「食べログ」飲食店の削除要求に屈せず

好評価だけ期待し「食べログ」に店舗情報を掲載した札幌市の飲食店が否定的な内容の削除を要求したが屈せず拒否、札幌市の飲食店経営者は、店舗情報の削除と損害賠償を求める訴えを起こした。
画像






食べログ:店の情報削除求め提訴 札幌の会社

飲食店の情報サイト「食べログ」に事実に反する内容が投稿され、来客が激減したとして、飲食店などを経営する札幌市の会社が8日、サイトを運営する「カカクコム」(東京都)に対し、店の情報の削除と損害賠償220万円を求めて札幌地裁に提訴した。
訴状などによると、同社は昨年2月ごろ、札幌市近郊の店の情報を食べログに登録。今年3月ごろ「出てくるのがおそい」「まずい」などとの投稿が掲載されたため、メールで同社に店の情報の削除を3、4回要求。だが、同社は「内容に違法性がないので削除には応じられない」として拒否したとしている。
原告側の高森健弁護士は「掲載を拒絶する店の情報を掲載し利益を上げるのは不正競争にあたる。真偽を問わない口コミを投稿させる状態は営業権を侵害し、違法だ」と話している。
カカクコムは「訴状が届き次第、適切に対応する」としている。
食べログを巡っては、2010年に佐賀市の飲食店が、掲載の内容が更新されず客に誤解を与えるとして削除を求めて提訴。その後、カカクコムが情報を削除し、飲食店は訴訟を取り下げることで合意した。【山下智恵】

 【ことば】食べログ
2005年にサービスを開始し、全国約74万店舗の情報を掲載。検索すると「点数順」「人気順」「最近の注目順」で店舗のランキングを表示する。運営会社「カカクコム」の調査で昨年1月、店から金をもらって客が集まるような口コミを投稿し、順位を操作する不正業者が39社あることが判明。消費者庁は同年5月、不正業者に口コミを書き込ませた店を、景品表示法に基づく行政処分の対象にした。
(2013年05月08日 22時00分 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
「食べログ」情報削除求め提訴=飲食店「投稿で損害」―札幌地裁

飲食店利用者の感想や評価を掲載するサイト「食べログ」に事実に反する内容を投稿され、来店客が激減する損害が出たとして、札幌市の飲食店経営の男性が8日、運営するカカクコム(東京)を相手取り、店舗情報の削除と損害賠償200万円を求める訴えを札幌地裁に起こした。
訴状によると、男性は札幌市近郊で飲食店を経営。昨年2月ごろ、食べログに自ら店舗情報を掲載したところ、店舗や料理の評価などを書き込める「レビュアー会員」によって今年3月までに計2回、事実に反する否定的な内容を投稿、掲載された。カカクコムに店舗情報の削除を求めたが、拒絶されたとしている。
(時事通信社 2013年05月08日19時18分)

----------------------------------------------------------
批判的な投稿で客減った…「食べログ」を提訴

飲食店の口コミサイト「食べログ」で、掲載された店舗情報の削除依頼に応じないのは営業権を侵害しているとして、札幌市の飲食店経営の男性が8日、同サイトを運営する「カカクコム」(東京都渋谷区)に、掲載情報の削除と220万円の損害賠償を求めて札幌地裁に提訴した。
訴状などによると、男性は昨年2月頃、経営する店の情報を食べログに登録した。同年8月と今年3月に、利用者から「料理がおいしくない」などと批判的な投稿があった。今年3、4月に掲載情報の削除を求めたが、カカクコムは応じず男性は「批判的な投稿によって来店客が減り、営業上の利益が侵害された」と主張している。
カカクコムは「提訴の事実が確認された場合、弁護士と協議して適切に対応する」とのコメントを出した。
食べログは利用者が、投稿した飲食店への評価などを集計して、5点満点による点数が表示されるほか、味や雰囲気などの感想も掲載される。
(2013年5月8日21時10分 読売新聞)
Amazonのレビュー等でも大多数のコメントあっても事実と異なる捏造見かけるし、都合の悪い事明かさず尤もらしい誘導するメディアも多いし、有名人でもテレビやブログで堂々捏造に加担するので、投稿内容が事実と異なるかは行った人しか確かめようがない(情報が断片過ぎてなんて店かは不明だが、記事に出てる低次元の野次「まずい・おそい」程度の2件のレビューがそこまで影響力あるとは思えない。実際食べたことある常連がレビュー見て行かなくなるとは思えないし、来客激減はホントに美味しくないか接客態度が悪いからと考えるのが妥当)、どちらを信じるかは見た人しだい。
即屈して「批判的な投稿を削除」する管理会社やメディアが大多数の日本で「食べログ」が朝ナマのような希少な存在ということだけはわかった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック