中国公安が公衆の面前で死ぬまで暴行

本物の仏教徒であるチベット僧侶たち、その焼身自殺が何故後を絶たないのか。その理由をジャーナリストの櫻井よしこがリポート。
画像
画像



中国公安組織 チベット焼身自殺者の火を消し死ぬまで暴行

中国には50を超える少数民族が居住する。中国共産党政府の凄まじい民族弾圧に屈することなく、抗議行動はますます激しくなっている。ジャーナリストの櫻井よしこ氏が、中国共産党の少数民族弾圧についてリポートする。
* * *
「チベット仏教の僧侶たちは、ダライ・ラマ法王を中傷し、“悪魔”と呼ばなければ罰せられます。僧院には毛沢東、鄧小平、江沢民らの肖像が飾られて、毛沢東思想の教育が強制されています。集会やデモをすれば投獄され、多くが殺害されます」
昨年4月、チベット亡命政府のロブサン・センゲ首相を招いて、私が理事長を務める国家基本問題研究所でシンポジウムを開きました。これは、センゲ首相がその際に語ったチベットの状況です。
中国共産党によるチベット人やウイグル人、内モンゴル人をはじめとした少数民族への弾圧は、ますます強まっています。彼らは自らの宗教や文化、生活習慣を禁じられ、チベット人、ウイグル人、内モンゴル人らしく生きようとすると罰せられます。そして共産党の残虐きわまりない手段によって、事実上の民族浄化の危機に晒されています。
チベットでは、共産党政府の圧政に抗議するための焼身自殺が後を絶たず、その数は100人を超えました。昨年11月に来日したダライ・ラマ法王は、私とのインタビューで、多くの僧が相次いで焼身自殺するのは「大いなる悲しみと大いなる憤り、耐え難さのため」だと語りました。生身の体を焼き尽くして死ぬという最も苦しい死に方で、チベットの若き僧たちは中国共産党による恐るべき圧政の事実を世界に知らせようとしているのです。  
こうした人々に、中国共産党政府の公安組織は想像を超える弾圧を続けています。例えば焼身自殺を図った人たちの火を消した後で、息がある場合には公衆の面前で死ぬまで殴る蹴るの暴行を加えると言います。
焼身自殺は国家分裂を企む罪であるからという理由です。焼身自殺者の周辺にも公安組織の手は伸びています。今年2月には、焼身自殺者の知人らチベット人70人以上を“自殺を唆した罪”で逮捕しました。自殺の様子を携帯電話で撮影したチベット人には懲役2年、一部には“唆した罪”で死刑判決まで出ています。
※SAPIO2013年6月号
(2013年5月25日16時00分 NEWSポストセブン

----------------------------------------------------------
中国のスパイか インド警察が“亡命”チベット人を拘束 ダライ・ラマの情報

【ニューデリー=岩田智雄】チベット亡命政府があるインド北部ダラムサラで、中国人民解放軍の元職員で亡命チベット人の男(33)が偽造した身分証明書を所持していたとして、外国人登録法違反容疑などで24日までにインド警察に拘束され、取り調べを受けた。当局が同日、明らかにした。男は拘束前、亡命政府の治安部署の調べに、「亡命政府の情報を入手するために来た」と話していたといい、亡命政府は男が中国が派遣したスパイだとみている。
警察によると、男は2年前にニューデリーで発行された投票用の身分証明書と市民証を所持していた。他人の証明書に自分の写真を貼付して偽造しており、22日夜、拘束された。
亡命政府によれば、男に不審な行動がみられたため、今年1月から監視を続け、最近取り調べた。男は2009年に中国治安当局の命令を受けてチベット難民としてインドに入国し、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の健康状態や日程表、非政府組織(NGO)の情報を中国当局に報告するよう命じられていたことを認めたという。
警察は、男をスパイ容疑でも事情を聴いており、インド情報当局も捜査に加わっているが、男はスパイであることを否定している。
亡命政府はまた、男が亡命チベット人男性2人の毒殺を計画し、昨年来2度にわたってネパールのカトマンズで中国当局者から犯行の指示を受けていたと主張している。男は、2人が中国でテロを企図していると伝えられていたという。ただし警察は、毒殺計画を裏付ける証拠は現在、見つかっていないとしている。
中国・チベットでは、政府の圧政に抗議して焼身自殺を図るチベット人が相次ぎ、チベット人への取り締まりや監視が強化されている。
(2013.5.24 20:29 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
中国で激しい人権侵害=チベット、新疆で-アムネスティ

【ロンドン時事】国際人権擁護団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は23日、世界の人権状況をまとめた年次報告書(2013年度版)を公表し、中国のチベット自治区などで住民に対する激しい人権侵害が続き、焼身自殺を図るケースが相次いでいると非難した。
報告書によれば、12年中に少なくとも83人のチベット僧らが、中国当局のチベット政策に抗議する焼身自殺を図った。また海外メディアに焼身自殺に関する情報を伝えたとして、少なくとも3人が禁錮7年6月などの刑を言い渡された。
当局は新疆ウイグル自治区でも住民への締め付けを強化。12年5月には、9人のウイグル族が「違法な宗教活動」に参加したとして6~15年の禁錮刑に処された。同年6月には、「違法な宗教学校」で学んでいたとされる11歳少年が拘束中に死亡する事件が起きた。
アムネスティはまた、「公的に認められた方法以外で信仰活動を行うイスラム教徒や仏教徒、キリスト教徒らは拷問や嫌がらせを受けたり、恣意(しい)的に留置されたりしている」とし、宗教の自由が厳しく制限されている現状を批判した。
(2013/05/23-08:25 時事通信)

----------------------------------------------------------
中国の信仰の自由「国際基準満たさず」米報告書、チベット弾圧「際だって悪化」

【ワシントン=犬塚陽介】米国務省は20日、世界各国の信仰の自由に関する2012年の年次報告書を発表した。中国ではチベット自治区で弾圧が「際だって悪化した」と指摘。中国政府が主張する「信仰の自由」は「国際的な基準を満たしていない」と批判し、この1年で弾圧に抗議する焼身自殺者が83人に達したと強い懸念を示した。
亡命チベット人向けラジオ局「チベットの声」(本部オスロ)は今年1月、中国本土で09年以降に焼身自殺を図ったチベット族は100人に達したと報じており、8割以上が昨年に発生したことになる。
報告書はチベット自治区で、法的根拠が明らかでない拘束や拷問などの弾圧が「際だって悪化した」と指摘。政府の新体制発足など、政治的な移行期や宗教的な記念日に合わせて弾圧が激化したことを明らかにした。
また、新疆ウイグル自治区でも「違法な宗教資料」を販売したイスラム教の信者が懲役10年の実刑を受けたと懸念を示した。
(2013.5.21 08:29 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
チベット弾圧で83人焼身自殺=反ユダヤ主義も警告-米年次報告一般公開で

【ワシントン時事】米国務省は20日、各国の宗教の自由に関する年次報告書(2012年)を発表した。報告書は中国のチベット自治区で「厳しい弾圧が徹底されている」と分析。12年中に抗議の焼身自殺をしたチベット僧侶らは83人に上るようだと指摘し、11年の12人から急激に増えたことを強調した。
(2013/05/21-08:00 時事通信)

----------------------------------------------------------
中国でチベット族2人が焼身自殺

米政府系放送局ラジオ自由アジアは18日までに、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州で13日と16日にチベット族の女性(30)と男性(28)がそれぞれ政府の統治に抗議して焼身自殺したと伝えた。
同ラジオは2009年以来、中国国内で自殺を図ったチベット族は109人に達し、うち女性は15人目としている。
女性の自殺後、地元当局は女性の夫に対し「妻は夫婦関係の悪化が原因で命を絶った」と公表するよう強要。夫が拒絶すると拘束したという。
中国チベット自治区ラサで08年にチベット族の大規模な暴動が起きて3月で5年となり、政府はチベット族居住区に大量の監視カメラを設置するなど管理を強化。チベット族の間で当局への不満が高まっている。(共同)
(2013.3.18 13:38 MSN産経ニュース)
画像
橋本発言を韓国・中国・アメリカが非難と批判し自称慰安婦は大々的に報じたメディア。だがチベット僧侶たちの声は、朝日や毎日らの心に響かなかった。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック