大阪・わずかな食塩だけ…母子家庭で餓死

市職員らや韓国・中国人による不条理な生活保護費の不正受給が減らない一方で、大阪・北区のマンションの1室で女性と幼い子共の遺体が見つかった。



部屋に女性と幼児の遺体 餓死の可能性一般公開で
画像

大阪・北区のマンションの1室で女性と幼い子どもが遺体で見つかり、部屋には「食べさせられなくてゴメンね」と書かれたメモが残されていました。
メモは女性が書いたとみられ、警察は2人が餓死した可能性もあるとみて、調べています。
今月24日、大阪・北区天満のマンションの1室で女性と幼い子どもの遺体が見つかり、警察は2人で暮らしていた井上充代さん(28)と息子の瑠海くん(3)とみて確認を進めています。
警察のその後の調べで、部屋から女性が残したとみられるメモが見つかり、「食べさせられなくてゴメンね」と書かれていたことが分かりました。
部屋には食べ物がほとんどなく、女性の胃に内容物はなかったということです。
また、口座の残高はほとんどなく、電気やガスも止まっていたということです。
2人はことし2月ごろ死亡したとみられていますが、目立った外傷はなく、部屋の鍵はかけられた状態だったということで、警察は2人が餓死した可能性もあるとみて調べています。
(5月27日 14時58分 NHK)

----------------------------------------------------------
大阪母子死亡:「もっと食べさせたかった」母親のメモ発見

母子とみられる2人の遺体が見つかった大阪市北区天満のマンションの部屋から「子どもに、もっと良い物を食べさせてあげたかった」という趣旨のメモが残されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。室内には食べ物がほとんど残っていなかったことなどから、大阪府警は餓死した可能性が高いとみて詳しい経緯を調べている。
府警は、2人は部屋の住人の井上充代さん(28)と息子の瑠海(るい)ちゃん(3)とみて、身元の確認を進めている。メモは請求書のような紙の裏に残っており、充代さんが書いたとみられる。2人の遺体は今月24日に見つかった。
(2013年05月27日 13時04分(最終更新 05月27日 13時18分 毎日新聞

----------------------------------------------------------
大阪2遺体の部屋、母のメモか 食事させてあげたかった

大阪市北区天満で母子とみられる2人の遺体が見つかったマンションの部屋から「もっとおいしい食事をさせてあげたかった」という趣旨のメモが見つかったことが27日、大阪府警への取材で分かった。メモは母親とみられる女性が残した可能性が高く、府警は2人が死亡した経緯を慎重に調べている。部屋には冷蔵庫がなく、食塩がわずかにあっただけだったことも判明。府警は女性が餓死したとの見方を強めている。
(2013年5月27日13時00分 共同通信)

----------------------------------------------------------
母子の遺体、死後3~4か月…死因特定できず

大阪市北区天満のマンション一室で24日、母子とみられる2人の遺体が見つかった事件で、大阪府警天満署は25日、司法解剖の結果、遺体は死後3~4か月が経過し、死因は特定できなかったと発表した。子どもの性別は男児と判明。いずれも外傷はなく、女性は腸内の残留物から、死亡の少し前まで食事を取っていたとみられ、餓死ではなく、病死や衰弱死の可能性が高いという。
発表では、身元は、室内にあった免許証や乳幼児医療証から、職業不詳・井上充代さん(28)と息子の瑠海(るい)ちゃん(3)とみられ、同署が確認を進めている。
発見時、電気は止まっていたが、水道は通じていた。男児については、食事の痕跡の有無そのものが確認できない状態だったという。
(2013年5月25日 読売新聞

----------------------------------------------------------
マンションにミイラ化した女性と幼児の遺体 大阪・天満

24日午後0時25分ごろ、大阪市北区天満2丁目の6階建てマンション3階の一室で「異臭がし、人の足が見える」と、管理会社から110番通報があった。室内から、一部がミイラ化した成人女性と3~4歳くらいの幼児の遺体が見つかり、府警はこの部屋に住む母子とみて確認を進め、死因を調べる。
天満署によると、2人は布団の上に仰向けに倒れていた。目立った外傷はなく、幼児には頭から毛布とバスタオルがかけられていたという。ともに厚手のトレーナーを着て、一部がミイラ化や白骨化しており、遺体の状況からほぼ同時期に死亡したとみられるという。部屋はワンルームで、玄関や窓は施錠され、荒らされた跡はなかった。室内に冷蔵庫はなく、電気は止められていたという。
今月中旬、住人から管理会社に「異臭がする」と連絡があり、24日に男性社員が部屋を訪れたという。
現場は京阪天満橋駅の北約600メートルの住宅街。マンションの2階に住む30代の男性は「1週間ほど前から、室内から強いにおいがしていた。叫び声やトラブルは聞いたことがない」と話した。以前は上階から子どもがはしゃいでいるような声やバタバタする音が聞こえたが、この1~2カ月は途絶えているという。
(2013年5月24日23時3分 朝日新聞)
大抵母子家庭だと親が世間体で罵り、亀裂あって中悪い。仮に親と絶縁状態ならば3才の息子いたら保育所入れなければ貯金を食いつぶす以外の方法ない。
韓国・中国人らが弁護士付き添いで生活保護を簡単審査で受給し、遊び歩いてるのが蔓延している日本で、こういう記事見ると実に歯がゆい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック