元慰安婦が橋下市長との面会撤回(各記事比較)

自称慰安婦は橋下市長の公開謝罪の情報を事前に入手理由に直前キャンセル、支援団体が会見したが各記事どう報じたのか立ち位置比較。




逃げた? 自称「慰安婦」維新橋下代表との面談をドタキャン

来日中の「慰安婦」が面談拒否
戦時中、日本軍の従軍慰安婦だったとして、各地で講演を行っている韓国人女性2人が、24日午前に予定されていた日本維新の会、橋下徹大阪市長との面談をキャンセルした。ネット上では「逃げた」と見る向きが強い。

会う価値も理由もない
問題の韓国人女性は、金福童(キムボクトン)さん(87)、吉元玉(キルウォンオク)さん(84)の2人。今月初め、日本国内の支援団体に招かれて来日した2人は、24日には橋下徹大阪市長と面会する予定だった。
ところが直前になって、支援団体である「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」の方清子代表が大阪市役所を訪れ、中止を報告。慰安婦問題をめぐる橋下市長の発言により、「謝罪パフォーマンスを拒否する。会う価値も理由もない」とする韓国人女性2人の意向を公表した。

怖いのは矛盾を指摘されること?
このドタキャンについて、ネット上では「逃げた」と見る意見が多い。橋下市長は慰安婦問題について、実は中間的な立場をとっている。
安倍首相などは、軍の強制による『慰安婦』が実際に存在したか、歴史的な検証が必要、としているが、橋下市長は「当時は必要だった」などの発言で物議を醸しているものの、存在については認め、謝罪の意向を示している。
ただ、実際に面談する際に、どんな話が飛び出すかは未知数だ。慰安婦だったとして補償を求めている韓国人女性の多くが、もともと売春を生業とするキーセンだったことは、近年の調査で明らかになっている。
今回、橋下代表に面会を求めている2人についても、発言内容には矛盾が見られる。沖縄タイムズの記事によると、金福童さんは14歳で「被服の仕事をするため日本に行く」と旧日本軍にだまされて連行され、その後、台湾、香港や東南アジア各国の前線地で8年間にわたって慰安婦として従軍させられたという。
だが現在87歳の金さんが22歳の時は、1948年である。1945年の終戦からすでに3年を経ており、日本軍はアジアのどこにも存在していない。
2人は「会うのが怖くなった」ともコメントしているが、彼女たちが恐れたのは、面談の中で、こういった「矛盾」を指摘されることではなかったか。
(2013年5月25日 21:00 税金と保険の情報サイト)

----------------------------------------------------------
元慰安婦、橋下氏との面会拒否「ひざまずくパフォーマンス準備」

元慰安婦の韓国人女性は24日午前、同日予定されていた日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長との面会を、支援団体を通じて中止するとの意向を伝えた。中止した理由について、「橋下市長の謝罪パフォーマンスに付き合えない」と説明した。複数の韓国メディアが報じた。
面会には元慰安婦の金福童さん(87)と吉元玉さん(84)が出席する予定だったが、同日午前、韓国挺身隊問題対策協議会を通じて緊急報道資料を発表。「橋下市長の仕組まれた謝罪パフォーマンス、シナリオに合わすことはできない」との考えを示した。
報道資料では、日本の記者から入手した情報だとした上で、「24日の面会で橋下市長は、謝罪パフォーマンスを企て、その上、ひざまずいて謝るという一過性のマスコミ操作を準備していることがわかった」と主張。謝罪パフォーマンスは、自分の立場を守ろうとひねりだされた脚本であると指摘し、「橋下市長にかすかな期待をして面談しようとしたが、間違いだった」と強調した。
さらに、「彼が心から私たちに申し訳ないと感じ、反省しているのなら、これまでの犯罪的な妄言を撤回し、正式に謝罪しなければならない」とし、「政治家として間違ったことについて責任を取り、政界から引退することを望む」と訴えた。
慰安婦2人は、同日午前11時から大阪市庁で30分間橋下市長と面会する予定だった。面会が中止になったことを受けて、韓国挺身隊問題対策協議会と日本の市民団体の日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワークは、大阪市庁前で橋下市長の発言撤回と謝罪を求める集会を開催した。(編集担当:新川悠)
(2013/05/24(金) 18:41 サーチナニュース)

----------------------------------------------------------
橋下氏謝罪を元慰安婦がドタキャン

24日に予定されていた日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長(43)と、韓国人元従軍慰安婦の金福童(キム・ボクトン)さん(87)、吉元玉(キル・ウォンオク)さん(84)との面会が急きょ中止となった。元慰安婦側が橋下氏の一連の発言などに反発したためで、橋下氏は「非常に残念だ。真意を伝えたかった」などと述べた。一方で「(慰安婦制度を)容認したことは1度もない」とあらためて釈明し、発言の撤回も拒否した。
橋下氏が韓国人元従軍慰安婦の女性から面会を急きょ断られた。大阪市によると24日午前8時ごろ、慰安婦側から突然、中止の意向が伝えられた。面会予定の数時間前だった。橋下氏は同日夕、市役所で「先方の気持ちが一番」と答え、無念の表情を浮かべた。
この日の橋下氏の取材には、韓国や欧米などの海外メディアを含め約100人の報道陣が殺到。橋下氏は元慰安婦に対し「言葉に表されない苦難、誤解を生んだ僕の発言によって傷ついた方には、きちんとおわび申し上げる」と述べた。
だが、自身の「(第2次大戦当時)慰安婦は必要だった」という発言そのものの撤回や謝罪は重ねて否定。「女性蔑視や侮辱はしていない」「どこが撤回すべき(言葉)なのか指摘してほしい」などと主張した。在日米軍に風俗業を活用するよう求めた発言に対しては「米国人や米軍におわびしたい」と、初めて謝罪に言及した。
元慰安婦とともに面会予定だった支援団体「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」は、同日午前に記者会見。方清子共同代表は「(橋下氏が)本当に元慰安婦の声に耳を傾け謝罪するのはあり得ないと思い決断した」と突然の中止理由を説明。橋下氏が発言を撤回せずに謝罪の意向を示したことに「政治利用されたくない」と反発した。
支援団体が発表した元慰安婦女性の声明によると、橋下氏が面会でひざまずくなどの「謝罪パフォーマンス」を準備しているとの情報があったといい、嫌悪感を示したという。取材でこの事実確認をされた橋下氏は「いや」と否定した上で「通常の日本のやり方で、大変な苦難を受けられたことを受け止め、日本人として過去を直視しないといけない」と述べた。
橋下氏は昨年10月には文楽協会と対立し、公開で意見交換した直後、凍結方針を示していた補助金支給を一転して表明した。対立構図の中で、優位な形で方針転換して局面打開につなげてきた。今回は「橋下氏のシナリオには合わせられない」(支援団体)とし、面会は実現しなかった。27日の日本外国特派員協会で、あらためて説明に臨む橋下氏の発言が注目される。

<橋下発言の経過>

 5月13日午前 橋下氏が市役所で記者団に「慰安婦制度が必要なのは誰だって分かる」と発言。
 同13日夕 「(慰安婦は)軍の規律を維持するために必要だった」と指摘。「沖縄に行った際(米軍の)司令官に『もっと風俗業を活用してほしい』と言った」と紹介。
 15日 「慰安婦を容認していない」と修正。安倍首相が橋下氏と認識が異なるとの姿勢示す。
 16日 「有権者が判断すること」と共同代表や市長の辞任否定。風俗業発言に「国際感覚が足りなかった」と反省示す。
 同日 米国務省報道官が「言語道断で不快」と非難(現地時間)。
 17日 橋下氏は「米国は日本占領期に女性を活用した」と反論。
 19日 石原慎太郎共同代表と会談。発言撤回は必要ないとの認識で一致。
 21日 みんなの党が維新との選挙協力解消を決定。
(2013年5月25日9時25分 紙面から 日刊スポーツ)

----------------------------------------------------------
橋下市長と面会「価値ない」元慰安婦ドタキャン

24日に日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長との面会を予定していた韓国人元従軍慰安婦の2人が、急きょ面会をキャンセルした。橋下氏が慰安婦をめぐる発言を撤回しないことに反発したもので、2人は「謝罪パフォーマンスは拒否する。市長に会う価値も理由もない」とのコメントを発表し、嫌悪感をあらわにした。
大阪市役所内で午前11時から予定していた橋下氏との面会を拒否したのは、来日中の韓国人元従軍慰安婦・金福童さん(87)と吉元玉さん(84)。この面会は2人から申し入れていたものだった。
「当時、慰安婦制度が必要だった」との発言を繰り返し、撤回気配を示さない橋下氏が、「強制連行の有無にかかわらず、元慰安婦に謝らないといけない」と述べていることや、面会が報道陣に公開されることに2人は強い不快感を示し、「謝罪パフォーマンスを拒否する。市長に会う価値も理由もない」とするメッセージを公表した。
市役所周辺では同日、元慰安婦の支援団体が抗議集会を開き、橋下氏を批判。金さん、吉さんは姿を見せなかったが約100人を前に「市長本人を前にすること自体が恐ろしく、大きな精神的衝撃となる」とのコメントが読み上げられた。
橋下氏は24日午後、市役所で記者団に「非常に残念だ。発言の真意を伝えたかった」としたが「自分が(慰安婦を)容認したことは一度もない」と重ねて釈明、撤回や謝罪も拒否した。一方、在日米軍の風俗業活用発言に関しては「米軍や米国民におわびしたい」とし、初めて謝罪の意向を示した。
支援団体「日本軍“慰安婦”問題・関西ネットワーク」も記者会見で「言ったことを言っていないと言い、責任をメディアや市民に転嫁している」と橋下氏を批判する声明を発表。「面会を利用して名誉挽回を図ろうとしている」と強調し、こうした内容の抗議文を大阪市幹部に手渡した。
韓国の支援団体「韓国挺身(ていしん)問題対策協議会」は同日、橋下氏が面会で膝を屈して謝るなどの「謝罪パフォーマンス」を準備しているとの情報を得たが、被害者の現実はこうした行動や甘言とは「引き換えにできない」とし、面会拒否を表明した。
共同電によると、韓国では弁護士資格を持ち、テレビ出演の経験も豊かな橋下氏の弁解に利用されるだけだと警戒する声がメディアで出ていた。面会は同協議会が関与して進められたとみられるが、高齢女性2人が橋下氏の弁舌に押されるのは良くないと判断し、方針を変えた可能性がある。
▽従軍慰安婦問題 第2次大戦中、朝鮮半島や中国などの女性が旧日本軍の慰安所で性的被害を受けたとして、日本政府に謝罪や賠償を求めている問題。1993年に当時の河野洋平官房長官が軍の関与を認め「おわびと反省」を表明する談話を発表。日本政府は95年「女性のためのアジア平和国民基金」を発足させたが、民間募金を「償い金」として渡す方法に被害女性らが反発、受け取り拒否が続出した。韓国側は日本政府に元慰安婦への補償などを求めているが、日本側は65年の日韓請求権協定に基づき解決済みとしている。
(2013年5月25日 06:00 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
橋下発言は「元慰安婦を侮辱している」

「市長発言は元慰安婦を侮辱している」。韓国人元従軍慰安婦と橋下徹大阪市長の面会が急きょ中止になった24日、元慰安婦の支援団体が大阪市役所周辺で抗議集会を開き、発言を撤回しない市長を批判した。
約100人が参加した集会に、元慰安婦の金福童さん(87)、吉元玉さん(84)は姿を見せなかったが「市長本人を前にすること自体が恐ろしく、大きな精神的衝撃となる」とのコメントが読み上げられた。
集会に参加した大阪市住吉区の自営業松尾哲郎さん(60)は「市長には心からの謝罪を期待していた。持論を繰り返す状況では(面会中止も)仕方ない」と話した。
周辺には市長を支持するグループも集合。拡声器を持つ女性は「慰安婦のおばあさんは、厳しくも正しい市長の発言から逃げた」とまくし立てた。(共同)
(2013年5月24日12時5分 日刊スポーツ)

----------------------------------------------------------
元慰安婦らが橋下市長との面会を拒否「仕組まれたパフォーマンス」


韓国から来日中の元従軍慰安婦・金福童(キム・ボクトン)さん(87)と吉元玉(キル・ウォンオク)さん(84)が24日、予定していた日本維新の会共同代表・橋下徹大阪市長(43)との面会を“ドタキャン”した。
橋下氏は面会を報道陣に公開して「強制連行の有無にかかわらず、謝らないといけない」と謝罪する意向を明かしていたが、元慰安婦はこれに反発。支援団体「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」が市役所を訪れて会見し、「仕組まれた謝罪パフォーマンスに合わすことはできない」「会う価値も理由もない」との声明を発表した。
支援団体は中止申し入れ後、市役所前で抗議デモを実施。元慰安婦の「市長本人を前にすること自体が恐ろしく、大きな精神的衝撃となる」とのコメントを読み上げた。
支援団体はまた、会見で「記者から入手した情報で、橋下市長がひざまずいて謝るというマスコミ操作を準備していることが分かった」と説明。「面会を利用して名誉挽回を図ろうとしている」と非難した。元慰安婦の2人は橋下氏の一連の発言で心身とも疲れているというが、テレビ報道などを見て「(橋下氏の)口をねじってやりたい」などと話していたという。
一方の橋下氏は退庁時の取材で、面会拒否について「非常に残念。誤解を生んだ発言によって傷つかれたことには、きちんとおわびを申し上げたかった」と神妙な表情。「ひざまずいて謝罪するつもりだったのか」との問いには「いやいや、それはないですよ」と苦笑いで否定した。
(2013年5月25日06時02分 スポーツ報知)

----------------------------------------------------------
元慰安婦、橋下氏との面会中止…「嫌になった」

いわゆる従軍慰安婦問題を巡り、元慰安婦で韓国から来日中の金福童さん(87)と吉元玉さん(84)は24日、日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長と同日午前に予定していた面会の中止を決め、支援団体「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」を通じて市に伝えた。同ネットワークによると、2人は「従軍慰安婦を巡る橋下氏の一連の発言を聞いて、会うのが嫌になった」と話しているという。
2人は先月末、同ネットワークを通じて橋下氏への面会を要請し、講演活動のため今月中旬に来日した。24日午前11時から、市役所で橋下氏と面会する予定だった。一方、橋下氏は、いわゆる従軍慰安婦問題を巡り、今月13日以降、「当時は必要だった」「世界各国がやっていたことなのに、なぜ日本だけが非難されるのか」などと発言していた。
同ネットワークの関係者は24日午前、市役所を訪れ、「暴言内容がエスカレートし、世界中の非難を受けている」などとして、橋下氏に謝罪と発言の撤回、市長の辞任などを求める抗議文を市に提出。その後、記者会見し、2人連名の声明文を発表した。
声明文は「(橋下氏の発言は)胸を引き裂かれる思い。本人を前にすること自体が恐ろしく、大きな精神的衝撃」「被害者の胸痛む現実と歴史を、橋下市長の謝罪パフォーマンスと引き換えにすることはできません」などとしている。
予定されていた元慰安婦との面会を前に、橋下氏は、「日本軍自体が暴行脅迫して(慰安婦を)拉致したという事実は証拠にない」などとしたうえで、元慰安婦らについて「道義的なおわび、謝罪は当然しなきゃいけない」「どういう経緯で慰安婦にならざるを得なかったのか、そういうお話もうかがわせてもらえるならお聞かせいただきたい」と述べていた。
(2013年5月24日 読売新聞

----------------------------------------------------------
橋下氏と元慰安婦面会ドタキャン 「なぜ…」
画像
橋下徹氏と元慰安婦の面会が行われる予定だった会議室前の扉には、面会中止を知らせる紙が貼られていた=24日午前、大阪市北区
画像
急遽中止になった面会にはフランスやドイツ、韓国からのメディアも取材に訪れた=24日午前、大阪市北区(渡守麻衣撮影)
画像
大阪市役所前で、橋下徹市長に抗議する慰安婦支援団体=24日、大阪市北区(江森梓撮影)
画像
大阪市役所前で、橋下徹市長に抗議する慰安婦支援団体の女性=24日、大阪市北区(榎本雅弘撮影)

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長への面会を申し出ながら、面会予定日当日の24日の朝になり元慰安婦側が突然キャンセルを通告したことに、市側には戸惑いや不快感が広がった。面会の実現をめぐり、市の担当職員は調整作業など相当な準備を進めてきただけに、面会のわずか3時間前のドタキャンに「今さらなぜ…」といった声が上がった。

「約2週間あったのに…」

市側は面会に備えて通訳を用意し、23日には会場となる部屋に椅子を置くなど準備を整えていた。このほか関係機関との調整にも奔走したという。
市によると、元慰安婦側は橋下氏の13日以降の慰安婦制度をめぐる発言に「傷つき、会いたくなくなった」などと説明している。
面会が決まったのは13日で、市職員の一人は「面会が決まってから2週間近くあった。発言に傷ついたというのであれば、もっと早くに言うべきだ」と憤慨した。
市役所には面会を取材するためにフランスやドイツ、韓国など海外メディアも多数駆けつけていた。
(2013年05月24日 11:19 産経新聞)

----------------------------------------------------------
批判回避の機会逸す=橋下氏、発言なお撤回せず
画像
元従軍慰安婦との面談が中止となり、記者団の質問に答える日本維新の会の橋下徹共同代表(右端)=24日午後、大阪市役所

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が24日に予定していた韓国人の元従軍慰安婦との面談が急きょ中止となった。橋下氏が一連の発言を撤回しない姿勢を取り続けていることに、元慰安婦が不信感を募らせ、反発したのが理由。面談で直接陳謝して国内外の批判を和らげたいとの橋下氏の思惑は外れた形で、苦しい立場が続く。
面談は同日午前11時に大阪市役所でセットされていたが、元慰安婦側は約3時間前の朝8時すぎに中止を市に伝えた。2人の元慰安婦は声明で「橋下市長が心から反省するならば、妄言を撤回し、公式謝罪しなければならない」と主張。橋下氏に撤回の意思が見られないことから「会う価値もない」と断じた。支援団体幹部も市役所で記者会見し、「橋下氏は面会を利用して名誉挽回を図ろうとしている。謝罪があっても本心ではないことは明らかだ」と言い捨てた。
橋下氏は同日夕、退庁時に記者団の取材に応じ、「残念だ。僕と会いたくないなら、先方の気持ちが全てだ」と語った。さらに、面談が実現していれば、「誤解を生んだ発言で傷つかれたならおわびする。慰安婦問題は日韓関係がうまくいかない要因であり、僕らの世代で解決したい」と伝える考えだったと説明した。
しかし、元慰安婦側による発言撤回要求については「撤回はない」と明確に拒否。「(慰安婦制度が必要だったとする)主語をきちんと(報道が)伝えていれば(元慰安婦は)傷つかなかった」と開き直った。維新幹部も「変に発言を撤回しても仕方がない。このまま突っ切るしかない」と橋下氏を擁護した。 
今回の面談をめぐっては、維新内にすら元慰安婦の怒りを増幅させかねないとの懸念があった。「日韓関係に余計な波風が立たなくて良かった」。政府関係者はこう言ってほっとした表情を浮かべた。
(2013/05/24-20:20 時事通信)

----------------------------------------------------------
橋下氏との面会を中止 元慰安婦「会いたくない」

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が24日に予定していた元慰安婦の韓国人女性2人との面会が急きょ中止になった。元慰安婦が「会いたくない」と難色を示し、支援団体が中止を決めた。
2人は韓国から来日中の金福童さん(87)と吉元玉さん(84)。市役所で24日午前11時から約30分間、橋下氏と会い、面会の様子は報道陣に公開される予定だった。
支援団体「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」によると、2人が「発言を撤回しない橋下氏に会ってどうなるのか」と抵抗感を示し、疲労で体調も悪化していたことから、韓国側の「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」が23日夜に面会中止の判断をした。
元慰安婦との面会について、橋下氏は「日本の責任は認める。優しい言葉をかけないといけない」として謝罪の意を示す一方、「当時、慰安婦制度は必要だった」との発言撤回には応じない意向を明らかにしていた。
支援団体が24日に公表した元慰安婦の声明では、橋下氏の謝罪方針を「謝罪パフォーマンスだ。2度も踏みにじられる必要はない」と批判し、「市長に会う価値も理由もない。面談を拒否する」と強調した。
大阪市に支援団体から面会中止の電話連絡があったのは24日午前8時10分ごろ。担当者は「前日の夕方まで面会に向けた連絡を取り合っていたが、中止の話は一切なかった」と困惑した様子で、「今後、仮に再面会の申し入れがあっても、調整は難しくなるだろう」と話した。
面会は支援団体が昨年9月、橋下氏の「強制連行の確たる証拠はない」との発言を受けて要請。この時は日程が合わず、今年4月末に再要請していた。大阪市内には多くの在日韓国人らが住むことから、橋下氏は「市長として意見を聞く」と述べており、面会は市長公務の位置づけだった。
(2013/5/24 11:35 日本経済新聞 )

----------------------------------------------------------
橋下氏との面会を中止 元従軍慰安婦「無理」

24日に予定されていた、日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長と韓国人元従軍慰安婦の金福童さん(87)、吉元玉さん(84)との面会が、元慰安婦側の意向で中止となった。大阪市が同日、明らかにした。
2人は23日夜、支援団体「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」に「(面会は)無理」との考えを示した。旧日本軍の従軍慰安婦をめぐる発言を撤回しない橋下氏の態度に反発し、面会は「しんどい状況になった」と話したという。市の広報担当者によると、24日朝、支援団体が面会中止の意向を伝えた。
面会は報道陣に公開する予定で、橋下氏は「強制連行の有無にかかわらず、元慰安婦に謝らないといけない」と述べ、謝罪する意向を示していた。一方で自身の発言に関し「世界各国も戦場で女性を活用した。日本だけが一方的に侮辱されている」と撤回や謝罪の意思を否定している。
支援団体は面会中止に関し、ホームページに声明を発表。「言ったことを言っていないと言い、責任をメディアや市民に転嫁している」と橋下氏を批判し「面会を利用して名誉挽回を図ろうとしている」と強調した。
橋下氏は昨年8月、旧日本軍の強制性を認めた1993年の河野洋平官房長官談話を「日韓関係をこじらせる最大の元凶」と批判。金さんが来日し面会を求めたが、休暇中で応じなかった。
橋下氏は13日、慰安婦について「銃弾が飛び交う中、精神的に高ぶっている(旧日本軍の)猛者集団に必要なのは誰だって分かる」と発言。15日になり「その時代の人たちが必要と思っていたと述べた」と説明した。
沖縄の在日米軍に風俗業活用を求めた発言も批判を浴び「不適切だった」と修正した。〔共同〕
(2013/5/24 10:31 日本経済新聞)

----------------------------------------------------------
橋下氏発言:元慰安婦が批判「市長をできるのが不思議」
画像
自らの体験を語る金福童さん(右)と吉元玉さん=大阪市中央区で2013年5月25日、山田尚弘撮影

日本維新の会の共同代表、橋下徹・大阪市長との面会を取りやめた元従軍慰安婦の金福童(キム・ボットン)さん(87)と吉元玉(キル・ウォノク)さん(84)が25日、大阪での証言集会に出席した。金さんは橋下氏の慰安婦を巡る一連の発言について「妄言を言う人が市長をできるのが不思議でならない」と批判した。面会を取りやめた経緯などについては、2人とも触れなかった。
支援団体が主催した集会は大阪市中央区で開かれ、約500人が参加した。金さんは「軍需工場に行くという話だったが、連れて行かれたのは戦場だった。慰安所に私たちが何人入ってくるかを日本軍は知っていた」などと証言した。吉さんは具体的な体験に触れず「戦争が起きると弱い者が苦労する。戦争はなくさないといけない」と訴えた。
2人は集会に参加するために来日し、各地で証言している。24日には橋下氏と面会予定だったが、慰安婦を巡る発言を橋下氏が撤回しないことなどを理由に直前に取りやめた。【大久保昂】
(2013年05月25日 18時26分(最終更新 05月25日 18時44分 毎日新聞

----------------------------------------------------------
元慰安婦:橋下氏と「会うこと自体衝撃」 中止理由説明
画像
「橋下市長に会うこと自体が大きな精神的衝撃になる」。旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡り、24日に予定されていた日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長との面会を取りやめた韓国人の元従軍慰安婦、金福童(キムボットン)さん(87)と吉元玉(キルウォノク)さん(84)。紹介された2人のメッセージには厳しい言葉が並んだ。面会を求めた後に飛び出した慰安婦発言と広がる波紋は、高齢の2人には想定外で、疲労を募らせていた。
支援団体の「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」の方清子(パンチョンジャ)共同代表は24日午前、市役所で記者会見し、姿を見せなかった2人のメッセージを読み上げた。方さんは「橋下市長が仮に面会で謝罪したとしても、本心からではないのは明らかだ」と主張。「被害者の声に耳を傾け、発言を撤回するようなことはないと確信した」と説明した。
しかし、方さんら支援者と2人は、中止するか土壇場まで迷っていた。話し合いは23日の深夜に及び、最終的に2人の意思を尊重して判断したという。
橋下氏への面会を申し入れたのは先月30日。今月13日になって、慰安婦制度が「当時は必要だった」と橋下氏が発言した。2人は韓国で報道を通じて知り、憤っていたという。
来日した17日以降も2人は各地の集会で証言しながら、連日報道される橋下氏の発言を見聞きしてきた。同行してきた韓国の市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」の尹美香(ユンミヒャン)共同代表は「ハルモニたちは日本各地を回っているうちに橋下市長が発言を変えると期待していた」と明かす。
しかし、橋下氏は主張を軌道修正したが、発言を撤回しなかった。方さんによると、2人は「こんな人に会ってどうなるのか」「口先の謝罪を受けて何の意味があるのか」などと話していたという。
各地の集会には多くの市民が参加したが、2人の表情には疲労の色が濃くなった。吉さんは体調が優れず、19日から医師の診察を受けていたという。23日に岡山市であった集会でも、2人の発言時間は数分ずつだった。
一方、維新幹事長の松井一郎大阪府知事は24日午前、府庁で記者団に「できれば会って橋下氏を理解していただければよかったが、相手の気持ちを尊重しないといけない」と語った。【遠藤孝康、林由紀子】
(2013年05月24日 12時21分(最終更新 05月24日 14時45分 毎日新聞

----------------------------------------------------------
元慰安婦が橋下氏との面会中止、「謝罪パフォーマンス」と非難

[大阪 24日 ロイター] 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長と24日に面会する予定だった元従軍慰安婦の韓国人女性、金福童さんと吉元玉さんが、同日になって面会を取りやめた。
橋下氏は、旧日本軍の従軍慰安婦について「必要だった」などと発言し、これまで発言の撤回にも応じていない。
元慰安婦の2人は支援団体のホームページに掲載された声明で、面会により橋下氏が発言を撤回することにつながればと期待していたが、報道を通じて、同氏が「謝罪パフォーマンス」を企て、「マスコミ操作を準備している」ことが分かったなどと、面会取りやめの理由を説明。
その上で、橋下氏が「心から私たちに申し訳ないと感じ反省するならば、自身の口から出た犯罪に等しい妄言を撤回し、公式謝罪しなければならない」と訴えた。
(2013年5月24日14時13分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
橋下氏と元慰安婦の面談、中止へ 女性「会いたくない」

旧日本軍の「慰安婦」だった韓国女性2人と支援団体は、いったん申し入れていた橋下徹日本維新の会共同代表と面談しないことを決めた。面談は24日午前に予定されていた。支援団体関係者は、理由について「(2女性とも)橋下氏とは会いたくないと言っている」「政治利用される心配もある」と話した。
2女性の来日を支援する「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」の関係者が明らかにした。2人は金福童(キムボットン)さん(87)、吉元玉(キルウォノク)さん(84)で、17日から来日し、沖縄や広島などで体験を語る集会を開いてきた。
金さんは昨秋、橋下氏による「日本国家が慰安婦を暴行、脅迫、拉致をしたという証拠はない」との発言を受け、謝罪などを求めて面談を要請したが、実現しなかった。今回は今年4月末に申し入れ、橋下氏が「慰安婦制度は必要だった」などと発言した5月13日に大阪市側から面談に応じると回答があったという。
しかし2人は、来日後も続いた橋下氏の「慰安婦」をめぐる発言について怒りや嫌悪感を覚え、会う気持ちがなくなったという。関西ネットの関係者は「申し込んだのはこちらだが、2人の意思を尊重した」と説明している。
(2013年5月24日3時18分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
元慰安婦「橋下は面会対象でなく審判対象」
画像
日本軍慰安婦関連市民団体の会員が24日、日本大阪市役所の前で橋下徹大阪市長の妄言を糾弾し、辞任を求める抗議デモを行なっている。現場では日本右翼団体の会員が「反日勢力は日本から出て行け。慰安婦はなかった」と書かれた紙を持ってデモを行った

「橋下は市長から退け。おばあさんたちの涙を見てもそういう言葉が出てくるのか」。
24日午前10時、大阪市役所の前。慰安婦被害者の金福童(キム・ボクドン)さん(87)、吉元玉(キル・ウォンオク)さん(84)がこの日、橋下徹大阪市長と面会をするということで、日本の市民団体の会員およそ50人が市役所に集まった。市役所へ向かう途中、道をふさぐ警察との衝突もあった。同じ時間、市役所の向かい側の道路では、右翼団体の会員とみられる4、5人が「慰安婦は嘘」と書かれた紙を持ちながら「慰安婦といっても金を目的に商売したことはみんな知っている。反日勢力は早く日本から出て行け」と叫んだ。
◇市民団体、大阪市役所で糾弾デモ
この日の大阪市役所周辺の緊張と騒ぎは、橋下市長の慰安婦妄言が生み出した日本社会の葛藤の縮小版だった。結局、この日、金さんと吉さんは橋下市長との面会を拒否した。
2人は韓国挺身隊問題対策協議会(挺身隊対策協)を通じて伝えた「私たちの立場」で、「橋下市長の仕組まれた謝罪パフォーマンスには合わせられない。橋下は面会の対象でなく審判の対象」と面会拒否の理由を明らかにした。
また「橋下が自分の発言を撤回して謝罪をするために会うものと理解して会おうとした」とし「しかし発言を撤回せず強制性を否定する立場を表したことに胸が裂けるほど痛んだし、裂ける胸で彼に会うのが恐ろしかった」と明らかにした。さらに「日本の記者を通して、国際社会の批判で窮地に追い込まれた橋下がこの日、面会でひざまずいて一過性のパフォーマンスを準備したという話も聞いた」と述べた。
◇世界から取材陣100人集まる
今回の面会は、13日に「慰安婦は必要だった」という妄言で追い込まれた橋下市長が窮地から脱するために、元慰安婦の要請に応じながら準備された。予定された面会時間は30分だった。大阪市役所側は会見を最初から最後までメディアに公開するという立場だった。
これに対し韓国政府と慰安婦関連団体内でも弁舌が優れた元弁護士の橋下市長の思惑に巻き込まれるおそれがあるという懸念が提起されていた。面会を斡旋してきた挺身隊対策協と日本市民団体「日本軍慰安婦問題関西ネットワーク」は、金さんと吉さんが出席しない中、市役所の前で妄言の撤回と謝罪を求める集会を開催した。
APなど世界から約100人近い取材陣が集まった中、一部の日本メディアは「面会を一方的にキャンセルした理由が不透明。誰から(橋下市長が)ひざまずくという情報を得たのか」と問いただした。
◇橋下市長、また「強制連行はなかった」
一方、面会を拒否された橋下市長はこの日午後、記者会見で不快感を表した。橋下市長は「残念だ。僕と会いたくないなら、先方の気持ちがすべて」とし「僕自身が慰安婦制度を『必要』だと言ったわけではない。全体の趣旨をきちんと伝えたかった」と話した。また「日本が国の意志で慰安婦女性を拉致したり人身売買したことはない」と持論を重ねた。
◇市民「女性票を失った」
橋下市長に対する大阪市民の反応は冷たかった。主婦の鈴木ともさん(69)は「彼は面会をしたからといって和解したり、事実を理解させられる人間ではない」と語った。
タクシー運転手の村上修さん(58)は「もともと橋下市長は女性に人気があったが、今回の件で女性票をほとんど失った」と話した。
一方、この日、安倍内閣の右翼閣僚の一人、稲田朋美行政改革相は記者会見で、「慰安婦制度自体が悲しいことだが、戦時中は合法であったのも事実」と述べた。 .
(2013年05月25日09時17分 中央日報日本語版)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック