独島は韓国の領土」と宣言した。
「『竹島の日』を考え直す会」の久保井規夫・元桃山学院大学講師、黒田伊彦・元大阪樟蔭女子大学講師、青森県の雲祥寺住職・一戸彰晃氏の3人は午前7時、韓国の民族学校「独島学堂」の関係者らとともに慶尚北道の鬱陵島を出発し、同9時20分ごろ独島に到着した。
一行は独島の東島船着場で太極旗(韓国国旗)を振りながら、「独島は韓国の領土」と叫んだ。独島学堂理事長が独島への愛情をうたった詩を朗読した後、一行は独島をバックに記念撮影を行った。この独島訪問は観光目的で、船着場だけに滞在し、9時45分ごろ独島を出発した。
久保井氏は「独島について多くのことを学ぶ良い機会。日本に帰国した後は正しい歴史を反映した副教材の制作などを通じ、独島が韓国領だということの広報活動を進んで行う」と述べた。
日本人の独島訪問は何度かあるが、日本の学者が独島で「独島は韓国の領土」と表明するのはこれが初めて。この3人を含む「竹島の日」を考え直す会のメンバー4人は21日、独島学堂の招きで来韓し、釜山で記者会見を開き「独島は韓国の領土」と述べた。
しかし、このうち坂本悠一・元九州国際大学教授は独島出発直前、独島を韓国領土と見なすことはできないと発言し、乗船券を受け取れず独島を訪問できなかった。
韓国の出入国管理法上、韓国の国益に反する政治的発言をした外国人は退去強制の対象となる。
慶尚北道のある関係者は「坂本氏は昨年も独島を訪れようとしたが、結局できなかったと聞いている。独島問題で韓国と日本の中間の立場を取ったと思われる」と話した。
画像
日本の歴史家グループ3人を含んだ一行が独島を訪問し、記念撮影を行った=23日、独島(聯合ニュース)(2013/05/23 11:20 聯合ニュース)

----------------------------------------------------------
日本の市民団体「独島は韓国領」
画像
画像
画像
日本の市民団体「竹島(独島の日本名)に反対する市民の会」のメンバーが21日午前、釜山市庁で記者会見を開き「独島は韓国領」だということを証明する日本の古文書や写真資料などを公開した。
(NEWSIS/朝鮮日報日本語版)

----------------------------------------------------------
日本の知識人が“反竹島記者会見”韓国で開催

日本の右翼政治家らが相次いで妄言を吐き出している中で、日本の知識人4人が釜山(プサン)を訪問し“反竹島記者会見”を開いて韓国で注目をあびている。
韓国メディアによれば日本の歴史学者らで構成された“竹島に反対する市民の会”の会員4人は21日午前、釜山(プサン)市庁で記者会見を行い「独島(ドクト、日本名・竹島)問題は、領土問題ではなく歴史問題」と主張して「島根県の“竹島の日”指定を再検討しようと志を同じくしている」と明らかにした。
彼らはまた、独島が韓国の地であることを表示する18世紀の日本製作の地図も公開し、22日、日本国民として初めて独島を訪れる予定だ。
会見には久保井規夫・元桃山学院大学講師、黒田伊彦・元大阪樟蔭女子大学講師、坂本悠一・元九州国際大学教授、一戸彰晃・雲祥寺住職ら4人が参加した。
この集まりは4月に日本国内の歴史学者、宗教界、市民団体の一部の人々が結成した団体で韓国の民族学校・独島学堂の招待で訪韓した。
(2013年05月21日16時51分 中央日報日本語版)

----------------------------------------------------------
日本有識者ら「独島問題は歴史問題」=あす独島訪問

【釜山聯合ニュース】日本が独島の領有権主張を繰り返し、韓日関係が行き詰まりを見せるなか、日本の歴史学者など有識者4人が韓国・釜山で「反竹島記者会見」を行った。
日本の歴史学者などで構成された「『竹島の日』を考え直す会」のメンバー4人は21日、釜山市庁で記者会見を開き「独島問題は領土問題ではなく歴史問題だ」と主張した。
同団体は今年4月に日本の歴史学者、宗教界、市民団体のメンバーにより結成され、韓国の民族学校「独島学堂」の招きで来韓した。
記者会見には、久保井規夫桃山学院大学元講師、青森県の雲祥寺住職、一戸彰晃氏ら4人が出席した。
久保井氏を含む3人は歴史学者で同団体で委員を務める。一戸氏は同団体の理事として活動している。
久保井氏は「日本が日露戦争を有利に進めるため独島を占領した。そのため日本政府は独島問題を領土問題と見なしている」と主張した。
また、領土問題として扱う以上、韓国と敵対関係が発生せざるを得ないとしながら、「日本政府が領土問題と見なすことは、反省はおろか韓国侵略を美化するものだ」と話した。さらに、島根県が条例で定める「竹島の日」(2月22日)は、日本政府の領土主義思想に起因すると指摘した。
久保井氏は、独島問題を歴史問題として捉えてこそ初めて韓日間に真の平和と友好が生まれるとの考えを示した。
併せて、「日本興地路程全図」の写本を公開し、独島と鬱陵島が日本領土ではないことを示す1770年代の地図であると説明した。
この地図に関してメンバーは「長久保赤水」が1775年に製作したが、幕府に作り直された地図だと主張。1775年の初版で独島と鬱陵島を日本領土と表記したものを幕府が回収し、独島と鬱陵島は朝鮮領土と表記をあらためて1875年に改訂版を出したと説明した。
一方、20日から韓国を訪れているメンバーは、22日に独島を訪問する予定。
(2013/05/21 16:28 朝鮮日報)

----------------------------------------------------------
日本有識者ら「独島問題は歴史問題」=あす独島訪問

【釜山聯合ニュース】日本が独島の領有権主張を繰り返し、韓日関係が行き詰まりを見せるなか、日本の歴史学者など有識者4人が韓国・釜山で「反竹島記者会見」を行った。
画像
会見する日本有識者ら=21日、釜山(聯合ニュース)

日本の歴史学者などで構成された「『竹島の日』を考え直す会」のメンバー4人は21日、釜山市庁で記者会見を開き「独島問題は領土問題ではなく歴史問題だ」と主張した。
同団体は今年4月に日本の歴史学者、宗教界、市民団体のメンバーにより結成され、韓国の民族学校「独島学堂」の招きで来韓した。
記者会見には、久保井規夫桃山学院大学元講師、青森県の雲祥寺住職、一戸彰晃氏ら4人が出席した。
久保井氏を含む3人は歴史学者で同団体で委員を務める。一戸氏は同団体の理事として活動している。
久保井氏は「日本が日露戦争を有利に進めるため独島を占領した。そのため日本政府は独島問題を領土問題と見なしている」と主張した。
また、領土問題として扱う以上、韓国と敵対関係が発生せざるを得ないとしながら、「日本政府が領土問題と見なすことは、反省はおろか韓国侵略を美化するものだ」と話した。さらに、島根県が条例で定める「竹島の日」(2月22日)は、日本政府の領土主義思想に起因すると指摘した。
久保井氏は、独島問題を歴史問題として捉えてこそ初めて韓日間に真の平和と友好が生まれるとの考えを示した。
併せて、「日本興地路程全図」の写本を公開し、独島と鬱陵島が日本領土ではないことを示す1770年代の地図であると説明した。
この地図に関してメンバーは「長久保赤水」が1775年に製作したが、幕府に作り直された地図だと主張。1775年の初版で独島と鬱陵島を日本領土と表記したものを幕府が回収し、独島と鬱陵島は朝鮮領土と表記をあらためて1875年に改訂版を出したと説明した。
一方、20日から韓国を訪れているメンバーは、22日に独島を訪問する予定。
(2013/05/21 16:17 聯合ニュース)

----------------------------------------------------------
日本人歴史家ら竹島上陸へ「編入経緯を調査したい」

竹島(韓国名・独島)を研究する日本人の歴史家グループが21日、韓国の釜山で記者会見し、島が1905年に島根県に編入された経緯を現地で調べたいとして、23日にも島に上陸すると明らかにした。竹島や、近接する鬱陵島で日露戦争時の戦跡などを調査するとしている。
釜山の日本総領事館はグループに渡航の中止を求めているという。
グループは4月に発足した「『竹島の日』を考え直す会」の久保井規夫副代表ら4人。22日に鬱陵島へ渡り、竹島上陸の機会を待つという。
久保井副代表は会見で「日本は日露戦争遂行のために竹島を島根県に編入し、これが朝鮮半島の侵略につながった。日本政府が竹島の領土問題が存在すると主張することは侵略を反省せず美化する態度だ。調査結果を広く知らせたい」と述べた。
竹島には観光船で日本人も年間数十人が訪れているとみられている。(共同)
古地図が語る「竹島は日本のもの」…貴重な〝物証〟、「隠岐」との関わり明確に
(2013.5.21 14:19 MSN産経ニュース)




韓国、不法占領する竹島に土産物店 「独島愛カフェ」オープン

複数の韓国メディアは21日、竹島(韓国名・独島)に住む70代の韓国人夫婦が、竹島の船着き場に土産物店をオープンさせることになったと伝えた。21日に開業式を行い、営業を開始するという。
報道によると、夫婦が運営するのは記念品や海産物を販売する土産物屋。竹島のうち東島の船着き場近くで、鬱陵島からフェリーで訪れた観光客を相手にTシャツ、タオル、ハンカチなどの記念品や、竹島周辺で取れたわかめ、さざえ、イガイなどの海産物を販売する。
店舗はなく、観光客が訪れる時間帯に合わせて船着き場に屋台形式で販売する。
夫婦はもともと竹島の住民。1960年代末、夫が韓国で「最初の独島住民」と呼ばれる崔鍾徳(チェ・ジョンドク)氏の船の船員として、竹島を訪れるようになったことが住むきっかけとなった。夫婦は1991年に住民票を「独島」に登録し、魚や海産物を取って生活したが、近年は高齢により漁労が難しくなっていた。
夫婦の現状を知った慶尚北道は、観光客のためになり尚且つ夫婦の生活の助けにもなるとして、竹島での記念品販売を提案。今月7日、夫婦は税務署で卸売および小売り事業者登録を行った。
土産物店の名前は「ドクト(竹島)・サラン(愛)・カフェ」。21日午前、船着き場で行われる開業式には、チェ・スイル鬱陵郡主や独島警備隊員などが出席し、オープンを祝福する。
韓国メディアによると、2012年に竹島を訪問した観光客は合計20万5778人。1日平均にすると1500-2000人に上るという。(編集担当:新川悠)
(2013/05/21(火) 17:20 サーチナニュース)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック