朴大統領が訪米し報道官更迭で世界にPR!

米大統領との首脳会談と米議会演説で就任後初の外交デビューした朴大統領が日本批判。それを発表する政府の顔(報道官)が、大使館女性職員の尻を触った醜聞で更迭された。
画像



大統領府報道官更迭:事件を最初に伝えたのは?
画像
尹昶重(ユン・チャンジュン)前大統領府報道官のセクハラ疑惑を最初に取り上げたのは米国に住む韓国系女性向けのインターネットのコミュニティーサイト「Missy USA」だった。写真は「朴槿恵大統領のワシントン訪問中、大統領報道官が性的暴行をしたそうです」と書かれた書き込み。/写真=「Missy USA」ホームページのスクリーンショット
「尹昶重(ユン・チャンジュン)前大統領府報道官がセクハラをした」という疑惑を最初に伝えたのは、米国に住む韓国系女性向けの生活情報サイト「Missy USA」だった。このサイトにある会員が8日(現地時間)「大統領府報道官の尹昶重が朴槿恵(パク・クンヘ)大統領のワシントン訪問遂行中、(在米韓国)大使館のインターンに性的暴行をしたそうです」と書き込んだことから、これがインターネット上で急速に広まった。
米国に住む韓国系女性たちが運営・管理する「Missy USA」は、1999年にあるポータルサイトの会員制掲示板から始まり、2002年11月に独自のサイトでサービスを開始した米国最大級の女性向けインターネットコミュニティーだ。米国市民権者や永住権者はもちろん、米国に一時的に居住している韓国人女性もほとんどがこのサイトのことを知っており、利用することも多い。
このサイトには健康・美容・料理・育児などの生活情報をやり取りするコーナーや、物々交換や中古品売買などのためのページがあり、多くの女性が活用している。また、「Missy talk」というコーナーはさまざまなトピックやそれに対する意見、耳にしたうわさなどを自由に書き込み、コメントを付けられるようになっている。尹前報道官のセクハラ疑惑が最初に取り上げられたのもこのコーナーだった。
今回の事件が報道されたことで、韓国系米国在住者たちはショックを受けている。朴大統領の訪米による成果に沸いていたときに、国のイメージを損なう事件が起きたことについて「恥ずかしい」「失望した」という声が上がっている。「ニューヨーク市民参加センター」のキム・ドンソク常任理事は「全メディアの関心が集中している時期にこうした事件が起こるなんて。韓国系の人々は当惑し、非常に恥じている」と語った。ある韓国系ワシントン在住者は「恥ずかしくて顔が上げられない」、別の韓国系在住者も「(尹前報道官が韓国に)逃げ帰ったからといって済む話ではない。相応の処分を受けるべき」と怒りをあらわにした。ワシントン= イム・ミンヒョク特派員
(2013/05/11 11:02朝鮮日報/ 朝鮮日報)

----------------------------------------------------------
酒癖セクハラで電撃解任 韓国大統領報道官一般公開で

【ソウル=黒田勝弘】韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領は10日、訪米に随行した尹(ユン)昶重(チャンジュン)報道官(56)を「国の品位を傷つけた」として電撃的に解任した。訪米中、ワシントンのホテルで在米韓国大使館の女性スタッフの体を触るなどセクハラ行為があったというのがその理由。政府当局はもちろんマスコミや世論は「訪米の成果が台無しだ」と非難ごうごうだ。
韓国メディアがワシントンなど現地から伝えるところによると、尹氏は米韓首脳会談(現地時間7日)後、大使館関係者らとの夕食で酒を飲んだ。被害を訴えたのは21歳の在米韓国人(米国籍)の臨時職員といい、警察への訴えでは「許可なしにお尻をつかまれた」となっているという。
この一件がネットなどで一気に広がったため朴大統領は米国滞在中に直ちに尹氏解任を発表。尹氏も荷物をホテルに置いたまま密かに帰国してしまったという。状況によっては米警察当局の捜査対象になると韓国では大騒ぎだ。
尹氏はマスコミ出身政治部記者や論説委員を務め政治コラムニストとして人気があり、朴槿恵政権下で大統領スポークスマンに抜擢され話題になった。性格は闊達(かったつ)で政治評論も一流だったが、日ごろから酒を飲むと乱れる“酒癖”に問題があった。
朴槿恵政権はスタートから2カ月半になるが当初、閣僚人事で6人が指名後に経歴問題で“落馬”するなど人選ミスが世論の批判を受けていた。今回のセクハラ事件は、現場が晴れ舞台のワシントンだっただけにショックは大きい。
(2013.5.10 21:20 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
韓国の報道官が更迭 セクハラか
画像

韓国のパク・クネ大統領のアメリカ訪問に随行していた報道官が「不適切な行動で国の品位を傷つけた」として更迭され、韓国メディアは、アメリカでセクハラ行為をした疑いがあるためだと伝え、大統領の任命責任を問う声も出ています。
韓国のパク・クネ大統領は、就任後、初めての外国訪問としてアメリカを訪れ、オバマ大統領との首脳会談など一連の日程を終えて10日夜、帰国しました。
ところが、これを前に、パク大統領に随行していたユン・チャンジュン大統領府報道官が突然更迭されました。
大統領府は、更迭の理由について「ユン報道官がアメリカで公職者として不適切な行動をし、国の品位を傷つけたため」と説明しています。
これについて、韓国の公共放送KBSは「ユン報道官はワシントンの韓国大使館で働いていた女性の臨時職員にセクハラ行為をし、女性が警察に届け出た」と伝えるなど、韓国メディアは一斉にセクハラ行為の疑いがあると伝えています。
ユン報道官は、パク大統領の訪米中、首脳会談の結果を発表するなどいわば政府の顔という役割を果たしていただけに、野党は「パク大統領は国民に謝罪すべきだ」と主張するなど、大統領の任命責任を問う声も高まっています。
(5月10日 19時20分 NHK)

----------------------------------------------------------
「セクハラ疑惑」で更迭の韓国大統領報道官 メディアとの「対決姿勢」で評判悪かった

訪米した韓国の朴槿恵大統領に随行していた報道官が更迭され、日程の途中で帰国した。セクハラが原因ではないかとの声が高まっている。
この人物、報道官でありながらメディアとの関係は良好とはいえなかったようだ。資質が疑問視されていた報道官による「セクハラ疑惑」。朴大統領の政権運営に影響が出るのか。

短気な性格、気に入らない質問が出ると取り合わない
複数のメディアによると、韓国大統領府は日本時間2013年5月10日、朴大統領に随行して訪米していた尹昶重報道官が更迭されたと発表した。米国滞在中に「不適切な行動がみられ、国家の品位を傷つけた」との理由だ。韓国主要紙の中央日報電子版(日本語)によると、朴大統領は9日、最後の訪問地であるロサンゼルスに到着したが、同行しているはずの尹報道官の姿はなかったという。実は朴大統領らとは別に、既に韓国に帰国していたようだ。
「不適切な行動」の具体的内容は明かされていないが、韓国・聯合ニュース(英語版)などは「セクハラの疑い」と報じている。今回の訪米期間中、尹氏が在米韓国大使館の実習生に対してとった行為で、相手は20台前半の女性と伝えた。事実だとすれば大スキャンダルだ。
朴大統領には2人の報道官がついており、そのひとりが尹氏だった。閣僚ではないが、政府高官であることに変わりはない。
尹氏はもともと、韓国の放送局「KBS」のリポーターで、日刊紙「文化日報」の編集委員を務める。政治コラムを執筆し、その保守的な言論で知られていた。J-CASTニュースがソウル在住の韓国人ジャーナリストに聞くと、朴大統領が尹氏を報道官に起用したのは「驚きだった」という。短気な性格で報道陣に対して友好的でなく、個人的に気に入らない質問が出ると取り合わないようなところがあったそうだ。記者によっては「対決姿勢」をとり、そのため評判はあまり芳しくなかったと話す。
朴大統領から報道官に指名された際、それまでの「超保守」としての発言が野党側から批判され、資質を問う声が上がった。2012年12月26日付の中央日報電子版(英語)によると、朴大統領と大統領選を争った文在寅氏や、途中で出馬を断念した安哲秀氏を、自身が執筆するコラムで「なんでもありの政治屋」「ずるい人物」などとののしっていた。そのため報道官就任後初の会見で尹氏は、この内容の謝罪を余儀なくされた。

全閣僚の任命完了が政権発足52日目だった
現時点で、尹氏の解任理由がセクハラなのかは不明だ。尹氏本人も今のところ一切発言しておらず、真相解明にはもう少し時間がかかりそうだ。
朴大統領にとっては、批判を押し切って起用した尹氏の「不始末」だけに頭が痛い。実は朴大統領は当選後の組閣人事で、自ら選んだ閣僚候補が相次いで辞退した経緯がある。過去の不祥事が次々に明るみに出たためで、朴大統領の人選が疑問視された。政権発足から52日目となってようやく、すべての閣僚の任命にこぎつけた。
尹氏の更迭劇が、朴政権にとって悪影響なのは間違いないが「それほど大打撃にはならないだろう」というのが前出の韓国人ジャーナリストの見解だ。記者たちにとっては「もともと尹氏は報道官として最適でないと感づいており、今回の解任も不思議な出来事ではなかった」というわけだ。とはいえ、その理由がセクハラという「犯罪行為」となれば、報道官としての適性以前の問題となる。政権に対するイメージダウンは避けられず、朴大統領自身の任命責任を問う声が高まりそうだ。
(2013/5/10 18:36 J-CASTニュース)

----------------------------------------------------------
画像
画像
画像
画像
画像
(2013年5月10日 日テレ)

----------------------------------------------------------
訪米同行の韓国大統領府報道官、セクハラで更迭

【ソウル=豊浦潤一】韓国大統領府は10日、朴槿恵(パククネ)大統領が9日、大統領訪米に同行した尹昶重(ユンチャンジュン)大統領府報道官について、「訪米中に不適切な行動を見せ、国家の品位を傷つけたと判断されたため」、更迭を決めたと発表した。
聯合ニュースは、尹報道官が、朴大統領とオバマ米大統領が首脳会談を終えた7日の夜、ホワイトハウス近くのホテルで在ワシントン韓国大使館の臨時職員の女性の尻を触ったとして現地警察が捜査に乗り出していると伝えた。大統領の訪米同行時の醜聞で更迭される異例の事態となった。
(2013年5月10日11時10分 読売新聞)

----------------------------------------------------------
実習生にセクハラか 訪米の韓国大統領府報道官更迭 本格外交デビュー に汚点

韓国大統領府は10日、朴槿恵大統領が、訪米に同行していた大統領府の尹昶重報道官を更迭したと明らかにした。尹氏は在米韓国大使館のインターン(実習生)の女性にセクハラ行為をした疑いが浮上している。
尹氏は5日に朴大統領の専用機で共に訪米、米韓首脳会談などについて会見していたが、聯合ニュースによると、現地時間8日に急きょ一人で帰国の途に就いた。就任後初の外遊として訪米した朴大統領の本格外交デビューに汚点を残す形となった。
聯合ニュースが外交筋の話などとして伝えたところによると、尹氏は米韓首脳会談があった7日夜、女性とワシントン市内のホテルに一緒にいた。女性は8日に「尻を触られた」として被害届を出し、警察が捜査に着手した。
大統領府の李南基広報首席秘書官は米国で会見し「尹氏が公職者として不適切な行動を取り、国家の品位を損ねたと判断した」と更迭理由を説明した。
新聞記者出身の尹氏は昨年12月の大統領選で朴氏支持の論陣を張った保守の論客で、朴氏の当選後、「政権引き継ぎ委員会」の報道官に抜てき。政権発足に伴い、大統領府入りした。
(2013.05.10 ZAKZAK)

----------------------------------------------------------
実習生にセクハラ!?訪米中の韓国大統領府報道官更迭

韓国大統領府は10日、朴槿恵大統領が、訪米に同行していた大統領府の尹昶重報道官を更迭したと明らかにした。尹氏は在米韓国大使館のインターン(実習生)の女性にセクハラ行為をした疑いが浮上している。
尹氏は5日に朴大統領の専用機で共に訪米、米韓首脳会談などについて会見していたが、聯合ニュースによると、現地時間8日に急きょ一人で帰国の途に就いた。就任後初の外遊として訪米した朴大統領の本格外交デビューに汚点を残した形となった。(共同)
(2013年5月10日 09:11 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
訪米の朴大統領の随行報道官、電撃更迭…「セクハラ説」

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は尹昶重(ユン・チャンジュン)青瓦台報道官が朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米期間中、更迭され米国訪問日程の途中で帰国したと9日(現地時間)確認した。
イ・ナムギ青瓦台広報首席はこの日、米国ロサンジェルスのミレニアムビルトモアホテル、プレスセンターで行ったブリーフィングで「少しかんばしくないことがある」として「朴大統領は尹報道官を更迭することにした」と明らかにした。
イ首席は「更迭理由は尹報道官が朴大統領の訪米中、個人的によろしくないないことにかかわったので、高位公職者として不適切な行動がみられ、国家の品位を損傷させたと判断したため」と説明した。
これと関連して、尹報道官が米国でセクハラにかかわったという話が実行チーム周辺とワシントンの在米韓国人社会などから出た。被害者は20代初盤のインターン社員と知らされた。
在米韓国人社会では尹報道官のセクハラ説が急速に広がっている。
米国、ワシントンでの日程を終えた朴大統領が8日(現地時間)午後、最後の訪問地であるロサンゼルスに到着したするといつもとは違った。尹昶重青瓦台報道官の姿が見られなかった。記者らのうわさによると、尹報道官はワシントンからロサンゼルスへ向かう大統領チャーター機に乗らなかった。しかし大統領府は突然の報道官不在について何の説明もしなかった。
尹報道官が「失踪」した理由を確認するために本紙は9日午後(韓国時間)、ソウルで彼の携帯電話に電話をかけた。個人携帯電話は消えていて、青瓦台業務用携帯電話は海外ローミングになっていなかった。すでに尹報道官がソウルに入っていたということだ。しかし彼は電話をとらなかった。
数時間にわたって記者の問い合わせが殺到するとすぐにある青瓦台関係者は「尹報道官が(ワシントンから)急に帰国したと聞いている」と明らかにした。しかしこの関係者は「どうして突然戻ったのかはよく知らない」と話した。
すると尹報道官が私的な問題で帰国した可能性から歴訪過程で決定的な失敗をして更迭になったのではないかという観測まで出てきた。
過去に青瓦台報道官を担当していた要人は「大統領歴訪途中で報道官がいなくなる状況は有り得ないこと」としながら「事前告示もなく報道官が消える不透明なことが発生したというのは何か事故が起きた可能性を排除することはできない」と話した。
尹報道官が米国から消えて韓国に入国していた衝撃的な理由はもう少し時間が経ってから伝えられ始めた。
朴大統領の米議会演説をわずか4時間前に「大統領の口」である核心随行員が首脳会談国でセクハラにかかわったという話が実行チーム周辺とワシントン在米韓国人社会などから出た。被害者は20代初盤のインターン社員と知らされた。有り得ないことが同時多発で広がったのだ。
尹報道官は駐米ワシントン大使館などの助けを受けて臨時に事件を収拾した後、8日午後一人で韓国行きの飛行機に乗ったという。
10日(韓国時間)帰国する朴大統領の足取りを重くさせる突発事件だった。 .
(2013年05月10日09時02分 中央日報)
訪米した朴大統領が「安倍政権の歴史認識批判」に賛同し“米も懸念”と報道「世界からこのままでは孤立する」と世論誘導していたTBSとテレ朝は随行報道官更迭に触れなかった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック