神奈川県警の交番キス巡査に略式命令

交番勤務中に相談に来た女性にキスして懲戒免職になっていた、神奈川県警相模原署の元巡査が女子高生と淫行容疑で罰金50万円の略式命令。 女子高生にみだらな行為 元巡査の男に罰金50万円の略式命令 横浜区検 18歳未満の女子高生にみだらな行為をしたとして、横浜区検は30日、神奈川県青少年保護育成条例違反罪で県警相模原署地域2課の元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府警の署員3人が嘘の交通見取り図作成

大阪府警・生野署の地域課署員3人が交通違反の取り締まりで、うその目撃位置を記載した事が発覚。 うその交通見取り図作成=巡査部長を書類送検—大阪府警 大阪府警は29日、交通違反の現場見取り図にうその目撃位置を記載したとして、生野署交通指導係の男性巡査部長(41)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とし、関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自公維「児童ポルノ禁止法」改定で警察国家目論む

「児童ポルノ禁止法」改定で自民・公明・維新の3党が、誰でも逮捕できるように、警察の捜査権を拡大させようとしていることがわかった。 )「実態は表現の自由の規制」 雑誌協会・出版協会も児童ポルノ禁止法改定案に反対声明児童ポルノ禁止法改定案に、日本雑誌協会と日本書籍出版協会も反対声明。「性的被害にあっている児童の保護をうたいながら、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ホントに信頼に足る組織か」2人殺害・放火の警部補を検察が処分保留 !

2010年に富山市の会社役員夫婦を絞殺し放火した富山県警元警部補加野猛を検察は起訴せずに処分保留にした。 加野元警部補 初公判は来月27日富山市の会社役員夫婦殺害事件で富山地検が処分保留とした加野猛元警部補。 知人に捜査情報を漏らした地方公務員法違反の罪で起訴され、現在、勾留中ですが、こちらの事件での初公判が来月27…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more