長野・飯山署の巡査が届出書改ざん

長野県・飯山署で古物商などの許可事務を担当していた女性巡査が作業を放置、自身の異動が決まって日付を偽造し本部に提出。
画像






県警が女性巡査を書類送検 届け出コピー改ざんの疑い

県警は24日、企業の届け出書類のコピーを改ざんし、県警本部に提出したなどとして、有印私文書偽造・同行使と有印公文書偽造・同行使などの疑いで、飯山署生活安全刑事課の女性巡査(35)の書類を長野地検に送った。県警監察課は同日、この巡査を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、犯行当時の上司だった須坂署生活安全刑事課の前課長と前係長を所属長注意とした。
巡査は、ことし3月まで同課で古物商などの許可事務を担当。送検容疑はことし3月上旬、須坂署管内の古物商の営業許可を持つ2社が昨年提出し、同署が受理した役員変更届の申請日をことし3月上旬の日付に偽造し、県警本部に送った疑い。
監察課によると、巡査はコピーを本部に送る作業を怠り、自身の異動が決まってから日付を偽造。修正テープを使い、手書きなどで日付を変えていたという。調べに対し、巡査は「異動前にせっぱ詰まって偽造してしまった」と供述しているという。
巡査が本部に送ったコピーの内容に不備があり、3月下旬に県警生活安全企画課の職員が須坂署に問い合わせて犯行が発覚した。
2社が提出した変更届の原本は既に廃棄されていたが、監察課は2社の営業への影響はないとしている。1社は昨年3月と7月に変更届を提出したことが分かったが、もう1社の提出日は原本がないため不明という。
県警は佐久署の男性巡査長が昨年、猟銃などの所持許可証を偽造し、書類送検された事件を受け、昨年秋に事務担当者らの研修を行ったばかり。長谷川康彦・県警首席監察官は「許認可事務の重要性を再認識し、再発防止に努めたい」とのコメントを出した。
(05月25日(土)信濃毎日新聞)

----------------------------------------------------------
溜まった申請書、書き換え処理 巡査長書類送検

窓口で受け取った申請書の届け出日を勝手に書き換えたとして、長野県警は24日、有印公文書偽造・同行使などの疑いで、飯山署の女性巡査長(35)を書類送検した。県警は同日付で、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。
送検容疑では、巡査長は須坂署に勤務していた昨年1月から7月までの間に、署の窓口で受け取った古物商の営業申請書3通を県警本部に提出せず放置。今年3月になって本部に提出した際、放置したことに気付かれないよう申請日を自分で書き換えたとされる。
巡査長は今年3月、飯山署に異動。県警によると巡査長は「たまってしまった書類を異動前に処理しようと思い、偽造してしまった」と供述している。
(2013年5月25日 01時08分 中日新聞)

----------------------------------------------------------
巡査長を書類送検=申請書類の日付変造-長野県警

古物商営業の届け出書類の日付を変造したとして、長野県警は24日、有印公文書偽造・同行使容疑などで、県警飯山署生活安全・刑事課の女性巡査長(35)を書類送検した。
県警監察課などによると、巡査長は「書類を本部に送る仕事を後回しにしてしまい、日付を偽造して異動前に処理した」と供述。県警は減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。
送検容疑では、巡査長は県警須坂署に勤務していた3月、須坂市内の業者の役員変更届け出書類の申請日を昨年1月から今年3月に変えて収受印を押すなど、2社分計3通を変造して県警本部に送付した疑い。
(2013/05/24-19:25 時事通信)

----------------------------------------------------------
届出書改ざん:容疑、女性巡査を書類送検 減給処分も/長野

古物商営業の届け出書類を改ざんしたとして、県警は24日、飯山署生活安全刑事課の女性巡査(35)を有印公文書偽造と有印私文書偽造、同行使容疑などで長野地検に書類送検し、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。
送検容疑は、巡査は前任地の須坂署生活安全刑事課で許可事務を担当していたが、須坂市の会社が昨年3月と7月に出した古物商の「変更届出書」を受理したまま放置。署内の緊急点検を控えた同10月、2通の届出書を1通にまとめて偽造し、今年3月に県警本部に提出した。また、別の会社が昨年1月に出した届出書も放置し、異動を控えた今年3月中旬、届出書の申請日を改ざんした公印を押して公文書を偽造し、県警本部に提出・行使したなどとしている。
県警監察課によると今年3月、書類不備のため県警本部が須坂署に照会すると、原本がなく、巡査に説明を求めたところ偽造を申し出たという。巡査は2社が書類を提出してから8カ月~1年2カ月間、本部への提出を怠っており、「処理を後回しにしてしまった。(日付を改ざんすれば)後で何とかなると思った」と説明したという。
県警は監督責任を問い、当時の須坂署生活安全刑事課長と同課係長を所属長口頭注意とした。長谷川康彦・県警首席監察官は「皆様に深くおわび申し上げます」とのコメントを出した。【野口麗子】
5月25日朝刊
( 5月25日(土)13時18分配信 毎日新聞)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック